• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

QLのブログ一覧

2012年11月07日 イイね!

The answer is blowing in the wind

The answer is blowing in the wind唐突ではありますが、先月は多忙な日々が続いていました。その原因は、次期主力戦闘機の導入に関することです。少し前のブログで我が白兎が抱えている問題を報告したばかりなのですが、その後も他のトラブルが相次いで発生した(エンジンの吸気系の不具合、飛び石によるフロントガラスの破損、天井の内貼りの剥がれ等)ため、実は9月末に買い替えを決断したのです。それ以降は様々な手続きのため休日の度にディーラーへ通っており、またプライベートの諸事情もあって、10月中は遠出する時間も得られないような状態に陥っていました。

さて次の愛機についてですが、最終的にはVW ・シロッコ R-Line に決定しました。当ブログではシロッコについて割と嫌味なことを述べてきたため、結果として掌を返したと言われても仕方がありません。なので、以下でその経緯について説明させていただきたいと思います。

今回の件で最初の分かれ道となったのは、各部を修理して未来のゴルフVII GTI やビートルR 等を待つか、それともその修理代や下取り価格を頭金として次の車に乗り換えるか、ということでした。しかし、VII のノーマルグレードの日本上陸が来年5月であることを考えれば、次期GTI の導入が2014年春以降になるのは確実であり、そこまで期間が開いてしまうと修理しないわけにもいきません(特に異音は耐えきれない)。また、たとえ修理して乗り続けたにしても、別の箇所にトラブルが発生してまた費用が掛かる可能性も出てきますし、その間の車検代や下取り価格の下落も含めれば、損失の方が大きいといえるでしょう。そもそも、最近は私生活面でちょっとした変化が起きたことから、車への出費を抑える必要性に迫られ始めたところでした(どちらかといえば、これが最大の理由になるかもしれません)。そういうわけで、最初の選択肢としては買い替えを選んだのです。

次の分かれ道は、どの車にするかということでした。VW 以外で私が興味を持っていたのはマツダ・新型アテンザ、同CX-5、ホンダ・CR-Z、スバル・BRZ、アウディ・A1ぐらいでした。が、選択肢としては現行のGTI が一番無難であり、それを凌駕するほどの魅力が上の5車種にはありませんでした。ゴルフであれば何ら不満は無いし、以前からディープブラックのVI GTI は凄く格好良いと思っていたので、やがては「ごちゃごちゃ考えるくらいなら、さっさとこれに決めようかな」という気分になっていたのです。そんな状況下で、ふと気になったのがシロッコでした。シロッコはデビュー直後に2.0を一度試乗したきりだったので、ゴルフより旋回性能が高いということ以外はあまり記憶に残っていませんでした。しかし、CR-Zを検討しているうちに「それならシロッコもありじゃないか」という考えに至り、候補に含めることになったのでした。

此度の買い替えに際して、私は1.4、2.0(中古)、Rの全てのグレードを試乗することができました。そして、その中で運転していて最も楽しかったのが1.4でした。確かに2.0やRの方がパワーに余裕があって楽なのですが、ディーラーの許可を得て峠を走ってみたときには1.4の軽快感に感心させられました。1.4と2.0では車重が20kg程度しか変わらないのに、S字の切り返しなどでは1.4の方がかなり機敏に動いてくれます。これは軽さの影響というより、エンジンが非力な分だけ挙動をコントロールし易いからだと言えるでしょう。溢れるパワーをブレーキで抑えるのではなく、少ないパワーをアクセルで絞り出す方が、攻めている感じが強くて面白いことを再認識した次第です。私がマイカー選びの基準としていた「前車を抜きたいときに抜けるだけの加速力」という点で、痛痒感が残るのは否めません。ただそれを差し引いても、私には1.4の扱い易さが一番魅力的に感じられました。またインテリアに関しても、日本への導入直後はゴルフVと同じパーツが使われていたせいで興醒めしたのですが、2010年に本国仕様と同等になったことから質感が幾分向上していたので特に不満も無くなっていました。走りも内装も納得できるレベルで纏まっている上に、同じVW 車であること。最終的にはこれが決め手となって、シロッコが次期愛機の最有力候補として一躍浮上してきたのでした。

