• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ウッkeyのブログ一覧

2018年04月30日 イイね!

色々調べて再考察とかとか

開発ストーリー : 新世代BOXERエンジン 篇

ここまでエキマニの開発に色々考えられてるのにレガシィ用のモノを流用したっていう暴挙ねw

6代目レガシィ用エキゾーストマニホールド流用その1

6代目レガシィ用エキゾーストマニホールド流用その2


メーカーの人が新世代水平対向エンジンの開発についてまとめたモノ
ココ見てもらうと標準マニの中身が4-1集合っていうのが分かり易いと思います。

九十九里にある
JST株式会社
GP3にFコンISとS/Cを取付した実績があるみたいなのですよ
よくよく見たら阿部さんのエンジンスワップもこのお店なのかな?

GP3インプレッサ×BLITZダンパーZZ-R
みんカラとかやっている人なのかわからないけど、同じインプレッサスポーツなんだろうけどね
MTでS/C付きのGP3とか面白そうだね




GJ/GP用フレキシブルタワーバー
SG517FJ002

GP(XV)用フレキシブルタワーバー
SG517FJ002



SH用フレシキブルタワーバー
SG517SC101

SJ5用フレキシブルタワーバー
SG517FJ002

SJG用フレキシブルタワーバー
SG517SG000

VM/VAG(A~C型)用フレキシブルタワーバー
ST20502VV000
VM/VAG(D~)用フレキシブルタワーバー
ST20502VV030

VAB用フレキシブルタワーバー
ST20502VV010

ZC6用フレキシブルタワーバー
SG517CA000

YA用フレキシブルタワーバー
SG517SC101

BM/BR用フレキシブルタワーバー
SG517AJ102

互換性があるのは完全にGP/GJ用とSJ5だけなんだね。社長の言っていた通りだからあの場で見切り発進しなくて正解だったかもね


ボディサポート系を入れるのに
STI フレキシブルタワーバー
sakuy@さんがAUTO PRODUCE A3 フロントショックアッパーサポートをワンオフで作ってくださったおかげでSJ5も含めた互換性が取れるようになったのですよ♪

オートプロデュースA3フロントショックアッパー サポート試着
レヴォーグ用が使えない事は確認済みだからねwww


LAILE / Beatrush Beatrush REAR STRUT TOWER BAR / リアストラットタワーバー

CUSCO パワーブレース リヤメンバー
この上記2点はA3以外を入れているので大丈夫かな


っで、A3の沼がココから始まっているのですよ
AUTO PRODUCE A3 Agress ストラットハウジングサポート

AUTO PRODUCE A3 フロントナックルサポート

AUTO PRODUCE A3 Agress リアショックロアサポート

AUTO PRODUCE A3 Agress フロアサポート

AUTO PRODUCE A3 Agress トライアングルサポート

AUTO PRODUCE A3 Agress リアセッションサポート

なので残っているのが
クロスメンバーサポート \24,000
リアロアアームサポート \24,000
フロントショックアッパーサポート
STIフレキシブルタワーバー移植取り付けタイプ
 \30,000

この3点だけまで来たんだね~
もう3点全部行ってしまうか?


沼に浸かるならシッカリ肩まで浸からないとねw


あと、SAB東京ベイ東雲にも現品が店内展示あったのだけど
ProRacing JAPAN
TMワークスさんが日本の代理店になるのかな?やっているみたいだから興味があるんだけど
ProRacing OBDⅡ Tuning Box
比較的安価に書き換えを行えるっぽいんですよね
ProRacing CS1 Tuning Box
追加でエアフロに割り込ませるタイプでこんなんもある模様

おもしろそうではあるんだけどOBDⅡに割り込ませるタイプだとどうしてもECU側との通信量とか不安な部分が多いんだよな…


そんなまどろっこしい事するくらいだったら
XV/Impreza Turbocharger Kit
コッチの方が刺激的だよね
AVOの江角さんに相談というかお話聞いたらそれなりのお値段で用意出来るっぽいんだよな~
正直魅力的ではあるんだけど…毎日通勤で60km走るうえに、現場を離れてしまっている事を考えるとなんかあった時に困るのイヤなんだよな(滝汗)
Posted at 2018/04/30 22:30:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | G4 2.0i アイサイト | 日記
2018年04月30日 イイね!

