• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

覆面えるのブログ一覧

2013年09月30日 イイね!

香港プレイアート、エアポートセット

香港プレイアート、エアポートセットども、、

えー、本日も手持ちのミニカーから、エアポートセットと行ってみましょー、
( ̄▽ ̄)b、ハァーイ♪

メーカーはプレイアート、製造はホンコン、日本国内ではマスダヤからポケッターのシリーズ名でも発売されていました。

発売は1976年頃と思われ、ミニカー2台と旅客機3機がセットの、豪華ギフトパックであります。

3機の旅客機は、英国航空のボーイング747ジャンボジェットに、エア・カナダのロッキード L-1011 トライスター、それと、パンアメリカンのボーイング707となります。

特に嬉しいのは、パンナムのボーイング707とエアカナダのトライスターのモデルでありまして、これだけでも、貴重な存在となります。w(`・ω・´)



すべて特別カラーのギフトパック専用モデルでして、小さいながらも意外とデキの良い旅客機に、エアライナーファンでなくても、思わずニヤリとしてしまいますよねーwヾ( ̄  ̄ ) ♪

また、タンクローリーとカーゴトラックなどの空港車両は全長6センチほど、所謂(いわゆる)トミカサイズで、ボディの主要部分はダイカスト製となります。

モデルの詳細は、別途 コチラ にアップいたしましたが、超テキトーな造詣の空港車両も、ま、ご愛嬌と云うことなのでしょうねーw( ̄∀ ̄)ノ彡!



実際はサイズがアレなんで、航空機と並べるにはちょっと辛いですけど、こうやってセットになってしまうと、とても魅力的に見えるのが不思議であります。

それに、空港セットなのに、タラップ車が無いのは、ちょっと、いただけませよねーw( ̄ー ̄)σ

海外のミニカーメーカーの空港セットでは、タラップ車が省略されていることが多いのですが、なんとなく寂しい感じでして、この辺は、トミカ空港セットの方が商売上手な模様です。( ̄o ̄ )ノ

ささ、ということで、早くも10月に突入ですねー

ま、ぼちぼち行ってみましょー、、

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します( ̄ー ̄)σ
Posted at 2013/09/30 22:10:27 | コメント(4) | トラックバック(0) | エアポートセット | 趣味
2013年09月27日 イイね!

英コーギー、007ムーンレイカー、ドラックス スペースシャトル、

英コーギー、007ムーンレイカー、ドラックス スペースシャトル、ども、、

えー、、本日も、お友達のFZIROさんのコチラの記事と”丸カブリ勝手連”と行ってみましょー、、
またまた、お世話になりますぅー、ぺこ <(_ _)>

ということで、「007 ムーンレイカー」から、「スペースシャトル」のミニカーでありますー、( シ ̄◇ ̄)ツ_おお♪

さて、ご存知「007 ムーンレイカー」は、1979年に007シリーズ第11作として製作されました。

当時のSFブームを反映して、二年後に宇宙への初飛行をひかえたスペースシャトルが登場、「遂にボンドが宇宙へ進出した作品」として注目されました。

また、特撮はサンダーバードで有名な、デレクメディングスが行い、まだ実際には打ち上げが行われていないスペースシャトルの発射など、迫力のシーンの連続でしたねー

スペースシャトルの発射シーンや、宇宙空間の迫力の戦闘シーンはすべて特撮で再現され、封切当時のSFブームも手伝って、当時は大変な話題となりました。



ただ、本編には、本格的なボンドカーが登場していませんので、 Qボートゴンドラスペースシャトル が代表的な小道具となってしまうのが悲しいところであります。w( ̄▽ ̄)b

と云うことで、写真のモデルは、そのドラックスのスペースシャトルでありますー(`・ω・´)キリッ

メーカーは英国はコーギー社、品番は643番、全長16センチほどのオールダイカスト製の、スペースシャトルと人工衛星のセットとなります。

以前に、映画公開当時に発売された、コーギージュニアの小スケール版をアップいたしましたが、こちらの大サイズも、当時、同時に発売されました。( ̄ー ̄)σ



ギミックとして、スペースシャトルの着陸脚の収納とベイロードの扉の開閉が可能で、反射板を折畳んだ人工衛星の格納も可能であります。

モデルの詳細は、別途 コチラ にアップしましたが、宇宙空間をあしらった、センスの良いパッケージングも特筆ものでして、これだけでも嬉しくなってしまいますよねー

ただ、お約束のミサイル発射機能が付いていないのは、ちょっと寂しいかぎりでありますww

このへんは、我らの青島文化教材社の方が、ずっと手馴れた感じでありますねーw( ̄ー ̄)σ

さ、ということで、今月も、あとわずかです。

ま、ぼちぼち行ってみましょー

でわでわ




※写真はクリックで拡大しまつ

Posted at 2013/09/27 00:07:53 | コメント(4) | トラックバック(0) | ジェームスボンド | 趣味
2013年09月26日 イイね!

