• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ksjetのブログ一覧

2019年09月15日 イイね!

K'sの【突撃!大黒パーキング BMW Club F30】

K'sの【突撃!大黒パーキング BMW Club F30】
横浜の大黒パーキングに オフ会の突撃取材に伺いました。
2019/9/7

取材に快く受けていただきましたのは
BMWのClub F30の皆様でした。

詳しくは↑上記動画を見てください。\(^o^)/




さてさて、高級車のBMWでも、
いじり方は 三者三様でした!


会長さんのあくせる_F32/435iさんは

◯いじっているが、あえて全体のイメージを崩さない様に
   カーボンパーツさえ純正色で塗装する!!
という、念の入りようです。

こういった純正のイメージを崩さず、でも、中身はしっかりいじるというやり方は貴重ですね!!\(^o^)/

また、低グレードからでも、こだわりのパーツを世界中から取り寄せて
アレンジして取り付ける ムツミ@F30V さんは
クラブメンバーのみなさんが、「あの人の車は面白い!」と太鼓判を押す力作でした~!


だからこうやって 根強いファンが 大切にしている愛車を持ち寄って
たくさんいらしてました!!


さてさて、前述の「うつみ」さんば、ラトビアという国からBMWのパーツを引っ張ってきましたが、
alt

動画の中で、私もベラルーシという国からガイガーカウンターを引っ張ってきた経緯を少しふれました。

この経緯は 以下のブログにまとめております。

さて、ケイズは 皆様のオフ会の取材依頼も受け付けております。
ご興味ある方はYouTubeに 書き込みをお願いいたします。 \(^o^)/
または、Youtubeのチャンネルページから
 概要→ビジネス関係のお問い合わせ→メールアドレスの表示
で メールが送れます。


ンターを持っているのか?
↑動画が良かったと思われる方は YouuTubeのチャンネル登録をお願いいたします。
チャンネル登録

BMW F30のメンバーの皆様で、このブログにコメント頂ける方は、
YouTubeのコメント欄にも、コピペで コメント頂けるとうれしいです\(^o^)/

Posted at 2019/09/15 09:47:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
2019年09月04日 イイね!

K'sの【突撃!軽スポーツ・オフ会 北関東茶会 20190901】

K'sの【突撃!軽スポーツ・オフ会 北関東茶会 20190901】群馬県 邑楽町(おうらまち)役場横の「おうら中央公園」で
2019.9.1に開催された
「北関東茶会」に突撃取材いに行きました~!\(^o^)/

オフ会内容↓
https://minkara.carview.co.jp/calendar/31830/

オフ会レポート ↓



詳しくは↑上記動画を見てください。\(^o^)/


軽スポーツは 車高も低く、グリップ性能の割に車重が軽いので、
スポーツ性はすごくあり、走る楽しみありありですね!

だからこうやって 根強いファンが 大切にしている愛車を持ち寄って
たくさんいらしてました!!


また、2シーター多いなかで、夫婦2台のツーシーターで、 それぞれお子さんを分散して乗って来ているご夫婦もいらっしゃいました。
alt

奥様も、愛車愛と、カスタムがすごく高度で、かっこよかったです。
alt

主催の「まっさか」様↓
alt


まっさか様も、最初はカプチーノのオフ会から始めて、
オープンマインドの精神で、門戸を広げて、
今は、軽スポーツを中心に、車好きなら、どんな車でも!!
という、オープンマインドな 主催者の方でした!!


来訪の参加者で、一番インパクトがあったのが、
ゆみっち910」さん、
alt

真っ赤なコペンですが、なんと、ポルシェ・ケイマン使いとのこと!
また、次回は ケイマンの取材をさせてくださいね!! \(^o^)/

今後とも、よろしくお願い申し上げます \(^o^)/




↑動画が良かったと思われる方は YouuTubeのチャンネル登録をお願いいたします。




「イベント:北関東茶会」についての記事

※この記事は北関東茶会 について書いています。


この記事は、9月の北関東茶会はYouTubeバー2人が取材に来て盛り上がりましたよ!について書いています。
Posted at 2019/09/04 21:33:28 | コメント(7) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
2019年05月02日 イイね!

