• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

覆面えるのブログ一覧

2012年12月31日 イイね!

米Hardee'sミールトイ、チキチキマシン猛レース ゼロゼロマシン、

米Hardee'sミールトイ、チキチキマシン猛レース ゼロゼロマシン、ども、、

えー、本日も、「チキチキマシン猛レース」から、ゼロゼロマシンであります。
( ̄▽ ̄)bいぇー♪

さて、チキチキマシン猛レース(Wacky Races)は、米国ハンナバーベラプロダクション制作のアニメでありました。

日本でもテレビ朝日系列で1970年代から放送され、地方局でも、度々再放送されていましたよねー

と云うことで、写真は、米国ハンバーカーチェーンHardee'sで配られたミールトイであります。

配布されたのは1990年頃、5センチほどのPVC製のモデルですが、ご覧のような、楽しいディフォルメタイプとなっております。。(* ̄▽ ̄)ノシ





大きなタイヤが特徴で、運転席にはケンケンブラック魔王もちゃんと鎮座していまして、小さいながらも、とても良く出来ていますよねーヾ( ̄  ̄ ) ♪

この他にも、4種類ほど、全5種類の同じようなディフォルマシンが配布された模様ですが、他のマシンは、チキチキマシン猛レースのマシンとは程遠いモデルでして、ちょっと残念であります。

このゼロゼロマシンのノリで、後の10台も出してもらえたらなあー、と思うのは、アタシだけでせうかw


ささ、というわけで、みなさま、今年も当方のヲタネタにお付き合いいただいて、本当にありがとうございました。

来年も同じような調子となりそうですが、どうぞ、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

でわでわ
Posted at 2012/12/31 00:55:45 | コメント(7) | トラックバック(0) | チキチキマシン猛レース | 趣味
2012年12月30日 イイね!

米ストロンベッカー1/32、007アストンマーチンDB5、

米ストロンベッカー1/32、007アストンマーチンDB5、ども、、

えー、、本日も、映画007ゴールドフィンガーから、007アストンマーチンDB5と行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノ、、♪

さて、「007 ゴールドフィンガー」は、007シリーズ第3作目として1964年に公開されました。

シリーズ初のボンドカーとしてアストンマーチンDB5が登場、防弾ガラスや回転式ナンバープレート、タイヤカッター、助手席射出装置などなど、数々の秘密兵器満載でありましたねー

そんなわけで、007のアストンマーチンDB5は大人気でして、当時、数々のモデルが発売されましたが、今回は、そんな中でも珍品中の珍品、スロットカーのモデルキットであります。

発売元は米国のストロンベッカー社(STROMBECKER)、製造下請けは日本のメーカーで、映画の封切り直後の1966年に、当時のスロットカーブームに便乗して発売されました。





パッケージの大きさは約20センチ四方、スケールは1/32サイズ、なんと、ボディは透明クリア製でして、当時の米国スロットレーサーでは、軽くて丈夫なポリカーボネート製ボディが主流でありました。

バンパーやグリル、ルーフの助手席射出口まで一体で成型されていますが、なかなかのプロポーションを誇っており、ウィンドウ部分のデカールもちゃんと付属しております。( ̄ー ̄)σ

スロット用シャーシーはオール真鍮製の高級なもので、車軸に垂直に片持ち式のモーターを配置してクラウンギアで駆動する、一般的なインライン方式が採用されております。





また、貼り合わせ式のパッケージも高級感満点でして、パッケージ側面のモータートルク曲線や、車体の透視図など、とっても良い感じでありますよねー♪( ̄▽ ̄)b

ちょっとニヒルなw、ジェームスボンドらしき人物も、ちゃんと描かれております。ヽ(  ̄◇ ̄)ノ、

キットの詳細は、別途 コチラ にアップしましたが、クリアボディ故、お約束のミサイル発射と回転式ナンバープレートが装備されてないのが残念であります。w( ̄^ ̄)b

ささ、そんなわけで、必死で年賀状、作成中です。

ま、ぼちぼち頑張って行ってみましょー

でわでわ



※写真はすべてクリックで拡大します。ヾ( ̄  ̄ )♪

Posted at 2012/12/30 15:37:36 | コメント(6) | トラックバック(0) | ジェームスボンド | 趣味
2012年12月29日 イイね!

ダイヤペット、1/40、430セドリック 構内タクシー、

ダイヤペット、1/40、430セドリック 構内タクシー、 ども、、

えー、、本日も手持ちのミニカーから「430セドリック」と行ってみましょー

( ̄o ̄ )ノ、、いってみよー♪

さて、5代目セドリックの430系は、1979年に発売されました。

先代まで用意されていた2ドアハードトップを廃止、4ドアハードトップ、4ドアセダン、ワゴン/バンが用意されました。( ̄ー ̄)σ

国産初の乗用車用LD28直6ディーゼルエンジンや、同じく国産初のL20ETターボエンジンも搭載され、悪名高き、51年排ガス規制でズタズタだった国産車の、まさに救世主となりましたねー

