• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ウッkeyのブログ一覧

2019年06月01日 イイね!

DAMDのドア交換が取り上げられがちだけど

DAMDのドア交換が取り上げられがちだけどパーツ取り車両の準備は当たり前! 2年目の富士24時間に向け各チーム“用意周到”|スーパー耐久 富士24時間

 富士スピードウェイで行われているピレリ スーパー耐久シリーズ2019「SUPER TEC富士24時間レース」。その決勝レースは、6月1日にスタートを切る。今回が2年目の開催ということもあり、各チームとも念入りに“24時間レース対策”を施しているのが印象的だった。

 通常スーパー耐久の決勝は3~5時間の耐久レースで争われるが、今回の富士ラウンドに関しては24時間レース。長丁場のレースゆえに不測の事態が起こりがちということで、各チームともいつも以上にスペアパーツを準備してきている様子がみられた。

 昨年はレース開始早々にアクシデントに巻き込まれ、右側のドアを損傷したNo.59 DAMD MOTUL ED WRXがチームの移動車として使用していた市販のスバル WRX STIの右ドアを移植したことが話題となった。

 この先例もあってか、今年は大半のチームがパーツ取り用の車両を用意しているのがパドックでも確認された。特にST-Xクラスで戦う#83 X WORKS Audi R8は、レースで使用するマシンの他に、カバーをかけられたアウディR8 LMSらしき車両がパドックに置かれている。形状からしてパーツ取り用として用意されたとみていいだろう。さらに#300 TAIROKU RACING GT-R GT3も、パドックに停車しているトラックに、もう1台の車両があるのが確認されている。これは8月の鈴鹿10時間耐久レースに出る2台目の車両のようだが、不測の事態に備えてパーツ取り車両として用意していると思われる。この他にもST-TCRクラスの#501 KCMG Annika CIVIC TCRや、ST-1クラスの#47 D’station Porscheのガレージ内には、カラーリングされていない車両が置かれており、これもパーツ取り用として用意されたようだ。

 この他にも、ST-4クラスやST-5クラスでは、参戦車両と同型の市販車が積載車に積まれていたり、パドック内に駐車されているのが確認された。スーパー耐久ではレース中の車両自体の交換は認められていないが、こうしてパーツを移植する分には違反ではない。

 昨年の24時間レースを経験して、こういった準備をしてきているチームが多いようだ。

 また、ドライバーだけでなくメカニックも24時間にわたってレースの対応をするため、チームによっては電子レンジや炊飯器はもちろんのこと、洗濯機や冷蔵庫を準備しているところもあった。さらに昨年はあまり見られなかったが、仮設のコンテナルームを用意して、そこをスタッフやドライバーの仮眠スペースにしているところもあるようだ。

 富士スピードウェイでは夜間のピット作業をスムーズに行えるようにピットレーンやピット作業エリアを照らす照明を昨年から強化をしているが、今年は各チームがさらに作業しやすいようにと自分たちで照明を用意。給油タワーなどに設置しているチームも見られた。

 2年目の24時間レースということで、各チームとも対策は万全の様子。それだけに、今年はよりレベルの高い戦いが各クラスで繰り広げられそうだ。



個人的には
【富士SUPER TEC24時間レース】パドックでバラバラにされた乗用車たち。その使い途は?
昨年のTEAM NOPROのデミオディーゼル「DXLワコーズNOPROデミオSKY-D」
が印象的だったかな
Posted at 2019/06/01 21:38:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記
2019年06月01日 イイね!

あら、本社でそんな事があったんですか

ポルシェ本社と幹部の自宅、家宅捜索 不正な報酬支払いの疑いで ドイツ検察

不正な報酬の支払いと情報漏洩

ドイツの検察官が、不正な報酬の支払いと情報漏洩に関する調査の一環として、ポルシェ幹部のオフィスと自宅を家宅捜索した。

5月28日火曜日の家宅捜索は、ドイツ・ツフェンハウゼンのポルシェ本社と、ヴァイザッハにある開発拠点を集中的に行われた。

バーデン・ヴュルテンベルク検察は、地域の税務署員が機密情報をポルシェ社の税務顧問に漏らし、その見返りとして便宜を得ていたという疑いについて調査を開始。今回の家宅捜索を行った。また、ポルシェの幹部は同社の労働評議会のメンバーに「過剰な」報酬を支払った疑いもあるという。

シュトゥットガルト検察局の声明によると、告発された6人の社員には、ポルシェの役員が数人含まれているという。

「われわれはポルシェの社員を贈収賄と虚偽の発表の疑いで調査しています」と、ハイナー・レーミルト主任検事は述べている。

今回の家宅捜索には、シュトゥットガルト検察局から10人の弁護士と、さらにバーデン・ヴュルテンベルク州警察やシュトゥットガルト警察、そしてシュトゥットガルト、アーレン、カールスルーエ、ルートヴィヒスブルク各都市の税務調査官など167人が関わっている。カールスルーエ、オスタルプクライス、プフォルツハイムにあるポルシェ社員の自宅も調べられた。