K'sの【アルトオフ会参加と夏前のエアコンチェック&秋ヶ瀬サーキット】

K'sの【アルトオフ会参加と夏前のエアコンチェック&秋ヶ瀬サーキット】家族ぐるみで公私共にお世話になっている みん友さんであり、
YouTuberRedworksさんが埼玉県秋ヶ瀬公園で主催する
【秋ヶ瀬RedSuns大集合祭】のオフ会に参加させていただきました。

このオフ会、メインはスズキ・アルトのオフ会ですが、
Redさんは門戸を広く広げていらっしゃるので
私の様な他車種も若干参加しております。
RedWorksさん、いつも ありがとうございます。 \(^o^)/

alt
↑右が純正のRedworksさん、左の方は レッドさんのモノマネの方もいるぐらい有名です。


しかし、Redworksさん主催のオフ会は 全国的に有名で、
今回も60台を超えるアルトが集まり、
遠く、広島からも来られた方がいらっしゃいました。
すごいね~~!


他車種で参加させていただいているので、
皆さんに貢献の為に、
今回は もうすぐ暑くなるので、
エアコンの能力チェックをするための測定器をもちこんで、
希望者にエアコンの能力チェックをしました。
alt

持ち込んだ測定器は2つで
○一つは ニードル型温度測定器
alt
↑針状のプローブをエアコンの吹出口に差し込んで 
何度の冷たい空気が吹き出してくるかを測定するモノです。
写真は5℃の空気が吹き出していますが、外気温17℃なので
⊿t=-12℃温度を下げらている。。ということになります。
なお、能力が正常か、不合格かは 下のグラフに何℃の吸入外気温度の時に
何℃の冷たい風が出るかのグラフの斜めの線の上なら、
不合格となります。
alt

このグラフに照らし合わせて、自分のエアコンの冷却能力を観ます。

この日、
K'sのCX-5は 日中24℃の外気吸気温から5.9℃の吹き出し温度だったので
⊿t=-18℃温度を下げらていましたので、エアコン能力は十分出ていましたので
補充は無しとしました。

○もう一つの測定器は エアコン・マニホールド・ガス圧ゲージです。
同じく他車種で参加のCH-Rの方も
新車から2年目でもエアコンの効きが悪いとのこと。
エアコン吹き出し温度も 外気温24℃から13℃位の冷風しか出ません。
やはり、一桁台の冷風が出ないと 能力が出てないですね。
alt
ガスゲージをつないでも、H側の圧力が低く、エアコンガスの量が足りてないようです。
結局 エアコンガスを補充しましたが、1缶では足りず、2缶補充してガス圧が上がり、
やっと吹き出し温度が7℃台になり、冷たい風が十分出るようになりました。

エアコンガス圧は 下記の簡易表に照らし合わせてチェックします。
alt

5,6人の方のエアコンチェックをしましたが、
新車購入で2ヶ月のバリバリ新車のアルトの方も
エアコンガス圧が低い方がいらっしゃいました。
補充しましたが、
「新車だったが、なんとなくエアコンの冷えが悪いので、気になっていた」とのこと。
新車でも あんまり あてにならないのね。。。


補充をK'sに依頼された方には
○この補充はあくまで現場作業である。
○理想的には、一度 フロンを回収し、回収したフロンから水分を分離し、真空引きをしてから再補充するのが理想的である。
○ただし、K'sとしては 2回までの単純補充でも、それほど水分混入のリスクは無いと考えている。(3回目はやはり水分の分離をするべきで、ディーラーやオートバックスですべき)
○補充しすぎや コンプレッサーの負荷増加や、エバポレーターでの凍結するので、過補充は良くない。
と説明し、納得頂いてから単純追加補充しました。


