• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

覆面えるのブログ一覧

2011年06月30日 イイね!

米mpc、1/25スケール、ウイリスジープ、

米mpc、1/25スケール、ウイリスジープ、 ども、、

えー、、本日も、古(いにしえ)のプラキットから、ミリタリージープと行ってみましょー
((o( ̄◇ ̄")o))、、いぇー♪

発売は1960年代後半、米国mpc社のキットで、スケールは米国標準の1/25サイズとなります。

パッケージの「World War II JEEP」のとおり、大戦中のウイリスジープがモデルで、エンジンまで再現されたフルディスプレイキットとなります。

ただ、セットされた下駄山タイヤが幅広で径が小さいのが難点でして、細部についても戦後型と混同されてしまった部分も多く、ちょっち微妙な感じでありますw

でもでも、そこはそれ本場のキットだけあって、完成後はとても良い雰囲気でして、M27 105mm無反動砲を装備した姿は、無闇に強そうで最高であります。



また、嬉しいことに、真空成型製のジオラマベースもセットされておりまして、この辺のオマケの上手さは、さすがでありますねー

キットの詳細は、別途 コチラ にアップしましたが、この手のキットは、このままの姿で素組で仕上げてやって、当時の雰囲気を楽しむのが正解だと思います。( ̄▽ ̄)b

ちなみに、このキット、シャーシは共通のまま、朝鮮戦争ジープや戦後の民間型ジープ、果てはホットロッド仕様まで登場しており、そのへんもいずれご紹介したいと思います。

ささ、ということで、アッという間に月末ですねー

頑張って行ってみましょー

でわでわ、




※写真は全てクリックで拡大します。


メモ
Posted at 2011/06/30 10:05:42 | コメント(10) | トラックバック(0) | 軍用車両 | 趣味
2011年06月29日 イイね!

電動走行、キャンピングカー、(CAMPING CAR)

電動走行、キャンピングカー、(CAMPING CAR)ども、、

えー、、本日も、古(いにしえ)の玩具から、動きも楽しい、電動走行玩具と行ってみましょー、
ヾ( ̄  ̄ ) 、あい♪、

と云うわけで、電動走行、キャンピングカーセット(CAMPING CAR)であります。

発売元は米Sears & Roebuck's 社、詳細はイマイチ不明ですが、おそらく一般小売は行われずに通販のみで販売された玩具だと思います。

1960年代後半の製品で、下請け製造は日本、全長40センチほどの大型のキャンピングカーで、正式な商品名は「Camper-Trailer」となっております。

シャーシーと内装がブリキ製、車体はオールプラスチック製、単一電池2本で電動走行いたします。

透明なキャビンを持った、なかなか前衛的なデザインのキャンパーで、このままサンダーバードあたりに登場しても、まったく違和感がありませんよねー



そして、特筆なのは、そのギミックでありまして、スイッチの切り替えで、なんとキャンパー部分のサイドパネルがウィング状に自動開閉いたしますーヾ( ̄  ̄ ) 、おー♪、

そして、室内も、美しいプリントの施されたブリキで再現され、キッチンまわりも、いい感じで仕上がっております。

作動の実際については、動画もアップしましたが、1個の走行用モーターの動力を、内部のギアの噛み合わせを変更して、サイドパネルを開閉させております。

また、前輪も手動で左右にステア可能ですが、あまり急なコーナリングは苦手みたいでつねーw



あと、さらに楽しいギミックとして、ボディサイドのコンセントから電源を引き出して、付属の外灯とバーベキューグリルの点灯が可能となっております。

玩具の詳細は、別途 コチラ にアップしましたが、なかなかのアイデア玩具だと思います。

セットされた、フィギアとテーブルやイスなども、とっても良い雰囲気ですよねー

こんなキャンパー、一度でいいから所有してみたいものです。( ̄▽ ̄)b

ささ、ということで、やっとこさ水曜日です。

頑張って行ってみましょー

でわでわ



※ 写真はクリックで拡大します。
Posted at 2011/06/29 02:21:10 | コメント(12) | トラックバック(0) | 古い玩具 | 趣味
2011年06月28日 イイね!

米メビウスモデル1/24 宇宙家族ロビンソン、宇宙探検車チャリオット、

米メビウスモデル1/24 宇宙家族ロビンソン、宇宙探検車チャリオット、ども、、

えー、、今回も懐かしの米国TVドラマから、「宇宙家族ロビンソン」と行ってみましょー( ̄◇ ̄)、、おー♪

さて、宇宙家族ロビンソン(原題:Lost in Space)は、1965年から1968年まで米CBSネットワークで放送されたSFドラマでありました。

「原潜シービュー号」や「タイムトンネル」と同じアーウィン・アレンの制作で、日本では1966年から1968年まで、TBS系列で放送されてましたねー

時代設定は1997年、人口増加問題の解決のため「アルファ計画」が開始され、ロビンソン一家は初の宇宙移民として、アルファ星を目指して、宇宙船ジュピター2号で飛び立ちます。

しかし、スパイのドクター・スミスが密航していたため、定員オーバーで軌道を外れ未知の惑星に到達、宇宙人や怪獣相手に冒険が繰り返されます。

米国では今でも大人気でして、1998年には、リメイク版の劇場映画「ロスト・イン・スペース」も封切られてましたねー( ̄▽ ̄)b



ということで、宇宙探検車チャリオット(The Chariot)であります。ヾ( ̄  ̄ ) 、♪、

毎回、未知の惑星に着陸したロビンソン一家が、よせば良いのに探検に出かける宇宙探検車で、未来的な透明なキャビンと、土木系のキャタピラーの組み合わせは、とても斬新に感じたものです。

