• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

覆面えるのブログ一覧

2018年07月31日 イイね!

トミーテック 鉄道コレクション JR105系 新製車 宇部・小野田線2両セット

トミーテック 鉄道コレクション JR105系 新製車 宇部・小野田線2両セット ども、、

えー、、本日は、久々の鉄道模型と行ってみましょー

(⌒∇⌒)ノいってみよー♪

と云うことで、 宇部線・小野田線の、JR105系 新製車の登場であります。

国鉄105系電車は、地方の路線で使用され続けていた、旧型電車を置き換えるために、1981年(昭和56年)から製造された直流通勤形電車であります、

105系として新規に製造された3扉車グループと、103系通勤電車から改造された4扉車グループに大別され、使い勝手の良い「1M方式」での運用が可能となっております。

かつての宇部線と云えば茶色い旧型電車が有名でしたけど、今では、この105系電車が、長閑な瀬戸内をノコノコと走っておりまして、これはこれで、とても良い景色となっております。





ということで、メーカーはタカラトミー、スケールはNゲージサイズの1/150、トミーテックの鉄道コレクションシリーズから最近になって発売されたモデルで、定価は、格安の2800円wであります。

最近の鉄道模型らしく、素晴らしいディーテールでありますが、例によって、ディスプレイ専用モデルでありまして、走行させるためには別売のユニットなどが必要となります。( ̄o ̄ )ノ

そんなわけで、早々に、TM-18動力ユニット20m級用 と TT-03R・TT-05 Nゲージ走行用パーツセット、それに<0230>パンタグラフPS16Pセットも揃えてみますた。( ̄▽ ̄)b





ちょっと時間がなくて、作業もお預け状態ですが、早々に組み込んで走らせてみたいと思ってますので、工作が完了しましたら、また、アップしますねー( ̄◇ ̄)/

さて、JR宇部線は、山陽本線小郡駅(現:新山口駅)と山陽本線西宇部駅(現:宇部駅)の間を周防灘に沿って、宇部市の中心市街地を通過する路線であります。(`・ω・´)>

かつては石炭輸送などの貨物輸送が中心でしたが、現在は宇部興産専用道路を使用したトラック輸送などに切り替えられ、旅客列車のみの運行となっております。





大動脈の山陽本線の全線電化は昭和39年でありましたが、なんと、昭和4年には全線で電化が完了しており、早くから電車による旅客輸送が行われておりました。

ただ、全線単線区間で、また海岸地帯で地盤が弱いため、昔からスピードアップは無理でして、今では特急バスの方がはるかに速かったりもしますけど、ま、それも一興であります。( ̄ー ̄)σ

ちなみに、現在では、この105系電車も、広島色、所謂、末期色wに塗り替えられてしまいましたけど、やっぱり、このカラーリングの方が、断然、景色に馴染むような気がしますよねー

ささ、ということで、いよいよ8月に突入でありますねー

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大しまつヾ( ̄  ̄ )♪
Posted at 2018/07/31 20:23:35 | コメント(3) | トラックバック(0) | 鉄道模型 | 趣味
2016年03月24日 イイね!

香港電車文化館限定、香港トラム 電動レールセット

香港電車文化館限定、香港トラム 電動レールセットども、

えー、本日は、ちょっ珍しい海外土産から、香港トラムの電動走行レールセットと行ってみましょー
(⌒∇⌒)ノ、いってみよー♪

香港はThe Peak Galleriaにある「香港電車文化館」と云うショップで販売されている限定品であります。

楕円に組めるターンアウトレールと、単3乾電池1本で走行する、二階建香港トラムがセットされたレールセットで、当然ながら、日本では未発売のセットとなります。( ̄o ̄ )ノ

現存する香港トラムの中で、一番古いと云われている有名な二階建香港トラム(120号車)をモデル化、電車の全長は10センチほど、スケールで云うと、1/90サイズ程度となります。





