• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年02月04日

操縦できるミニ四駆

操縦できるミニ四駆 去年くらいから実用的なEV(Electric Vehicle=電気自動車)の話題が其処彼処で取り上げられるようになりました。自動車関係の雑誌を開いても、必ず数ページほどはEVに関する記事が載ってあったりします。ガソリンエンジンと完全に入れ替わるは当分先のことになるのでしょうが、アメリカでテスラ・ロードスターが販売されてそこそこの人気を獲得していたり、我が国では三菱・i MiEV の発売が控えている状況などを考えると、もはや絵空事では無く現実的な選択肢の一つになりつつあると言えます。後はインフラの整備さえ進めば消費者への普及も加速することでしょう。ひょっとしたら「EV元年」はもう目前まで来ているのかもしれません。
昨今では公私問わず環境問題への取り組みが重視されていることもあり、EVもエコ的な側面ばかりで捉えられがちです。しかし、EVの基本的な成り立ちを考えれば、その恩恵はスポーツカー造りにおいてこそ最も発揮されるのではないでしょうか。以下にその根拠となる要素を幾つか挙げてみました。
まず一つ目は、モーターによる迅速なトルクの立ち上がりです。ガソリンエンジンは回転数を上げなければ所定のトルクを得られませんが、電動モーターの場合はスイッチONにより瞬間的に最大トルクを得ることができます。現在のハイブリッド車やEVはドライバーに不安感・違和感を与えないよう、この急激なパワーの盛り上がりを抑制するシステムを採用しているようですが、更に技術が進めば任意で設定を変更することも可能になるはずです。つまり、街乗りではパワーを押さえたマイルドなコンフォートモードで、ワインディングではトラクションコントロールやESPと併せて常に最適なトルクが得られるスポーツモードでという風に、完全な二面性を持つ車を造ることも可能だということです。もっと言うなら、コンフォートとスポーツという極端な乖離でなくとも、より中間的で多様な設定ができるようになる(例えばパワーグラフを自分の好みに合わせて調整できる)可能性もあります。車に興味が無い人から見れば「そんなことが出来て何が楽しいの?」と言われかねないのですが、速く走ることを楽しむ人にとってこれほど面白いシステムが他にあるでしょうか?三つのペダルとシフトレバーを操作してスピードを調整することに楽しみを見出している人や、エンジンのフィーリング自体に興味を持っている人には申し訳ないですが、私のように主にハンドリングを味わいたい向きにとって、プログラム通りに動き且つその設定を変更できる動力源というのは非常に魅力的だったりします。アウディの電磁式可変ダンパーの登場により、任意で足回りの設定を変更することは可能になりつつあります。いずれは、原動機もそうなるかもしれません。
EV化による利点として、次に車体の低重心化が挙げられます。バッテリーにはかなりの重量があるそうですが、もしこれをシャシーに組み込むことができれば、車体の安定度は格段にアップするはずです。また、成型の自由度が高まれば、効果的な重量配分も行えるようになります。フットワークの良さが重要なスポーツカーにとって、この点は非常に有意義と言えるでしょう。ついでに現在巷に溢れているような超フロントヘビーなFF車も大幅に減少するかと思われます。リチウムイオン方式がいつまで続くか定かではありませんが、バッテリーを燃料(?)として採用する限り、その配置は車体構成上の重要なポイントであり、上手くいけばスポーツカー造りにおいて多大なメリットをもたらすと考えられます。
三番目は、駆動システムの効率化です。現在は一つの原動機でいずれかの車輪を駆動することが常識となっていますが、モーターの超小型化やその他の技術が進歩すれば、究極的には一車輪一モーターという方式(本当の意味でのAWD)に到達する可能性もあります。そうなれば、センサーとコンピューターの制御によって能動的に差動調整が出来るため、もはやLSDなど不要になり、驚異的な旋回能力を持つマシンが誕生するでしょう。「いかに車輪に駆動力を伝えるか」ではなく車輪自体が駆動力を持っているわけですから、エネルギーのロスも最小限に抑えることができます。現段階のEVは技術的な問題により「ガソリンの代わりに電池」「エンジンの代わりにモーター」という概念でしか製造できないので、その他のシステムも現在の車と同様にならざるをえません。しかし、このまま技術が進化し続ければ、いずれ基本設計も大きく変化してきます。未来のスポーツカーは現在の自動車よりも遥かに効率的な駆動システムを採用しているかと思われます。
最後に、これはオマケみたいなものですが、EV化が進めば「音のチューニング」が重要になると予想されます。何故なら、電気自動車は非常に静かな乗り物ですが、これには二つの問題があるからです。一つは、街中で車の存在感が希薄になるため交通事故の多発が危惧されること。もう一つは、官能性に欠けることです。とりわけ前者は重要であることから、メーカーに対する強制的な規則も作られることでしょう。また、一定の音量や周波数さえ越えなければオーナーの好みで音を変更できるようになるかもしれません。周囲に対しては存在を知らせるための落ち着いた音を発生させ、車内ではドライバーの気分を高揚させるようなサウンドを響かせるといった、そんな作業・サービスが新たに出現することも考えられます。内燃機関ならではの音や振動を再現することは不可能(であり無意味)だとしても、それは電気自動車ならではの別の形で補えるのではないでしょうか。こんな風に、車を弄るためのショップも姿を変えつつ続いていくものだと、私はある程度楽観視しています。

