• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年12月25日

【ECU】DBW、CL/OL Fuelingなど更新

以前から取り組んでいる、「発進時、軽量フライホイールでもエンジン回転数をなるべく上げずにクラッチミートする」ための適合作業


●Requested Torque (Accelerator Pedal)

Subaru Legacy 2003 BL5A DBW Map

アイドリングからの発進操作をし易くするために、2000[rpm]以下のカーブを更にリニアに近付けてみた。
アクセル操作に対しての過敏なスロットルレスポンスを鈍らせた。



●CL/OL

どうも、CL→OL、OL→CLに切り替わるタイミングで、同一スロットル開度に対して、エンジン回転数が急に上昇したり下降したりして、スムースな発進操作に支障をきたしているようなので、CL/OL関連もひととおりイジった。

CL/OL関連の今回のマップはこちら

元々の私のCL/OL関連のマップは、みなさんがドン引きするほど、Open Loopばっかりのマップだった。
僅かでもスロットルを開こうものなら、Open Loopに移行。Closed Loopはアイドリング時ぐらい・・・という内容。
これは、アクセルを戻して燃料カット状態から、再度スロットルを開いた際に、一瞬リーンになって軽微なノッキングを起こす・・・という現象を嫌ってアレコレした結果。
結果、排ガスは極めて黒い(笑)

ちなみに、Grp.NインプレッサのROMも似たような・・・というより以前の私のROMよりも遥かにエゲつない設定となっており、ほぼ完全にOpen Loopで燃調制御されている。
Grp.N ROMに関してはDジェトロ(エアフロセンサではなく、インマニ圧センサを基準に燃調や点火時期やバルタイを決める方式)なので、それもあるのかもしれないが・・・。

世の中的には、Open LoopよりClosed Loop範囲をドンドン増やす傾向で(燃費と環境のため)、3代目プリウスなんて脅威の全域ストイキ(=理論空燃比14.7)である。


・・・で、今回のCL/OLは少しだけ常識的な仕様にシフトした。
基本的にはOL重視のままだけど、低スロットル開度(20[%]以下)、2000[rpm]以下の低回転域では、Closed Loopとなるように設定した・・・つもり。



●リプロ後の暖気運転(参考)

こないだA/F Learning #1 A (Stored)* (%)がリプロ後の暖気運転で8~9分経過後に凄い勢いで上昇したことについて書いたが、今回も同様の結果となった。



桃:A/F Learning #A
青:CL/OL Fueling* (status)

A/F Learningは9分あたりから急に学習を始めている。

十分に暖気を行った状態でリプロやECUリセットを行うと、A/F Learningの学習開始は早く始まるので、おそらく水温がある一定値以上じゃないと学習しない仕組みなんだろう。

CL/OL Fuelingが7(エンジン始動直後)→8(Closed Loop)に移行する際に、短時間ながら10(Open Loop)の期間があるのが、理由がわからず気になる。



●ROM改変の成果?

更に多少、アイドリング→発進の操作はしやすくなったような気がしたり、やっぱり気のせいだと思ったり・・・・。

ログを見ると・・・


【A】



アイドリング→発進操作のログ。

30283[msec]時、スロットル開度7.84[%]、エンジン回転数1465[rpm]でOpen Loopに切り替わっている(狙いと違う)。

Engine Loadが0.31[g/rev]だからか?



【B】



同じく、アイドリング→発進操作のログ。

ここでは、CL→OL→CL→OLと繰り返されている。
CL→OL、OL→CLの切り替わり時は挙動不安定となりやすいが、実際にエンジン回転数がスロットル開度変化以上に揺れている。




【C】



同じく、アイドリング→発進操作のログ。

ここでは比較的理想的な制御値となっており、車速3[km/h]ではじめてOpen Loopに突入している。

ただし、スロットル開度は7.45[%]と、CL→OLの切り替えポイントとして狙った20[%]より低い。



う~む、難しいなあ。



●レガシィB4(BL5A)のECUチューン関連目次はこちら
●レガシィB4(BL5A) 関連目次はこちら
ブログ一覧 | レガシィB4 OpenECU | 日記
Posted at 2009/12/25 21:59:44

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【ECU】発進時のオーバーシュート挙動 ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2010/03/02 08:08
軽量フライホイールにしてから、発進時のアクセルワークの難しさを解消しようとDBWなどをイジっていたことは過去にも紹介した。 その後も、なかなかうまくいかず、DBW、CL/OL Fueling関連、 ...
ブログ人気記事

プラスチックゴミ削減
柔らかさんさん

こんばんは。
タワー43さん

【シェアスタイル】新しいものはいい ...
株式会社シェアスタイルさん

ヤフオクでポッチと・・・
derinsanさん

イタリアン
avot-kunさん

【みんカラプレゼント企画】大切なキ ...
kosakazu73さん

この記事へのコメント

2009/12/27 18:47:36
>十分に暖気を行った状態でリプロやECUリセットを行うと、A/F Learningの学習開始は早く始まるので、おそらく水温がある一定値以上じゃないと学習しない仕組みなんだろう。

これはたぶん60度じゃないかと思っています。CL Fueling Target Compensationなんかを見ると60度から一定の値になってますからね。

それにしてもOLの下限が恐ろしく低い(^_^;)
コメントへの返答
2009/12/27 19:27:49
ほほう。
確かに60度ぐらいな気がしますね。

> それにしてもOLの下限が恐ろしく低い(^_^;)

これでもかな~り上げたんですよ!!
Grp.NのROMはもっと低いですよね(というか全てOL)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.