• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

UsaPの愛車 [マツダ アテンザワゴン]

蓄膿症解消@66000km

カテゴリ : エンジン廻り > エンジン > 調整・点検・清掃
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★★
作業時間12時間以上
作業日 : 2016年05月28日
1
作業風景
"ミナト自動車"さん独自に応用された、"DSC"の作業風景。
DSCとは、直噴エンジンの機構構成からくる、インポートへの大量の煤の堆積を、エンジンを開けずに除去するための"技"!!
(エンジンを開けないので、比較的短時間で出来る=高価ではない)
ワコーズRECSなどの、ケミカルでは追いつかないレベルに対応でき、エンジンや補機、シールへのダメージもないという。
固体のドライアイスを、剥離したいところにぶつけ、気化して二酸化炭素になったときの、気化爆発力を利用した剥離装置を、自動車整備に転用したものなので、根本的な機械の実績は産業界では豊富かつ、頑丈なエンジンブロック相手なら楽勝ってことね。
2
インマニから、発掘された煤・・・の一部
全部集めるのは大変なので、これはそのほんの一部・・・1/5程度とのこと。
BOSS缶と比較して、量を考えてください。
22000km分なので、いやはやどこにそんなに積もれるのだろうと・・・

ガソリンエンジン、のD4と比べると、堆積量も桁違いで作業しにくいが、それ以上にさらさらした煤で、飛散しやすく、厄介だったとのこと。
きっと工場中が真っ黒になってしまって、ご迷惑をおかけしたのだろうなぁと・・・
実際、あまりに多すぎて、DSC作業前(剥離作業)に、掃除機で吸引して頂くほどだったとか・・・
3
そのおかげで、すっかり綺麗に(^^)
4
新品と見まがう程~
5
剥離箇所によっては、部品に負担をかけない程度の、適切な剥離
6
新品より綺麗かも!?
7
さらっぴんに交換するなんて、もったいない
清掃再利用でないとね
8
バラしても、ここまで綺麗にするには、どれほど時間を費やす必要があるのか想像できません(^^;

手元に戻ってきてすぐ、吹け上がりが軽く、トルク感が戻っていることがわかった。
初回給油を待つまでもなく、燃費が戻ってることがわかった。そして給油で実証された。

施工後の走行距離もまだまだで、まだ検証中だけど、自分には確実な効果が感じられましたね。

程度の差こそあれ、直噴エンジンは、どのメーカーも煤の堆積には、根本的対策が打てていないのが現状。
そうなると、改造パーツより、外装パーツより、コーティングより、この整備は最優先の必須ですね、おいらには。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

オイルキャッチタンク取付け その2

難易度: ★★★

リコール完了(^^)

難易度: ★★★

【備忘録】オイル交換5回目、燃料噴射量調整、リセット、上抜きにて実施

難易度:

オイル交換、ATF交換、タイヤローテーション

難易度:

25631kmオイル交換

難易度:

第4回 エンジンオイル交換 &スタッドレス交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2016/06/07 21:08:33
初コメ、失礼します。
大変勉強になりました。
銀六号はまだ2万キロ未満ですが、ほぼ同様の煤体積が予想されるわけですね。
ミナト自動車さんとは、どちらの業者さんでしょうか。関東地方だとありがたいのですが。
コメントへの返答
2016/06/10 14:25:34
始めまして、遠慮なくどうぞ。

同様な状態かは、方々調べましたが、実績が見当たらないのでなんとも言えないのじゃないかと思います。
自分の推測では、運転の仕方・・・アクセルの踏み方、常用する回転域等で、大きく変わるのではと、思っています。自分の車の状態が悪いことに気づけた原因は、代車で借りたレンタカーが、同型車のほぼ同走行距離なのに、非常に元気だった為です。おそらく、レンタカーの堆積の量がかなり少なかったのではと思います。
そういう意味では、"こんなんだったっけ??"と、疑問に感じなければ幸せということで、気にしなくてもいいのではないかと思います。

実際のところ、インマニを外しての堆積状態の確認は手間がかかるので、スロットルバルブの手前を外して、スロットルバルブの状態を確認するのが、目安になるのではと考えています。

ミナト自動車さんは、大阪の堺にあります。
今回始めるに当たって、類似の整備が出来るところを探しましたが、ミナト自動車さんだけでした。
やはり、市販のツールをタダ使う作業ではなく、必要な結果を考えた上での、ツールの選択とカスタマイズというあたりが、敷居が高いのだと思います。

ミナト自動車さんのお客様には、関東や、関東以北を含んで、観光を兼ねて見えられる方も多いようです。
自分のアテンザは、最初の一台ということで、手探りでの施工になり、しばらく預けましたが、日帰り施工を目標に検討されていましたので、次からの方はスムーズに週末に京阪奈観光にくるくらいの感覚で、出来るようになればいいですね。
2016/06/08 12:36:14
初めましてー

この技術は興味深いですね。

調べたら大阪の業者さんのようで。

遠方からの依頼も多々あるようですが、費用が気になるところです。

しかし綺麗になるもんですね。
コメントへの返答
2016/06/10 12:57:21
始めまして~♪

そうですね、仕事柄、機械の存在は知っていたのですが、自動車整備に自ら応用されているのを知って、感動しました。

費用の方は、自分の場合は、おそらくテスター価格ですので、公開を控えたいと考えています。
あと、ミナト自動車さんは、見積金額に幅があります。実施した作業内容によって、見積の範囲内で、請求額が変わるようです。
手間を見積もっても、かからなければ請求しないポリシーのようです。

綺麗さ加減、実際に磨いたことのある身としましては、ずるいって、仕上がりですね。(笑)

プロフィール

四輪をいじる予算もなく、 もっぱら、気候の悪いときに走るのみ!! ・・・気候がよければ、二輪だから(爆)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザワゴン マツダ アテンザワゴン
2013/3登録の初期型DIESEL、俗に言う、"エゴカー"です。 シルエットのために ...
カワサキ KSR-II カワサキ KSR-II
盗難で失った"B4"につぐ主力、バイク"B6"です。 非常な軽さと、小回りに、タイヤの ...
米国ホンダ Valkyrie Tourer 米国ホンダ Valkyrie Tourer
セカンドバイクです。 距離を走る上で、極楽至極。 縦置エンジンなので、バンクも軽い。
カワサキ KLX250 カワサキ KLX250
2000年の排ガス規制前の最終型、30PSお手軽セル付モデル。 キックスターターオプショ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.