• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ウッkeyのブログ一覧

2019年03月11日 イイね!

てっきり前後のモーターが200馬力2基って事かと思ったら

てっきり前後のモーターが200馬力2基って事かと思ったら200ps+110ps+200ps! プジョーのAWDハイブリッドスポーツ「508プジョー・スポール・エンジニアード・コンセプト」登場!

3月5日(火)に開幕したジュネーブ・モーターショー2019において、プジョーは全面的に電動化を押し出してきた。その象徴とも言えるのが、ハイブリッドスポーツのコンセプトカー「508 PEUGEOT SPORT ENGINEERD CONCEPT」だ。高性能な内燃機関と電気モーターを組み合わせ、4輪を駆動する新世代のモンスターセダンである。PHOTO●石川亮平(ISHIKAWA Ryouhei)

市販予定アリ? 驚異のハイパフォーマンスサルーン

 プジョーのスポーツ部門を担う「プジョー・スポール」が手掛けたとんでもないハイブリッド・モンスターがジュネーブに姿を現した。

 その名を「508プジョー・スポール・エンジニアード・コンセプト」といい、内燃機関+電気モーター+AWDによる新世代のハイパフォーマンスサルーンである。

 パワーユニットは3つあり、200psのPureTechガソリンエンジンと110psの電気モーターで前輪を、そして200psの電気モーターで後輪を駆動する。そのパフォーマンスは「驚くほどの加速性能」としかアナウンスされていないが、確かにかれなら驚くほどの加速性能を発揮しそうである。


 エクステリアもなかなか興味深く、ただでさえシャープな508のフロントバンパーはさらに研ぎ澄まされた造形になり、フローティング・ブレードを備えたグリルは精悍さを増している。リヤクォーターパネルには小さなフィンが付き、リヤバンパー下部にはディフューザーが装着された。エアロダイナミクスを徹底的に追求しているのは明らかだ。

 うれしいのは、プジョー自ら「508 PEUGEOT SPORT ENGINEERD CONCEPTは、今後、市販が予定されているスポーツPHEVを示唆しているもの」と公言していることだ。この「示唆」が何を意味するのか? この508の市販化を推し進めるのか、それとも別のスポーツモデルのイメージを投影させたものなのかは定かではないが、いずれにせよハイブリッドを用いた新世代のハイパフォーマンスモデルの登場が着実に近づいてきているのは間違いない。


これだけの馬力を生かせる4WDなのだろうね
Posted at 2019/03/11 21:25:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記

プロフィール

「マングスタ以降が…なので60年と言われてもなぁ http://cvw.jp/b/238718/42879168/
何シテル?   05/21 21:48
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.