• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年07月19日

【試乗】Nissan Newman Skyline GT ES Paul Newman (R30)

■Nissan Newman Skyline GT ES Paul Newman (R30)

ニューマン・スカイライン(R30) GT・ES ポール・ニューマン全体像

B4の燃調が不調なので、せっかくの三連休だけど家でブログ中。

ブログエントリ「【プチオフ】箕面~泉大津PA」で書いたように、鳥取から旧友が、ニューマン・スカイライン(R30)の2ドアハードトップ、GT・ES ポール・ニューマン、AT車両に乗って大阪まで来た。
箕面の峠にて試乗させて頂いた。


WEBにも主要諸元等の情報の少ない型なので(R30でもRS系は情報多いんだけどねえ)、以下に記述する。

全長:4620[mm]
全幅:1675[mm]
全高:1360[mm]
ホイールベース:2615[mm]
トレッド:前1410[mm] 後1400[mm]
車両重量:1245[kg]

エンジン:直列6気筒SOHCターボ
エンジン型式:L20ET
ボア78[mm]×ストローク69.7[mm]
総排気量:1998[cc]
圧縮比:7.6
最高出力:145[ps]/5600[rpm]
最大トルク:21.0[kg]/3200[rpm]

サスペンション:F/ストラット R/セミトレードリングアーム
ブレーキ:F/ベンチレーテッドディスク R/ディスク
タイヤサイズ:195/60R15
パワーウェイトレシオ:8.6[kg/ps]

・・・圧縮比の低さが時代を物語っているな


赤黒の鉄仮面は今でもチラホラ見るけど、この顔のニューマンはすっかり見なくなった。
RSでなくGTなあたりで現存するのはかなり少ないのではなかろうか?



●エクステリア

ニューマン・スカイライン(R30) GT・ES ポール・ニューマン リアビュー

ニューマンと言えば西部警察。懐かしいねえ。

西部警察のせいかもしれないが、グラサンの似合うクルマだと思う(笑)。

ニューマンは赤+黒のイメージ(特にRS、鉄仮面)のイメージが強く、また、この顔のニューマンには白のイメージが私には強い。
紺+銀のツートンは、この時期のニッサン車では良く使われた(レパードだとか、ブルーバード・マキシマだとか、ラングレーだとか)が、スカイラインとしては7thの方がこの配色のイメージが強いので、私にはパッと見、7thっぽく見えた。

こういうツートンって、良いと思うんだけど、最近絶滅したね。何故??
Alfa164なんかもこの手のツートン多用だったんだけどなあ・・・。

ニューマンは私のリアルタイムを外しており、私にとってはR32登場前夜のR31(7th)からがクルマ好きとしてのリアルタイムとなる。
当時から7thはとっても不評で、実際内装とかダサいんだけども、当時、親のクルマがカローラだった私には、7thのGTS-Rなんかは憧れるクルマの一台であった。Grp.Aなんかで活躍してたし。
R32登場時は7thのGTS-Rなんかは急激に古臭く感じたもんだけど、現在は稀に見かけるととてもカッコ良く見える。


この車両はかなり程度良く維持されており、ホイールやマフラーも純正品がキレイなまま。
ボディもクリアの剥がれなどもなく、素晴らしいコンディションだと思った。



●インテリア

ニューマン・スカイライン(R30) GT・ES ポール・ニューマン内装

ビックリするぐらいインテリアも良いコンディションで維持されている。
純正ステアリングホイールのレザーも全く傷んでいない。


ニューマン・スカイライン(R30) GT・ES ポール・ニューマンインパネ

インパネはお父ちゃんの世代のオーディオのインターフェースだ。
147の友人も言っていたが、社外品を混ぜるとあまりにミスマッチとなるので、純正のままいくのが良いんだろうね。




●運転してみて

箕面のBコースを運転させて頂いた。

サスはハード・ソフトの切替ができるそうだが、私は切替を忘れてソフトで走った。

エンジンのトルク不足がそう思わせるのか、ステアリング(パワステらしい)が重いからそう思わせるのか、まず、1245[kg]という車両重量よりも重く感じた(すぐ慣れるんだけど)。