さて、K'sは なるべく、新車の時に測れるモノは測って、
経年劣化を数字や写真で管理しているようにしています。
エアコンのガス圧もそうですし、シリンダー内のカーボンの蓄積も定期的にチェックしています。

ちなみに、K's(ケイズ)は
○高圧ガス資格(高ガス製保安責任乙機)
○危険物資格
○大型自動車免許
○牽引免許
の資格を持ってます。
つまり、ガスローリー・トレーラーやガソリン・トレーラーの運転手に成れる。。。。ということです ^^;
alt
ははは。仕事は ガス・トレーラーの運転手ではありませんよ~! \(^o^)/

エンジンの定期管理として、、、
マツダのディーゼルは カーボンの蓄積は要チェックですね。
ボクのはガソリンエンジンなのですが それでも カーボン蓄積は定期的にチェックしています。

過去のチェックブログ

 ↑2年目の方が詳しく書いてますので、参考にするならこちら!

○CX-53年目(4.9万km)のエアコンガス測定
alt
2019.5.19
外気温 21.7℃ / 吹き出し 4.5℃
Δt=-17.2℃
非常に良好で 4.5℃の超冷たい風がでます。


alt
エアコンガス圧も、外気温21.7℃でHが1.4MPa出ているので、
規定内でOKですね!




シリンダー内部のチェック
 ↑3年後の方がシリンダー内のカーボン除去も書いているので、参考にするならこちら!



さてさて、ひととおり、アルトの皆さんのエアコン補充も終わって機材を片付いたら、
美女4人に囲まれて話しかけられました。
「あの~、もしかしてモータースポーツ・ジャパンに出展されていた方ですか~??」
「33ファイのハンドルの女と言えば覚えてらっしゃいますか~?」

  ?。。。。
「33Φの女」と言われて思い出しました。
先日、お台場でモータースポーツ・ジャパンが開催されましたが、
K's(ケイズ)のCX-5を出品していました。
その際、一般見学者の為に なりきり写真を小物を使って撮ってあげていたのですが、
その小物のハンドルがΦ33cmの小径ハンドルでした。
alt

この女性にハンドルを渡すと、
「このハンドル、33ファイですね!」と言い当てました。
alt
「この女!何者!!??」と思いましたが、
いろいろお話すると、ご自身もスカイライン R34に乗られていて
レースクイーンもされている方だそうです。
さ・す・が!!
この女性グループ 皆さんも R34オーナーの方だそうで、
かなりの走り屋さんだそうです!!

みんカラはやってないそうで、お台場では それ以上の連絡先も聞かず終わったのですが、
偶然、この秋ヶ瀬公園で ボクのCX-5を遠くに見かけて、来てくれたみたいです。
お台場で会って、秋ヶ瀬公園で また再開するなんて、
赤い糸で結ばれているのね!!\(^o^)/
とは言え、皆さん、facebookしかされていないようで、再会しても 連絡先の交換はできませんでした。
ああ。。赤い糸を手繰り寄せられなかったK'sです。^^;
このR34グループの皆さん、もし、このみんカラブログを見る機会があったら、
K'sのfacebook にメッセージ くださ~~い!m(_ _)m



K'sは昼過ぎに アルトのオフ会は早あがりして退出させてもらったので、
退出前に エア・ラリーの一発芸をしてから退出です。\(^o^)/

↑↑この映像は前回のモノです。


その後、秋ヶ瀬公園から近い「サーキット秋ヶ瀬に見学に行きました。

サーキット秋ヶ瀬は加藤大治郎や阿部典史を育てたミニバイク・サーキットとして有名で、

大治郎が育ったサーキットが「サーキット秋ヶ瀬」です。
alt

大治郎カップのポケバイが飾られていました。
alt


この日もたくさんのジュニアやレディースの選手が練習されていました。
alt

alt
頑張れ! 未来の加藤大治郎たち!! \(^o^)/

さてさて、世間は10連休ですが、
K'sは基本仕事です。
とは言え、空いた時間に少しづつ、次の一発芸を作成中です \(^o^)/
K'sの、【リアル・トランスフォーマー作ります! 中古電動カート探してます!】