ちなみに、劇中車のベース車両は、Thiokol Spryteと云う荒地用トラクターで、元々が雪上不正地走破用車両ということもあり、劇中でも、素晴らしい走行性能を披露しておりましたねー

で、写真のキットは、2008年に、米メビウスモデルから発売されたフルディスプレイキットで、スケールは嬉しい1/24サイズとなります。



特徴的な大型透明キャビンは、クリア樹脂の一体成型で再現され、窓枠の塗装を施すだけで、かなりの仕上がりが期待できそうでありますねー

また、下回りも実車どおりに再現され、幅広の特徴的なキャタピラーや、空気入りタイヤが使用された転輪など、とても良い雰囲気であります。

モデルの詳細は、別途 コチラ にアップしましたが、一見、精密そうな下回りも、簡単な改造でモーターライズ化も行けそうですし、なんとか挑戦してみたいところであります。

あと、このキットの初回ロットでは、10個の転輪用のゴムタイヤが無造作にプラパーツの袋に入れられ、タイヤがプラパーツに融合したタイヤマーク攻撃で、パーツが悲惨な状況となっておりました。

そんなことで、当方は、タイヤがちゃんと小袋に詰められた最近の再入荷キットを仕入れました。

たとえ格安でも初期ロット品だけは避けたほうが無難だと思われます。

ささ、と云うことで、まだまだ火曜日でつ、

相変わらず体調不良中年でつけど、ま、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、




←ベース車両のThiokol Spryte荒地用トラクターです。

※ 写真はクリックで拡大します。
Posted at 2011/06/28 12:18:34 | コメント(11) | トラックバック(0) | 海外ドラマ | 趣味
2011年06月27日 イイね!

東京プレイシング商会、電動ハイウェイ・パトロールヘリコプター、

東京プレイシング商会、電動ハイウェイ・パトロールヘリコプター、ども、、

えー、、本日も、プリント柄が美しい、ご機嫌なブリキ製電動玩具のご紹介と行ってみましょー、

(*^▽^)ノ♪いぇー♪

というわけで、電動ハイウェイ・パトロールヘリであります。

全長は35センチ程度、メーカーは“T.P.S ”のトレードマークから、東京プレイシング商会、発売は1960年代中頃となります。

機体はすべてブリキ製で、ローターや透明パーツ等がプラ製となります。

大きなローターを回転させ、パタパタパタと動き回る姿は、なかなか豪快であります。



単2電池2本で電動走行いたしますが、楽しいのはそのアクションの数々であります。

しばらく走行後に自動停止、そのまま浮上して360度ほど回転、ランダムな向きに着陸して方向転換、再び走行開始を繰り返します。

玩具の詳細については、別途 コチラ にアップしましたが、クリアパーツ部分には円盤とムギ球が仕込んであり、くるくると光の輪も点灯しております。



ちなみに、今回も不動ジャンク品を格安で入手、当方で細部まで完全分解清掃してレストアしたのですが、浮上時のバランスが悪くて、ちょっち回転が歪になっておりますーww

ま、とりあえず、ちゃんと動いてますし、再び分解するのもメンドーなので、とりあえずこのままと云うことで、( ̄▽ ̄)b

ささ、ということで、今週も雨の一週間となりそうですねー。

ま、頑張って行ってみましょー

でわでわ



※写真は全てクリックで拡大します。
Posted at 2011/06/27 18:36:22 | コメント(10) | トラックバック(0) | ブリキ玩具 | 趣味
2011年06月27日 イイね!

英国マッチボックスNo.53、タンザラ、

英国マッチボックスNo.53、タンザラ、ども、

えー、本日も、例のキャリングケースから、古(いにしえ)のマッチボックスと行ってみましょー
ヾ( ̄  ̄ ) 、おー♪、

ということで、英国はマッチボックスから、No.53、タンザラ(Tanzara )であります。

全長は6センチほど、所謂(いわゆる)トミカサイズですが、なんともキャラの立ったデザインで、この脱力感は最高でありますよねー、、、( ̄ー ̄)σ

発売は1972年、幅広のスーパーホイールに切り替わった年に出た新金型のモデルで、蛍光系オレンジ一色のボディと、ガバッっと開く後部のカウリングが、とっても素敵であります。

さて、このモデル、一見、マッチボックスが適当にデッチ上げた、オリジナルデザインに見えますが、実は、ちゃんと実車が存在しておりますー



1969年の、アールズ・コート・ロンドンモーターショー69で発表されたコンセプトカーで、ハリスマンと云うデザイナーによって、コンピューターで設計された車でありました。

正式な車名を「レイランド・ザンダ(Leyland Zanda)」と云い、本格的なクサビ形デザインのスポーツカーとして注目されたそうです。

ベース車両やスペック等は一切不明ですが、この時代のマッチボックスは、各国のコンセプトカーが大好きだった模様で、なかなか侮れない存在でありますねー

ささ、ということで、またまた雨の1日となってしまいますた。

ま、ぼちぼちと頑張って行ってみましょー

でわでわ


※写真はクリックで拡大しまつ



Posted at 2011/06/27 10:17:46 | コメント(8) | トラックバック(0) | 古いミニカー | 趣味

プロフィール

「米ゼニス(Zenith)真空管ラジオ Model R-615 http://cvw.jp/b/240223/43534312/
何シテル?   12/11 15:22
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.