排気音はオーナーも「トラックみたい」と言ってたが、ディーゼルターボのような、ドスの効いたゴロゴロ音。
6気筒ならではの繋がりの良い美音とは正反対だけど、個人的には好き。

ドスの効いた音の上には、ヒュイ~ンとタービンの音が重なる。

最近のターボ車はこの「ヒュイーン」音が小さく、なんだか寂しい気もするのだが、ターボチャージャーのリビルドメーカの人のインタビューでは、ヒュイーン音は動バランスが悪い状態での回転次数成分の振動に起因するもので、性能的にはネガティブなのだが、ターボらしさを演出するためにワザとバランシングを詰めないこともあるそうな。

ニューマン・スカイライン(R30) GT・ES ポール・ニューマン L20ETエンジン

タコメーターを見ていると、ターボの効いている・いないで、全く針の動くレスポンスが違うので、基本的にブーストは落ちないように乗るのが鉄則らしい。


で、峠走行。


う”っ・・・・ブレーキが効かない!!
どこまでも奥に踏み込めるようなペダルタッチで目一杯ギューッと踏み込むが、もひとつ効かないため、コーナーの結構手前からの目一杯のブレーキングを行った。
止まらないのも、車両重量が重く感じる理由だろうね。


ソフトモードだったが、サスペンションにはネガティブな印象はなく、ロールはするものの、収まりの悪い足じゃない。
ブレーキが効かないことにも起因するかもしれないが、ピッチングも大きくないのには好感。
ただし、曲がらない・・・・。


で、乗り方として、ATなのでブレーキングは左足ブレーキONLY。
アクセルは、ブーストを殺さないように、基本的に踏みっぱなし。
で、コーナーの結構手前から左足でフルブレーキして、アクセル全開でドリフトさせると、気持ちよくオーバーステアを作ることができ、修正舵しながらもグイグイと曲がれる。

そういえば、昔乗ってたFRの軽の1BOXなんかもこういう乗り方をしていたなあ・・・・と思い出した。

コツがつかめてからは、かなり楽しく、かつ、良いペースで走れた。
FRのFRたる楽しみ方でもあるし、このクルマを乗りこなすために必要な特別ルールもクルマとの対話を楽しめる感覚でとても面白かった。


かつて実家にあったローレル(C33。CLUB-S)はRB20DEを積んだクルマで、R32と同世代にあたる。
ローレルとスカイラインというコンセプトの違いなのか、ローレルはステアリングもペダル類も全くインフォメーションがなく、サスもフワフワしていてネガティブな印象しかなかった。エンジンはキレイに回っていたケド。
それと較べると、ニューマンGTはステアリング、ペダル類、サスのいずれからもシッカリとインフォメーションがあり、良かった。


オーナー殿、貴重な体験、本当にありがとうございます。
今後も大事に維持されますように。



Alfa147の友人が私の後にこのR30 GTを運転したのだが、ブレーキが効かないことなどは共通認識だが「良く曲がる」と言ってた。
人によって感じ方は随分違うものだなあ・・・と感心するとともに、私の試乗記なんて全くアテにならないことを改めて本ブログ閲覧者の方々にお伝えしたい(^_^;)。




●試乗記関連目次はこちら
ブログ一覧 | 試乗記 | 日記
Posted at 2009/07/19 14:07:29

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【書籍】NISSAN SKYLINE ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2009/07/23 18:46
■NISSAN SKYLINE R30/31 (NEKO MOOK 1339 J’sネオ・ヒストリックArchives) <img src='http://carview-img02.bmcdn ...
ブログ人気記事

広島グルメ、B 寿楽亭・・・(^_ ...
hiko333さん

新緑の中を駆け抜ける
amggtsさん

【シェアスタイル】当選者発表🎁梅 ...
株式会社シェアスタイルさん

生後8ヵ月になる息子の成長ぶり
孫悟空555さん

犬山のRVパークにて車中泊デビュー ...
アライグマのアライさん

約2年ぶり~!黒松内ラーメン『松龍 ...
atrai 1さん

この記事へのコメント

2009/07/19 17:19:46
R32の次に好きなスカイラインがR30の鉄火面です。
その次に好きなのがS54Bの2型。
でも、スカイラインを自己所有したのはR32だけなのです。
R30と言えば好きで購入も検討しましたが、当時は非常に割高く、その上こ故障も多く、しかも錆にも弱く、購入候補から落とした思い出がありますが、
もしあの屋根付き保管のHR30が2ドアなら購入したと思います。

