• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年08月05日

【ECU】Fine Learning Knock Correctionに学習存在?

数日前の峠でのログ。



Fine Learning Knock Correctionが頻出しているのがとても気になる。
(※Knock Correctionは、ノッキング検出時に点火時期を遅角させた値とされている)

以前は、

アクセルOFF→燃料カット→再度スロットル開→燃料噴射が追いつかず、一時的にリーン→ノッキング

というロジックだったが、今回の峠ログでは、軽くスロットルを戻した瞬間にFine Learning KCが頻出している。気になる。




ノッキング潰しをするには、上の峠ログはサンプリング間隔が長すぎるため、最低限のロギング項目に絞っての実走ログを採ってみることに。



ブーストをかける前の徐行状態からFine Learning KCは-1.4を頻出。
これはおかしい。





本調査の趣旨とは外れるのだが、無駄にサイドターンをしてみた(全く上手くできないんだけど)。
その直後から、なんでもない領域で-4.2という劣悪なFine Learning Knock Correctionが頻出。






にも関わらず、フルブースト時に限って、Fine Learning Knock Correctionは発生していない。







アイドリング→空ぶかしでも、Fine Learning Knock Correctionは-3.85という劣悪な値を頻出。






ECUリセット(もちろんIAM=1となるよう儀式運転は行った)で、Fine Learning Knock Correctionは発生しなくなった。
同じROMであるにも関わらず・・・・だ。




これらの一連の症状から、幾つかの仮説を立てることができる。


【仮説A】Fine Learning KC = ノッキングという前提なら

Fine Learning KCが本当にノッキング発生時の点火時期遅角処理だとするならば、ECUの何らかの学習により、ノッキングが多発したと考えることができる。
学習に因ると考えられるのはECUリセットで症状がなくなったため。

どちらかというとECUの学習はIAMを代表として、ノッキングを避ける方向で働くため、ちょっと考え難い。



【仮説B】Fine Learning KC発生時に実はノッキングは発生していないと仮定

Fine Learning KC発生箇所を眺めていて、どうにもノッキングが生じているようには思えない。
ノッキングが起きても仕方ない領域よりも、そうでない領域でFine Learning KCが頻出したからだ。

また、Fine Learning KCが-1.4→-1.75・・・・-3.85などと状況に応じて値が変化するならわからなくもないが、サイドターン以降は、軽負荷時のノッキングが-3.85という値で安定していたのも不自然だ。
ROMには「Fine Correction Retard Value」(デフォルト値は-1.4)という、Fine Learning Knock Correctionワンステップの遅角量の設定項目があるが、あたかもこの値が学習により変わったかのようだ。

ログを眺めていると、峠走行、サイドターンなど、大きく振動が生じた(=ノックセンサが激しく反応した)Engine Speed、Engine Load付近では、ノッキングが生じていなくとも、予め積極的にFine Learning Knock Correctionにより点火時期遅角してノッキング予防を行っている(フィードフォワード制御)ようだ。

「Knock Correction = ノッキング発生をきっかけとした点火時期遅角」と2年間に渡り解釈してきたが、Fine Learning Knock Correctionには学習が存在するのではないか?
そう考えると、「Feedback Knock Correction」と「Fine Learning Knock Correction」という2種類のKCの名前も露骨に見える。
「Feedback Knock Correction」はその名の通り、ノック検知からのフィードバックでの点火時期遅角。
「Fine Learning Knock Correction」は「Feedback」という名を冠しないので、フィードバック制御ではなく、学習によるフィードフォワードだとしても不自然ではない。




正否は現状不明だが、仮説Bの方が圧倒的に真実味がある気がする。
2年間もOpenECUをやってきて、とても肝心なことに今更ながらに気づいてしまった感じだ。

果たして?


2009.08.06追記
Scoobypediaを見直してみて、仮説Bが正解だとわかりました。
ブログエントリ「【ECU】Fine Learning Knock Correction追記」をご覧ください。





●レガシィB4(BL5A)のECUチューン関連目次はこちら
●レガシィB4(BL5A) 関連目次はこちら
ブログ一覧 | レガシィB4 OpenECU | 日記
Posted at 2009/08/05 23:19:26

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【ECU】Fine Learning ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2009/08/06 08:21
昨夜のブログエントリ「【ECU】Fine Learning Knock Correctionに学習存在? 」の続き。 久々に<a href='http://www.scoobypedia.co.u ...
ブログ人気記事

第八百四十一巻 第12回門司港ネオ ...
バツマル下関さん

巡視艇いよざくら
dora1958さん

広島グルメ、B めじろ・・・(^_ ...
hiko333さん

祝・みんカラ歴6年!
masa坊主さん

さようなら・・・罪作りなオリオン号 
エイジングさん

まだまだ応募者募集!エーモン56周 ...
エーモン / エーモン工業株式会社さん

この記事へのコメント

2009/08/05 23:38:36
おいらも過去似たような症状があったような気がしますし、仮説Bが非常に有力のような気がします。
「ノッキング発生したんで遅角しました」というよりは「遅角してちょっと様子見まっせ」みたいな感じでしょうか。
コメントへの返答
2009/08/06 07:36:42
先日の燃調不具合時
http://minkara.carview.co.jp/userid/242406/blog/14191589/
もアイドリング時に常時-3.85を示していました。

仮説Bが有力ですよね。

「遅角してちょっと様子見まっせ」ですね(笑)
問題は、一度学習してしまうとなかなか元に戻らないところですねえ・・・。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.