• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

QLのブログ一覧

2009年05月28日 イイね!

「イオスと同じパーツを流用するなど、これでは内装に色気を求めるなど絶望的だ」

「イオスと同じパーツを流用するなど、これでは内装に色気を求めるなど絶望的だ」今日は新型シロッコの展示車両を見にディーラーへ行ってきました。店内に展示してあったのはキャンディホワイトの2.0 でしたが、想像していたよりもグラマラスな感じでとても良かったです。ネット上の画像を見て「EG6 に似ている」と思った人は、一度ディーラーへ足を運んだ方が良いかもしれませんね。好き嫌いはともかく、この車のプロポーションが他の何にも似ていないことはすぐに理解できるはずです。あまり参考にならないと思いますが、撮影した写真をフォトギャラリーにアップしているので、興味がある方は見てください。足回りを替えて車高を下げ、社外品のエアロなどでドレスアップすれば、他のVW 車と一線を画す格好良さが得られるのではないでしょうか。
内装に関しては特に言うことがありません。運転席からの眺めで比較するなら、アウディ・TT の方が如何にもスポーツカー的な雰囲気があって私は好きです。もちろんそれは室内空間がタイトで視界が狭いことと引き換えに得られる要素なのですが、逆にシロッコの場合はゴルフと同じくらいに地味かつ実用的すぎて、何ら刺激される部分がありませんでした。せめてゴルフVI と同じデザインであったなら、それほど不満も無いのですけどね。
やはり、このモデルの本質は走りにあると思います。購入の是非を最終的に決定付けるのは、価格に見合ったドライビングプレジャーが得られるか否か、という一点に掛かっているといっても過言ではないでしょう。とりあえず昨日の夜にVGJ の公式サイトで試乗の予約を入れておいたので、いずれチャンスは巡ってくるはずです。シロッコの良し悪しに関しては、それまで判断を保留したいと思います。少なくとも、今日見てきた限りでは「我が白兎を売り払ってでも今すぐ欲しい!!」というほどの魅力は感じませんでした。
Posted at 2009/05/28 20:43:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2009年05月26日 イイね!

「試乗できると思うな、小僧!!」

「試乗できると思うな、小僧!!」本日、ディーラーの営業さんから電話があって、シロッコの展示用車両が入庫したとの報告を受けました。私は以前から営業さんに入荷次第試乗したい旨を伝えていたので、わざわざ知らせてくれたことに感謝しつつ「で、いつ試乗できますか?」と子供のように嬉々として聞いてみたのですが、残念ながら試乗用の車両は入荷していないし、今後当分する予定もないとのことでした。その時の私は「仕方ないですね」と取り繕ったものの、実際は意気消沈してしまいました。カーグラフィックよりも早くシロッコとアウディ・TTの乗り比べをするという私の野望は、この時点で脆くも崩れ去ってしまったのでした。
正直に言えば、私はそれでも諦め切れず県内各地のディーラーに問い合わせてみたのですが、どこも答えは同じでした。試乗車の手配はメーカーへの申請が必要であるらしく、私が住んでいるような田舎では週末のフェアといったイベントでもない限り引っ張ってくることはまず無理なのだそうです(大都市圏内であればもう少し融通が利くらしいです)。さらにある営業さんは「もともと台数が見込めない車種なので、試乗会を催す店も少ないと思いますよ」とまで言っていました。恐らく、各ディーラーともシロッコの販売には本腰を入れないつもりなのでしょう。どうせ今年後半には新型GTI がデビューするわけですから、走り好きの客はそこで取り込む算段なのかもしれません。ちなみに、「昨日から今日にかけて試乗希望の問い合わせが多いんじゃないですか?」と聞いてみたところ、「いえ、お客様が初めてです」と言われてしまいました。どうやら私一人で勝手に先走っていたようです…。
とりあえず明後日にはディーラーへ実車を見に行く予定なので、写真を撮ってブログにアップしたいと思います。試乗に関しては、気長に待つしかないですね。ただ今の時点で言えるのは、同レベルの価格帯ならTT の方が圧倒的に魅力的だということです。それは外観や内装が格好良いからというだけでなく、デザインのためなら実用性を犠牲にするという2ドアクーペの哲学がしっかりと貫かれているからだと言えます。私はTT に乗ってみて、コスモと同じような鷹揚感を久々に味わうことができました。他車との共用部品が多く、所詮はハッチバックでしかないシロッコで、そこまでの鷹揚感が味わえるのかどうか。いずれは念入りに、その辺の確認をしてみたいですね。
Posted at 2009/05/27 01:21:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2009年05月20日 イイね!

Adlig Wagen

Adlig Wagen本日、ドイツ本国にてシロッコR が公開されました。外観は耐久レースに参加した車両「GT24」によく似せられていて、VW らしからぬアグレッシブな佇まいを見せています。搭載されるエンジンは御馴染みの2.0L直4で、最高出力265ps、最大トルク約35kgと、この手のスポーツカーとしてはまずまずのスペックが与えられているようです。駆動方式はFF で、今流行のXDS を標準装備するらしく、かなりのコーナリングマシンに仕立てられていることが予想されます。個人的には4 モーションが採用されなかったことに不満を覚えなくもないのですが、軽快さを優先するのであればこれで良いのかもしれません。いつ頃発売されるのか、少しでも早く情報が欲しいところですね。
ノーマルバージョンの2.0Tが450万くらいであることを考えれば、このシロッコR が500万以上になることはほぼ間違いないと思われます。プロダクトとしては非常に魅力的なのですが、VW のハッチバック車でその金額というのは、正直納得しづらい部分もあります。私のような貧しき庶民が買うのであれば、少しの間我慢して程度の良い認定中古車を狙う方が妥当なのかもしれません。

実は明日、アウディのディーラーへ行ってTTの2.0TFSI クワトロを試乗することになっています。今月末にデビューするシロッコの予習という意味で本当はFFモデルの方が良かったのですが、生憎スケジュールが合わないということでクワトロの方になりました。同じ500万のプライスを掲げているものの、TTの2.0クワトロはむしろ内容の割にリーズナブルと評価されていたりします。果たして、アルミを大量に使った高級車メーカーのクーペが如何程のものであるのか。そして、大衆車メーカーが造ったクーペにそれと同等の値段を付けるだけの価値が本当にあるのかどうか。明日のTTと再来週のシロッコの対比は、なかなか面白いことになりそうな気がします。
Posted at 2009/05/21 00:10:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2009年05月11日 イイね!