車体全体に施された漢字の広告も好い感じで、如何にも香港って云う異国情緒豊かな表情が最高でありますよねー( ̄▽ ̄)b

また、同じく漢字だらけの広告が再現されたプラットホームも付属、昭和30年代テイスト満載の広告は、眺めているだけでも楽しくなってしまいます。( ̄ー ̄)σ





さて、「香港電車文化館」は、2014年9月に香港トラム開業110周年を記念してオープンしたショップで、古いトラムの切符やグッズなどもを展示されている、小さな博物館と言った感じであります。

香港に出張した知人から、土産として頂きましたが、ショップ限定の香港トラムグッズも多いと云うことでして、生きてるうちに、いっぺんは行ってみたい所ではありますよねーw(´・ω・`)

ささ、ということで、本日は臨時休業の予定であります。

ま、ぼちぼちと頑張って行ってみましょー、、

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します。


Posted at 2016/03/24 02:03:52 | コメント(4) | トラックバック(0) | 鉄道模型 | 趣味
2014年09月11日 イイね!

トミーテック 鉄道コレクション 国鉄40系宇部・小野田線2両セット

トミーテック 鉄道コレクション 国鉄40系宇部・小野田線2両セットども、、

えー、、本日は、久々の鉄道模型と行ってみましょー

(⌒∇⌒)ノいってみよー♪

と云うことで、懐かしの、宇部線・小野田線 旧型国電40系の登場であります。

半流3扉車両のクモハ41031と40系平妻車両のクハ55009の編成で、当方も、昭和48年頃は宇部に住んでおり、宇部線と云えば茶色い電車と云うほど地元にとって馴染みの電車でありました。

メーカーはタカラトミー、スケールはNゲージサイズの1/150、トミーテックの鉄道コレクションシリーズから最近になって発売されたモデルで、定価は、格安の2400円wであります。

最近の鉄道模型らしく、素晴らしいディーテールでありますが、例によって、ディスプレイ専用モデルでありまして、走行させるためには別売のユニットなどが必要となります。( ̄o ̄ )ノ

そんなわけで、早々に、TM-17動力ユニット20m級用TT-03R Nゲージ走行用パーツセット、それに<0224>パンタグラフPS13セットも揃えてみますた。( ̄▽ ̄)b



ちょっと時間がなくて、作業もお預け状態ですが、早々に組み込んで走らせてみたいと思ってますので、工作が完了しましたら、また、アップしますねー( ̄◇ ̄)/

さて、JR宇部線は、山陽本線小郡駅(現:新山口駅)と山陽本線西宇部駅(現:宇部駅)の間を周防灘に沿って、宇部市の中心市街地を通過する路線であります。(`・ω・´)>

かつては石炭輸送などの貨物輸送が中心でしたが、現在は宇部興産専用道路を使用したトラック輸送などに切り替えられ、旅客列車のみの運行となっております。

大動脈の山陽本線の全線電化は昭和39年でありましたが、なんと、昭和4年には全線で電化が完了しており、早くから電車による旅客輸送が行われておりました。



ただ、全線単線区間で、また海岸地帯で地盤が弱いため、昔からスピードアップは無理でして、今では特急バスの方がはるかに速かったりもしますけど、ま、それも一興ですよねーw

ちなみに、小郡駅と西隣の嘉川駅付近までは、山陽本線と宇部線が並行して走っており、この区間では、列車の併走が、毎日のように楽しめたものでありました。( ̄ー ̄)σ

特に、18時に小郡駅を発車する宇部新川行と、同時刻に発車する山陽本線下関行普通電車の併走は見物でして、コレ見たさに、その時間までわざわざ暇をつぶして乗車していたものでしたw

下関行の80系湘南電車フル編成と、宇部線の40系二両編成という、唸る吊り掛けモーターの旧型国電同士の一騎打ちは、今の鉄チャンからすれば、それはもう夢のような併走かもしれませんねー

ということで、この週末は三連休であります。

お子の試合で予定もビッシリでつけど、ま、ぼちぼち、行ってみましょー

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大しまつヾ( ̄  ̄ )♪
Posted at 2014/09/11 18:24:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | 鉄道模型 | 趣味
2014年05月27日 イイね!

