• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

覆面えるのブログ一覧

2019年07月23日 イイね!

台湾鉄路管理局 E200型 電気機関車 チョロQ

台湾鉄路管理局 E200型 電気機関車 チョロQども、、

えー、、本日も手持ちの鉄道玩具から、珍しいモデルと行ってみましょー
(⌒∇⌒)ノいってみよー♪

ということで、チョロQタイプの外国型モデルから、「台湾鉄路管理局 E200型電気機関車」であります。

発売時期は2015年頃、台湾国内向けの子供向玩具で、今回は、なんとか台北から取り寄せましたけど、日本での入手は、かなり困難だと思われます。

当然ながら台湾製で、タカラトミーの正規品にも見えますが、例によって、完全に「チョロQもどき」、所謂(いわゆる)、「モドQ」となります。( ̄^ ̄)b





ボデイや足回りなどかプラ製、「モドQ」とは云え、意外と造りもシッカリしており、クラシックな風貌の電気機関車を見事に再現しております。

さて、E200型電気機関車は、台湾を代表する電気機関車で、その古めかしいスタイルからは想像もつきませんが、なんとデビューは1978年でありました。(`・ω・´)





製造メーカーは米国ゼネラル・エレクトリック社で、1992年まで増車が続けられ、現在の総保有台数は40両となっております。

交流式電気機関車で重量は96t、軸配置はCo-Coで実用最高速度は110キロ、最大出力は2800kWh(キロワット時)でありました。





そんなわけで、外観こそ古めかしいスタイルですが、旧国鉄のEF65型電気機関車と比べても、ほぼ、同性能の素引機と云うことになります。

ちなみに、2019年1月から、日本の南海電鉄とのコラボ列車として、2両のE200型電気機関車が「ラピートブルー」に塗装され、特別編成で運行されておりました。

ささ、ということで、この雨模様で体調も最悪ですけどw

ま、ぼちぼち、行ってみましょー、、

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します。ヾ( ̄  ̄ )♪

Posted at 2019/07/23 18:50:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他のモデル | 趣味
2019年04月09日 イイね!

ドリームトミカ 出川哲朗の充電させてもらえませんか? ヤマハ E-Vino 

ドリームトミカ 出川哲朗の充電させてもらえませんか? ヤマハ E-Vino ども、

えー、みなさま、なにかと忙しい年度初めですが、いかがおすごしでしょうか、<(_ _)>どもども♪

ささ、と言うことで、本日も最近の仕入れ品から、「出川哲朗の充電させてもらえませんか? ヤマハ E-Vino」と行ってみましょー

ここのところ、怒涛の勢いでラインナップを増やしておりますドリームトミカからの一台で、なんとなんとの、出川哲朗の充電させてもらえませんか? 仕様のヤマハ E-Vinoの登場となりますたw。

いやいや驚きましたねー、あの、クソ真面目なトミカから、まさかの「充電させてもらえませんか?」号wが出てしまうんですもの、「出川哲朗」人気、もうビックリでありますよねーヾ( ̄  ̄ )





ミニカーの大きさは全高6センチほど、所謂(いわゆる)トミカサイズとなりますが、って、元々トミカなんでそのまんまであります。w( ̄ー ̄)σ

お馴染みの「ヤマハ E-Vino」が、怪しいwスイカ状態でモデル化されており、フロント周りなども上手に再現されておりますねーw( ̄▽ ̄)b





また、嬉しいオマケとして、スイカ柄の「スイカヘルメット」のミニチュアが付属、出川哲朗のゴールデン“初冠”番組!を無闇に盛り上げておりますよねーw

ここのところのトミカさん、気合入りまくりでありますが、こーなったら、出川のフィギア付仕様も、ぜひぜひ!出してほしい処ですよねー(`・ω・´)キリッ

ささ、ということで、なんか無茶苦茶に忙しいのですけれどw

ま、ぼちぼちと行ってみましょー

でわでわ、



※ 写真をクリックしていただくと拡大します。

Posted at 2019/04/09 19:27:57 | コメント(5) | トラックバック(0) | その他のモデル | 音楽/映画/テレビ
2019年01月04日 イイね!

旧イマイ ゲゲゲの鬼太郎 妖怪自動車

旧イマイ ゲゲゲの鬼太郎 妖怪自動車ども、、

えー、、本日も、懐かしのアニメから、「ゲゲゲの鬼太郎(第1期)」と行ってみましょー( ̄o ̄ )ノ♪

さて、ゲゲゲの鬼太郎の第1期は、昭和43年1月3日から昭和44年3月30日まで放映された、鬼太郎初のアニメ作品でありました。

フジテレビ系列で全65話が放送され平均視聴率は17.2%を記録、異色なヒーローとして子供達の人気となり、後の妖怪ブームを生み出す原動力となりました。

原作と比べて鬼太郎の性格も丸くなり、また、グロテスクな部分や下ネタ・社会的風刺部分を抑えたと云うことでしたが、それでも、まだまだおどろおどろしいw内容でありますたよねー





