• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年03月21日

【書籍】Motor Fan illustrated vol.30

■Motor Fan illustrated vol.30
図解特集:RACING ENGINE ~レーシング・エンジンのテクノロジー~




書店で手にしたときは、メイン特集のタイトルに
「キターーーーッ!!」
と心の中で雄叫びを上げた。



・・・が、読んでみて、なんだか退屈だった。

今までチョビチョビと紹介されてきた記事や、Racing On誌などで読んできたような記事の焼き直し感が強い。

十分に掘り下げているワケでもないし。

MFi誌の性格上、Racing On誌のように読み手の心を掴むような演出はないし。




本誌では、量産エンジンと、レーシングエンジンの違いとして、

「大きく異なるのは常用回転域、もしくは全開率ならびに負荷率だ。量産エンジンの場合、その生涯を通じて経験する全開全負荷状態は、時間にしておそらく100%にも達しないだろう。大してレース用エンジンは全開全負荷が"基本"であり、カテゴリーとコースレイアウトによっては、全開率が70%近くに及び場合すらある」

というような内容が、幾度となく出てくる。


確かにその通りなのだろうが、これは

・量産エンジンとレーシングエンジン

にも当てはまるが、

・自動車用エンジンと汎用エンジン

にもモロ当てはまる解説だ。

「汎用エンジン」とは、発電機、建築機械、農業機械などに用いられるエンジン。
クボタ、ヤンマー、コマツはもちろん、ホンダ、ヤマハなども作っているし、実は富士重工業にも「ロビン」という汎用エンジンが存在する。

汎用エンジンも、基本的に運転は定格回転数での定回転運転で、スロットルは全開だ。
自動車用エンジンと異なり、パーシャルでの特性や、レスポンスは要求されないが、定格回転での安定したトルクと耐久性を要求される。

自動車用エンジンの開発者も、汎用エンジンの開発者も、それぞれにプライドがあり、個人的には、お互い好意的ではない印象を受ける。

本誌で幾度か繰り返される、レーシングエンジンの特性は、回転数が汎用エンジンよりも遥かに高いという違いはあるものの(もっともそれはとても重要な違いなのだけれど)、自動車用エンジンよりも汎用エンジンと酷似しており・・・・・

「自動車エンジン技術者が汎用エンジンを下に見ようとしても、自動車エンジンの最高峰たるレーシングエンジンは結局のところ、あまり汎用エンジンと変わらない」

「いや、レーシングエンジンは決して自動車エンジンの最高峰などではなく、量産自動車エンジンの方が遥かに高度な技術で成り立っているのか」

「レーシングエンジンってあんまし夢がないのかな?」

などと、いろいろと考えさせられた。





ところで、Motor Fan illustratedも30号にもなるが、未だにメイン特集としてECUを採り上げたことがない(以前に要望を送ったことはある)。
ECUに関しては「図解」しにくいからかもしれないし、アルゴリズム等に関して機密部分が多いからかもしれない(機密は高度な技術資産のためというよりは、バグの隠蔽が理由な気がしてならないが)。

「日経Automotive Technology」誌が、「Automotive Technology」なんて名前の書籍であるにも関わらず、ほとんど「日経Car Electornics」と改名すべきほど、カーエレに偏った内容である(ので、退屈で買っていない)ので、MFiは日経ATと住み分けをしているのかもしれないなあ・・・・。



●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2009/03/21 22:45:28

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

30%OFF!! 20周年記念!  ...
倉地塗装さん

洗車を楽しく〜♪♪♪
3kさん

なまら、ジンギスカン風(笑)焼そば ...
atrai 1さん

ランボルギーニとボート
huracan_kazuさん

あの頃に…
日々輝さん

群馬~です!! ②
sino07さん

この記事へのコメント

2009/03/21 23:16:31
ご無沙汰しています。。(^_^;)

>ECUに関しては「図解」しにくいからかもしれないし、アルゴリズム等に関して機密部分が多いからかもしれない

ECU関連の内容はたぶん無理だと思いますね。図解は難しくないと思いますが、図解すればある程度の知識がれば分かってしまうからだと思います。確かに機密部分も多いので、それを文章なり図として記載するのはかなり困難な感じがしますね。

さてと、やっと休みが取れましたのでこれから過去のブログを読ませてもらいますね!

コメントへの返答
2009/03/21 23:34:59
wildspeedさん、生き返りましたネ(^_^)
ド年度末ですもんね。

ECUも、枯れた技術、アルゴリズムの紹介は容易なんでしょうけど、MFiの性格上「最新技術」をフィーチャーしたいところだろうし、難しいんでしょうねえ。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「2020年8月30日の鈴鹿フルコース HONDA VTEC ONE MAKE RACEエントリーしています。
ビート、トゥデイ、S660・・・など軽の方、もっと参戦してください(T_T)
もっと参戦してください(T_T)
https://www.hondaonemake.com/
何シテル?   07/03 20:12
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.