• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ウッkeyのブログ一覧

2019年06月19日 イイね!

SGPを今後熟成出来ればよりよいモノが出来るだろう

SGPを今後熟成出来ればよりよいモノが出来るだろうSuspension Watch:スバル・インプレッサ(GT/GK)のサスペンションを解説する

SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)となったインプレッサ。言わずと知れたスバルの中心モデルである。インプレッサのサスペンションを見る。

 スバルがSGPで目指したのは、世界最高水準の衝突安全性と動的質感の向上だ。もちろん、将来を見越したパワートレーンの電動化も想定している。走りに関しても、単に旋回性能が高いだけでなく、完成に響く走りの質感の向上を狙っている。

 早くから全輪独立懸架サスペンションの採用を進めてきたスバルは、FF車主体ということもあり後輪にマクファーソン・ストラット形式を使うことが特徴であった。それも二分割ロワーアームとトレーリングリンクを組み合わせた、パラレルリンク式ストラットという独特なもので、アッパーアームの有無を除けば、現在のマルチリンクに近いジオメトリーを想定している。さすがに横剛性耐力には欠けるため、2007年登場の三代目インプレッサからはマルチリンクに変更してきた。

FRONT:マクファーソン・ストラット

 形式は同じながら大胆に変更されたフロントサスペンション。アップライトはアルミ合金製とされ、サスペンションメンバーは見た目からして頑強なものとなった。水平対向エンジンゆえのアーム配置の制約を、ボディ側を中心とした剛性確保で何とかしようという意図が見受けられる。ダンパーユニットにはリバウンドスプリングを装備。

REAR:マルチリンク式

 公式にはダブルウィッシュボーンとされているリヤサスペンション形式だが、思想的には明らかにマルチリンク。ナックルまで一体のアルミ合金アップライトの下部は、十字型にロワーアーム、トーコントロールリンク、トレーリングリンクが配され、ロワーアームアップライト側はピローボールジョイントとなっている。


スバルの独壇場か!? ステーションワゴンTOP5「衝突安全性能」ランキング

■安全なステーションワゴン、1位から3位を独占したのは……

 市販車の安全性能評価試験を行う日本自動車アセスメント(以下JNCAP)は、ユーザーが安全な自動車を選択できる環境づくりと、安全なクルマの普及を目的とした組織で、その試験結果は1995年度から「自動車アセスメント」として公表されています。

 日本国内の市販車は、すべて国が定めた道路運送車両の保安基準に適合しています。しかし、衝突時に被害を軽減するための性能や事故を回避するためのブレーキ性能は、メーカーや車種によって異なるのが現状です。

 国土交通省とJNCAPは安全性能を比較するための「乗員保護性能評価」「歩行者保護性能評価」「シートベルトリマインダー(シートベルト装着を促す警告)評価」試験を行ない、その結果を公表することで、自動車ユーザーが安全な車選びをしやすい環境を整え、各自動車メーカーの安全なクルマ開発を促進しています。

 そこで、最新の公表結果から、ステーションワゴンの「衝突安全性能アセスメント」ランキング上位5車種(平成24年度から平成29年度に試験が実施された車種)をご紹介します。

 なお、結果は従来型も含めた数値となっており、2016年度より歩行者保護性能評価の試験方法および評価方法が変更されたため、2016年度からの評価結果(評価車種)は、2011年度から2015年度までの評価と同等になるよう、点数に補正係数が掛けられています。

●1位 スバル「インプレッサスポーツ 2.0i-L EyeSight」新安全性能総合評価:199.7点

 ステーションワゴンの衝突安全性能アセスメントで、新安全性能総合評価199.7点の高得点で1位に輝いたのは、スバル「インプレッサスポーツ 2.0i-L EyeSight」(2016年発売DBA-GT7型)でした。

 初代インプレッサは1992年に発売され、ステーションワゴンである5ドアハッチバックは「スポーツワゴン」の位置づけで、翌年には高性能モデルである「WRX」をワゴンにも投入し話題となりました。

 なお、現在販売されている5代目の5ドアハッチバックのワゴンは「インプレッサスポーツ」、セダンは「インプレッサG4」の車名です。

 インプレッサスポーツ 2.0i-L EyeSightの各評価項目の得点は、乗員保護性能:95.02点、歩行者保護性能:96.07点、乗員がシートベルトをしてないときの警報装置の評価であるPSBRは8点満点中の8.0点で、これらの合計が199.7点でトップとなっています。