現在自動車業界を取り巻く環境は最悪であり、ここ日本では時に自動車不要論みたいな意見さえ見かけることがあります。新型フェアレディZ発表時の珍事のように、当然ながらスポーツカーに対する風当たりも強いです。プリウスやインサイトの評判が良いことからEVやハイブリッドカーが次世代の自動車として魅力的に語られているものの、それらに与えられたビジョンはファミリーカーとしてのものであり、相変わらず「走る楽しさ」という要素は御座なりにされたままのような気がします。単なる移動手段としての車しか造らないメーカーが、いざ不景気となった時にどのような目に遭うかは、連日のニュースや新聞を見れば明らかです。逆に、走りや乗り味に拘ってるメーカーは同じ苦境にあっても幾分傷が浅いように見受けられます。これから先にEVの開発が盛んになっても、退屈なラインナップしか揃えられないのであれば、そのメーカーはいずれまた今と同じ事態に陥るだけでしょう。世界的な不況を契機に自動車産業全体が新たな時代を迎えようとしている中、あらゆる面において意識改革の必要性を認識しているのなら、日本のメーカーはまず最初にドライビングプレジャーというものについて考え直すべきです。幸い日本のメーカーはEV開発に関して若干の優位性を持っているのですから、大量生産可能(つまり低価格)なスポーツEVをなんとかして一番最初に世に送り出してもらいたいものです。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2009/02/04 03:48:27

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

今年8回目の青森帰省♪(復路の前編)
Jつのさん

みんカラ:モニターキャンペーン【C ...
龍騎士さん

AZALEA
ぷっちゃん@りきゃこ推しさん

【ピカキュウ本店】バック祭開催中【 ...
pika-Qさん

みんカラステッカー プレゼント企画 ...
ウッドミッツさん

[秋のおしゃれは足元から!モニター ...
シュアラスターさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「時代の転換期 http://cvw.jp/b/241312/40684922/
何シテル?   11/08 19:33
QLと申します。 初めてなのに、初めてじゃない気がする、そんなメンタルです。 久しぶりに自分のプロフィール画像を見ると、頭部のボリューム感に懐かしさを覚えま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ブログカテゴリー

愛車一覧

フォルクスワーゲン シロッコ フォルクスワーゲン シロッコ
前回とは打って変わって、全行程が僅か1カ月半のスピード納車となりました。 今度こそは永く ...
マツダ ユーノスコスモ マツダ ユーノスコスモ
2年半前に75万で買って、その1ヶ月後に85万かけて修理しました。 現在もトラブル頻発中 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
約9ヶ月にも及ぶ購入計画の末、2007.1.23に無事納車されました。 これからは良き相 ...
ハマー H2 ハマー H2
デザインに一目惚れして購入しました。 向かい風がとても心地良いです。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.