余談ながら、今回意外だったのはRの味付けがとてもジェントルであったということです。FFにしては過剰なパワーを有していながら、いつでもグリップを失わないようにコンピューターが上手く調整してくれるため、安心してアクセルを踏むことができます。足回りは一番硬いモードにしてもなお乗り心地が良いと感じられるほどであり、排気音も回転数を上げない限りはそれほど刺激的でなく、夜中に住宅街を走っても問題は無いでしょう。雑誌やネットの試乗記ではバリバリのスポーツカー的な評価をする向きが多いのですが、荒々しさという点ではV GTI の方が顕著であり、むしろ高級GTカーとしての性格が濃い部分に私は好感を覚えました。サーキットを全開で走るのも楽しそうですが、高速道路をゆったり流す方がこのモデルには相応しいのかもしれませんね。

話を戻しまして、最後の分かれ道はノーマルモデルとR-Line の選択でした。といっても、これに関しては最初からR-Line しか眼中にありませんでした。ノーマルモデルの外見的なネガを全て解消した専用エアロと内装の加飾だけでも元が取れるのに、なかなか格好良い18インチホイールが付いて29万円の差なら、こちらを選ばない手はないでしょう。ただし、そこで立ちはだかったのが納期の問題です。R-Line は殆ど受注生産に近く、在庫を抱えているディーラーが皆無なため、納期は最短でも来年の3月になるとのことでした。ノーマルモデルをコツコツとカスタマイズしていくのか、あるいはゴルフVI GTI にするのか、それともいっそ白兎を修理してVII GTI が導入されるまで乗り続けるのか…。9月末頃の私は、そういう妥協に迫られていたのです。ところが、10月に入ってすぐに他店で納車直前のキャンセルというイレギュラーな事態が発生し、交渉の結果その個体を譲り受けることができたことから、納期の大幅な短縮が可能となりました。そして、目途さえ立てばあとの話は早いもので、以後は各種手続きと白兎の下取り価格アップ作戦を実行に移すことになりました。偶然にも助けられたとはいえ、この一連の流れにおいて担当の営業さんとメカニックさんが果たした役割は大きかったと思います。諸々の理由により細かい内容は書けないのですが、普通のディーラーでは不可能な対応をしてくれたと言えるでしょう。かくして、今回の買い替え騒動は最初から最後まで予想外の展開を経て、一応の決着を見たのでした。



R-Line を選んだことで、当初は「もうこれ以上手を加える必要はないな」と思っていたのですが、最近ネットでシロッコ用のパーツを検索していると、興味深い物を幾つも見つけてしまいました。納車は今月の中旬になりそうですから、それまではパーツの購入予定リストの作成に勤しむ日々が続くことになるでしょう。高揚感というよりも、高枕安眠というか泰然自若というか、激動の一ヶ月を過ごしただけに、それが今の偽らざる心境ですね。
ちなみに、白兎は先月30日に某所で売却しました。初めての新車であり、一番長く乗った車でもある彼(彼女?)については、次回で語るつもりです。
Posted at 2012/11/07 04:17:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2012年09月07日 イイね!

5年目のトラブル

5年目のトラブル購入してから約5年半の間、これまで無病息災で過ごしてきた我が白兎ですが、実は最近あるトラブルに悩まされています。そのトラブルとは、ギアボックス周辺から金属的な異音が発生することです。異音は減速時と停止時にしか鳴らず、少しでも加速状態になるとピタリと止みます。また、毎日鳴るわけでもなく、まるで何事もないかのように全く静かな日もあったりします。シフトチェンジは従来通りとてもスムーズに行えているため、機械的に壊れているわけではないと思うのですが、何せ音が大きく甲高いので、信号待ちなどの時は恥ずかしい思いをしています。
DSGは構造が特殊なため解体が不可能であり、完全修理(新品に交換する)には100万円以上かかります。ディーラーのメカさんによると、故障の発生率はすごく低いらしいのですが、運悪くそれに該当してしまった場合、オーナーさんの多くは中古のDSG(30万円くらい)に換装して対処しているようです。ただ、私のケースで気になるのは、ギヤやシャフト以外の何か細かな部品が擦れ合って異音が出ているだけで、この先深刻かつ危険なトラブルには発展しにくいということ、つまり五月蠅いのを我慢すればそう大袈裟な問題ではない、ということです。果たして、それに30万も払う意味があるのかどうか、悩ましいところです。まあ、3日間以上連続で鳴り続けるような事態にでもなれば、恐らく我慢出来ずに換装することになるでしょうけどね。今はそうならないことを祈るだけです。

そういえば、先日マツダの新型アテンザとVW の新型ゴルフが公開されました。両方とも以前からかなり期待していたモデルなので、近いうちに感想をアップしたいと思います。
Posted at 2012/09/07 21:49:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2011年02月23日 イイね!

