• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

覆面えるのブログ一覧

2019年12月09日 イイね!

米mpc、1/25スケール、怪獣大戦争、防衛隊ジープ

米mpc、1/25スケール、怪獣大戦争、防衛隊ジープども、

えー、、本日は、最近のプラキットから、「怪獣大戦争、防衛隊ジープ」と行ってみましょー
ヽ(*^▽^)ノ おっっー♪

さて、「怪獣大戦争」は、東宝映画が制作した「ゴジラ」シリーズの第6作目でありましてた。

封切りは1965年(昭和40年)12月19日、日米合作映画で、米国の制作会社はベネディクト・プロ、上映時間は94分のフルカラーシネマスコープでありました。

内容的には、怪獣同士の対決と云うりも、人類X星人の戦いと云う感じでして、昭和シリーズのゴジラさんwが宇宙へ飛び出したのは、この映画が唯一無二となりましたねー

当時から人気のゴジラさんと云うこともあって、初回興行の観客動員数は378万人を記録、また、米国でも「Invasion of Astro-Monster」の題名で公開され、大ヒットとなりました。





ということで、写真は、その「怪獣大戦争」に登場した東宝自衛隊仕様のジープで、ブランドは米国mpc、今年の7月になって、突然発売された、バリバリの新製品であります。( ̄o ̄ )ノ

最初、再販品かとも思いましたが、当時、このようなキットが発売されていたというのは記憶にありませんし、そういった意味でも米国のゴジラ人気の凄さには、改めて驚いてしまいますよねー

そんなわけで、当時のmpc製プラキットを模したパッケージデザインが最高でして、劇中のシーンそのままに描かれたイラストと、実写フォトの組み合わせが雰囲気でありますよねー、





スケールは1/25サイズ、東宝自衛仕様の大判デカールもセットされ、105mm無反動砲を装備した姿は、無闇やたらと強そうで最高であります。

しかし、本来なら三菱ジープJH4型となるところですが、以前にアップ済の「World War II JEEP」の金型がそのまま流用されており、そのへんは、ま、ご愛敬と云うことでしょうねーw

ま、そうは云っても、さすが本場のまキットだけあって雰囲気は最高でして、堀の深いフロントグリルやバンパー、運転席の床面などなど、なかなか良い感じであります。





ただ、セットされた下駄山タイヤが幅広で径が小さいのが難点でして、細部についても戦後型と混同されてしまった部分も多く、ちょっち微妙な感じでありますw

そして、嬉しいオマケとして、全高約25cmのゴジラ鉄塔富士山のペーパークラフトもセットされており、この辺の上手さは、さすがでありますよねー

ちなみに、このキット、シャーシは共通のまま、朝鮮戦争ジープや戦後の民間型ジープ、果てはホットロッド仕様まで登場しており、そのへんもいずれご紹介したいと思います。





ささ、ということで、アッという間に月曜日ですねー

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ、


※写真は全てクリックで拡大します。



Posted at 2019/12/09 19:43:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 古いプラモ | 音楽/映画/テレビ
2019年07月24日 イイね!

日本ホビー、金色ウルトラバット

日本ホビー、金色ウルトラバットども、、

えー、本日も古、(いにしえ)の怪しいプラキットと行ってみましょー

( ̄▽ ̄)bいぇー♪

ということで、「金色ウルトラバット」の登場であります。

以前、同シリーズの、「地球をまもるキジラ」をアップ、次回は「ウルトラバット」あたりでも、と申し上げて、はや12年、、やっとアップとなりますた。 へ(* ̄ー ̄)>イヤイヤ面目ないw