第1期はモノクロ映像でありましたが、そのモノクロ的な部分が不気味さを増幅させてしまい、小学二年の当方にとって、鬼太郎を見た後の夜中のトイレは絶望的だったものですw(´・ω・`)

ということで写真は、イマイ末期の平成10年頃になって、突然再販された「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪自動車」の組立キットで、初版の発売は、放映当時の昭和43年12月でありました。





当時、イマイの「マイメイト」シリーズの一員として発売され、その他ラインナップとして「怪物くん一家」「サスケ」等の人気モノたちが用意されておりました。( ̄▽ ̄)b

再販時は「スペシャルオールドモデル」と称して、昔のままの金型を使用して製造されており、なかなか雰囲気のある内容となっております。( ̄ー ̄)σ





ゼンマイ等の動力は無く、所謂(いわゆる)、コロ走行モデルでありますが、ギミックとして前部ライトとゲタ足型バンパー、ホロが動き、ホロに合わせて目玉親父もプルプルwしております。

カタチを整えて塗装してやると、意外と良い感じに仕上がりそうですが、せっかくの再販ですし、この際、当時のままの雰囲気で無塗装ストレート組してやるのが正解のやうな気もします。

ささ、と云うことで、この寒さw、かなり辛い状況でありますねー

ま、ぼちぼちと頑張って行ってみましょー

でわでわ



※写真はすべてクリックで拡大します。ヾ( ̄  ̄ )♪


Posted at 2019/01/04 20:03:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他のモデル | クルマ
2018年09月19日 イイね!

くまもんチョロQ、熊本遠征 第二弾

くまもんチョロQ、熊本遠征 第二弾ども、、

えー、、いつも、お子の高校女子バスケで、休み無しの当方ですが、この三連休も、熊本遠征でありました。

<(_ _)>、どもども

ということで、今回の戦利品でありますw

帰りに寄った、北熊本サービスエリアで発見、早々に捕獲いたしました熊本名物wの、くまもんプルバックカーwでありますww( ̄ー ̄)σ

前回の遠征では、超度派手なwピンク色を仕入れて参りましたが、今回は、本家本元のブラックボディでありますwヾ( ̄  ̄ )





タカラトミーの正規品にも見えますが、例によって、完全に「チョロQもどき」、所謂(いわゆる)、モドQとなります。( ̄^ ̄)b

でもでも、やっぱり、クマモントミカのパクリにしか見えませんよねーw (´・ω・`)  

ささ、そんなわけで、朝晩はめっきり涼しくなりましたねー

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ

Posted at 2018/09/19 23:54:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他のモデル | 日記
2018年09月13日 イイね!

米ホットホイール、ダットサン 510ブルーバード ワゴン

米ホットホイール、ダットサン  510ブルーバード  ワゴン ども、、

えー、、本日は、最近の仕入れ品から、510ブルーバード ワゴン仕様と行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノ、、いってみよー♪

さて、三代目ブルーバードの510型は、1967年8月に登場いたしました。

1000ccの大衆車クラスだった410ブルから、1300ccの中型クラスに移行さたこともあり、歴代ブルーバードの中では、後年の910ブルと共にもっともヒットしたモデルとなりましたねー

「スーパーソニックライン」と云われる、直線基調で堀の深いデザインが特徴で、当初のボディタイプは2ドアと 4ドアセダン、4ドアワゴンとバンの4種類が用意されました。





エンジンは新開発のL型ユニットが搭載され、ファミリー向けの1300ccのL13型と、1600ccのL16型を搭載した「SSS(スーパー・スポーツ・セダン)」がラインナップされておりました。

サスペンションは日産初の四輪独立懸架を採用、トヨペット・コロナとの壮烈な販売合戦、所謂(いわゆる)「BC戦争」は、今でも語り草となっておりますよねー





また、海外では、サファリラリーやメキシカンラリーなど、有名処のラリーで大活躍を収め「ラリーの日産」のイメージを確立し、史上初めて北米市場でヒットした日本車となりますた。( ̄o ̄ )ノ

ということで、写真は、その510ブルーバードのワゴン仕様のモデルで、ブランドは米ホットホイールH/W、製造はマレーシア、全長7サンチほど、所謂(いわゆる)トミカサイズのモデルであります。





幅広のスピードホイールや、目が痛くなるような水色のボディ、それに安げなプラ製シャーシなどなど、H/Wらしくて、なかなか良い感じでありますよねーw( ̄^ ̄)b

また、ちょっとレトロな雰囲気の、トリコロールカラーのラインも素敵でして、前後のオーバーフェンダーも、無暗に速そうで最高でありますw( ̄▽ ̄)b

ささ、そんなわけで、やっとこさの週末でありますねーw

ま、ぼちぼち頑張って行ってみましょー

でわでわ



※写真はすべてクリックで拡大します。ヾ( ̄  ̄ )♪

Posted at 2018/09/13 21:56:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他のモデル | 趣味

プロフィール

「米シアーズ・ローバック 真空管ラジオ Model 2015 http://cvw.jp/b/240223/43646175/
何シテル?   01/20 20:55
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.