新時代への予兆

新時代への予兆今日はディーラーに行って、リアのスタビ、左フロントのシャフトブーツ、右のドアミラーを交換してきました。経年劣化で痛んだシャフトブーツやドアミラーはともかく、最も肝要だったのはスタビで、今回交換したのは左側の吊るしてあるところから後ろの部分がものの見事に折れていたからでした。別にサーキットを走ったわけでもなく、何かに乗り上げたことも無いのに、3年もせずにスタビが折れるとは、かなり意外でした。「スタビが折れるなんて聞いたことないですよ」と言っていたディーラーのメカさんが、いざジャッキアップして現実を目の当たりにした瞬間、唖然としてしまったのも仕方の無いことでした。ほぼ同じ時期に付けたフロントのスタビには何も異常が無いことから、やはり剛性の問題かと思われます。因みにフロントはCOX製で中実タイプ、リヤはNEUSPEED製で中空タイプを装着していました。製品の個体差もあるでしょうし、純正より軽量なのはとても魅力的なのですが、一度こういう経験をしたからには、今後私が中空タイプを買うことはまず無いでしょう。結果として前後ともCOX製で揃えることとなり、設定もメーカー推奨の「前強後弱」に変えたことことから、ハンドリングが頗る素直になったことは怪我の功名でした。やはり、車のセッティングに関しては変な意地を張らず、先達の意見に従うほうが無難なのかもしれませんね。


さて、約1年近くもこのブログを放置していたにも関わらず、まるで何事も無かったかのように再開して申し訳ないのですが、そもそも私がブログを中断していたのには主に二つの理由があったからでした。そのうちの一つは、ヨーロッパの各メーカーが本腰を入れて開発したモデルが登場するのは2012年以降であり、それまでにデビューする中継ぎ的なモデルに対してあれこれ述べるほどのモチベーションが私にはなかった、ということです。御存知のとおり、2012年以降ヨーロッパでは新基準の排ガス規制が適用されることとなっており、各メーカーとも数年前からそれに適応したモデルの開発に取り組んできました。VW のTSI に象徴されるパワーユニットの小型化や極低燃費化、ハイブリッドおよびEV等の次世代技術の急速な進歩も、全ては新しい排ガス規制に合わせるためでした。別の視点に立つなら、ここ数年の間メーカー同士の合従連衡や共同開発が頻繁に起きていたのも、この規制の罰則から逃れるためだったと言えるでしょう。私としては、各メーカーの真打モデル(次世代の中核となるモデル)が登場するのは、2013年以降であると予想しています。まだまだ先の話ですね。
では何故、今頃からブログを再開したのかというと、来月に開催されるジュネーブショーで興味を惹かれるコンセプトモデルが幾つか展示されるようだからです。特にアウディの次期A3は、同社の未来のラインナップ、あるいは満を持してデビューするであろうVW ・ゴルフVII の概要を推測する上でも興味深いモデルとなるはずです。また、次期インプレッサやFT-86II も公開されるそうなので、そちらにも大きな期待を抱いています。要するに、これから面白そうなモデルが続々と出てきそうなので居ても立ってもいられなくなったというのが、ブログ再開の正直な理由ですね。車だけでなくそれ以外のことに関してもまた以前と同様に好き勝手に感想を綴っていきたいので、暇なときにでも覗いて何かの参考にして頂けたら幸いに思います。


そういえば、先日アウディのA1を試乗してきました。足回りやブレーキがポロよりしっかりしていて好印象だっただけでなく、内装に関しては確実にA3よりも上質であり、特に4ドアを必要としないのならゴルフからの乗り換えも問題ないと思いました。中でも気に入ったのがコンペティションパッケージに付いてくるリヤルーフスポイラーで、もし私がA1を購入するならば是が非でも取り付けることでしょう。あとは、200psくらいのエンジンを積んでクアトロで武装してくれれば希望通りなのですが、どうやらそういったモデル(通称S1)の開発も着々と進んでいる様子…。今年は新型ニュービートルも登場する予定ですし、やはりVW ・アウディからは目が放せません。
Posted at 2011/02/25 03:43:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2010年02月05日 イイね!

