• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2010年08月12日

【書籍】【ECU】F1速報 創刊20周年特別編集 F1MEMORIES 1990-2010(感想続編)

【書籍】【ECU】F1速報 創刊20周年特別編集 F1MEMORIES 1990-2010(感想続編) 先日のブログエントリ「【書籍】F1速報 創刊20周年特別編集 F1MEMORIES 1990-2010」の感想続編。
読破したので。

印象に残った記事をいくつかピックアップ。








■"セナ足"を支えた男~ある日本人技術者の挑戦~

ホンダ・白井裕氏のインタビュー。
マクラーレンMP4/5Bに搭載されたMP4/5Bの話。

セナ足について

"スライド方式だとうまくいってたものが、バタフライ方式だと下流の空気が渦巻き、一瞬途切れるように(ホールと呼ぶ)なり、セナ足が使えない。それでバタフライ式にしたわけでうが、逆に低開度領域が敏感すぎて色々と悩むわけですよ。"

セナ足のために、スロットルバルブ方式が決まってしまうのもスゴいことだけど、実際それだけの価値があるよなあ。

スロットルバタフライのリニアリティの問題については、スロットル・リンケージ(非DBW)時代ならではだけど、なるほど・・・と思った。
確かに、バタ弁の角度0~90%は、吸気流路の0~100%とは全く正比例しない。

私のB4については、ECUの純正ROMで過度に味付けされていたDBWマップ(アクセルペダル操作量とスロットル開度が全くノンリニア)を、アクセルペダル操作量とスロットル開度がリニアになるようにリセッティングしている
これは、

 純正ROM: 燃費重視と踏み込んだときの過激な演出
 mistbahn ROM: 微妙なアクセルワークがきちんとスロットルに反映

という思想に基づくものだが、本誌の記事を読んで、果たしてスバル+DENSOのECUにおける「Throttle Plate Opening Angle」というのは、スロットルバルブ制御量をきちんと吸気流路換算したものなんだろうか???と、気になった。
バタ弁のノンリニアな動きを吸収できていない「Throttle Plate Opening Angle」だとすると、「Accelerator Pedal Angle」との関係をリニアにすると実際のバルブの動きはノンリニアになるワケで・・・・。

DBWマップにおけるスロットル開度は、ワザワザ「Throttle Plate Opening Angle」と命名されているので、おそらく吸気流路換算されていない、その名のとおり「バタ弁の角度」なんだろう。

マズった・・・・。

・・・・ということは、バタ弁の角度とスロットル開度面積の理論式からカーブを作るか、Mass Air Flowログ値とにらめっこしながらマッピングするしかないワケか。

う~ん、まさかこの本からそんなことを学ぶとは・・・。




■F1進化論1990→2010より、タイヤ戦争

"2007年にトヨタが発表した、2006年時点のラップタイム短縮における各要素の寄与率を見ると、空力40%、エンジン10%、シャシー10%、タイヤ40%に達する"

へー。
そういえば、はそさんも、タイヤのワイド化が一番ラップタイムに効くって書かれてたなあ。

エンジン10%、シャシー10%なのは、空力なんかと較べて、レギュレーションでガチガチに固められているのと、F1の中ではエンジンやシャシーが枯れた技術の集合だからなんじゃないかと思う。
セッティングが決まる・決まらないは重要だし、少しずつは確実に進化しているけど、劇的な効果は生みにくいんだろう。




■F1進化論1990→2010より、シームレスシフト

シフトチェンジ時のトルク切れをなくする技術。
思想的にはDCTと同じ。

ただ・・・・解説・イラストを見てもよくわからなかった。
Motor Fan illustratedのデフ特集なんかを一生懸命みても、いつもこのあたりのギア系の解説はイラストではわかりにくい。
実際にバラけた状態を手で取ってみたことがある人ならイラストを見ればわかるのかな???



●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2010/08/12 11:27:02

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【ECU】Throttle Plate ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2010/08/12 11:47
先ほどのブログエントリ「【書籍】【ECU】F1速報 創刊20周年特別編集 F1MEMORIES 1990-2010(感想続編)」に記載したように、スロットルバタフライの角度と、実際のスロットル開度( ...
【ECU】続 Throttle Pla ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2010/08/13 03:39
昨日のブログエントリ 「【書籍】【ECU】F1速報 創刊20周年特別編集 F1MEMORIES 1990-2010(感想続編)」 「【ECU】Throttle
【ECU】バルブ流量特性」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2010/08/13 10:03
ブログエントリ 「【書籍】【ECU】F1速報 創刊20周年特別編集 F1MEMORIES 1990-2010(感想続編)」 「【ECU】Throttle Pl
ブログ人気記事

夏の車内のおたすけアイテム
槌屋ヤックさん

門司港ネオクラ2020、今日一のエ ...
P.N.「32乗り」さん

ホンチョ君避難
楽農家さん

事故によりミラバン降りることになり ...
闇に舞う蝶さん

CX-30 スポーツブレーキキット
KNIGHTSPORTSさん

ジムニーパブル❗️
3kさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.