• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2020年07月01日

レイモンド・ローウィ 米エマーソン 真空管ラジオ Model 511

レイモンド・ローウィ 米エマーソン 真空管ラジオ Model 511  ども、、

えー、本日も、古(いにしえ)の真空管式ラジヲと行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノいってみよー!

ということで、米国エマーソン社 ( Emerson Radio & Television Co.)の真空管ラジオから、「Model 511」であります。

発売は昭和21年(1946年)、筐体はベークライト製、最新の射出成型技術で製造された複雑な造形は、所謂(いわゆる)「MID CENTURY DESIGN」と云われる流行のモデルとなります。

そして、特筆なのは、このラジオのデザイナーでして、なんと「口紅から機関車まで」で知られる、インダストリアルデザイナーの「レイモンド・ローウィ(Raymond Loewy)」御大なのでありますた。

そんなわけで、美術の教科書などにも、必ず紹介されているラジオでありまして、日本ではタバコのピースコカ・コーラのパッケージデザイナーとしても知られておりますよねー

大物では、乗用車の「スチュードベーカー・アヴァンティ」「ペンシルバニア鉄道GG1形電気機関車」そして、「グレイハウンドバス」等のデザインなども彼の手によるものでした。( ̄◇ ̄)♪





当方、ガッコは「芸術学部・デザイン学科・インダストリアルデザイン」の専攻ということもあって、所有しているだけでも嬉しくなってしまうやうなラジオなのであります。(´・ω・`)

左右対称で、大きくRを描いた前端に、ポッカリと浮いたやうなダイヤル表示窓を組み合わせた筐体は独創的でして、まるでヒーターのやうな、とてもユニークなデザインでありますよねー

本体サイズは270mmx200mmx170mm、マルーンのグリルも無暗やたらと豪華そうでして、正真正銘のフィフテーズからやってきた、古き良き時代の米国製ラジオであります。(⌒∇⌒)ノ

使用真空管はGT管(12SA7GT-12SK7GT-12SQ7GT-50L6GT-35Z5GT)のトランスレス機で、自社製の5インチ・パーマネント・ダイナミックスピーカーを駆動させております。





終戦直後の昭和21年、こんな高品質のラジオを製造してしまう米国電機メーカーって、いつもながらに、当時の日米の基礎工業力の差を、まざまざと見せつけられる思いであります。

と云うことで、今回もメルカリで(米国製のラジオですがw)格安で入手、一応受信しているけどと云う、比較的程度の良い中古品でありました。ヾ( ̄  ̄ )

早々に到着したラジオのレストアですが、以前に誰かか修理したラジオらしく、シャーシ内部のペーパーコンデンサーなどが、すべて新品に交換されておりました。w( ̄◇ ̄)

使われている黄色いコンデンサーなどから、けっこう前の修理のやうな感じですが、最初からとても良い音で鳴っておりまして、修理する楽しみが減ってしまって損した気分でありますw





そんなわけで、レストア作業は汚れたキャビネットの清掃がメインとなりまして、換気扇クリーナーで強力洗浄ののち水洗いであります。w( ̄◇ ̄)ノ

しかし、思った以上に黒い染みが残っており、300番から1200番くらいの耐水ペーパーで表面を研磨してやりましたが、まったく歯が立ちませんw。

資料的観点から、極力塗装は行いたくないのですが、こうなっては仕方ありませんw、グリーンマックス鉄道カラー「アイボリーB (西武アイボリー)」を吹いて仕上げてみますた。ww( ̄o ̄)w

最後に動画もアップ、懐かしの楽曲は、AMトランスミッターで飛ばしてやって再現、懐かしい音で鳴っておりまして、とても70年以上も前のラジオとは思えませんよねー( ̄◇ ̄)♪





ささ、ということで、7月も始まってしまいましたねー

ま、ぼちぼち、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、




※写真はクリックで拡大します。

ブログ一覧 | 古いラジオ | 音楽/映画/テレビ
Posted at 2020/07/01 00:07:27

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

米エマーソン 真空管ラジオ Mod ...
覆面えるさん

米ゼネラル エレクトリック 真空管 ...
覆面えるさん

米ゼネラル エレクトリック 真空管 ...
覆面えるさん

米フィルコ(PHILCO) 真空管 ...
覆面えるさん

米ゼネラル エレクトリック 真空管 ...
覆面えるさん

米ゼニス(Zenith)真空管ラジ ...
覆面えるさん

この記事へのコメント

2020/07/01 00:21:05
口紅から機関車まで・・・
 あぁ かっこよすぎますねぇ。

 スピーカーのグリルは 保護目的か?
 音響調整か? ちょっと気になります。

える先生は 九大ですか???
コメントへの返答
2020/07/02 01:38:04
どもども、

あ、ガッコは同じ九大でも九〇大ですw
美術系では有名なんですけど、入るまでFランだとはww

で、スピーカーのグリルはボール紙製なので、多分、コーンの保護目的だと思います。
音質にはあまり影響がないやうなw
2020/07/04 00:22:15
ローウィの本、まだどっかにありますよ。
懐かしさでちょっと調べたらフランス人なんですね。
アメリカンデザインの権化みたいに感じてたからちょっと意外。
たぶん本にも書いてあるんでしょうが、まったく記憶なし。。。(笑

そういえば1月にCESという展示会に行ったら、RCAのレトロ商品の展示があって、えるさんが喜びそうだと思って写真をいくつか撮って来てました。あとで上げておきますね。
コメントへの返答
2020/07/05 08:25:34
どもども、

おお、、さすが美術系クリエーターのしょういちごうサンであります。ここで、ローウィのお話ができるなんて、なんかうれしいですー♪

アタシ等の年齢だと、ローウィは神様みたいなものですけど、おフランスの使徒wなんですねー、とうりで変態的デザインも多いわけですw
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「日立 真空管ラジオ 「エーダ」 S-552 (桃色ピンク) http://cvw.jp/b/240223/44231136/
何シテル?   08/03 19:29
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.