• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

覆面えるのブログ一覧

2018年08月31日 イイね!

日立 真空管ラジオ 「エーダ」 S-550

日立 真空管ラジオ 「エーダ」 S-550ども、、

えー、本日も、古(いにしえ)の真空管式ラジヲと行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノおぉっっー!

ということで、日立製作所(HITACHI)の卓上式小型ラジオ「エーダ S-550」であります。

発売は昭和38年頃となりますが、日立製のラジオについては、大手メーカー品のラジオと比べて、当時の資料等が極端に少く、定価当の詳細は一切不明であります。( ̄^ ̄)b

サイズは、幅(約30cm)×高さ(約13cm)×奥行き(約13cm)と非常にコンパクトでして、ワンスピーカーラジオの中でも、特に小型のサイズでありますよねー( ̄ー ̄)σ

横長式チューニングメーターや、フロント前面をクリアパーツで覆ったキャビネットは直線基調のスッキリとしたデザインで、とっても素敵であります。ヽ(  ̄◇ ̄)ノ





HITACHIのロゴも新しくなっており、ローでピンクとアイボリーのツートンカラーのキャビネットは、まさにシックスティーズそのままの雰囲気でありますよねー( ̄ー ̄)σ

ダイヤルツマミは、左端から電源スイッチ兼ボリューム調整、バンド切替えスイッチ、チューナーとなっており、整然と並んだツマミもなかなか良いものであります。( ̄◇ ̄)ノ

使用真空管は、mT管の12BE6(周波数変換)、12BA6(中間周波数増幅)、12AV6(検波&低周波増幅)、30A5(電力増幅)、35W4(整流)の、所謂、5球式ラジヲとなります。( ̄ー ̄)σ





シャーシーはプリント基板が採用され、スピーカーは超薄型のトランジスターラジオ用が装着されており、如何にも、真空管ラジオ晩年のモデルと云う感じでありますよねー

今回、筐体に割れや欠け等も無くツマミも綺麗に残っていると云う、比較的程度の良い中古品の入手に偶然にも成功いたしまして、早々に当方で分解チェックとなりますた。(⌒∇⌒)ノ

あまり使用されずに、そのままお蔵入りになったラジオらしく、プリント基板上のコンデンサーなども綺麗なものでして、入手時から、まったく問題なく受信しておりました。





そんなわけで、交換部品は、電源ケーブルとコンデンサー数個程度に留め、半日ほどエーシング(均し運転)を行ってやりますたが、このままでも十分実用になりそうな感じであります。

あとは、プラ製の筐体をクリーニング、完全に分解して水洗いを行い、本体はピカールで磨き上げて仕上げております。w( ̄▽ ̄)b

最後に、動画もアップとなりましたが、懐かしの楽曲は、例によってAMトランスミッターで飛ばしてやって再現してみますた。( ̄◇ ̄)♪

ささ、ということで、いよいよ月末金曜日でありますねーw

ま、ぼちぼち、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します。

Posted at 2018/08/31 09:30:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | 古いラジオ | 趣味
2018年08月28日 イイね!

東芝 真空管ラジオ 5YC-556 かなりやPS

東芝 真空管ラジオ 5YC-556 かなりやPSども、、

えー、本日も、古(いにしえ)の真空管式ラジヲと行ってみましょー
( ̄o ̄ )ノいってみよー!

ということで、東京芝浦電気の卓上式ツースピーカーラジオ「かなりやPS」 5YC-556であります。

「かなりやPS」と云う名称のラジオは、昭和33年に発売された初代モデル「5LQ-218」も存在しますが、今回は、後年になって発売された二代目モデルとなります。(`・ω・´)

発売は昭和37年、当時の定価は6300円、東芝の卓上式ラジオの中では、比較的後期のモデルでして、人気の「かなりやQ」の2スピーカー版と云った感じでありますよねー( ̄▽ ̄)b

フロント中央をクリアパーツで覆ったキャビネットは直線基調のスッキリとしたデザインで、アイボリーとネービーブルーのツートンカラーも、とても良い雰囲気であります。(⌒∇⌒)ノ

左右に 3.5インチ・パーマネント・ダイナミックスピーカーを配した堂々とスタイルなのですが、スピーカーが二個付いていると云うだけでして、当然のようにモノラル再生となりますw





サイズは、高さ(約13cm)×幅(約40cm)×奥行き(約9cm)と、ツースピーカーモデルの中ではかなり小型のサイズとなりますが、やっぱり邪魔な横幅ではありますよねーw( ̄ー ̄)σ