今は 素材の子供用カートを購入し、
alt


alt

↓全バラし、
alt

変身の構造に合わせて、ボディーを切り刻みます!
alt
只今、鋭意 製作中です。 
下のように 完成するでしょうか?? 
乞うご期待 \(^o^)/




「イベント:秋ヶ瀬RedSuns大集合祭(上の句)20190428(日)※年2回大集合」についての記事

※この記事は秋ヶ瀬RedSuns大集合祭(上の句)20190428(日)※年2回大集合 について書いています。
Posted at 2019/05/02 10:18:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ
2018年12月19日 イイね!

K'sの、【C-HRのオフ会に行ってきた!】

K'sの、【C-HRのオフ会に行ってきた!】ヒョウンなことから C-HR乗りの凸さんとお知り合いとなり、
K's亭で コラボまで シテいただきました\(^o^)/
alt
↑C-HR乗りの凸さん、 

その凸さんが、埼玉県幸手市権現堂公園オフをするというので
C-HR以外でも 見学させていただきたいと凸さんに事前にお断りをして
参加させていただきました! \(^o^)/

なぜ、C-HRのオフ会に伺わせていただいたのかというと、
デコさんのブログなどを読んでいると、
「今、SUVで一番元気なのは C-HRなのかな~!」と漠然と思っていたところに、
凸さんが、割と近くのさいたまでC-HRのオフ会をするというので
見学させてくださ~い! とお願いした次第です。

登場した凸さん ↓
alt
↑前回 ks亭に来ていただいた時より、
スクープ付きのカーボン・エアロ・ボンネットが大きく変わってました!!
他にも フェンダー・アーチにエアロ・フィンがついたりと
更に迫力が増してました!!

それにしても、 このC-HRのオフ会は
「東京オートサロンの前哨戦!!??」
と思うぐらい、レベルが高いC-HRが多数参加されていらっしゃいます。

以下にすごいC-HRの写真を並べます。
#1  この方は完全に東京オートサロンを超えてます!
alt

○ホイルの裏側まで デザインを入れ込んだ念の入れよう! すごいです。↓
alt

↑フェンダーアーチも、BUSH ARTさんによる、ラップ・塗装&エアブラシグラデーション!
美しいです。
BUSH ARTさんのHPを見ると、そのエアブラシのテクニックの高さと芸術性がよくわかります。
alt

#2
alt
alt

↑サイドスカートが赤のグラデーションで綺麗です!

#4 
alt

↑オフロードテイスト満載のC-HR
純正オーバーフェンダー車は初めて見ました! 
凸さん含めて 数少ないアゲアゲ系です。
でも、こういうのが、 「THE SUV」でしょう~!

#5
alt
↑オーナー様は走り指向の女性オーナー様で、サーキット走行もされているそうです。
今回、女性オーナー様も多数参加されており、堀の深いC-HRに女性が乗っているだけでかっこいいのに、
いじったC-HRの女性オーナー様は エクセレント!!ですね!!\(^o^)/

#6 GTぱわ~さん
alt
↑ドアハンドルがツートンでおしゃれです。

番外編ですが、ROCでお世話になっているみん友さんの Zakumaniさんにも
来ていただきました。
alt
今回、Zakumaniさんの車の中まで乗り込ませて頂いたのは初めてです。
alt
↑Zakumaniさんの車は 外は RedBullラリー車、中は映像&音響車で2面性があります。
両サイドミラー内側にもモニターがあったので、
最新の「ミラーレス車ですか?」と伺うと、音楽映像用モニターでした。


さて、C-HRのオフ会に参加させていただいて、
今、SUVで一番元気なのはC-HRだ!! 
と確信しました。

マツダCX-5は 2代目+年次大改良で完成の域になったと思います。
CX-5は2代目になり (そして、新たにUSAで発表されたMAZDA3はさらに)、引き算の美学を目指しています。

しかし、C-HRは足し算の美学が似合う車だと思います。
C-HRのノーマルを 「First GUMDAM」とすると、
alt


いじったC-HRは
alt

ユニコーン・ガンダム系のかっこよさがありますね!!