いっその事都内でやってくれれば良いのにね。区内がダメだったら八王子とか

いっその事都内でやってくれれば良いのにね。区内がダメだったら八王子とかWRC日本開催について世界のトシ新井に聞いてみた!

4輪のモータースポーツ競技といえば、フォーミュラーカーレースを筆頭にサーキットで繰り広げられるSUPER GTやワンメイクレースをはじめ、ジムカーナやラリー、ダートトライアルなど様々な競技が存在する。なかでも世界選手権はF1(フォーミュラ1世界選手権)、WRC(世界ラリー選手権)、WEC(世界耐久選手権)、WRX(世界ラリークロス選手権)などが開催され世界の頂点を競っている。国内ではF1やWECをはじめWRCも開催実績があるが、2010年の開催を最後に国内での国際格式ラリー競技はAPRC(アジアパシフィックラリー)のみとなっている。今回は昨年からWRCの国内開催誘致が再び盛り上がっている中、2005年、2007年と2度にわたりWRCのPWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権)カテゴリーでシリーズチャンピオンを獲得したラリードライバーの新井敏弘選手にWRC日本開催についてお話を伺ってみた。

Q・日本で久しぶりのWRC開催誘致が盛り上がっていますが、過去北海道で開催されたラリージャパンを踏まえて、愛知での開催がささやかれていることについてはどう思いますか?
A・北海道での開催よりは本州の開催のほうが盛り上がるとは思います。ただ、市街地での開催は行政から地元の人たちへの告知をおこなってほしいと思います。市道や県道を封鎖して開催することを考えると地元の方々の協力がないと開催するのは難しいと思います。

Q・愛知で開催した場合の見どころは?
A・ターマック(舗装路)のステージになるのでクルマのスピードも高いですし、海外ブランドのタイヤはターマック向けのタイヤでも豪快なドリフト走行を見ることができるので観戦も楽しいと思います。

Q・過去にラリージャパンが開催された時の日本のファンの様子はどうでしたか?
A・日本のギャラリーの皆さんは、思いのほかラテン系でしたね。リエゾン(スペシャルステージを結ぶ移動区間)での声援がすごくて思っていたより熱いファンが多いことを感じました。



Q・日本での誘致で思うところはありますか?
A・国内のオフィシャルの英語力などが課題だと思います。ラリージャパン初開催の時は私がレッキの時に通訳をしたこともありましたから(笑)。事前の準備もありますから個人的には東京オリンピックのあとに日本が盛り上がっている状態での開催もいいのかなと思いますね。そうすれば事前準備もしっかりできますし、海外から日本が注目されているという部分もありますからね。

Q・WRCが日本で開催された場合、全日本ラリーに参戦しているドライバーが参戦することは可能ですか?
A・現状WRCに参戦できるレギュレーションに一番近い全日本車両はJN-6クラスになります。それでも安全タンクや自動消火器などを装備する必要がありますし、ブレーキのサプライヤーなども変更する必要がありますので、車両を改造するだけで数百万円を必要としますから、それだけの予算を確保できるかが問題だと思います。


昨年、全日本ラリーのラリー北海道を観戦した筆者ですが、全日本よりもさらに迫力を増すWRCをぜひこの目で観戦したく、ファンとしても是非とも国内開催に期待したい競技のひとつです。


まぁ、都内でとか無理でしょうけどね
五輪で国家レベルとか言いながら御覧の有様ですからね
それだったら愛知の方とか群馬の方がフットワーク良さそうだもん。あとは岐阜とかかな
Posted at 2018/04/30 21:50:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記
2018年04月30日 イイね!

GT3のエンジンをMTで乗れるって考えればお買い得なくらいか?