他には
ポルシェ 東京モーターショーに出展せず 独自のブランド展示会を11月開催

ポルシェ・ジャパンは、2019年5月28日に今秋に開催される東京モーターショーへの出展を止め、ミレニアル層を中心とした次世代に向けた独立型ブランド・エキシビション「scopes Tokyo(仮)」を、2019年11月に東京都・渋谷区において、約1ヶ月の期間限定で開催すると発表した。

「scopes」は「想像力と共振」をテーマに、ソーシャルとエンターテインメントを両輪としたポルシェ独自のイベント&エキシビジョンで、ポルシェが全世界的に次世代カスタマーと定義するミレニアル層に向け新たなブランド価値を発信・体験する場と考えている。

2018年9月にドイツ・ベルリンで初めて開催され、2019年5月にはオランダ・アムステルダムで開催されている。日本は世界で3か所目の開催となる。

なお、「scopes Tokyo(仮)」の開催概要詳細はまだ未定のため、開催場所や内容が決定次第、改めて発表するとしている。

東京モーターショーに限らず、世界の有名モーターショーは、近年、出展を取り止める自動車メーカーが出始めている。メーカー間の競争が激しくなり、横並びのモーターショーではなく、その自動車メーカー独自のブランド価値を独自の場でアピールすることを選ぶ自動車メーカーは今後も増えていく気配が感じられる。


ポルシェ、LMP1撤退後もV6エンジン開発を継続中。F1復帰への布石か?

 ポルシェは、2021年以降の新しいF1エンジン規則を確立するプロセスに参加したことから、約30年ぶりのF1参戦を検討しているのではないかと言われていた。

 しかしながら、親会社であるフォルクスワーゲングループが、ポルシェをWEC(世界耐久選手権)のLMP1プロジェクトから撤退させ、フォーミュラEへの参戦を決めたことで、ポルシェのF1復帰の可能性は潰えたように見えた。それとほぼ時を同じくして、エンジンをより安価なモノにするというF1側の目論見も失速したと考えられている。

 ポルシェのモータスポーツ責任者であるフリッツ・エンツィンガーはmotorsport.comに対し、4気筒エンジンを主流とするLMP1から撤退する以前から、F1が採用している6気筒エンジンの開発を始めていたと語った。

「2017年のことだ。今後F1のレギュレーションが変更される予定であるということが明らかになり、排気ガスからのエネルギー回生(MGU-H)は必要なくなるという兆しがあった」

「2017年の時点で、ポルシェはFIAマニュファクチャラー委員会の一員であり、2021年以降のF1に向けた戦略の議論に関わっていて、その会議に出席していた」

「我々はこれらの作業部会に参加する一方で、WEC用に6気筒エンジンを並行して開発していた。もちろん、これらのエンジンをF1で使用する場合には何を変更する必要があるかということも考えた」

 ポルシェは、LMP1のプロジェクトチームのうち40人を6気筒エンジンの開発に充てていたという。しかし2017年限りでポルシェはWECから撤退したため、そのエンジンがWECのプログラムで使用されることはなかった。

 姉妹ブランドであるアウディも参戦していたフォーミュラEへの挑戦は“当然の考え”であったが、エンツィンガー曰く、MGU-HのないF1パワーユニットは「スーパースポーツカーにとっても興味深い」との理由で、6気筒エンジンの開発は続けられていたという。

「2017年の終わりに我々は、LMP1を撤退したにも関わらず、さらに(熱)効率の良い6気筒エンジンを開発するよう、親会社から具体的な発注を受けていた」

「それは紙面上だけではなく、実際にハードウェアとして開発され、2019年にはテストに投入されるという案があった。それは上層部から我々への命令だった」

 なおポルシェは、1991年にフットワークとのジョイントが失敗に終わって以来、F1に参戦していない。

 エンツィンガーは、その6気筒エンジンは「完成していてテストベンチで稼働している」と語り、20人~25人の技術者がそれを「分析とさらなる指示」のために使用しているという。

「この6気筒エンジンを使用する可能性については、完全に未決定だ」

「ポルシェが2021年のF1に参戦することが決まっていたら、我々は2018年のやり方でそれを作っただろう」


内容盛りだくさんだな
Posted at 2019/06/01 21:34:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2019年06月01日 イイね!

スカイアクティブ搭載のボンゴ登場は流石に…無いか

スカイアクティブ搭載のボンゴ登場は流石に…無いかマツダが商用車生産から撤退か 元祖1BOX「ボンゴ」自社開発諦め生産終了へ

■ロングセラー車「ボンゴ」次期モデルはOEM車か

 マツダは、商用車で唯一自社で生産している「ボンゴ」の生産終了を決めたようです。これを読んで多くの人が「まだ売っていたのか?」と思うことでしょう。

 なにしろ現行モデルのデビューは20年前の1999年6月。いや、正確に書くと1999年発売のモデルも、1983年に発売された3代目ボンゴの改良版です。ホイールベースなども同様で、36年前の基本設計なんだから凄いことです。

 ボンゴという車名も一時は、「ボンゴ型」などと一般名詞になるほどポピュラーな存在でした。数年前に警察の調書を見たら、1BOXカーでなく「ボンゴ型」と書かれていたのに驚いた記憶があります。