シャープ 早川電機工業、真空管ラジオUW-120、

シャープ 早川電機工業、真空管ラジオUW-120、ども、、

えー、本日も、古(いにしえ)の真空管式ラジヲと行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノおぉっっー!

ということで、シャープ(早川電機工業)の卓上式ツースピーカーラジオ「UW-120」であります。

発売は昭和30年代中頃、mT管トランスレスラジオとなりまして、シャープの卓上式ラジオの中では、中級グレードのモデルとなります。( ̄▽ ̄)b

左右に10センチコーンスピーカーを配した堂々とスタイルなのですが、スピーカーが二個付いていると云うだけでして、当然のようにモノラル再生となりますw(⌒∇⌒)ノ

サイズは、高さ(約15cm)×幅(約45cm)×奥行き(約13cm)と、ツースピーカーモデルの中では比較的小型のサイズなのですが、それでも、ちょっと邪魔な横幅ではありますよねーw( ̄ー ̄)σ

使用真空管は、12BE6(周波数変換)、12BA6(中間周波数­増幅)、12AV6(検波&低周波増幅)、30A5(電力増幅)、35W4(整流)と一般的なもので、所謂、5球式ラジヲとなります。



最近、オクで格安で入手しましたが、入手時は、電源ケーブルが切断されてスピーカーも片方欠品、キャビネットもひどく汚れて埃まみれの完全ジャンク品でありました。

普通、電源ケーブルの切断されたラジオは、過去に大きなトラブルを起こした可能性が高いので敬遠するのですが、500円の開始価格にツラれて入札し、そのまま当方で落札となりますたw

そんなわけで、早々に到着したラジオの内部を開けてみると、案の定、ACラインの抵抗の一個から激しく出火したらしく、回りもススで真っ黒の状態でありましたw

その他の不良個所は、パイロットランプ(PL)の切れ、35W4真空管(整流)の断線、ダイヤル糸の切断、ACラインのコンデンサの不良、そして、ヒューズが大容量の家庭用5Aに交換されていました。



というわけで、このラジオのトラブル発生を、当時の時系列で整理してみますと、( ̄^ ̄)b

まず初めにパイロットランプ(PL)が切れる
     ↓
そのまま使用を続けてしまい、負担のかかった35W4真空管(整流)が断線
     ↓
同時にヒューズが飛んでラジオが聞こえなくなり、裏蓋を開けてヒューズ切れを発見、
     ↓
なにも知らずに大容量の家庭用5Aヒューズを入れて電源オン
     ↓
当然ヒューズは切れずに過電流が流れて、抵抗の一個が耐え切れずに出火
     ↓
ダイヤル糸にも引火w、もくもくと上がる煙と、焦げ臭い匂いに驚いて電源ケーブルを切断、使用中止
     ↓
その後、片方のスピーカーを外して何かに流用
、てな感じでしょうねーw(o´・ω・`)



mT管トランスレスラジオのPL切れは、35W4真空管(整流)の破損に直結しますし、真空管ラジオのヒューズは0.5A程度のものしか使いませんので、まぁ、勿体ない話ではあります。

ということで、燃えた抵抗と不良コンデンサーを交換、PLと貴重な35W4真空管も交換、ダイヤル糸は新品で架け直し、欠品のスピーカー片方はジャンクから流用して無事に復活となりますた。

幸いなことに、キャビネット前部の透明パーツは、表からビスで固定されているだけでして、完全に分解して水洗いを行うことができました。

音声に歪みもなく、とても良い音で鳴っていまして、さすが、ツースピーカーと云ったところでありますよねー(`・ω・´)

ささ、ということで、今週はけっこう忙しくなっております。

ま、ぼちぼち頑張って行ってみましょー

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します。

Posted at 2013/09/26 01:38:20 | コメント(8) | トラックバック(0) | 古いラジオ | 趣味
2013年09月25日 イイね!

