• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

覆面えるのブログ一覧

2017年08月24日 イイね!

ミニチャンプス1/43、007私を愛したスパイ ロータス エスプリ

ミニチャンプス1/43、007私を愛したスパイ  ロータス エスプリ ども、

えー、、本日も、007 私を愛したスパイから「ロータス エスプリ S1」と行ってみましょー
(。≧▽≦。)ノいってみよー!

さて、「007 私を愛したスパイ」は、007シリーズ第10作目として1977年に公開されました。

ジョーズに襲われる電話工事バン、ボンドカーに襲い掛かるロケットサイドカーや、ジョーズの乗ったフォードタウナスなどなど、多くの車両が登場しました。( ̄▽ ̄)b

機関銃撃ちまくりwのナオミおねーたまwのストロンバーグヘリコプターも迫力でありましたが、やっぱり、潜水艦に変形するロータスには、一番、たまげましたねーw (`・ω・´)





秘密兵器として、後部ナンバープレート裏のセメントガン、水中から垂直発射できるミサイル、魚雷、水中煙幕、水雷などを装備、ほとんど重装甲車並でありますw

日本ではスーパーカーブームの大騒動と重なって、当時は「ボンドカー=エスプリ」とも言わんばかりの大人気モデルとなりますたねー( ̄◇ ̄)♪





ということで、写真は、その「ロータス エスプリ S1」でして、スケールは1/43サイズ、メーカーはミニチャンプス、約10年ほど前に発売されたモデルとなります。(⌒∇⌒)ノ

お約束のw潜水艦バージョンを立体化、水中翼やスクリューなども完璧な仕上がりで、こんなに小さいのに、素晴らしい仕上がりであります。( ̄ー ̄)σ





フロントウィンドウのシャッターも繊細でして、シュノーケルや劇中通りに再現されたナンバープレートなどなど、とても素敵でありますよねー( ̄o ̄ )ノ

残念ながら、コーギー製のミニカーのやうな、ミサイル発射ギミックなどは搭載しておりませんが、その分、プロポーションも完璧でして、ボンドファンにとっては、ハズせない一台となっております。

ささ、ということで、アッと云う間に、8月も後半に突入であります。

ま、ぼちぼちと頑張って行ってみましょー

でわでわ、



※写真はすべてクリックで拡大します。ヾ( ̄  ̄ )♪

Posted at 2017/08/24 20:43:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | ジェームスボンド | 音楽/映画/テレビ
2017年07月24日 イイね!

ボンドカーコレクション、ZIL-117、

ボンドカーコレクション、ZIL-117、ども、、

えー、本日は久々の、ボンドカーコレクションから、Vol.104「007 カジノロワイヤル」ZIL-117と行ってみましょー
o( ̄◇ ̄")oおー♪

さて、「007 カジノロワイヤル」は、007シリーズ第21作として2006年に公開されました、

ボンドカーとして、最新のアストンマーチンDBSが登場、その他のクルマも、フォード自動車がスポンサーと云うこともあって、フォード傘下の子会社のブランドに統一されていましたねー

ということで、今回は、その劇中に登場した、ZIL-117(ジル117)で、駐車場で二人分の○体を押し込んでも余裕だったwでっかいトランクが印象的な、あのセダンであります。

スケールは1/43サイズ、製造はイクソ (Ixo) 、黒塗りで重厚な姿がとても良い感じで再現されており、旧ソビエト車両ファンとしても見逃せない一品となっております。 (`・ω・´) キリッ 





例によってコストの関係でしょうか、トランクの中身wwや拳銃を構える警官など、省略されてしまったフィギァが残念ですよねー ( ̄ー ̄)σ

ちなみに、「ZIL」(ジル)とは、ロシアの大手トラック・重機メーカーで、リハチョフ記念工場(Zavod imeni Likhacheva)の略称だそうです。

冷戦時代は、質素な大型連接バスや装甲戦闘車両などを製作しておりましたが、旧ソ連の指導者向けの乗用車なども製造しておりました。





乗用車の生産は、米国車が大のお気に入りだったスターリンの為にw、1940年代に米国から譲渡されたパッカードの旧型ボディプレスを使って生産が開始されたのが始まりでありました。

そのため、1960年代になっても戦前型パッカードと同型の高級車の生産が続けられ、その後の新型車も、米国製大型乗用車の模倣が続いた模様であります。

そんなわけで、ジルの乗用車は、アタシのやうな米国車好きのマニアさんにとっても、無視できない存在となっているんですねーw( ̄▽ ̄)b


ささ、というわけで、1週間も始まりますねー

ぼちぼちと行ってみましょー( ̄^ ̄)b

でわでわ、、

※写真はクリックで拡大します。

Posted at 2017/07/24 21:37:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | ジェームスボンド | 趣味
2017年06月21日 イイね!