メーカーは日本ホビー、発売は昭和40年頃と思われ、当時の定価は150円となりますが、例によって、突っ込み処w満載となっておりますw( ̄▽ ̄)b





まず、パッケージイラストが最高でしてw、巨大な「ウルトラバット」と航空自衛隊のF104Jの空中戦でして、「ウルトラバット」サン、すでに一匹撃墜されております。w

そして、後方を飛行している物体は、前回、地球の守り神「キジラ」にコテンパンにやられた、凶悪なネロ星人の円盤でしょうか、凝りもせず、またまた侵略にやってきますた。





そして、よく見ると、超大型の「金色ウルトラバット」の上にも、ネロ星人が、怪獣王子みたいに威張ってw乗っております。

でもでも、どう見ても、無暗やたらと弱そうなw脊椎動物亜門哺乳綱に属する「コウモリ」にしか見えないのですけど、、こんなんじゃぁ、一撃でヤラれてしまいますよねーw





残念なことに「地球をまもるキジラ」のようなパッケージの解説は省略されてしまいましたが、ま、ざっと、こんな感じのお話なのでわwと想像されますw

ということで、このシリーズ、あとは「ブラックイーグル」だけとなりますた、、と云っても、いったい何時になることやらw( ̄^ ̄)b

ささ、やっとこさの梅雨明けでありますよねー

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ




※写真はクリックで拡大します。ヾ( ̄  ̄ )♪
Posted at 2019/07/24 19:21:34 | コメント(5) | トラックバック(0) | 古いプラモ | 趣味
2018年06月01日 イイね!

旧青島文化教材社、電動シングル版、沿岸警備艇 S.P MK.10

旧青島文化教材社、電動シングル版、沿岸警備艇 S.P MK.10ども、、

えー、ぼちぼち暑いですねー、、そんな訳で、この時期恒例、古(いにしえ)の水物プラモ行ってみましょー
ヽ(*^▽^)ノ おっっー♪

と云うことで、「沿岸警備艇 S.P MK.10」のプラキットでありますー( ̄▽ ̄)b

メーカーは我らの青島文化教材社STマーク赤いロゴマークから、1975年頃の発売と思われ、パッケージサイズが50センチ四方は在ろうかと云う、大型のキットであります。ヾ( ̄  ̄ )

前回、リモコン版ポリスパトロールボートのプラキットををアップいたしましたが、今回は、そのシングル走行版のモデルとなります。( ̄o ̄ )ノ





船体の完成寸法は全長40センチほど、けっこうな大型の船体でして、手摺やデリックポスト、フックなどの小物はメッキパーツが奢られ、高級感満載であります。

レトロフューチャーなスタイルの警備艇は、このまま、サンダーバードとかキャプテンスカーレットあたのに登場しても、全然違和感のないカック良さでありますよねー( ̄▽ ̄)b





動力としてマブチRE26モーターを使用、単二電池二個で電動走行いたしますが、その他の方法として、別売の模型用船外機や水中モーターも装着可能でありました。

しかし、そこはそれ、シングル走行版のボートでありますし、公園の池などでw:回収不能と云う非常事態だけは避けたいものでありますよねー( ̄^ ̄)b





また、アオシマテイスト満載のパッケージイラストも秀品でして、ジェットヘリと併走する沿岸警備艇の勇姿は、無暗に速そうで、最高でありますよねー (`・ω・´)  

で、あとは、甲板上に、スプリングのびょよよーんって感じのミサイル発射ギミックでも付いてたら、ほんと、なーんにも言うことなかったのですけどねー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

ささ、ということで、やっとこさの週末でありますねーw

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します。
Posted at 2018/06/01 16:54:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | 古いプラモ | 趣味
2018年04月26日 イイね!

米ENTEX 1/25 、カワサキ750 サイドカー

米ENTEX 1/25 、カワサキ750 サイドカーども、、

えー、、本日も、古(いにしえ)のプラキットから、懐かしのナナハンバイクと行ってみましょー
(⌒∇⌒)ノ行ってみよー、

ということで、「カワサキ750RS」それも、嬉しい側車付キットの登場でありますー

さて、カワサキ750RS、所謂(いわゆる)“Z2”ゼッツーは、1973年から1978年まで販売されていた、自動二輪車でありますた。ε=(┛*゚▽゚)┛ブルンブルン♪

当時、カタログのスピードメーターが240km/hとなっており、子供心にも、すっげーw、って思ってましたけど、実際は200km/h表示だったそうで、それでも、やっぱり凄いですよねー

ちなみに、現在でも、Z2用にデザインされたバックミラーは、「Z2ミラー」(ゼッツーミラー)の愛称で、マニアさんの間でも、大人気のパーツとなっておりますよねー( ̄▽ ̄)b





ということで、写真は、その「カワサキ750 Z2」のプラキットで、発売時期は1970年代中程、スケールは1/25サイズ米ENTEXブランドから発売されました。( ̄ー ̄)σ

この、米ENTEXと云うメーカーさんは、日本のプラキットの中身だけを輸入して、自前のパッケージに詰替えて販売していたメーカーさんで、主に北米を中心に販売されておりました。