ダイヤルツマミは、左端から電源スイッチ兼ボリューム調整、バンド切替えスイッチ、チューナーとなっており、整然と並んだツマミもなかなか良いものであります。( ̄◇ ̄)ノ

使用真空管は、12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4と一般的なもので、所謂(いわゆる)、5球式スーパーと云われるラジヲであります。(⌒∇⌒)ノ

あと、面白いのは、左右に装備されたスピーカーが、超薄型のトランジスターラジオ用になっていると云うことでありまして、如何にも、真空管ラジオ晩年のモデルと云う感じでありますよねー





そんなわけで、今回もオクで見つけた格安(2100円w)のジャンク品から当方でレストア、恐ろしくて電源の投入もしていないwと云う、超ボロボロのラジオでありますた。

また、プラスチック製のキャビネットには、上面にタバコの焦げのやうな傷が盛大に入っており、、ツマミの飾りも一個紛失、ひどく汚れて埃まみれの悲惨な状態でありました。

到着したラジオのあまりの酷さに、部品取りにするつもりだったのですが、電源を入れてみると、綿埃のシャーシの上で真空管が点灯、一生懸命受信しているではないですくわw( ̄o ̄)w オオー!

せっかく鳴っているラジオを部品取りなんかにしちゃうと、絶対に、もったいナイおばけwが出てきますしw、そんなわけで、プラ製の筐体の大レストアの敢行となりますた。(⌒∇⌒)σ



とりあえず、ヤニと汚れで真っ黒の筐体に換気扇クリーナー攻撃、あとは、300番の荒目から1500番くらいの細目までのサンドペーパーで、ひたすら表面の傷を削り取って行きますw( ̄^ ̄)b

最後にピカールで磨きだしてパフがけを行って艶を復活、紛失していたツマミはジャンクボックスから他の「かなりや」のモノを流用、擦れた「Toshiba」マークは自作でカールで再現fしてみますた。

メカ的には、ACラインのコンデンサと電源ケーブル、バリコンゴム、スピーカーケーブルを交換してスイッチを投入、とても良い音で鳴っておりますが、なぜかパチパチとノイズが入ってしまいますw

早速、オシロで波形を見ながらチェック開始となりましたが、結局、ノイズの原因は、電解コンデンサーのA-B間に入っている「1KΩ」の抵抗の不良でありました。(`・ω・´)





そんなわけで、この抵抗を金属被膜抵抗に交換、ついでに、故障率の高いヒーター回路に入っている突入抑止用の「30Ω」の抵抗も、セメント抵抗に交換であります。( ̄▽ ̄)b

あとは、残りのペーパーコンデンサーを数個交換エーシング(慣らし運転)と行ってみたのですが、例によって、どうやっても、ボシュームが絞り切れなくなっておりました。( ̄^ ̄)b

早々に新品のスイッチに交換となりましたが、現在入手可能なスイッチは軸が短いため、アルミパイプで軸を延長、先端部分は不良品から切り取って移植しておりますw

そんなわけで、やっとこさの動画もアップとなりましたが、音声に歪みもなく、とても良い音なのは、さすが、ツースピーカーと云ったところでありますよねー( ̄◇ ̄)♪

ささ、ということで、まだまだ暑い日が続きますけどw

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ、、



※写真はクリックで拡大します。
Posted at 2018/08/28 19:55:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | 古いラジオ | 趣味
2018年08月27日 イイね!

1/24スケール、トヨタ・スポーツ 800 1965年型

1/24スケール、トヨタ・スポーツ 800  1965年型ども、、

えー、、本屋で売っている、ミニカー付きの冊子から、「1/24スケール国産名車コレクション」であります。

ヾ( ̄  ̄ )おぉーっ♪

第9巻は、「トヨタ・スポーツ 800」の登場であります。

さて、トヨタスポーツ800、通称「ヨタハチ」は、1965年3月に発売され、当初は「パブリカ・スポーツ」の名称で開発が進められておりました。

航空機のような発想から生まれたモノコックボディは、重量が僅か580kgしかなく、非力なパプリカ用800cc空冷エンジンでも最高速度155km/hを誇っておりました。( ̄o ̄ )ノ

販売価格は59.5万円、当時の物価から考えても、けっして高価ではありませんでしたが、まだまだ2座のスポーツカーがそんなに売れるわけもなく、総生産台数は3000台程度に留まりましたねー





ちなみに、ポルシェ・911でも有名な着脱式のルーフ、所謂「タルガトップ」が採用されておりますが、実際の採用はポルシェよりも、トヨタ800の方が先なのでありました。ヾ( ̄  ̄ )