21世紀型アウトウニオン

21世紀型アウトウニオン先日、VW とポルシェの経営統合が発表されました。ここ数年ダラダラと続いていた問題に、やっと片が付くことになりそうです。ある意味では同族婚と言えなくもないのですが、この不況下で安定を求める上では互いにメリットがあるみたいです。VW 側からしてみれば、世界制覇へ向けてまた一歩前進できたのかもしれません。
しかし、今回の合併によってVW グループはとんでもない個性派集団になってしまいましたね。上はブガッティ、ベントレー、ポルシェ、ランボルギーニ、下はアウディ、VW 、セアト、シュコダと、あらゆるニーズに応えられるブランド構成になりました。しかも、それぞれが独自性を維持しており、多少の競合・下克上も已む無しとする気風があります。ポルシェの加入が各ブランド間にどのような影響をもたらすのか、今後暫くは同グループの動向に注視しておくのも面白いのではないでしょうか。
VW とポルシェが共同で車を造ると聞いてまず私が想起するのは、あの 914 のことです。そして、現在VW 内部ではそれによく似たオープンカーが鋭意開発中だったりします。2011年頃にデビューが予想されているそのモデルは、果たして 914 の再来となるのか。固唾を飲んで、というよりは、零れ落ちそうになる涎を拭いながら、見守り続けたいと思います。
Posted at 2009/05/12 01:44:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2009年05月10日 イイね!

新緑の香り

新緑の香り今日、知り合いが街中でシロッコを見かけたらしいので慌ててディーラーに問い合わせてみたところ、今月の25日に記者発表が行われるそうで、実際に試乗ができるのは30日からという情報を得ることができました。コンセプトモデルである IROC の発表が2006年8月でしたから、かれこれ3年近くも待たされたことになります。どういう車に仕上がっているのか、今から楽しみで仕方ありません。
私がシロッコに期待しているのは、主に次の三点になります。まず一つ目は、ゴルフよりトレッドが広いことによるスタビリティの高さです。我が白兎もああ見えてなかなか懐が深い走りを披露してくれますが、速く走ろうとする上ではよりワイド&ローであるほうが有利なのは間違いありません。旋回性能と安定性をどのレベルまで引き上げているのか、ゴルフと比べてどこがどのように違うのか、興味の殆どはそこに尽きるとも言えるでしょう。次にシロッコに期待している点は、全高が低いことによる室内の適度なタイト感です。確かにルーフの位置が下がれば運動力学上のメリットもあるのですが、それよりは単に好みとして頭上空間が少ない方が好きなのです。着座位置もコスモくらい低ければ本当に理想的なのですが、そこはベースがゴルフですからあまり期待しすぎるのも良くないかもしれませんね。最後は、2ドアであることの横方向への開放感です。私のドラポジだと4ドア車はどうにもB ピラーが視界に入ってきて窮屈な感じがします。天井は低くても構わないのですが、横の視界は広い方が良いのです。果たして運転席からの風景はどのようなものか、それがドライバーをやる気にさせるものであることを切に願うばかりです。
シロッコは、価格に関してはほぼ絶望的かと思われます。コストパフォーマンスで考えれば、明らかに次期ゴルフGTI を待った方が得策と言えます。もし、シロッコにそれを覆すだけの魅力を求めるとしたら、それは偏に「若々しさ」に掛かってくるはずです。重厚でマイルドなゴルフに対して、切れ味鋭いシロッコ。その対比が上手く実現されていれば、ここ日本でもシロッコの未来に活路は生まれるでしょう。もしくは、過剰なオプションを剥ぎ取ったベーシックモデルをリリースすれば、市場の反応も変わるかもしれません。YouTube等でドイツの若者達が楽しそうにシロッコを運転しているのを見たりすると、やはりゴルフと価格を揃えて広く普及させなければ、この車の存在意義は半減すると思います。とりあえず、来月の初頭には試乗に行くつもりですが、シロッコの個性の鮮やかさに期待すると共に、VGJ の今後の対応にも期待したいところですね。
Posted at 2009/05/10 02:35:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「時代の転換期 http://cvw.jp/b/241312/40684922/
何シテル?   11/08 19:33
QLと申します。 初めてなのに、初めてじゃない気がする、そんなメンタルです。 久しぶりに自分のプロフィール画像を見ると、頭部のボリューム感に懐かしさを覚えま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

愛車一覧

フォルクスワーゲン シロッコ フォルクスワーゲン シロッコ
前回とは打って変わって、全行程が僅か1カ月半のスピード納車となりました。 今度こそは永く ...
マツダ ユーノスコスモ マツダ ユーノスコスモ
2年半前に75万で買って、その1ヶ月後に85万かけて修理しました。 現在もトラブル頻発中 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
約9ヶ月にも及ぶ購入計画の末、2007.1.23に無事納車されました。 これからは良き相 ...
ハマー H2 ハマー H2
デザインに一目惚れして購入しました。 向かい風がとても心地良いです。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.