もともと、堀の深いブルドック顔のC-HRは、足し算で 更に堀を深くすると さらにかっこいいです!

ただ、CX-5は引き算の美学系になったので、 エレガントでありますが
イジりが似合わない車になっとも言えるので
活動がちょっと下火かなと思い、ちょっと残念です。

それに加えてC-HRは イジりが派手なので メンバーの相互影響が更に火を掛け合って、すごい勢いですね!!
今回、凸さんに お願いして、C-HRのオフ会に参加させていただき、
K's(ケイズ)自身にも いい刺激を頂きました~~!

凸さん、C-HRのグループの皆様、ありがとうございました m(_ _)m






※この記事は埼玉県幸手市権現堂公園オフ(o^^o) について書いています。




K'sのCX-5のメイキング動画です ↓


【リンク集】
○Making of CX-5.1.Mod(メイキング動画)

       https://youtu.be/F_JiyjvEfoA


○CX-5.1 デザイン・トピックス

   https://minkara.carview.co.jp/userid/2405511/blog/37966405/


 ◯批判を恐れずに言う!東京オートサロン:SEXY SEXを間違えていないかい!??

   https://minkara.carview.co.jp/userid/2405511/blog/39254771/


 ◯スーパークロスへの道-1:プロローグ編(全18章)

https://minkara.carview.co.jp/userid/2405511/blog/41164691/

Posted at 2018/12/19 08:29:02 | コメント(8) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
2018年10月02日 イイね!

富士スピードウエイのマツダ「Be a driver. Experience」2018に行ってきた!

富士スピードウエイのマツダ「Be a driver. Experience」2018に行ってきた!「Be a driver. Experience」2018に行ってきましたが、
alt

いつもの様に、どうせ遠出するのなら、前日にも 違うイベントにも参加しちゃえということで、
土曜はROC(ラリーカー・レプリカ車のミーティング)にちょっとだけ顔出し、
日曜はマツダイベントの 弾丸旅行で行ってきました!

土曜のRCCミーティング
メンバーの皆さんは ROCKの宿泊ホテルにお泊りでの2日間イベントなので、
僕は集合までの1時間だけの参加でした。
alt
メンバーの方も、続々集合
alt

↑ラリー・コンピューター ↓
alt

alt


alt

alt


alt

alt

ROCのメンバーの皆さんと別れて、一路 富士スピードウエイを目指します。
途中で 温泉 「神の湯温泉で 本日の お風呂へ
alt
料金は1,000円でしたが、いいお風呂で、露天風呂も ぬるめでゆったりはいれました!

さてさて、マルビ(○貧乏)のksは、当然車中泊ですが、
今回は新兵器【自己膨張式エアーマット】のテストです。

いつもは シガライターソケットで動くブロアで膨らますエアマットを下にしいて、
夏は薄手のブランケット、冬は寝袋で寝ていました。
この下に敷くエアマット、簡単にふくらませるのですが、
やっぱり一晩寝ている間にだんだん空気がヌケてきて、
夜中に痛くて起きて、もう一度、ブロアーで空気を入れ直すのが 恒例になっていました。