そんなわけで、このキットも中身は日本製となるわけなのですが、元々のキットが不明でありまして、おそらく、河合商会「1/20スモールバイクシリーズ」ではないかと思われます。





ENTEXのパッケージは1/25スケール表記ですが、中身のキットを実測してみると、ほぼ1/20スケールとなりますので、まず間違いなさそうですけど、イマイチ詳細は不明であります。

また、変なカタチのw側車(サイドカー)パーツと、さらに、ライダーとパッセンジャーのフィギアも追加、それらしいデカールもセットされ、無暗に豪華なキットとなってしまいましたw

しかし、このフィギアさんたち、いったい何処から連れてこられたのか、スケールが無茶苦茶でして、ほとんど、昔の駄菓子屋玩具のような体裁になってしまいますたwヾ( ̄  ̄ )





一つのランナーに無理やり収めてますけど、パッセンジャーさんは1/18スケール程、ライダーさんは1/25程とw、二人のヘルメットや胴体の大きさが、あまりにも違い過ぎてw

さすがに、超テキトーな英語人さんでも、これはマズイと思ったのでせうかw、パッケージの完成見本写真からも、パッセンジャーさんのフィギアが省略されておりますねーwヾ( ̄0 ̄; )ノ

それに、そもそもこのキット、本当に「Z2」のキットなのかも怪しい処でして、もしかしたら、「マッハIV」かもしれませんけどw、ま、そのへんはご愛嬌と云うことでw

ささ、ということで、アッと云う間に4月も終わりでありますけど、

ま、ぼちぼち、頑張って乗り切りましょー

でわでわ



※写真はクリックで拡大します。

Posted at 2018/04/26 18:22:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | 古いプラモ | 趣味
2018年04月04日 イイね!

旧青島文化教材社 アタック7シリーズ No.5 ジェッタ―号

旧青島文化教材社 アタック7シリーズ No.5 ジェッタ―号ども、、

と云うわけで、本日も、我らの青島文化教材社からSFスーパーモデルと行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノ、、おー♪

その名も、「ジェッタ―号」でありまして、「アタック7シリーズ」のNo5として登場いたしますたw

またまた、アオシマテイスト満載のパッケージが超ご機嫌で最高にカック良く、さすがわ我らが“青島文化教材社”ですねー、期待を裏切らないハチャメチャぶりでありますw

発売は昭和50年頃、キャプテンスカーレットあたりに登場しそうな、レトロフューチャーなスタイルのへりジェットでして、機首の速射砲が、無闇に強そうで最高であります。( ̄▽ ̄)b





機体の大きさは13サンチほど、強力ゼンマイで走行可能でして、スカイブルーの成型色も、奇特兵器っぽくて、なかなか良い感じですよねー

米国グランドキャニオンのような荒涼とした地形は、どこかの惑星上でしょうか、おそらく前戦に敵がいるのでしょう、まさに連射しつつ攻撃開始といったところであります。ヾ( ̄  ̄ )





なにやら、やたらと速そうな戦闘機も共に攻撃中でして、このまま東宝怪獣映画とかに登場しても、まったく違和感を感じないデザインですねー

というのも、このプラモ、なんと、スペクトルマンに登場した、公害調査局第八分室所属の、ゴリ怪獣駆逐兵器ボントトルエカからの、版権切れ再販キットなのでありましてw!( ̄o ̄ )おー





大判のステッカーに、オマケとして、嬉しいアタック7手帳も付属、パッケージの解説も、いかにもそれらしくて、こんな所も嬉しくなってしまいますよねーw( ̄ー ̄)σ

例によって、お約束のスプリングによるミサイルの発射も健在でして、やっぱり、ちゅどーん・ドッカーン・びょょょょーんだけは譲れませんよねーw(`・ω・´)

ささ、と云うわけで、やっと四月になりますたw

ま、ぼちぼち頑張って、行ってみますかぁー

でわでわ




※写真はすべてクリックで拡大します。ヾ( ̄  ̄ )♪
Posted at 2018/04/04 18:29:41 | コメント(6) | トラックバック(0) | 古いプラモ | 趣味

プロフィール

「米ゼニス(Zenith)真空管ラジオ Model R-615 http://cvw.jp/b/240223/43534312/
何シテル?   12/11 15:22
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.