ダイヤペット1/50、三菱ふそう国鉄ハイウェイバス、

ダイヤペット1/50、三菱ふそう国鉄ハイウェイバス、ども、、

えー、、、本日も手持ちのミニカーから、 「三菱ふそう国鉄ハイウェイバス」と行ってみましょー、
( ̄o ̄ )ノ、、おー♪

そんなわけで、写真のモデルは、ダイヤペットからの1台で、発売は1973年2月でありました。

メーカーは米澤玩具、品番266番(B-16番)で当時の定価は2200円、開業当初、4形式あった国鉄東名ハイウェイバスから、「ふそうB906R富士ボディ製」がモデル化されております。

スケールは1/50、実車は、当時最強のV12気筒400馬力の12DC20型エンジンを搭載した、怪物バスでありました。(⌒∇⌒)ノ

実際、当時のファミリーカーよりもずっと速くて、「乗用車を蹴散らしながら、平気で走って行ける最強バス」 として、話題になりましたものねー(`・ω・´)



現在の高床式(所謂ハイデッカータイプ)と違って、横一列に並んだメトロ窓が、往年のハイウェイ高速バスを彷彿とさせ、堂々とした佇まいは、とても味のある雰囲気だと思います。

オールダイカスト製のボディは、ずっしりとした重量感があり、また、室内シートも手間のかかる植毛処理が施され、魅力的なモデルに仕上がっておりますよねー

ギミックとして、お約束の乗降ドア開閉と、エンジンルームのカバーが開閉しますが、さらに、フロントタイヤが左右にステア可能でありました。( ̄ー ̄)σ



これは、ボディの前方上部を左右に抑えながら走行させると、力のかかった方向とは逆にステアする仕組みでして、如何にも玩具然としたギミックとなっております。( ̄o ̄ )ノ

実際に走らせてみると、大人でも意外と楽しいギミックでして、これはコレで嬉しいものですw

ちなみに、バリエーションとして、全日空バス東武バス日本航空バス北海道中央バス静鉄観光バス中継車、それにはとバスが確認されており、キリが無いと云ったところでありますw

ささ、今週も始まってしまいますた。

ま、ぼちぼちと行ってみましょー

でわでわ




※写真はクリックで拡大します。


Posted at 2013/09/25 01:11:44 | コメント(8) | トラックバック(0) | 古いミニカー | 趣味
2013年09月19日 イイね!

三菱電機 MITSUBISHI 真空管ラジオ 5P-270、

三菱電機 MITSUBISHI 真空管ラジオ 5P-270、ども、、

えー、本日も、古(いにしえ)の真空管式ラジヲと行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノおぉっっー!

ということで、三菱電機(MITSUBISHI)の卓上式小型ラジオ「5P-270」であります。

発売は昭和30年代中頃と思われますが、三菱製のラジオについては、他社と比べて資料等が極端に少く、当時の定価等は一切不明であります。( ̄▽ ̄)b

この三菱電機の5P-270が発売された昭和30年中頃の卓上式ラジオは、真空管ラジオが姿を消しつつあり、小型で高性能なトランジスターラジオに、一気に切り替わって行った時代でした。

サイズは、高さ(約15cm)×幅(約37cm)×奥行き(約13cm)と、当時の標準的なサイズでして、実際、扱いやすい大きさでではありますよねー( ̄ー ̄)σ



全面クリアパーツで覆われたキャビネットはなかなか斬新でありまして、飽きのこないスッキリとした造形は、何時までも眺めていたい雰囲気であります。(⌒∇⌒)ノ

使用真空管は、12BE6(周波数変換)、12BA6(中間周波数­増幅)、12AV6(検波&低周波増幅)、30A5(電力増幅)、35W4(整流)と一般的なもので所謂、5球式ラジヲとなります。

最近、オクで格安で入手、入手時は、ひどく汚れて埃まみれでしたが、当方で分解清掃とキャビネットの磨きだしを行い、破損変形していたツマミ3個は、ナショナルのものを流用してみますた。



幸いなことに、キャビネット前部の透明パーツは、表からビスで固定されているだけでして、完全に分解して水洗いを行うことができました。

ラジオの詳細は コチラ にアップしましたが、、ACラインのコンデンサーが破裂して、完全に溶けてましたので新品と交換、ついでに、怪しいコンデンサも、すべて交換しております。

音声に歪みもなく、とても良い音で鳴っていまして、さすが、三菱ダイヤトーンの純正のスピーカーでありますよねーw(`・ω・´)

ささ、ということで、今月はけっこう忙しくなっております。

ま、ぼちぼち頑張って行ってみましょー

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します。
Posted at 2013/09/19 23:27:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 古いラジオ | 趣味

プロフィール

「米シアーズ・ローバック 真空管ラジオ Model 2015 http://cvw.jp/b/240223/43646175/
何シテル?   01/20 20:55
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.