• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年02月11日

【ECU】中回転域のブーストアップ

先日のブログエントリ「【ECU】Injector Duty Cycle Part.2 」で、はそ@GDBCさんから、「燃料ポンプに余裕のある中回転域をもっとブーストできるのでは」というアドバイスを頂いた。

これについては、私も思うことがあり、試してみることにした。


よくスバル系の書籍(SUBARismのEJ20ブーストアップ特集だとか)や、プロチューナーのコメントなどから、

a) レガシィのタービンは小さいので、(オーバーシュートで)1.2[bar]程度まで(安定で1.03程度?)

b) 燃料ポンプの容量が小さいので、(オーバーシュートで)1.2[bar]程度まで(安定で1.03程度?)

c) BL・BPレガシィは圧縮比が高い(9.5。ターボカーとしてはかなり高い。インプレッサは8.0)ので、ブーストは(オーバーシュートで)1.2[bar]程度まで(安定で1.03程度?)

と記載されている。


a)、b)のタービン容量、インジェクタ容量は、回転数に比例するので、はそ@GDBCさんの御指摘どおり、中回転域では気にしなくて良いハズ。

曲者なのはc)ということになるが、

「圧縮比が高い」→「高効率だがノッキングマージンは少ない」→「ブーストアップは限られる」

という理屈であれば、主に点火時期のリタードにより、効率ダウンと引き換えにノッキングマージンを稼ぐことができ、ブーストアップは可能となるハズ。



更に気になる追加情報としては、

書籍ハイパーレブ vol.118 スバル・レガシィ No.7


のEVCの紹介欄に(おそらくHKSからのコメントで)以下のような文章が載っていた。

d) レガシィのEJ20に使われているタービンはレスポンス重視で、小さめのタービンサイズになっている。さらにATの場合はATの特性に合わせるためMT車よりもEXハウジングのサイズが小さくなっているのだ。そのため、ブーストの立ち上がりのいい従来のEVCでは、特に低中回転域ではブーストを上げて余計にタービンを回すと、タービンの許容回転数を超えてしまい、過給してくれないサージ領域に入ってしまう。これでは最終的には速くなっても、その過渡領域・・・・せっかくのスムーズな加速が失われることになる。



・・・「過給してくれないサージ領域」とな。



情報量は重要だが、実践してみよう。


■Target Boost B



中回転域は燃料ポンプもタービン容量も余裕がありそうなので、ブーストアップを試みた。
(※詳細は追ってブログにアップ)

Target Boost B。
中回転域は2.077[bar abs.]までブーストアップ。
一応慎重にチョビチョビUPしているので、今後もちょっとだけUP予定。



■Initial Wastegate Duty B



Target Boost Bに対して、実走ログと相談して詰めたInitial Wastegate Duty B。

吸気温度が7[℃]程度で、それに対する「Wastegate Compensation (Intake Temp)」が働いていることを考慮しないとイケないので、ちょっと頭を使う。



■Open Loop Fueling B。



ブーストを弄れば、当然燃調も。
Engine Loadは2.73[g/rev]ぐらい行くので、スケーリング変更した甲斐があった。



■Base Timing BとTiming Advance Bの総和





以下、実走ログ。
4速フルスロットルのログもあるが、4速はレスポンスのため行数が多いので、3速フルスロットルのデータを公開。






【現状での結論】

・「過給してくれないサージ領域」は発生していない。

・ノッキングも確認されない。

・体感レベルでは露骨に速く感じるが、意外とデータの加速度には効果が見られない(プラシーボ?或いはEngine Loadの超高域の点火時期遅角のせい?)

よって、更にちょっとずつ中回転域のブーストUPを試みてみようと思う。

純正触媒の場合は、排圧によるノッキングも起こるみたいだが、フロントパイプ等は交換してるし。
同様の理由で排気温度の問題も対策済だし。




●レガシィB4(BL5A)のECUチューン関連目次はこちら
●レガシィB4(BL5A) 関連目次はこちら
ブログ一覧 | レガシィB4 OpenECU | 日記
Posted at 2009/02/11 23:18:22

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【ECU】中回転域のブーストアップの実 ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2009/02/24 00:05
ブログエントリ:「【ECU】Injector Duty Cycle Part.2 」 ブログエントリ:「【ECU】中回転域のブーストアップ」 の続き。
【ECU】ブーストセッティング更新」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2009/03/28 13:18
AVCSにより、ハイブースト時の有効圧縮比を下げて体積効率を落とすことにより、ブーストアップを行う検証。 過去のブログエントリ「【ECU】中回転域のブーストアップ 」にて、BL・BPレガシィがあ ...
サージング、断熱性能曲線、サージライン」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2009/04/03 12:21
過去のブログエントリ「【ECU】中回転域のブーストアップ 」でタービンのサージングについて触れた。 以下、再度、書籍「<a href='http://www.amazon.co.jp/exec/ ...
ブログ人気記事

【みんカラプレゼント企画】大切なキ ...
kosakazu73さん

CR-Vに思う事😊
まるちゃん9199さん

コンプリートカーショップGEAL様 ...
VALENTIさん

会社で食べようアリランラーメン
2TG怪さん

クルマ界隈の広告表現 80年代から ...
kitakazeさん

スマホを機種変更
happy37さん

この記事へのコメント

2009/02/11 23:54:11
>「圧縮比が高い」→「高効率だがノッキングマージンは少ない」→「ブーストアップは限られる」

マージンが少ないから限界まで詰められないんですよねぇ。。

ブーコンも立ち上がりを早くすると、サージングとノックが酷くなったので立ち上げを遅くして対処しました。

コメントへの返答
2009/02/12 00:01:31
今回のブーストセッティングは過去にコメント頂いたwildspeedさんとhmt_ozawaさんのブースト値も参考にしてます(お二方ともATなのに私より高かったので)。
あ、やっぱサージングってあるんですね。

ブーコンって立ち上がりを調整できるんですねえ。
純正ECUもノーマルのように、Target Boostに対してプアなWGDCに設定しておけば、Turbo Dynamicsの補正遅れ分は立ち上がりを緩やかにできますが・・・(Turbo Dynamics Integralが効いているとそうでもないか・・)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.