カツミ(KTM) HOゲージ用パワーパック KP-23、

カツミ(KTM) HOゲージ用パワーパック KP-23、ども、、

えー、、本日は、久々の鉄道模型と行ってみましょー

(⌒∇⌒)ノいってみよー♪

ということで、古(いにしえ)のHOゲージ用パワーパックであります。

メーカーは、古くからのHOゲージファンの方には懐かしい、カツミ(KTM)製、品番型式は「KP-23」で、カツミのパワーパックの中では、もっとも長い間製造されてありました。

購入したのは昭和50年頃、当時の定価は7800円でありまして、直流出力端子とは別に12V交流出力の補助端子も装備され、交流で動くポイントマシンなども制御することが可能であります。

定格の出力電流は2A、運転時の最高出力電圧は15Vで、12V制御のHOゲージ車両が一台だと十分なパワーでありました。ヾ( ̄  ̄ )



また、走行時のスピード制御はレオスタットを使った標準的なものでして、スムーズな電圧制御は、最近の高性能車両でも十分に対応できるので、ちょっと嬉しいですよねー(`・ω・´)

オール金属製の本体はブラックのシボ塗装が施され高級感も満点で、スピード調節のツマミ部分には、最高速度150km/hの銘板が貼り付けられ、雰囲気を盛り上げておりますねー

青・赤が直流出力端子、黄・黄が交流補助端子、逆転スイッチはキーメンス式で、パイロットランプは小型のナツメ球が使用されております。w( ̄ー ̄)σ



ただ、内臓されている出力トランスは1個なので、運転中にポイント切り替え等を行うと、一瞬、スピードダウンとなってしまうのは、仕方ないところであります。

ま、当時はコレが当たり前でしたので、特に何も思ってませんでしたけど、なんとも、長閑な時代でありましたねー( ̄^ ̄)b

そんなわけで、かれこれ40年以上アタシの手元にあるわけですが、今でも立派に現役でして、古いHOゲージ車両たちを、元気に走行させております。(⌒∇⌒)ノ

ささ、ということで、早くも5月も終盤でありますねー

ま、ぼちぼち、行ってみましょー、、

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大しまつヾ( ̄  ̄ )♪

Posted at 2014/05/27 23:09:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | 鉄道模型 | 趣味
2011年02月26日 イイね!

鉄道模型少年時代、最終号、、

鉄道模型少年時代、最終号、、ども、、

えー、、講談社のNゲージジオラマ製作マガジン「鉄道模型少年時代」です。

前回にアップしたのが、昨年の2月27日となりますので、ほぼ1年ぶりのアップでありますー
<(_ _)>、どもども

定期購読ですので、アタシがサボっていても、ちゃーんと届いておりました。

で、ふと気がつくと、なーんと最終の75号になってるでわありませんかっ!

(-_-)ウーム、まいったww、

ということで、最終号は、里山交通キハ1501形ディーゼルカーでありましたー

創刊号付属のキハ1001形と連結しても良し、市販の動力ユニットを組み込んでも楽しめそうです。。

( ̄o ̄;)え、、、作りかけのレイアウトはどーしたっ、、、、って




とーぜん、1年前のまんまでつよー

((o( ̄◇ ̄")o))、、おーほほほほほほほほ、、

完成すれば、CMのようになる予定でーつ♪

ささ、ということで、ぼちぼち本腰を入れて、再開と行きますかー

ヨメも、ウルサイしーっと、、( ̄▽ ̄)b

でわでわ
Posted at 2011/02/26 22:17:32 | コメント(13) | トラックバック(0) | 鉄道模型 | 趣味

プロフィール

「松下電器産業 ナショナル、真空管ラジオ EA-325 http://cvw.jp/b/240223/43660547/
何シテル?   01/24 11:10
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.