GT3のエンジンをMTで乗れるって考えればお買い得なくらいか?911GT3 のエンジンを搭載…ポルシェ最強の718「スパイダー」が高速テスト開始

ポルシェ『718 ボクスター』に設定される高性能モデル『718ボクスター スパイダー』が、ほぼフルヌードの状態でサーキットに出現した。

LEDデイタイムランニングライトとリアディフューザーのみテープで隠されたプロトタイプは、『918スパイダー』を彷彿させるアグレッシブなフロントバンパー、黄色のブレーキキャリパー、特徴的なリアデッキ、スポイラー、小さなリアウィンドウなどが確認出来る。

ハイライトは『911GT3』から移植される4リットル水平対向6気筒NAエンジンだ。最高出力は430psまで高められ、もっとも攻撃的な「718」となる。また軽量スポーツシートやエアコンとオーディオシステムの両方がオプションになると予想されており、最小限の装備となる可能性が高い。

室内の画像では、大型インフォテインメントのスクリーンや、アルカンターラで包まれるステアリングホイールやシフトノブが確認出来る。このプロトタイプは、マニュアルギアボックスを装備しているが、DCTはオプションとなるだろう。

開発車両の状態からも、発表は近いと見られ、今年後半にはワールドプレミアが予想される。



PDKの設定はされるんだろうけど、試験車両で6MTっぽい訳だし


新型ポルシェ718ボクスター・スパイダー、911 GT3のフラット6搭載か MTも

もくじ
ー NAのレスポンスを重視
ー 6速MTを搭載、軽量化も

NAのレスポンスを重視

718ケイマンGT4と非常に深い関係を持つ次期ボクスター・スパイダーは、現在の718シリーズで最高性能版の2.5ℓフラット4ではなく、911 GT3の4.0ℓフラット6が搭載される見込みだ。これは最高のドライバーズカーとして名高い先代との釣り合いを持たせるためであろう。

2009年にボクスターの特別仕様を発売して以来、ポルシェ・モータースポーツはこのやり方にこだわっている。

「自然吸気はわれわれの強みのひとつです」とポルシェのGT開発部門トップのアンドレアス・プレウニンガーは語る。「モータースポーツにおいては、どんなターボエンジンよりも、高回転型NAの方が鋭いスロットルレスポンスを実現できると考えています」

911 GT3に搭載される4.0ℓユニットは500ps/8250rpmだが、ボクスター・スパイダーでは車格差を考えわずかに引き下げられるだろう。

先代ボクスター・スパイダーでは当時の911カレラ譲りの375psを発揮する3.8ℓフラット6が搭載された。最近登場したボクスターGTSやケイマンGTSには366psの4気筒が搭載されたことを考えると、このクルマがボクスター最速の座に就くためにはより大きなパワーが必要だ。おそらく、430ps前後になると予想される。

6速MTを搭載、軽量化も

ドライバー志向を強めるため、標準で6速MTが搭載されるが、サーキットでの速さを追求するひとのために7速PDKもオプションで用意されるだろう。

軽量化のため遮音材やラジオやエアコンなども省かれる見込みだ。電動ソフトトップも手動のものに置き換えられることになる。この軽量化とミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2の組み合わせにより、ボクスター史上最高のハンドリングを実現するだろう。

ボクスター・スパイダーのデザインはGTSとほぼ同じものになるだろう。ケイマンGT4も、より大型のリアウイングが与えられる点以外は同様の変更を受けると予想される。

ボクスター・スパイダーの発売次期などは明らかになっていない。しかし、GTSが先月発売されたことを考えると、今年後半になるのではないかと考えられる。




911GT3 のエンジンを搭載…ポルシェ最強の718「スパイダー」が高速テスト開始

ポルシェ『718 ボクスター』に設定される高性能モデル『718ボクスター スパイダー』が、ほぼフルヌードの状態でサーキットに出現した。

LEDデイタイムランニングライトとリアディフューザーのみテープで隠されたプロトタイプは、『918スパイダー』を彷彿させるアグレッシブなフロントバンパー、黄色のブレーキキャリパー、特徴的なリアデッキ、スポイラー、小さなリアウィンドウなどが確認出来る。

ハイライトは『911GT3』から移植される4リットル水平対向6気筒NAエンジンだ。最高出力は430psまで高められ、もっとも攻撃的な「718」となる。また軽量スポーツシートやエアコンとオーディオシステムの両方がオプションになると予想されており、最小限の装備となる可能性が高い。

室内の画像では、大型インフォテインメントのスクリーンや、アルカンターラで包まれるステアリングホイールやシフトノブが確認出来る。このプロトタイプは、マニュアルギアボックスを装備しているが、DCTはオプションとなるだろう。

開発車両の状態からも、発表は近いと見られ、今年後半にはワールドプレミアが予想される。




最強のポルシェ・718ボクスター、911ターボを超えるニュルのレコード更新か!?

