• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年10月08日

まだスタート地点に立ったばかり

まだスタート地点に立ったばかり 各メーカーが華やかさを競ったフランクフルトモーターショーから一変して、健康食品の展示会みたいな萎びた空気が予想される東京モーターショーにおいて、貴重な話題の種となるであろう二つのモデルがホンダとトヨタから発表されました。一つは、かつてFFスポーツの雄として各地の峠を席巻した「CR-X」の精神的な後継車である「CR-Z」。もう一つは、某漫画の影響によってもはや走る伝説と化した稀代のFRスポーツ「AE86」を現代的解釈で再構築したコンセプトモデル「FT-86」です。その他大勢を占めるエコ車両群は写真だけで充分ですが、この二つのモデルは生で見る価値があるのではないでしょうか。国内メーカーから久々に出た、本当の意味で将来を語りたくなるモデルだと思います。
まずCR-Zについてですが、特にサイドビューがかつてのCR-Xを思い起こさせて良い感じです。リヤが腰高なのは現代的デザインの潮流として仕方がないにしても、グラスエリアやテールライト周辺のデザインをクリーンかつ未来的に纏めた点には好感が持てます。内装がサンライズ系ロボットのコクピットにそっくりなのは御愛嬌でしょう。何か「やってやるぜ!」みたいな熱さがあって、私は嫌いではありません。もし買うなら、ボディカラーは絶対にブラックを選びます。ネット上に流れている参考写真の色をペインターで反転してみたところ、あまりの格好良さに思わずニヤけてしまいました。一つ懸念があるとしたら、それはミッション関係でしょうか。私はMTの操作が下手なのでATモデルしか選べないのですが、さりとてDSGに慣れた身としては生半可なATでは満足できません。ぜひホンダにもスポーツモードが付いた7段ATなどを用意していただきたいですね。
昔EG6乗りだった会社の同僚が、このコンセプトモデルに興味津々なのは面白い事態であると言えます。そもそもスポーツカーとは、「自分の腕で走らせてみたい」という欲求を見る者に喚起させる存在であるべきです。ハイブリッドシステムによる燃費の良さなどは、飽くまでもおまけ的なメリットに過ぎません。そういった点でこのCR-Zは、スポーツカー全盛の80年代を思い起こさせるようなノスタルジックな雰囲気と、環境問題を抜きにしては語れない現代の先進技術がバランス良く融合した、極めて優れたモデルだと思います。後は、ホンダが適切にコストの配分をして、どこまで細部を煮詰めてくるかですね。来春のデビューが待ち遠しいです。
次にトヨタが発表したFT-86ですが、はっきり言ってこれは売れないでしょう。少なくとも、日本国内では。それというのも、写真を見る限りその設計コンセプトはグランドツーリングを主眼としているようで、かつてのハチロクや初代ロードスターなどに感化された大多数の人が抱いているスポーツカー像と真っ向から対立しているように見受けられるからです。むしろこのFT-86は、欧州車好きからの方がウケが良いのではないでしょうか。かく言う私も、このモデルはかなり気に入ってます。ボディ剛性がアウディTT並であるなら、車重が1300kg以上あっても構いません。内装の質感を高めるためなら、車両価格が300万を越えても構いません。車幅も1800mm以内であれば問題ありません。国内市場において一時期はフェアレディZやロードスターよりもTTが売れていたという事実を考えれば、そういう方向性が現代のスポーツカー造りにおいて間違った選択でないことは明白です。もちろん、車重が1300kg以下なら尚良いですし、価格が300万以下ならこれ以上嬉しいことはありません。スポーツカー文化復興のために、若者向けのエントリーマシンが必要なことも理解しています。しかし、キツイ言い方をするなら、そのような車を造る技術や発想力がトヨタとスバルにはもう無いのでしょう。今回発表されたFT-86は、真面目に考えれば考えるほど中型以上のある程度高価な車しか造れないという、両社のダウンサイジングとコストパフォーマンスを追及する能力の欠落ぶりを示していると思います。本当にコンパクトで軽快なスポーツカーを望むなら、潔くロードスターを選ぶか、はたまた未来のシルビアに想いを馳せるしかないのかもしれません。であるならば、トヨタ・スバルにはこの路線のまま突っ走ってもらって、純粋なスポーツカーではなく大人が気軽に楽しめる(そして所有して満足できる)2ドアクーペとして、FT-86を完成させてほしいと思うのです。
このコンセプトモデルで一つ失敗があるとしたら、それは「86」という半ば神格化された記号をコードネームに採用したことではないでしょうか。「レビン」「トレノ」という伝統的な名を使っておけば、ファンから無用な反感を買うこともなかったと思います。トヨタは社長が替わってから新たにマーケティング部門を立ち上げたそうですが、そこが正常に機能していれば、多くのファンがイメージするハチロクと今回のコンセプトモデルとの間に何ら共通点が無いことを指摘できたはずなんですけどね。普段は露骨な拝金主義者のくせに、慣れないスポーツカー造りに関しては周囲の声に右往左往しているようで、この辺のトヨタの反応はなかなか微笑ましいとも言えます。しかし、このFT-86の開発だけはもう少し腰を据えて取り組んでほしいですね。なにしろ久々の「期待できるトヨタ車」なのですから…。

いつの時代でもスポーツカーや2ドアクーペは売れない商品であり、それを敢えてこの不況の時代に新規開発するわけですから、両社の奮闘には敬意を表したいと思います。あとはその成果が、メーカーにとっても客にとっても良い形で表れるように祈るばかりですね。
ブログ一覧 | | 日記
Posted at 2009/10/08 01:09:42

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

3連休も終わり・・・(*^_^*)/
ピロリンちゃんさん

fcl.は受注から発送までの流れを ...
LED・HID販売のfcl.さん

一足お先に有給休暇 hawaii ...
sinyさん

伊吹山ドライブウェイ(岐阜・滋賀)!
ウェルコギさん

定番のソフトクリーム・・・じゃなく ...
エイジングさん

7月第三週日曜日は赤城山ツーリング ...
kazさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「時代の転換期 http://cvw.jp/b/241312/40684922/
何シテル?   11/08 19:33
QLと申します。 初めてなのに、初めてじゃない気がする、そんなメンタルです。 久しぶりに自分のプロフィール画像を見ると、頭部のボリューム感に懐かしさを覚えま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

愛車一覧

フォルクスワーゲン シロッコ フォルクスワーゲン シロッコ
前回とは打って変わって、全行程が僅か1カ月半のスピード納車となりました。 今度こそは永く ...
マツダ ユーノスコスモ マツダ ユーノスコスモ
2年半前に75万で買って、その1ヶ月後に85万かけて修理しました。 現在もトラブル頻発中 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
約9ヶ月にも及ぶ購入計画の末、2007.1.23に無事納車されました。 これからは良き相 ...
ハマー H2 ハマー H2
デザインに一目惚れして購入しました。 向かい風がとても心地良いです。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.