 歩行者をはねてしまった時、歩行者の頭部が自動車のボンネットおよびフロントウィンドウなどに衝突した場合の「歩行者保護性能」の評価項目では、歩行者頭部保護性能が最高評価のレベル5で3.80点です。

 なお、インプレッサに標準装備される「歩行者エアバッグ」による点数の上乗せは加味されていません。

 歩行者脚部保護性能もレベル5の4.00点で、歩行者の頭や脚について定められた試験条件では、重大な傷害を受ける危険性が低いといえそうです。

 安全装置装備状況はABS、左右エアバッグ、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置、衝突被害軽減ブレーキ、助手席と後席のシートベルトリマインダーを装備。

 なお、後席中央のシートベルト・プリテンショナーとシートベルト・フォース(ロード)リミッターについては装備していません。

●2位 スバル「レガシィアウトバック」新安全性能総合評価:188.8点

 ステーションワゴンの衝突安全性能アセスメントで、新安全性能総合評価188.8点で2位につけているのは、スバル「レガシィアウトバック」(2014年発売DBA-BS9型)です。

「レガシィ」の米国向け派生車種として開発されたクロスオーバーSUV「アウトバック」でしたが、国内でも1995年に「レガシィグランドワゴン」として登場し、2代目の「レガシィランカスター」として販売された後に、3代目からレガシィアウトバックの名称になっています。

 レガシィアウトバックの各評価項目の得点は、乗員保護性能:93.29点、歩行者保護性能:89.59点、PSBR:6.0点で、これらの合計で188.8点となっています。歩行者をはねてしまった場合の歩行者頭部保護性能は最高レベルであるレベル5の3.51点、歩行者脚部保護性能はレベル4の4.00点でした。

 時速100kmからブレーキペダルをすばやく踏み込んで停止させるブレーキ性能試験では、乾いた路面:40.1m、濡れた路面:42.4mの結果となっています。

 安全装置装備状況はインプレッサと同様にABS、左右エアバッグ、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置、衝突被害軽減ブレーキ、助手席と後席のシートベルトリマインダーを装備。後席中央のシートベルト・プリテンショナーとシートベルト・フォース(ロード)リミッターについては装備していません。

●3位 スバル「レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight/WRX」新安全性能総合評価:183.8点

 新安全性能総合評価183.8点で、ステーションワゴンの衝突安全性能アセスメント3位につけているのは、スバル「レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight/WRX」(2014年発売DBA-VM4型)です。

 2014年から販売が開始されたレヴォーグは「レガシィツーリングワゴン」より全長を短くして、日本の交通環境で取り回しのしやすいボディサイズとした日本市場向け車種として投入され、現在ではステーションワゴンの需要が高い欧州でも販売されています。

 レヴォーグの各評価項目の得点は、乗員保護性能:89.76点、歩行者保護性能:86.91点、PSBR:7.17点で、これらの合計で183.8点となっています。歩行者をはねてしまった場合の歩行者頭部保護性能はレベル5の3.36点、歩行者脚部保護性能はレベル4の4.00点で、時速100kmからブレーキペダルをすばやく踏み込んで停止させるブレーキ性能試験では、乾いた路面:39.1m、濡れた路面:40.9mの結果となっています。

 安全装置装備状況はABS、左右エアバッグ、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置、衝突被害軽減ブレーキ、助手席と後席のシートベルトリマインダーを装備。後席のシートベルト・プリテンショナーとシートベルト・フォース(ロード)リミッターについては装備していません。

■唯一スバルに割って入ったのは、マツダのフラッグシップ

●4位 マツダ「アテンザワゴン XD」新安全性能総合評価:183.2点

 スバルばかりが並んでしまったステーションワゴンの衝突安全性能アセスメントランキングで、新安全性能総合評価:183.2点で4位に喰い込んだのは、マツダ「アテンザワゴン XD」(2012年発売LDA-GJ2FW型)でした。

 2002年に「カペラ」の後継車として登場したアテンザは、2代目まではハッチバックモデルもラインナップされていたためにステーションワゴンを「スポーツワゴン」と呼んでいましたが、マツダのフラッグシップとなった現在の3代目からはアテンザワゴンの名称になっています。