ポルシェのエントリー・2ドアオープン「718ボクスター」に設定されるハイパフォーマンスモデル、「718ボクスター スパイダー」がニュルブルクリンクで高速テストを行いました。

現行モデル「718型」にも設定されていた「スパイダー」ですが、さらなる高性能&軽量化を実現しての登場となりそうです。

パワートレインは、「911 GT3」から流用される4リットル水平対抗6気筒NAエンジンで、現行スパイダーの375psから430psへ向上するとレポートされています。

また、今回の高速テストでは、未確認ながら7分34秒を計測したという情報も入ってきました。これが事実なら、2006年にかつて『911ターボ』が計測した7分38秒を超える数値です。時が流れているとはいえ、かなりのスピードといえるでしょう。

トランスミッションは6速マニュアルが標準装備され、PDKがオプション設定される可能性が高いようです。ワールドプレミアは、2018年後半が予想されています。

(APOLLO)
Posted at 2018/04/30 10:31:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2018年04月30日 イイね!

グループ内の事とはいえどこまでの人間が知っていたのやら?

ポルシェ エンジン部門ボス逮捕 ディーゼル排ガス不正問題への関与で

ディーゼル車の排ガス偽装デバイス取りつけか

先日、ドイツ警察およびシュトゥットガルト検察当局がポルシェ幹部に対する家宅捜索を行った。それに引き続き、ポルシェのパワートレイン開発部門トップのヨルグ・ケルナーが逮捕された。

シュトゥットガルト検察当局の情報および独メディアの報道によれば、48歳のドイツ人技術者が木曜日(2018年4月19日)にディーゼルゲート排出不正問題に関する詐欺の疑いで逮捕されたという。

先週前半には、ポルシェの研究開発を指揮するマイケル・シュタイナーも、この問題への関与の疑いが報じられていた。

金曜日にポルシェは、同社およびその従業員がマカンやカイエンを含む複数のディーゼルモデルに偽装デバイスを取りつけた疑いによる刑事訴追についてコメントを発表した。オリバー・ブルーメCEOは「ポルシェはディーゼルエンジンやそのソフトウェアの開発も製造もしておりません。起訴内容はポルシェがこの容認しがたい制御装置の存在を知っていたことを疑うものです。検察の主張を受け入れることはできません」と語っている。



ポルシェ側でも車両のセットアップするのに触れていない訳ないだろうけど…
Posted at 2018/04/30 10:27:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2018年04月30日 イイね!

ひとっ風呂浴びたらコーヒー牛乳ですよね

ひとっ風呂浴びたらコーヒー牛乳ですよねさっきの続き
ほったらかし温泉に到着♪

ほったらかし温泉







こんな感じで左右に分かれていて、営業時間も違うみたいです。



雨もどうにかおさまったので露天風呂を満喫



さぁ~下山するかな



飲み屋に来たけど微妙なり〜
そのあとは自宅に車を置いて飲み屋に移動したんだけどコレがまた微妙で…
頼んだメニューは材料が足らないから出来ないといったと思ったら結局出て気もしないのでキャンセル
値段が高い割に料理の量が多い訳でも、料理がおいしい訳でも無く(汗)
日本酒とかお酒がウリらしいけど期待するだけ野暮かな~これだったらチェーン店の方が安定感があって良かったっていう印象だね

[ハイタッチ!drive] ハイタッチ!drive
2018年04月24日08:29 - 23:08、
358.16km 9時間1分、
5ハイタッチ、コレクション1個を獲得、バッジ67個を獲得、テリトリーポイント670ptを獲得
Posted at 2018/04/30 09:38:19 | コメント(0) | トラックバック(1) | 日記 | 日記

プロフィール

「シリーズで一番長かったですからね http://cvw.jp/b/238718/42890334/
何シテル?   05/25 20:43
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

ポケモンGO攻略まとめ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:23:37
 
マギレコ攻略Wiki 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 02:22:57
 
Knight's & Magic 
カテゴリ:ナイツ&マジック
2018/01/03 15:06:50
 

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.