そこで 購入したのが これ!!
【自己膨張式エアーマット】
alt
↑これを買ってみました。 価格2,000円でお安かったです。
 エアバルブを緩めると、勝手に中のスポンジ層が膨らむことで、
勝手に空気を吸い込み、エアーマットが膨らむというものでした。
マットの厚みは 何種類かから選べるのですが、
自分が選んだのは5cmタイプのつもりが、到着したのは3.5cm厚のタイプでした。
よ~く注文書のメールを見ると、間違えていたのは僕で、
3.5cm厚のモノをポチってしまった様でした。
広げただけではこんな感じ! ↓
alt
バルブを緩めると、空気を自動で空気を吸い始め、5分ぐらいで膨らんでくれます。
alt
↑枕の部分だけは 自分の息で膨らましますが、あとは自動で膨らんでくれます。
バルブを緩めて くるくると巻き取ると、空気が抜けて、ちゃんともとのぺちゃんこ になりますので、
巻取りも楽ちんです。
これは使うのが楽ですね。

実際、車で寝てみましたが、3.5cm厚のマットでは ちょっとシートの段差を消しきれないところもありましたが、
なんとか使えるレベルです。
ちゃんと、5cmタイプを注文してればよかったですね。。

さて、翌日の朝。。
みんカラグループの「Club CX-5」はサーキット手前の駐車場に集合してから、
alt

サーキットにまとまっての入場です。
alt
段取りしていただいた 幹事のHIROMASA様、ありがとうございました!

alt


毎度ですが、きちんと整列したAZ-1は 精悍ですね!!\(^o^)/
alt


サーキットでは 歴代のロータリーレジェンド・カーのデモランが2回ありました。
alt

alt
RX-3は 僕が学生の時、初めて運転したのが、先輩が持っていた「サバンナ RX3」でした。
なつかしいです。

さて、今回、自分の車でサーキットを走れる「パレード・ラン」は応募済みだったのですが、
こういった、イベントで サーキットを走っても、
「自分の車がサーキットを走っているところが、写真に納められない!」という不満がありました。

なので、事前にみんカラで「代理でパレードランをしてくれるドライバーさん」を募って、
僕は写真を撮る側になろとしたところ、
救いの手を差し伸べていただいたのが、
現役レーサーの「澤江典輔選手」でした。 ↓
alt

この日も、併催されていた 「マツ耐:エンデュランス・レース」に出場されていました。

耐久レースでは 澤江選手はファミリーで来られており、ピット内は和気あいあい!

alt
↑イヤー・マフラーをした息子さんが ピット内で絵になってます! \(^o^)/
alt

alt

予選では トップに遅れること、わずか0.5秒で、3番手スタートです。

参考ブログ 




この耐久レースは 最新のマシンのロードスターNDも混走するレースですが、
澤江選手のマシンは一世代前のNCロードスターです。

動力性能はNDに一歩劣るNCですが、
実は、このレース、「無給油」がレギュレーションにあるので、
NDのガソリンタンクは40L, NDのガソリンタンクは50Lと、 
10Lの燃料ハンデがあるので、
動力性能をこれでイーブンに出来ます。
とは言え、それでも 燃料ギリギリなので、 本番レースでの出走直前に、
マシンを傾けて 給油口ギリギリまでガソリンを注ぎ込んでいます↓
alt
爆走中の澤江選手のチームの#59号車、
 一時、7位まで順位を落とすも、ゴールまでに3位に浮上! ↓
alt
じつは、この 「最後の100ccのガソリン」が功を奏し、
決勝では 最終週に4位だったのが、
3位のマシンが最終周でガス欠で脱落し、3位表彰台をゲット!
alt

 「最後の100ccのガソリン」の大事さが 物を言いましたね!
パパが表彰台を受けた後、子どもたちも 表彰台で満足気に遊んでいます! ↓
alt

子どもたちに表彰台の姿を見せられて、澤江選手も良かった良かった! \(^o^)/

澤江選手ファミリーが 表彰式を終えたあと、僕の所に来ていただいたので、
子どもたちを僕のCX=5のルーフに乗ってもらって、パパと記念撮影です。↓
alt


alt

その後、澤江選手に僕のCX-5はドライブしてもらって、お子さん達ちは CX-5の後席に乗りこみ、↓
alt
僕は このCX-5を写真に収めるべく、コース脇のポイントに移動しました。
しかし、イベントスケジュールが かなり遅れて、
パレードランは 日没と重なってしまいました。
コース脇と言いながら、コーナーからは距離がある撮影ポイントからのショットでは 
暗い中ではノイズが乗ります。
それに1週目は他の車とかぶって、クリッピングポイントで撮影はダブって撮れず、alt