 アテンザワゴン XDに対する各評価項目の得点は、乗員保護性能:93.05点、歩行者保護性能:86.2点、PSBR:4.0点で、これらの合計で183.2点となっています。歩行者をはねてしまった場合の歩行者頭部保護性能はレベル5の3.33点、歩行者脚部保護性能はレベル4の4.00点で、 時速100kmからブレーキペダルをすばやく踏み込んで停止させるブレーキ性能試験では、乾いた路面:41.7m、濡れた路面:42.2mの結果となっています。

 安全装置装備状況はABS、左右エアバッグ、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置、助手席のシートベルトリマインダーを装備。

 なお、衝突被害軽減ブレーキ、後席のシートベルト・プリテンショナーと後席中央のシートベルト・フォース(ロード)リミッターについては装備されていません。

●5位 スバル「レガシィツーリングワゴン2.5i Sパッケージ」新安全性能総合評価:182.9点

 ステーションワゴンの衝突安全性能アセスメントで、新安全性能総合評価:182.9点で5位となっているのは、既に販売が終了しているモデルであるスバル「レガシィツーリングワゴン2.5i Sパッケージ」(2009年発売DBA-BR9型)です。

 レガシィツーリングワゴン2.5i Sパッケージの各評価項目の得点は、乗員保護性能:91.33点、歩行者保護性能:86.27点、PSBR:5.33点で、これらの合計で182.9点となっています。歩行者をはねてしまった場合の歩行者頭部保護性能はレベル5の3.33点、歩行者脚部保護性能はレベル4の4.00点で、時速100kmからブレーキペダルをすばやく踏み込んで停止させるブレーキ性能試験では、乾いた路面:39.0m、濡れた路面:41.2mの結果となっています。

 安全装置装備状況はABS、左右エアバッグ、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置を装備。助手席と後席のシートベルトリマインダー、後席のシートベルト・プリテンショナーとシートベルト・フォース(ロード)リミッターについては装備されていません。

※ ※ ※

 今回紹介した車種では、すでに生産が終了しているモデルも含まれます。それは、自動車アセスメントの試験は新型車をタイムリーに試験しているわけではないからです。

 またマイナーチェンジなどで安全装備が追加されていても、試験をしていなければ反映されていません。

 これから新車の購入を検討する際には、併せてカタログやメーカーのウェブサイトで見て、安全装備を確認することをおすすめします。


Suspension Watch:スバルBRZ/トヨタ86のサスペンションを解説する

トヨタとスバルの協業から生まれたボクサーエンジンをフロントに積む後輪駆動のスポーツカーが86/BRZだ。そのサスペンションを見ていこう。

 トヨタブランドの86が販売実績で多数を占めるものの、実際の開発・設計はスバル。ボリュームが多くは望めないジャンルだけにマツダロードスターのような専用設計という冒険はできず、インプレッサのFR版という作りになっている。AWDからフロントの駆動系を取り除いただけと見られがちだが、駆動力がリヤに集中することでリヤサスには想像以上の負荷がかかる。ターボエンジンを搭載しなかった理由のひとつは、既存シャシーの改良では大出力を呑み込むことができなかったからと思われる。

FRONT:マクファーソン・ストラット

 構造上ロールセンターが低く、横力によるポジティブ側へのキャンバー偏位がつきまとうストラットも、ロワーアームの長さを充分に取ればある程度その欠点も解消できる。しかし、水平対向エンジンの横方向寸法の大きさ故に、ロワーアーム長を思うように採れず、ストラットの傾斜にも制限(キングピンオフセット大)があるところが、スバル車の悩みの種。

REAR:マルチリンク式

 インプレッサのシャシーを流用したことで問題となったのはリヤのストロークの短さ。写真ではわからないが、コイルユニットのアッパーマウントはボディからかなり突き出しており、アッパーアームの配置を含めてFFハッチバックという原型がそのままになっている。リヤの負荷能力が足りないためドリフト用途では特に欠点が露呈するのは、ホンダS2000でも見られた事実。



Posted at 2019/06/19 21:15:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 富士重工 | 日記

プロフィール

「初代レガシィからスタートしたEJ20のDOHCターボ。初代、2代目インプレッサだけでも様変わりしましたネ。 http://cvw.jp/b/238718/43079499/
何シテル?   07/21 23:56
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.