• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年01月07日

【ECU】純正交換型エアクリと毒キノコの比較(A/F、Duty)

ブログエントリ:「【ECU】純正交換型エアクリと毒キノコの吸気量比較」にコメントを頂きました皆様、ありがとうございます。


ブログエントリ:「【ECU】純正交換型エアクリと毒キノコの吸気量比較」で、純正交換タイプのエアクリと毒キノコ(HKSレーシングサクション)の吸気量が一緒だというデータに対しては、yukiguniさんのコメント

 「かかるブーストが同じならば吸入量も同じだと思います。」

が的を得ていると思う。


熱力学の基本「ボイル・シャルルの法則」によると

(P1 * V1) ÷ T1 = (P2 * V2) ÷ T1

 P:圧力(ここではブースト圧)
 V:容積(ここでは吸気量)
 T:温度(ここでは吸気温度・・・実際にはブーストされての温度か・・)

なので、インマニ圧、吸気温度が一定なら、吸気量は一定になる・・・・ハズ。




純正エアフロセンサが、キャリブレーションなしでHKSレーシングサクションで正しく吸気量を測定できているか(正確には「正しく」というよりは「不都合なく」「純正エアクリと同様に」かな)は、wildspeedさんにコメント頂いたように、燃調(A/F)を比較するのが妥当。

ECUは、エアフロセンサからの吸気量に基づいて燃料噴射量を制御するので、エアフロセンサのセンシング値が妥当でなければ、A/Fは薄かったり濃かったりする理屈。

吸気量と同じように3速フルスロットルのデータを比較してみたが・・・



フルスロットル時は純正A/Fセンサの計測限界値=11.14が計測されるため、残念ながらなんの参考にもならなかった。





吸気量(Mass Air Flow[g/s])に対してのラムダ(=燃調 A/F)を比較してみる手もあるな・・・・と、スロットル開度に関係なく散布図を描いてみたが・・・



ある程度データを精査しないと、さすがになんのこっちゃワカラン(このグラフからだと毒キノコの燃調の方が少し薄く見える)。

Idle Switch = On時(燃調カット)を省いたり・・・など頑張ればもうちょっとクリアなグラフとなりそうだが、ちょっと厳しい。





はそさんからコメント頂いた、吸気抵抗の違いによる、ブースト制御のデューティー値を比較してみた。



このグラフも、吸気量のグラフ、A/Fのグラフと同じように、3速フルスロットル。

ほとんど同一だが、6000[rpm]台から7000[rpm]にかけて毒キノコのPrimary Wastegate Duty Cycleの方が大きい結果となった(つまり、同一ブーストを得るのに大きいDutyを必要とした)。
これはちょっと意外な結果だ。

4速フルスロットル、5速フルスロットルでも比較してみたいところだが、同一ROMデータで、純正交換タイプのエアクリでそのあたりのデータを十分に採取していなかったので、比較は厳しいところ。



皆様、ありがとうございました。






●レガシィB4(BL5A)のECUチューン関連目次はこちら
●レガシィB4(BL5A) 関連目次はこちら
ブログ一覧 | レガシィB4 OpenECU | 日記
Posted at 2009/01/07 20:37:02

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【ECU】純正交換型エアクリと毒キノコ ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2009/01/08 23:47
昨日のブログエントリ:「【ECU】純正交換型エアクリと毒キノコの比較(A/F、Duty)」に、み。@GDA-Fさんから、横軸を時間軸とするシンプルなグラフ提案をコメント頂いた。 確かに、長い間に物 ...
ブログ人気記事

プラスチックゴミ削減
柔らかさんさん

こんばんは。
タワー43さん

イタリアン
avot-kunさん

まだまだ応募者募集!エーモン56周 ...
エーモン / エーモン工業株式会社さん

ヤフオクでポッチと・・・
derinsanさん

G350d 107000km走破!
DORYさん

この記事へのコメント

2009/01/07 22:24:11
いつもながらmistbahnさんのデーター収集能力は凄いですね
オイラも、昔はこまめにやってましたが

途中で芸風が変わりましたw
コメントへの返答
2009/01/07 23:18:06
芸風を変化させながらでも続いていることがご立派です。

私は「継続すること」が苦手なので、こんだけ持続させている「みんカラ」は奇跡的です(^_^;)
2009/01/08 06:08:08
純正のほうが高回転でデューティーが低いとは・・・。

違いがあるとすれば純正形状の場合、エアクリの入り口の走行風による圧力で吸い込みを助けてるというところでしょうか・・・?
(走行風と吸い込み量、どっちが多いかはわかりませんが・・・。)

毒キノコを密閉して、その空間を走行風で正圧にしてやるともう少しましになるかもしれませんね・・・。

いや~。毒キノコのほうが高回転で有利だと思って購入かけてしまいました(^^)

私も試しにログをとってみて駄目っぽかったらとっととオークションに出そうかな(^^)

色々と参考情報ありがとうございます(^^)
コメントへの返答
2009/01/08 07:36:49
Turbo Dynamics補正の関係で、「たまたま」、最高回転付近でDutyに差が出た可能性はあります。
もうちょっと検証の余地はありますね。

書籍には
「エアクリ濾過面積40%増で吸気抵抗26%減」
と書かれてました。

ラム圧がどの程度吸気抵抗軽減に役立つかは不明ですが、純正の吸気ダクトを外したことも無関係じゃないかもしれません。

フロントバンパーのエアクリ側のフォグランプ用の穴は、中にフォグ取付ブラケット形状になっているのを切り取って、通気を良くする方向で考えてます。

はそさんのデータも期待してます。

毒キノコ、少なくとも気持ちはかなり高揚するし、フィーリングはとても良いですよ。
2009/01/08 12:35:50
もう少しメリハリのある結果が出るんじゃないかと思っていましたが、そうではなかったみたいですね。

他にMAF関連でチェックするとしたら、あとはFuel Injector #1 Pulse Widthでしょうか。

いづれにしても今後のログ検証に期待しています。

コメントへの返答
2009/01/08 13:32:45
Fuel Injector #1 Pulse Widthは確かにA/Fよりも正確に比較できますよね。

でも、以前のデータでこの計測項目のログがないから比較できないっすねえ。。。

いろんな計測項目、採り貯めておかないと、後から比較できなくて困りますねえ。
サンプリングレートがもっと速ければなあ・・・・
2009/01/08 21:36:06
いつも面白いデータをありがとうございます^^
横軸を時間、縦軸をMass Airflowの変化量(エンジン回転数でもいいかも)のグラフにすればレスポンスが上がってるかどうか分かるかも、と何となく思ってみたり…
コメントへの返答
2009/01/08 22:56:11
そうですね。
加速度がトルクアップの一番手っ取り速い見方ですね。

過去のブログで公開している、実走データから擬似的にシャシダイのようにトルク・出力を算出するExcelマクロは加速度を算出して、これを元に計算しています。

時間軸でのグラフ化は長いことやってなかったですが、久々にやってみようかと思います。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.