文武両道のビバンダム

文武両道のビバンダムミシュランのPS2に履き替えてから1ヶ月余りが経ちました。その間に何度か峠を走ってみたり、雨天時の性能も体験できたので、その印象を書いてみたいと思います。
まずスポーツ走行時のフィーリングですが、今のところ不満は全くありません。特にコーナリングの際は路面に喰い付く感覚が濃厚であり、余程下手なハンドル捌きやラフなアクセルワークをしない限り、滑る気配すら見せようとしません。また、縦方向の喰い付きも良いことから、加速時や減速時の安定感も増したような気がします。同じミシュランでも、プレセダの場合は「何とか頑張って粘る」という感じでしたが、PS2の場合は「まだインに寄せられるのでは?」とか「まだアクセルを踏めるのでは?」と思えるほどの余裕が常にあります。少なくとも、平均速度が100km/h 以下の峠道においては、オーバースペック気味であると言えるでしょう。限界域の挙動を確認しようと何度か無茶なコーナリングも試してみたのですが、スキール音は鳴ってもスライドしたという明確な感覚は終ぞ得られませんでした。むしろ、その時点で「速く走る」という本筋から離れた運転をしているわけであり、なんだか馬鹿々々しくなったので、それ以上追求することはやめました。硬いくせにグリップ力が弱いコンチネンタル・スポコン2(純正装着品)と、しなやかなでありながら高いグリップ力を発揮するPS2とでは、やはりモノが違うようです。サーキットに持ち込んで魂を焦がすような走りをするならともかく、峠を元気に走る回る程度なら、充分に満足できる性能だと思いますね。
次に街乗りに関してですが、硬過ぎず柔らか過ぎず、適度な弾力感がとても心地良いです。同乗者を安眠に導くような優しさを求めるなら、確かにプレセダかプライマシーの方が相応しいのでしょうが、コンフォート性とスポーツ性を両立させるという矛盾した希望があるのなら、PS2の方が最適解となるでしょう。ミシュラン製品の定石通りPS2もサイドウォールの剛性が低めであるため、極低速域でハンドルを切っても素直に向きを変えてくれるし、段差や轍に遭遇しても過敏な反応を示すことが無いため、非常にリラックスした状態で運転することができます。また、スポーツタイヤにしては静粛性が高く、如何なる路面状況でも高周波に煩わされることがありません。スポーツ走行時の性能だけでなく、街乗り時の快適さでも高い満足感が得られるとは嬉しい誤算でした。おかげで普通に運転しているだけでも愉しい気分になれるので、最近は徒に乗車時間が増えている次第です。
ウェットコンディションでのパフォーマンスに関しても、多くの人が述べている通り素晴らしい安定感を発揮してくれます。そもそも、ドライでもウェットでもステアフィールに大きな違いが無く、多少の雨なら全く問題とせずに走破できます。スリップする危険性が減るということは、それだけドライバーの意識を外に向けることができるということであり、アクティブセーフティの向上にも二重に貢献していると言えます。何より、気疲れしないのが良いですね。悪天候時でも車で長距離を移動する必要がある人にとって、この点は大きなアドバンテージとなるのではないでしょうか。

結論を述べると、ミシュランのPS2は高いスポーツ性能と平均以上の快適性・安全性を具えた、とても優秀なタイヤであると言えます。スポーツ志向の人には勿論のこと、快適さをあまり犠牲にしない範囲で走りに「腰」を求めている人には、是非ともお薦めしたい一品ですね。ただ、今回のタイヤ交換によって我が白兎が抱える弱点が更に際立つこととなりました。その弱点とは、未だ純正ダンパーのままであるため足回りが軟弱だということです。しかも、走行距離が37000kmを越えていることから現在ではヘタレ感も出始めており、もはや強化スタビだけでは誤魔化せない状況に差し掛かっています。もしダンパーを交換するならビルシュタインのBTSと決めているのですが、果たして今年中に実現できるかどうか…。
Posted at 2010/02/06 01:26:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2009年12月27日 イイね!