 そんな元祖1BOXカーも今後厳しくなる衝突基準をクリアしようとすれば、フルモデルチェンジしなければ対応出来なくなったということです。

 もちろん新規開発するという選択肢もあったでしょうが、マツダ単独だと販売台数的に厳しい。数年前までは、日産でもボンゴのOEM車を「バネット」として販売していたものの、現在は契約解消になっています。もはや打つ手無し、ということなんでしょう。

 先日おこなわれたキャンピングカーショーで、キャンピングカーのベース車両にボンゴを採用しているショップのスタッフと話をしても、「2年後にはボンゴの生産を中止するようです」というコメントがあちらこちらで聞かれました。

 もし「古きよき時代の1BOXカー」を考えているなら、最後のチャンスかもしれません。搭載されるエンジンはガソリンの1.8リッター。ボンゴなら4ナンバーサイズのボディや、5速MTのラインアップなど、いまや無くなりつつあるスペックやアイテムをもちます。

 4285mmという全長や、驚くほど小回りの効く最小回転半径4.3mも素晴らしいです。

 参考までに、筆者(国沢光宏)の義理の父親が24年落ちの「ボンゴトラック」に乗っています(正確には日産のOEMモデル)。そのクルマは、今でも大きなトラブルなく元気。耐久性に不安を持つといわれていた当時のマツダ車ながら、とってもタフで感心しきりです。

 ボンゴの最終モデルを買って20年乗り続けるなんて素敵かもしれません。いまなら値引きだって期待出来そうです。

 次期型のボンゴは、インドネシアで生産されているトヨタの「タウンエース」のOEMになる可能性が大です。現在販売されているマツダ「ボンゴブローニイバン」もトヨタ「ハイエース」のOEMモデルですから、同じトヨタのクルマから選ばれることは自然な流れでしょう。

 タウンエースなら安全基準をクリア出来るだけでなく、いまや希少になりつつある1BOXカーでもあるので後継モデルとして適格だと思います。

 現時点でマツダから公式な発表はないですが、規制強化のタイミングなどを考えたら生産終了も仕方のないことかもしれません。


本文で触れているけど基本設計の古さは何ともできないからな


みやさんの所からエンジンを頂きに伺ったときに乗ったな~
今晩の相棒(笑)

いや~順調過ぎて怖い位(笑)
Posted at 2019/06/01 21:24:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記
2019年06月01日 イイね!

電力施設でそんなに変わるのか~

スバル、2020年度までにCO2直接排出量を2万トン削減へ 太陽光発電導入など

SUBARU(スバル)は5月29日、新たな二酸化炭素(CO2)排出量削減の取り組みに着手し、同社グループのCO2年間排出量の約3%に相当する約2万t-CO2を、2020年度までに削減する目途が立ったと発表した。

今回、群馬県邑楽郡大泉町にあるスバルアクセサリーセンターおよびスバルロジスティクス関東納整センターへ自家消費型の太陽光発電設備を導入するほか、群馬製作所本工場(群馬県太田市)および東京事業所(東京都三鷹市)に水力発電由来の電力「アクアプレミアム」を導入。さらに本社エビススバルビル(東京都渋谷区)およびスバル総合研修センター(東京都八王子市)では、グリーン電力証書・グリーン熱証書の活用を行う。

スバルアクセサリーセンターおよびスバルロジスティクス関東納整センターへ導入する自家消費型太陽光発電設備は、設置容量1MW(年間発電量:1145MWh)を想定し、2019年度中の完成を目指す。発電した電力は同施設で使用する予定で、総排出量の約4割に相当する330t-CO2の削減を見込む。また、群馬製作所本工場および東京事業所に導入する「アクアプレミアム」は、CO2排出ゼロの水力発電由来の電力のみを販売する料金プラン。これにより約1万t-CO2(年間発電量:21GWh相当)の削減を見込む。加えて、本社エビススバルビルおよびスバル総合研修センターでは、消費する電力および熱を対象にグリーン電力証書・グリーン熱証書の制度を活用して、CO2排出ゼロのオフィスを目指す。
Posted at 2019/06/01 21:20:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 富士重工 | 日記
2019年06月01日 イイね!

乗った電車は…

乗った電車は…仕事帰りに上野駅で電車を乗り換えたんですよ
ぼーっとしてたんですね~
東京方面を目指しているんですよ…

あれ?おかしいな~千葉県方面を目指していた筈なのにな

ええ、品川行きに乗っていたのですよ(汗)
面倒だったので品川まで乗って品川から座って帰ったので無駄に時間掛かったわ

明日はG4をセーフティチェック(6か月点検)とブレーキランプスイッチ交換(リコール作業)をしてもらうのに松戸店に持っていかないと

PVレポートは完全にオマケですねwww
Posted at 2019/06/01 21:03:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | PVレポート | 日記

プロフィール

「@いんすぽハイ おぉ、O/Hするっすね~うちも今度する予定なんですが、プローバで内圧測定も含めてお願いしてしまおうかな~って思っております。」
何シテル?   07/20 15:48
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.