• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

覆面えるのブログ一覧

2015年05月28日 イイね!

WINDSOR MR7 マイクロフォン型トランジスターラジオ

WINDSOR MR7 マイクロフォン型トランジスターラジオども、、

えー、本日も、古(いにしえ)のトランジスターラジヲと行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノいってみよー!

ということで、変り種ラジオから「マイクロフォン型トランジスターラジオ」であります。

発売は1980年頃、メーカーはWINDSOR INDUSTRIES .INCとありますが、製造国等も含めて詳細は不明であります。( ̄▽ ̄)b

オールトランジスタ6石スーパーヘテロダイン方式のAM/FMラジオで、単三電池4本で作動、クラシックタイプのマイクロフォンが良い感じで復刻されております。

丸い台座の左側のダイヤルがスイッチとボリューム、右側のダイヤルが選局、中央がAM/FMの切替スイッチとなりますが、けっこう適当なダイヤル表示なのは、ご愛嬌であります。





サイズは、高さが27センチ、円盤の直径は約11センチほど、マイク部分は金網ですが、本体はオールプラスチック製で、電池の出し入れは円盤の底部を開けて行います。(⌒∇⌒)ノ

肝心のスピーカーは、5センチ径のものがマイク金網内部に上向きに取り付けられております。

そんなわけで、動画もアップしてみましたが、この小型スピーカーでは、いつもの真空管ラジオと比べると、音質が格段と落ちてしまうのは、致し方ないところでありますよねー( ̄▽ ̄)b





アクションとして、ラジオの受信中は、「ON THE AIR」のイルミネーションが点灯、なかなか良い雰囲気でありまして、ついつい暗い部屋で光らせてみたくなってしまいますwヾ( ̄  ̄ )♪

今回も米国イーベで発見、格安で取り寄せたのですが、FMの受信可能バンド域が87.5-108MHzでありまして、このバンド域って、日本では、なに­も放送してないのでありますたw

手元に届くまで、なーんにも考えておりませんでしたがw、そういえば、そーだったなとw、海外からFMラジオを取り寄せるときは、注意が必要ですよねーw( ̄^ ̄)b

ささ、ということで、今月は月末と金曜日のダブルパンチであります。

ま、ぼちぼちっと頑張って、乗り切りましょー

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します。



メモ
Posted at 2015/05/28 23:23:38 | コメント(6) | トラックバック(0) | 古いラジオ | 趣味
2015年05月27日 イイね!

ホーク、1/72 スピリット・オブ・セントルイス号、

ホーク、1/72 スピリット・オブ・セントルイス号、ども、、

えー、本日も古(いにしえ)の航空機のプラキットと行ってみましょー
ヾ( ̄  ̄ ) 、おー♪、

ということで、1/72スケールのスピリット・オブ・セントルイス号のプラキットであります。

発売は1965年頃、メーカーは米国最古のプラモデルメーカーだったホーク社(HAWK)、ホークは1971年にテスター社に買収され消滅しておりますので、かなり貴重なキットであります。

部品数も少なく大雑把なキットですがプロポーションは秀逸で、スピリット・オブ・セントルイス号の勇姿を見事に再現、「Hawk」のモールドが入ったスタンドも嬉しくなってしまいますよねー

コクピットはドンガラで何もありませんが、設計図通りに組んでやれば、ちゃんと前輪が逆ハの字になるのが嬉しい限りであります。( ̄▽ ̄)b





また、パッケージのイラストも素敵でして、中央はエッフェル塔でしょうか、探照灯(サーチライト)に照らし出された銀翼が、最高のシュチエーションでありますよねー( ̄o ̄ )ノ

ちなみに、この素敵なパッケージに拘らなければ、現在でもテスターから再販されておりますので、組み立てるのであれば、そちらの方が入手は楽だと思います。(⌒∇⌒)ノ

さて、「翼よ! あれが巴里の灯だ」の台詞で、あまりにも有名なスピリット・オブ・セントルイス号は、1927年5月20日に、人類初の大西洋横断単独無着陸飛行に成功した航空機でありました。





操縦は郵便機パイロットのチャールズ・リンドバーグで、機体メーカーはライアンエアラインズ社、極端に長い主翼など、長距離飛行専用の設計が行われた単発の単翼機でありました。

操縦席は巨大な燃料タンクの後方に配置され、機体構成は機首側から発動機、燃料タンク、操縦室の順となり、前方窓は省略されておりました。

垂直尾翼の「NYP-1」ニューヨーク-パリの意味で、当時としては驚異的な33時間29分29.8秒5,810kmを飛行、リンドバーグは、オルティーグ賞とその賞金の25,000$を獲得しました。

ということで、やっとこさの水曜日でした。

ま、ぼちぼち行ってみましょー

でわでわ




※写真はクリックで拡大します。

Posted at 2015/05/27 18:56:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | 航空機プラモ | 趣味
2015年05月26日 イイね!

レゴ (LEGO) ブロック、1974年、レッカー車(Wrecker with Car)

レゴ (LEGO) ブロック、1974年、レッカー車(Wrecker with Car) ども、、

えー、、本日も懐かしの玩具から、ヴィンテージレゴ (LEGO) ブロックと行ってみましょー、、
(⌒∇⌒)ノ、いってみよー!