ディーラーで車検を受けることの良し悪し

ディーラーで車検を受けることの良し悪し本日、我が白兎が初の車検から戻ってきました。機関部・駆動系・電装系・内装の全てにおいて特に何も異常はなかったらしく、交換部品もリヤのブレーキパッド、エアコンのフィルター、ワイパーのゴム、ブレーキフルード、LLCくらいであったことから、総費用15.5万円で済みました。この内に車体コーティング料とタイヤ交換作業料も含まれていることを考えれば、かなり安く仕上がったのではないかと思います。外観は言うに及ばず室内も綺麗に拭かれていて、これでまた新鮮な気分で運転することができそうです。
ただし、今回は一つだけ微妙なトラブルが発生してしまいました。そのトラブルとは、アフターパーツとして取り付けたLEDテールランプがディーラーの上役に認めてもらえず、急遽担当のメカニックさん(同じV型GTI 乗り)のノーマルテールランプとすり替えて車検を通さなければならなくなったことです。私はVWMを通じてLEDランプを購入したのですが、VWMのホームページでも車検はOKと記載されていますし、ネット上で調べてもこのパーツが車検で認められなかったという話は見たことがありません。もとより、このLEDランプは純正オプション品の一つであり、規格として不適切であるとか保安基準を満たしていないなどとは考えにくいのです。「仕様を記した書類が必要」とのことですが、そんなものはパーツに付属していませんし、VWM側にもドイツ本国のメーカー側にも一般のカスタマーに配布できるような資料はないはずです。結局のところ、私が住んでいる地域でこのLEDランプを装着しているのはどうやら私だけであるらしく、普段見慣れないパーツにディーラーの上役が及び腰になっているだけなのではないかと思われます。担当のメカニックさんもそうした指示が腑に落ちなかったようで、年明け早々にも私のLEDランプを装着した状態である自分の車を陸運局へ持ち込んで事の是非を問うてくるそうです。アフターパーツを取り付ける際の判断基準がディーラーやショップ毎によって、あるいは担当者個々人によって変わることは以前から理解していましたが、あまり神経質なのも考えものですね。
あともう一つ気になったのは、何故かステアリングが新品に取り替えられていたことです。料金に反映されているわけではないので別に不満はないのですが、ここ最近は「だいぶ手に馴染んできたなぁ」と思うようになっていたので、少し惜しい気もしています。ステアリングを新品に交換するのは、それが顧客の気分をリフレッシュさせる上で最もシンプルかつ効果的な方法だからでしょうか。それとも他に何か理由があるのでしょうか。近いうちにディーラーの方に聞いてみることにします。

来月でも充分に間に合ったはずの車検をわざわざ今月に繰り上げたのは、新しいタイヤ(ミシュランのPS2)を早く装着したいがためでもありました。そして、ディーラーから家まで走った限りにおいては、期待通りの良い感触を得ることができました。もう一年以上も恋焦がれたこのタイヤは、果たして峠ではどれくらいの性能を発揮するのか。できれば年内中にテストしてみたいと思います。
Posted at 2009/12/29 03:19:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 日記

プロフィール

「時代の転換期 http://cvw.jp/b/241312/40684922/
何シテル?   11/08 19:33
QLと申します。 初めてなのに、初めてじゃない気がする、そんなメンタルです。 久しぶりに自分のプロフィール画像を見ると、頭部のボリューム感に懐かしさを覚えま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ブログカテゴリー

愛車一覧

フォルクスワーゲン シロッコ フォルクスワーゲン シロッコ
前回とは打って変わって、全行程が僅か1カ月半のスピード納車となりました。 今度こそは永く ...
マツダ ユーノスコスモ マツダ ユーノスコスモ
2年半前に75万で買って、その1ヶ月後に85万かけて修理しました。 現在もトラブル頻発中 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
約9ヶ月にも及ぶ購入計画の末、2007.1.23に無事納車されました。 これからは良き相 ...
ハマー H2 ハマー H2
デザインに一目惚れして購入しました。 向かい風がとても心地良いです。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.