華子
コメントへの返答
2009/07/19 19:05:46
KPGC10や110はランクインしないんですねw

私はやっぱりリアルタイムで興奮したR32です。

鉄仮面は、ロードカーよりもシルエット・フォーミュラが今もモデルカーの世界ではバリバリ現役ですよね。
2009/07/19 17:57:29
懐かしいですね~。

今のR30ではFJ20は見ても、L20ET搭載車は皆無に近いのでは。。

昔の雑誌では、L28改3Lターボーが多く見られた車ですね。

古い車ですが、オイラ的には『アリ』な車です(* ̄∇ ̄*)
コメントへの返答
2009/07/19 19:07:29
私もまさかL20ETを運転できる機会が訪れるとは思ってませんでした。
ラッキーです。

はっけいさんは旧車に強いですなあ・・・
2009/07/19 20:06:35
懐かしい…(^_^;)

もうエンジンや室内のことはほとんど覚えていないのですが、昔の車はブレーキが効かなかったのはよく覚えています。
コメントへの返答
2009/07/19 21:54:37
お。リアルタイムな方からのコメントが(笑)。

ブレーキ、昔から効かなかったんですね~
最近のクルマにありがちな、遊びのないブレーキタッチもどうかと思うんですが、止まらないのはやはりツラいところです。
2009/07/19 20:33:24
コレはっ! 青×銀のポールニューマンバージョンなんて懐かし過ぎる。しかもハンドル・オーティオ・ホイールまでオリジナルの美個体なんて奇跡。

早熟なオイラはR30からリアルタイムっす。この頃(小学校低学年)、日産系各ディーラー発行の小冊子(これが新車からモータースポーツまで結構内容豊富だった)を親戚から毎月もらって擦り切れるほど読み返してた(小遣いが少なくてまだ自分では雑誌を買えなかった)。

そういやウチの実家、850の前は白×銀のC32ローレル後期型(4ドアビラーレスハードトップ)に乗ってた。あれはあれでカッコよく、ツートンも似合ってた。RBでもVGでもなくてCA18でしたが。
コメントへの返答
2009/07/19 21:57:17
出た、若年寄。

中学の頃は名古屋じゅうのディーラーを自転車で巡ってカタログを貰い集めてました。
当時は景気が良かったからか気前が良く、中坊にも立派なカタログをくれました。

C32もツートンが似合うねえ。
ニッサンに限らず、ルーチェなんかもツートン使ってたよね。
2009/07/19 23:09:26
お!!
mistbahnさんの試乗記だ♪

楽しみなんですよねぇ♪

6thは昔に友人がDR30のターボに乗ってました。
私の記憶では「曲がらない」、「低速ない」、「ライト暗い」というイメージ(笑)
ブーストが掛かってからは速かったですけど・・・

HR30はもっと大人のクルマのイメージですよね。

これってL型系スカイラインの最後になるのかな?

7thはL載ってましたっけ??
コメントへの返答
2009/07/20 06:29:06
やっぱ曲がらないですよねえ・・・・。


「ライト暗い」(笑)
旧車には多いですね。155は大丈夫かな???

7thはRBでLはなかったハズです。
2011/04/29 22:42:47
古い記事にコメントしてすみません。当時、このカラーのGT-ESが欲しかったのです(笑) 今でも大切に乗っていらっしゃるのでしょうか?
コメントへの返答
2011/04/29 23:02:29
コメントありがとうございます。

このカラー、当時らしくて良いですよね。
最近は2トーンのクルマって見なくなりました。80年代は結構どの車種にもあったんですけどね・・・

今も大切に乗ってるハズですよ。
かなり遠くに住む友人なのでなかなか会う機会はありませんが。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.