• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年12月13日

FFと4WDのメリットの巻

諸事情があり、整備記録などは記入していたものの、ブログはご無沙汰でした。

降雪期になり、思うところがあったため4WDについてテキトーに思うことを書き連ねます。画像は使いまわしですが、実体験に基づく内容であり、またタイヤがスリップしたあとのコントロール性を求めている内容です。車がカーブの外側に向かった、またはカーブの内側に入ってしまっう場合の話ですので、非降雪地や横滑り防止装置がある車では実感しにくいかもしれません。

2WDのメリット、デメリットについて
4WDにあらずんば車にあらずという思いで子供のころから育ったために、正直なところ2WDの車を軽視する傾向にありました。そこで2WDとはどんなものかとFFの最終型カリーナ(AT211の5MT)を購入しました。FFのカリーナで感じたことなどを述べます。
メリット
燃費良好であること:リアに余計なものがないためフリクションロスが少なく、燃費が伸びます。
静かであること: 推進軸やリアデフがないため、車内が静かです。
思い通りにトラクションがかかること:2WDは通常の駆動輪以外が駆動しないため、たとえ乾燥したアスファルト道からアイスバーンに入っても、通常の駆動輪以外が駆動することがありません。そのため、予想外の動きになりにくいのです。通常の挙動が誇張される傾向にあります。FFの場合は前輪が滑り舵が利かなくなりますし、リア駆動の場合はスピンしやすくなります。総じて2WDの場合は前後の動力配分がないため、思う通りの駆動力をかけることができます。ただし、絶対的な安定性、走破性は4WDに劣ります。

4WDついては経験に基づきおよそ3パターンに分けて考えてみます。
その1:センターデフ付きの4WD
(スバルのMT、AWDや2000年以前のカローラ4WD、ハイエース・タウンエース4WD等)
センターデフがあるため機械的に常に前後同回転であるタイプの4WDです。ビスカスやエンジン出力などの設定によってはリアのトラクションを得やすいため、後輪の駆動力をあてにした運転ができます。ただし、駆動力配分はその時の状況によるため、挙動がFFよりになるかFR寄りになるかはその時の荷重次第です。また、2WDと4WDの切り替えができないため、燃費が伸びにくい傾向にあります。

その2:センターデフなしの4WD
センターデフがなく、トランスファーにビスカスや電磁クラッチを用いて駆動力を前後に分けているタイプです。直結がなく、車種によっては2WDモードがあります。
どんな動きになるか、前後の動力配分はメーカーの思惑によるため、乗ってみないとわからないというのが本音です。軽乗用車やトヨタのVフレックスやスバルのACT4が広義の意味で当てはまります。MTやAT、CVTとの組み合わせにより性能は千差万別です。
たとえば最終型スターレット5MT、4WDは軽バンのアクティHH4よりも安定して泥濘地をクリアすることができました。また、144フィールダー4WDはCVTの設定が良くなく、タイヤ空転がわかりにくいため、低ミュー路での限界がつかみにくい傾向にありました。また、走破性最強などといわれるスバル車の多くがACT4といわれるこのタイプであり、ヒューズ一つでFFになりマス。ですが、2018年現在販売されている4WD車の大半を占めるので、通常の運用では問題が表面化しないようです。

その3:パートタイム4WD
センターデフがなく、前後の動力配分をスイッチで任意に切り替えるタイプです。構造はシンプルで走破性が高いものの、安定性がいまいちです。乗用車での採用はほぼなく、軽トラやクロカン(ジムニーやランクル)がもっぱらです。
きりかえタイミングの選定で2WDの不安と4WDの安定感のせめぎあいになります。任意に4WDに切り替えられるものの、アスファルト道と凍結路が混じる道(トンネル、橋の連続など)では厄介です。カーブがあっても前後のタイヤ回転差を吸収できないため、タイトコーナリングブレーキでキュッキュとなります。カーブの挙動はドリフトアウトかスピンアウトの二択でスムーズなコーナリングにはなりにくいモノです。

感覚としては4WDに安定性を求めるならば:パートタイム<センターデフ付き<センターデフなし
走破性を求めるならばその逆:センターデフなし<センターデフ付き<パートタイム
に思います。

長々と述べましたが、事の発端は4WDの乗用車を購入しようとしたことにあります。現在所有しているFF、MTのカリーナは、FFとしてはそこそこの走破性を有し、挙動のつかみやすさや低燃費で乗りやすい車です。しかし、豪雪地帯に通う機会が増えたため、4WDで運転しやすい乗用車が必要となってきました。過去の経験から安定性と走破性のバランスのとれたセンターデフ付きの4WDが一番乗りやすいように感じます。しかし、センターデフ付きは絶滅傾向にあるため、それに近い4WDを探したものの、なかなかで物がなく困惑していたところです。走破性は静止摩擦係数をいかに小さくするかがキモですので、タイヤを回し始めると同時に駆動力をかけることが必要であり、また、クラッチミートをした時のトルクの出方が明暗を分けます。極端な話、あぜ道の登りでは2000回転以下のトルクが薄いスバルの4WDよりも、アイドルから回転が上がるトヨタのFFのほうが力をかけやすい場合があります。

巷ではランクルジムニー最強、いやいや、スバルが強いなどと情報があふれています。実際雪国ですと車は操作しやすく故障が少ないことが求められるので、案外トヨタが多かったりしますが。安定性を取るか、走破性を取るか、どこまでの性能をもとめるかで4WDの種類も決まってくるように思います。

経験的にはATの4WDであれば臆せず進めそうなので、スバルの4AT最終型になりそうなところではあります。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/12/13 22:53:16

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

「FF/FR/4WDの違いは運転し ...
intensive911(JUN)さん

まず、エンジン搭載位置の差が先じゃ ...
ウッkeyさん

「SUVなのに4WDじゃないクルマ ...
intensive911(JUN)さん

駆動方式と車両挙動のかっとび的考察
かっとび@ツインズさん

マジョレットのトゥインゴ、いいです ...
ミッコグッチャンさん

シエンタ、細かい改良と隠れた値上げ
ユタ.さん

この記事へのコメント

コメントはありません。

おすすめアイテム

プロフィール

「@五斗巻商店 さん、多賀城某所にコマツと三菱のケーブル式が今でもあるみたいですよ。」
何シテル?   08/29 06:42
カブ色(リーガルグリーン)と申します。 ・「弄る」よりも「維持る」を重視します。 ・車の性能を引き出すべく、運転技術の向上に努めます。 ・クル...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/9 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

たまにはセダンの話でもしよう~ホンダ・アコード~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/14 22:43:38
続・戦局の転換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/05/24 22:09:03
車検 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/04/21 05:25:53

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
四輪駆動、四輪独立懸架、四段自動変速、水平対向四気筒火花点火機関の楽なヤツです。 市街地 ...
ホンダ スーパーカブ90 カブ90 (ホンダ スーパーカブ90)
ホンダ スーパーカブ90(昭和62年式)に乗っています。平成19年からの愛車です。 フ ...
ホンダ XLR250R 偵察車 (ホンダ XLR250R)
ヤフオクにて購入。距離23,000km。年式の割に程度良さげ。
ホンダ スーパーカブ110プロ カブプロ (ホンダ スーパーカブ110プロ)
中古にて購入。このほかに同時期のカブ50FIがあるため、FIカブ同士で兼用いたします。

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.