• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2020年03月27日

三菱電機 MITUBISHI 真空管ラジオ 5P-480

三菱電機 MITUBISHI 真空管ラジオ 5P-480 ども、、

えー、本日も、古(いにしえ)の真空管式ラジヲと行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノいってみよー!

ということで、三菱電機(MITUBISHI)の真空管ラジオから、「5P-480」であります。

発売は昭和30年(1955年)頃と思われますが、三菱の真空管ラジオは、大手メーカーのラジオと比べて、残っている資料等が極端に少く、当時の定価等の詳細については一切不明であります。

使用真空管はmT管(6BE6-6BD6-6AV6-6AR5-5MK9-6E5マジックアイ)ダイヤトーン製の4インチ・パーマネント・ダイナミックスピーカーを駆動させております( ̄o ̄ )ノ

一見、大型のラジオのやうに見えますけど、横幅30センチほどの小型ラジオでして、このサイズでトランス式・マジックアイ付と云うのも珍しい存在でありますよねー( ̄ー ̄)σ

また、この「5P-480」では、フィリップスから新規技術導入した三菱自社製のフェライトバーアンテナを装備、当時は「ステックアンテナ」と呼ばれておりました。( ̄ー ̄)σ





チューニングダイヤルを挟んで、左側が電源スイッチ兼ボリューム調整、右側がチューナーツマミとなっており、バンドの切替は、背面スライドスイッチで行いました。

ダイヤル背面には二個のパイロットランプが仕込まれ、スイッチオンと同時に美しく輝いており、小型ラジオにも拘わらず、とても贅沢な設計となっております。

キャビネット中央の「MITUBISHI」の金文字も無暗やたらと豪華そうでして、フロントの大半を覆ったタイルのスピーカーグリルは、キャラ立ちまくりでありますよねー

今回も、オクで格安で落札したジャンク品から当方でレストア、出品者曰く「チューニングの途中で引っ掛かります、音はしています。」と云う、ボロボロのラジオでありますた。ヾ( ̄  ̄ )





と云うことで、早々に到着したラジオのレストアですが、プラ製の筐体は目立った割れや欠けも見当たらず、クリーニングだけでなんとかなりそうな感じであります。( ̄ー ̄)σ

ラジオ部分は、とりあえず固くなった電源コードとACラインのペーパーコンデンサーを交換、電源を投入してみますたが、音声が歪んでラジオの放送も小さく聞こえてくるだけであります。( ̄^ ̄)b

そんなわけで、残っていた怪しいペーパーコンデンサーを数個と数値の上がっていた500Ωの抵抗を交換、これで、なんとか大きな音で鳴り始めてくれましたが、音声は歪んだままであります。

真空管を交換したり、スピーカーを取換てみたりと、しばらくガチャガチャ弄っておりましたが、結局、ボリュームが原因でして、穴をあけてw接点復活材を注入、なんとか復活となりますた。





引っ掛かっていたダイヤル糸は新品に張り替えてやり、ついでに、硬くなったケーブル類もすべて新品に交換、半日ほどエーシングを行って、シャーシのレストアは完了であります。

埃まみれの筐体は換気扇クリーナー攻撃を実施、あとは、300番から1200番くらいのサンドペーパーで、ひたすら表面の汚れを削り取って行きますw ( ̄ー ̄)σ

そして、ピカールで磨きだしてパフがけを行って艶を復活、「MITUBISHI」の真鍮製の銘板もピカールで磨きあげて、ピカピカに仕上げてやりました。(⌒∇⌒)σ

最後に動画もアップ、懐かしの楽曲は、例によってAMトランスミッターで飛ばしてやって再現してみますたが、さすがのダイヤトーンスピーカーですよねー、とても良い音で鳴っております。(⌒∇⌒)ノ

ささ、ということで、年度末最後の月末金曜日ですけど

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します。

ブログ一覧 | 古いラジオ | 音楽/映画/テレビ
Posted at 2020/03/27 03:22:39

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ゼネラル(八欧電機) 真空管ラジオ ...
覆面えるさん

松下電器産業 ナショナル、真空管ラ ...
覆面えるさん

三菱電機 MITUBISHI 真空 ...
覆面えるさん

サンヨー 三洋電機 真空管ラジオ ...
覆面えるさん

ナショナル FM 真空管ラジオ E ...
覆面えるさん

シャープ 早川電機工業、真空管ラジ ...
覆面えるさん

この記事へのコメント

2020/03/28 12:05:19
フロントパネルの近未来感は 凄いですね。
最先端技術を取り入れて なかなかの高級品。
そして、バンド切り替えは 背面という・・・
 この見切りの良さ? 
ダイヤトーンで鳴れば 気には ならなくってよ。w
 
コメントへの返答
2020/04/01 18:39:09
まいどー♪

そそ、幾何学的といいますか、前衛建築的といいますか、いずれにしても、こんなグリルのラジオは珍しいですよねー
おまけに、このサイズでトランス式マジックアイ付きという、

で、短波の受信機は、後付けの短波コンバーターそのものでありまして、元々はam専用ラジオとして設計されたのだと思います。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ナナオラ(七欧通信機)真空管ラジオ 5M-62S http://cvw.jp/b/240223/43869864/
何シテル?   04/02 21:29
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.