ということで、その、トヨタ・スポーツ 800のモデルカーで、スケールは1/24サイズ、この価格を考えると、十分な仕上がりでありますよねー

当初から話題の車種と云うこともあって、1/20サイズの日東の決定版キットを始め、同じ日東の1/24サイズなど、多くのモデルカーが発売されておりました。( ̄ー ̄)σ





しかし、このスケールの本格的完成モデルとしては初めてと云うこともあり、アッと云う間に売り切れてしまった模様でして、「ヨタハチ」人気、やっぱり凄いですよねーヽ(*^▽^)ノ

ボディは嬉しいダイカスト製、忠実に再現されたフロントやリア周りの造形もなかなかのもので、ワイパーにはエッチングパーツも奢られております。( ̄▽ ̄)b

アクションとして左右ドアが開閉可能、オープンカーと云うこともあって、GTタイプのステアリングなど、運転席廻りも完璧に再現されており、なかなかの完成度でありますよねー(`・ω・´)





ちなみに、「ヨタハチ」と云えば、やっぱり、ロボット刑事Kの愛車「ジョーカー」でありまして、「そら飛ぶパトカー♪」のオープニングにもありますけど、一応パトカーとして登場いたしますたw

ガルウイングやスラントしたノーズなど、ほとんど原型を留めていませんが、サイドから見たときの運転席とハンドル、そして後輪の位置などからも、トヨタスポーツ800がベースで間違いないでしょう。

以前は、フェアレディZがベースだとも云われておりましたが、人物と比べたときのジョーカーの小さな車体などからも、フェアレディZはまず無いと思われます。( ̄▽ ̄)b

ささ、ということで、いよいよ月末週間ですねっー

ま、ぼちぼち、頑張って行ってみましょー、、

でわでわ、、





※写真はクリックで拡大します。

Posted at 2018/08/27 19:10:28 | コメント(5) | トラックバック(0) | 旧車ミニカー1/24 | クルマ
2018年08月24日 イイね!

汎用アームレスト センターコンソール手置きクッション

汎用アームレスト センターコンソール手置きクッションども、、

えー、みんカラなので、たまにはクルマの話題でもw
( ̄ー ̄)σほーい

と云ういうことで、思わずプチッwとしてしまいますたw

ラクチン装備wの、センターコンソール手置きクッションであります。

汎用タイプですが、尼で、格安の1650円でありますたw( ̄▽ ̄)b

これで、お子の高校バスケの遠征も、ちっとは楽になるのではないかとw(`・ω・´)

ささ、そんなわけで、やっとこさの週末ですねっー

ま、ぼちぼちと、頑張って行ってみましょー

でわでわ
Posted at 2018/08/24 10:14:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ関係 | クルマ
2018年08月23日 イイね!

引越しのサカイ シングルCD

引越しのサカイ シングルCDども

えー、、本日も懐かしのコマーシャルソングと行ってみましょー
( ̄ー ̄)σういーすっ♪

と云うことで、シングルCD盤から、引越しのサカイのシングルCDでありますー

いやいやいや、これも懐かしいですねっっー、、最近では、やたらと良い人なwサカイハンですが、昔は、こんな引越し屋さんですたw( ̄^ ̄)b

ささ、ということで、やっとこさの木曜日でしたねー

ま、ぼちぼち、頑張って行ってみましょー、、

でわでわ



Posted at 2018/08/23 22:11:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | レコード | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「米ゼニス(Zenith)真空管ラジオ Model R-615 http://cvw.jp/b/240223/43534312/
何シテル?   12/11 15:22
座右の銘  『期待に応えるから、面倒なことを頼まれるw』
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ウシくん、カエルくん Mighty Star 24K Polar Puff  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/11 11:39:48
みくに文具 絶版プラモあり! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/26 22:01:05
 
管理人「F」さん、新世代AFV、 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/05/01 18:21:39
 

愛車一覧

日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
急遽、乗り換えますたヾ( ̄  ̄ ) ♪ FFの二駆仕様だからでしょうか、意外と速いw
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
1.5X H18年式です。 ヨメのくるまです、、型式なんかもRSと同じで、エンジンもまっ ...
日産 エルグランド 日産 エルグランド
3.5VGです。 納車から10年、26万キロ走破目前でしたが、先日の大雪の中、スリップ事 ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
エルグランドの前に乗っていました、平成14年式です、 2年10ヶ月で9万5千キロ走破し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.