コーギー 007 死ぬのは奴らだ  サン・モニーク二階バス

コーギー 007 死ぬのは奴らだ  サン・モニーク二階バスども、、

えー、、本日も、お友達のFZIROさんのコチラの記事と”勝手連”と行ってみましょー、、
またまた、お世話になりますぅー、ぺこ <(_ _)>

と云うわけで、、「007 死ぬのは奴らだ」から「サン・モニークダブルデッカーバス」でありますー♪

さて、「007 死ぬのは奴らだ(Live And Let Die)」は、007シリーズ第8作目として1973年に封切られました。( ̄▽ ̄)b

ジェームズ・ボンド役をロジャー・ムーアが演じた初の作品で、ニューヨークとサン・モニーク(ジャマイカ)が主な舞台となりました。( ̄o ̄ )ノ

いわゆるボンドカーは登場しませんでしたが、随所に当時のポリスカーやらタクシーやら、その他米国乗用車が大挙して登場、米国車好きにはたまらない内容でしたねー( ̄◇ ̄)♪





そんなわけで、写真のモデルは、カナンガ博士が元首の「サン・モニーク」国で、ボンドが拾ったサン・モニーク国営交通wのダブルデッカーバスであります。

そ、シボレーノバポリスカーに散々追い回されて、挙句の果てに、高架橋に引っかかって、二階部分がふっ飛んだ、あのダブルデッカーでありますww(`・ω・´)

いやいや楽しいですねー、、劇中通りの美しいカラーリングで再現されたダブルデッカーバス、このモデルを見るだけで、あのお笑いシーンが浮かんで、、( ̄^ ̄)b エッ、チガウッw





メーカーは英国コーギー、製造は中国で、2007年頃に発売された「007ディフィニティブ エディション(DEFINITIVE EDITION)」シリーズの一員として登場いたしました。( ̄▽ ̄)b

全長は13センチほど、スケールで云うと1/60程度でしょうか、1947年型のレイランドRT型(LEYLAND RT246)ダブルデッカーバスが、とても良い感じでモデル化されております。ヾ( ̄  ̄ )

そして、さらに嬉しい奇特兵器wが隠されておりまして、なんと、二階部分が、ぶっ飛んでw取り外し可能と云う、劇中通りのギミックを内臓しているのでありますww





それらしく断面部分も再現されて良い感じですが、ギミックについて、箱の何処にも書いてないものだから、今回、撮影のために開けてみるまで、ぜんぜん知らなかったのはナイショでありますw

こーなったら、スプリングでびょよよーんって感じの二階客席発射ギミックでも付いてたら、ホント、なーんにも言うことなかったのですけどねーww(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

ちなみに、分冊百科ボンドカーコレクションの当初のラインナップでは、このダブルデッカーバスも1/43サイズで発売される予定だったのですが、いつの間にやら中止となってしまいますた。

ささ、そんなわけで、やっとこさの水曜日でありますねー。

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ



※写真はすべてクリックで拡大します。ヾ( ̄  ̄ )♪


Posted at 2017/06/21 19:04:36 | コメント(4) | トラックバック(0) | ジェームスボンド | 趣味
2015年12月17日 イイね!

コーギークラシック 007 アストンマーチンDB5、復刻版

 コーギークラシック 007 アストンマーチンDB5、復刻版ども、、

えー、、本日も、映画007ゴールドフィンガーから、アストンマーチンDB5と行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノ、、♪

さて、007 ゴールドフィンガーは、007シリーズ第3作目として1964年に公開されました。

007シリーズ初のボンドカーとしてアストンマーチンDB5が登場、数々の秘密兵器満載で、スパイのクルマはこうなんだっ、、と云う、見本を作り上げてしまいましたねー

防弾ガラスに回転式ナンバープレート、タイヤカッターに煙幕、オイル散布、防弾板、フロントマシンガン、そして極めつけは、助手席射出装置でして、今見ても、ワクワクいたしますねー

そんなわけで、当時から、007のDB5は大人気でして、多くのモデルが発売されてきましたが、今回は「コーギークラシック」として1995年頃に再販されたモデルであります。





オリジナルのファーストモデルは、1965年10月に発売されましたが、ノーマル仕様の「アストンマーチンDB4」の金型を改修、劇中どおりの各種ギミックを追加して、急場作りで発売となりました。