2周目は、完全に日が暮れてしまって、 不明瞭な写真しか撮れませんでした。
alt

ま、写真クオリティーとしては残念な結果に終わりました。

マツダさんにお願いしたいのは、
やっぱり、パレードランで 走っている自分の車を写したいドライバーはたくさんいらっしゃると思うので、
マツダ側で、専属カメラマンを一人 置いて、サーキット・ランの写真データーを公開すべきだと思いましたね!

前回、東北でのSUGOサーキットのマツダイベントでは プロカメラマンが コース脇に待機していただき、
事前申請した方は、有償でしたがカメラマンが写真を撮ってくれました。
その写真がこれ! ↓
alt

マツダさんも、コレくらい、気を利かせて欲しいですね。

    (追記)
   実は、後ほど、MZレーシングのたら爺さまが個人的にプロカメラマンに依頼して撮影したものを
    グループ幹事のhiromasa様よりいただきました。
    本当にありがとうございました!




ただし、今回も マツダさんは 子供さん向けのアトラクションを多数用意はしていました。
これはこれで いいことですね~~!

ただ、缶バッチを作ったり、磨き体験をしたりする以外にも、
乗り物系のアトラクション(自転車やキックボードなど、、、ETC)もイベントに加えたら、
子どもたち(=連れてくる親たちも)も 喜ぶんじゃないかな??と思ってます。

例えば、こんな おもちゃカートを置くなり!!

参考ブログ 
さて、このイベントの展示の中で、気になったマシンはこれ!!
alt
↑Formura DfriftクラスのMike Whiddet選手の4ローターRX-7です。↓
alt
↑エンジンは4-ローターです! シビレます! ↓
alt

alt



YouTubeでは ついに ディーゼル的なガソリンエンジンのSkyActiveーXの情報が出始めました。
このマツダイベントでも、マツダユーザーが集まったところで、
もっとこの情報を公開してほしかったです!!!




さてさて、今回も 楽しい2日間を過ごしました~~!








「イベント:2018 Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY CX-5」についての記事

※この記事は2018 Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY CX-5 について書いています。
Posted at 2018/10/02 06:33:55 | コメント(5) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記

プロフィール

「@ksjet Redworksさん、まずは来週、横田基地内のトレーニング・ジムで 打ち合わせと 最初のコンサルティングなので、頑張ってみます!\(^o^)/」
何シテル?   10/19 06:24
K's-jet(ケイズ・ジェット)です。東京都の西のはずれ(米軍横田基地の近く)に住んでおります。 車は派手ですが、 基本はマルビ(○貧乏)系のいじりです...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

マツコネに携帯ナビ画面を表示 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/09/22 19:36:29
マツダコネクト レトロフィットキット取付 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/08/22 13:05:48
F1のPU(エンジン)ジェットイグニッションを考える♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/08/09 13:55:54

愛車一覧

マツダ CX-5 CX-5.1 Mod. (マツダ CX-5)
K's-jet(ケイズ・ジェット)と申します。 東京都の西のはずれ(横田基地の近く)に住 ...
三菱 デリカスペースギア 三菱 デリカスペースギア
デリカSG ロングに乗っていました。
トヨタ セリカ WRCカストロール・セリカ・レプリカ (トヨタ セリカ)
カストロール・セリカ・レプリカ 妻の所有の車で、時々妻に借りていました。 このレプリカの ...
ヤマハ YZ250F ヤマハ YZ250F
娘(当時、小学生3年生)と一緒にジャンプしている時の写真です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.