当時、大学生だったアタシは、親父の330セドを乗り回していたのですが、それはもう羨ましくて、ほんと高嶺の花だったものです。( ̄^ ̄)b

ということで、写真のモデルはダイヤペットからの1台で、メーカーは米澤玩具、発売は1979年で品番P-65、スケールは1/40サイズとなります。





内装やエンジンパーツ、それにバンパーもプラ製ですが、ボディやシャーシがダイカスト製で、ずっしりとした重量感は、それだけで嬉しくなってしまいますよねー( ̄▽ ̄)b

アクションとして、ボンネットと左右ドア、それにトランクが開閉可能でありました。ヾ( ̄  ̄ ) ♪

また、プロポーションも良好でして、直線的でクリーンなボディラインを見事に再現、黄燈色のボディカラーにブルーのラインも、とっても良く似合っておりますよねー

モデルの詳細は、別途 コチラ にアップしましたが、4ドアHTの法人タクシーと云うのがちょっとアレですが、当時から、個タクさんでは実在していましたので、ま、ご愛嬌と云うことでw


ささ、ということで、なにかと気忙しくなってきますた。

ま、ぼちぼち、頑張って行ってみましょー、、

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大しまつヾ( ̄  ̄ )♪
Posted at 2012/12/29 16:54:27 | コメント(7) | トラックバック(0) | 古いミニカー | 趣味
2012年12月28日 イイね!

旧アオシマ初版、1/72 艦上戦闘機「烈風」一一型 、

旧アオシマ初版、1/72 艦上戦闘機「烈風」一一型 、ども、、

えー、本日も、古(いにしえ)の航空機のプラキットと行ってみましょー
<(_ _)>、どもども♪

ということで、旧アオシマから、1/72、艦上戦闘機「烈風」一一型 の初版キットであります。

前回、パッケージアートが一新された、1970年頃の再販品をアップしましたが、こちらのキットが、1964年に発売された初版となります。

アオシマ1/72精密シリーズの第一弾として発売されましたが、「烈風」を第一弾にラインナップしてくるあたり、マイナー機好きなアオシマの本領発揮と云うところであります。

ただ、開発が零戦と同じ堀越氏だったことや、「烈風」と云う勇ましい名前で、当時から子供等にも人気の戦闘機でしたので、それも納得ですよねー





また、特筆なのは、梶田達二画伯による迫力のパッケージアートでして、初版では、精悍な表情のパイロットが大きく描かれており、おもわずホレボレしてしまいますよねー( ̄▽ ̄)b

キットの詳細は別途 コチラ にアップしましたが、日本海軍最後の艦上戦闘機「烈風」の勇士を余すとこなく再現しております。ヾ( ̄  ̄ )

最近になって、ようやくベストキットがファインモールドから発売されましたが、やはり、我々の世代にとっては、アオシマのキットの方が馴染み深いものがありますよねー


ささ、ということで、当方は本日が御用納めとなります。

ま、ぼちぼち頑張って行ってみましょー

でわでわ



※写真はクリックで拡大します。

Posted at 2012/12/28 12:22:38 | コメント(3) | トラックバック(0) | 航空機プラモ | 趣味
2012年12月27日 イイね!

米Andy Gard Toys 電動リモコン走行 タクシーキャブ、

米Andy Gard Toys 電動リモコン走行 タクシーキャブ、ども、、

えー、本日も、カラクリが楽しい、古(いにしえ)の電動玩具と行ってみましょー
(⌒∇⌒)ノほーい♪

というわけで、電動リモコン走行の、ニューヨーク タクシーキャブであります。

発売元は米Andy Gard Toys社、詳細はイマイチ不明ですが、おそらく1950年代後半に発売された製品と思われ、下請け製造も米国メーカーの模様であります。

全長は30センチほど、車体はオールプラスチック製でシャーシーは丈夫な金属製、ゴムタイヤ仕様で赤いリモコンボックスもオールプラ製となります。

リモコンボックスの単一電池2本で、見たことも無い米国製モーターを駆動して走行、ワイヤーを使用したステアリングも完璧に作動しております。ヾ( ̄  ̄ ) ♪、

オールプラスチック製のボディは、バンパーは当たり前としても、なんとルーフのタクシー行灯まで一体で成型されており、合理的で、じつに男らしい造りとなっておりますw





材質がビニール系のプラスチックという事もあって、長年の間にボディはかなり歪んでしまっておりますが、ま、そのへんは、ご愛嬌と云うことでしょうか、、w

ただ、丈夫な金属製シャーシのおかげで下回りは健在でして、簡単な分解清掃だけで、元気良く走りまわっております。( ̄▽ ̄)b

玩具の詳細は、別途 コチラ にアップしましたが、 この辺の考え方って、さすが、許容範囲の広い米国製モデルと云ったところですよねー( ̄ー ̄)σ

あと、一体式の行灯もちゃんと点灯可能でして、簡単な構造ですが、とても良い感じであります。


ささ、と云うことで、かなり忙しい年の瀬となっております。( ̄^ ̄)b

ま、ぼちぼち行ってみましょー

でわでわ



※写真は全てクリックで拡大します。


Posted at 2012/12/27 12:51:26 | コメント(6) | トラックバック(0) | 古い玩具 | 趣味

プロフィール

「米ゼニス(Zenith)真空管ラジオ Model R-615 http://cvw.jp/b/240223/43534312/
何シテル?   12/11 15:22
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.