このモデルは、全世界で400万個以上も売り上げてしまい、単体モデル販売でのギネス記録モノだそうでして、、いやはや、凄いですよねーヽ(  ̄◇ ̄)ノ

しかし、あまりの販売台数に金型が傷んでしまい、1968年になってセカンドモデルとして新金型が起こされ、ボディカラーも劇中どおりのシルバーで発売となりました。





当時、当方はセカンドモデルを買ってもらったのですが、もう嬉しくて嬉しくてw、ずーっと遊び呆けていたものですたw( ̄▽ ̄)b

ということで、写真のモデルは、その、1968年に発売されたセカンドモデルの金型を使用した、再販版モデルとなります。( ̄ー ̄)σ

劇中どおりの各種ギミックを満載、室内パーツがプラ製となりますが、ボディやシャーシーそれにバンバーなどもダイカスト製で、ズッシリとした重量感は、なかなか良いものですよねー





楽しいギミックは、ボディー左前ボタンでオーバーライダーとマシンガン、左後ボタンで射出シートと悪党w、マフラーを押すと防弾板が飛び出し、回転式ナンバープレートも前後に装備されております。

また、後年の再販版やサードモデルではオミットされている、リアホイール中央から飛び出す、所謂「タイヤカッター」も装備、これだけでも嬉しくなってしまいますよねーww

あと、パッケージも秀品でして、1970年代後半のウインドウパッケージを復刻、意外と気合の入った再販版となっております。

ささ、そんなわけで、やっとこさの週末でありますねー。

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ



※写真はすべてクリックで拡大します。ヾ( ̄  ̄ )♪


Posted at 2015/12/17 20:30:27 | コメント(4) | トラックバック(0) | ジェームスボンド | 趣味
2015年08月24日 イイね!

コーギー アストンマーチンDB5、ゴールドフィンガー製作50周年記念モデル

 コーギー アストンマーチンDB5、ゴールドフィンガー製作50周年記念モデルども、、

えー、、本日も、映画007ゴールドフィンガーから、アストンマーチンDB5と行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノ、、♪

さて、「007 ゴールドフィンガー」は、007シリーズ第3作目として1964年に公開されました。

シリーズ初のボンドカーとしてアストンマーチンDB5が登場、防弾ガラスや回転式ナンバープレート、タイヤカッター、助手席射出装置などなど、数々の秘密兵器満載でありましたねー

そんなわけで、当時から、007のDB5は大人気でして、多くのモデルが発売されてきましたが、今回は「ゴールドフィンガー製作50周年記念モデル」として再販されたスペシャルモデルであります。

オリジナルのファーストモデルは、1965年10月に発売されましたが、ノーマル仕様の「アストンマーチンDB4」の金型を改修、劇中どおりの各種ギミックを追加して、急場作りで発売となりました。





フロント周りは、DB4のホークアイタイプのヘッドライトからDB5のカウルタイプヘッドライトに変更されましたが、リア周りのテールランプは、元のDB4のままでありました。

それでも、結局、このモデルは、全世界で400万個以上も売り上げてしまい、単体モデル販売でのギネス記録モノだそうでして、、いやはや、凄いですよねーヽ(  ̄◇ ̄)ノ

しかし、あまりの販売台数に金型が傷んでしまい、1968年になってセカンドモデルとして新金型が起こされ、ボディカラーも劇中どおりのシルバーで発売となりました。





当時、当方はセカンドモデルを買ってもらったのですが、デパートの玩具売り場のショーケースで、このミニカーだけは燦然と輝いて見えていたものですたw( ̄▽ ̄)b

ということで、今回発売の記念モデルは、その、1968年に発売されたセカンドモデルの金型を使用した、再販版モデルとなります。( ̄ー ̄)σ

劇中どおりの各種ギミックを満載、室内パーツがプラ製となりますが、ボディやシャーシーそれにバンバーなどもダイカスト製で、ズッシリとした重量感は、なかなか良いものですよねー





楽しいギミックは、ボディー左前ボタンでオーバーライダーとマシンガン、左後ボタンで射出シートと悪党w、マフラーを押すと防弾板が飛び出し、回転式ナンバープレートも装備されております。

ただ、残念なことに、リアホイール中央から飛び出す、所謂「タイヤカッター」は省略されてしまいましたが、それならば、お約束のミサイル発射とか追加していただけるとww

あと、オリジナルのパッケージを模したイラストも素晴らしいものですが、なんとこのパッケージにも、スペシャルギミックが隠されておりまして、結構、気合の入った再販版となっております。

ささ、そんなわけで、今週も始まってしまいますた。

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ



※写真はすべてクリックで拡大します。ヾ( ̄  ̄ )♪




Posted at 2015/08/24 18:19:58 | コメント(3) | トラックバック(0) | ジェームスボンド | 趣味

プロフィール

「中華製wラジオ 上海紅灯电器有限公司 model753 高灵敏度収音机 http://cvw.jp/b/240223/43738792/
何シテル?   02/17 16:17
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/2 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.