ということで、「レッカー車セット(Wrecker with Car)」であります。

発売は1974年(昭和49年)、品番は#710、荷台部分とキャブとタイヤがセットされた、レッカー車と乗用車のキットとなります。

完成後のアクションとして、運転席の扉が開閉し、クレーン部分もお約束で上下に可動、フックの巻き取りも可能と、ちょっとだけ嬉しかったりもします。ヾ( ̄  ̄ )





また、前輪は左右のステアが可能となり、ルーフの赤いレゴと車軸が連動され、ココを摘まんでハンドルを切ることができます。( ̄▽ ̄)b

例によって、一部パーツが不足しており、当時のオリジナルのパーツは9割程度でしたが、後は最近のレゴから流用しております。





しかし、約50年前のお品にもかかわらず、少々緩めながらも最近のレゴとの組み合わせも、まったく問題ないと云うのは、さすがであります。( ̄ー ̄)σ

レッカー車の堂々としたスタイリングは存在感も十分で、青いスポーツカー風の乗用車も、なかなか素敵でありますよねー(`・ω・´)

と云うことで、今日はいきなりの30度超えであります。

ま、ぼちぼちと頑張って行ってみましょー、、

でわでわ、、



※ 写真をクリックしていただくと拡大します。
Posted at 2015/05/26 19:54:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | レゴブロック (LEGO) | 趣味
2015年05月25日 イイね!

アスカ1/24 アメリカン・バンタム 偵察車 BRC

アスカ1/24 アメリカン・バンタム 偵察車 BRCども、

えー、本日も最近の仕入れ品から、1/24サイズの軍用車両と行ってみましょー
∠( ̄◇ ̄*) ビシッ

ということで、アメリカン・バンタム 偵察車 BRCのプラキットであります。

さて、アメリカン・バンタム偵察車は、ウイルスジープが正式採用される以前の1941年、米陸軍が各社に競合試作で生産させた、云わば、ジープのご先祖様とも言うべき車両でありました。

元々、設計から開発までバンタム社単独で行っていたのですが、弱小メーカーを嫌った米陸軍が設計図をウィリス社とフォード社にも公開してしまい、結局、三社での競合となってしまいました。

三社はそれぞれ1,500台もの増加試作車を発注され、バンダムBRCウィリスMAフォードGPと呼ばれるプロトタイプを緊急生産、ただちにヨーロッパ戦線に投入され評価試験されたそうです。





結局、もっとも優れていたウィリスMAが正式採用され、1942年から生産開始となりましたが、同時にフォード社でも大量生産能力を買われて、ウィリスと完全互換のOEM車の生産が開始されました。

しかし、大元のバンタム社は、弱小メーカーの悲しさかな、ジープの生産では完全に蚊帳の外になってしまい、結局、戦後まもなくして倒産してしまいました。(´・ω・`)

ということで、写真のキットは、そのバンタムBRCのプラキットで、メーカーは静岡の新興メーカーアスカ、嬉しい純国産の完全ディスプレーキットとして登場いたしました。





1/35では省略されるような細部も完璧に再現されていて、軍用車ファンとしては嬉しいかぎりであります、素晴らしいモールドのパーツに心踊りますねー( ̄◇ ̄)/

また、佐藤元信画伯によるボックスアートや、付属の実車解説書などに描かれた大塚康生先生のイラストも素晴らしく、これだけでも、嬉しくなってしまいます。( ̄ー ̄)σ

ちなみに、1/24サイズの軍用車と云うと、かなり珍しいサイズだと思わますが、30年近く前は、バンダイやタミヤの戦車にも1/24-1/25サイズがあり、店頭でも多くのキットが並んでいたものでした。





ただ、現状では、1/24サイズの軍用車両と云いますと、ハセガワのウィルスジープとキューベルワーゲンしか思いつきませんし、AFVファンにとっては未知のスケールに近いかもしれませんねー

ま、当方のように、1/35の戦車と1/24のカーモデルを一緒に作っている人間にとって、意外と違和感がないのも事実ですし、視力の怪しい当方にとっては優しい大きさであることは間違いなさそうでw

でもでも、どーして、フィギァがセットされてないんでしょ、、ぜひとも、出来の良い米兵のフィギアも欲しいところでありますよねー、( ̄▽ ̄)b

ささ、ということで、今週も始まってしまいますた。

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、



※写真は全てクリックで拡大します。

メーカーHPより完成見本です。


Posted at 2015/05/25 21:16:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | 軍用車両 | 趣味
2015年05月24日 イイね!

修学旅行のお土産w、トミカ エルモのカート

修学旅行のお土産w、トミカ エルモのカートども、、

えー、、お子の修学旅行のお土産だそうです。

「おとーさん、、クルマが好きじゃけー」

と、いうことで、、ありがたく頂戴いたしました。
<(_ _)>どもども♪

そんなわけで、 トミカ からエルモのリトル・ドライブ エルモのカートであります。

最近、怒涛の勢いでラインナップを増やしておりますドリームトミカの仲間とも云うべき一台で、USJ限定モデルとして登場となりますた。





発売されたのは最近らしく、あのトミカから、まさかのセサミストリートグッズが出てしまうなんて、ほんと驚いてしまいますよねーwヾ( ̄  ̄ )

ミニカーの大きさは7センチほど、所謂(いわゆる)トミカサイズとなりますが、って、元々トミカなんでそのまんまでありますw( ̄ー ̄)σ





品番は特になく、 お馴染みの真っ赤なエルモさんが、かなり品の悪いゴーカート状態wでモデル化されており、フロントマスクなども上手に再現されておりますねーw( ̄▽ ̄)b

また、パッケージのデザインも如何にも限定品らしくて、コレを選んでくるあたり、さすが、ウチのお子と云ったところでありますww( ・ω・ )ノ

ささ、ということで、いよいよ月末週間ですねー

ま、ぼちぼちと行ってみましょー

でわでわ、



※ 写真をクリックしていただくと拡大します。
Posted at 2015/05/24 23:12:45 | コメント(4) | トラックバック(0) | 海外ドラマ | 趣味

プロフィール

「松下電器産業 ナショナル、真空管ラジオ BL-200 http://cvw.jp/b/240223/43644236/
何シテル?   01/16 21:32
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.