• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2010年11月03日

【書籍】Motor Fan illustrated vol.48 エンジンPart1 Japanese ENGINE~

【書籍】Motor Fan illustrated vol.48 エンジンPart1 Japanese ENGINE~ 新横浜宿泊中。
4時にゴキブリを食う夢で叫んで目を覚ましてから眠れなくなったorz....

■Motor Fan illustrated vol.48 ~エンジンPart1 Japanese ENGINE~

慢性的に仕事が忙しく余暇が限られていること、仕事も技術的な内容中心なので限られた余暇では極力頭を使いたくないこと・・・・・などから、最近はすっかりこのテの本を読まなくなってしまっている。
読むのはマンガや、REV SPEEDのように頭を使わんで良い雑誌中心。
REV SPEEDもかなり惰性で編集されてる感が強い駄誌だと思うんだけど、こちらも惰性で買ってしまっている。

MFiを読まなくなった理由はそれだけではない。
ネタが尽きて随分経つので、同じ特集を繰り返す(「○○ Walker」状態)か、なんかクルマネタとしては無理矢理感の強いテーマを特集化した結果オモシロクない・・・・とか。
そういうのもあって、毎号欠かさず買ってきたけど、

 ・vol.45 New Mobility 新しい乗り物
 ・vol.46 自動車のライフ
 ・vol.47 オートマチックトランスミッション完全理解

の3冊は、まだ買いそびれてる。



さて、今号「エンジンPart1 Japanese ENGINE」。

こんな特集を組まれてしまっては買わないワケにはいかない(笑)。



発売日当日に買って、付録ポスター↑を部屋に貼ったり、EJ20とK20Aのページは目を通したものの、それからの1ヶ月半の間、「読もう読もう」と思いつつもなかなか・・・・であった。
・・・が、電車での移動中に読んでみたら、思いのほか面白く、一気に読めた。



特集冒頭に書かれたボア・ストローク比の年代別トレンドについての着眼点は面白い。

特集は、排気量クラス別に、日本の代表的エンジン(基本的に現行のもの)を列挙し短い解説を加えるとともに、そのエンジンの特徴技術を平行してシンプルに解説・・・・といったもの。
ひとつひとつの技術はMFiのバックナンバー等で読んだものばかりなのだが、実際にそれらの技術がどのクルマのどのエンジンで使われているかをイメージしながら読むとリアリティがある。
また、それらひとつひとつの解説も、解説そのものに重きを置いてないので、詳細すぎないのが読みやすく、必要最低限の理解を得られて逆に好ましい。


・ミラーサイクル
・ツインスクロールターボとシングルスクロールターボのメリット・デメリット
・5円弧コンプレッサー
・ノンスロットリング
・エンジン振動の低減方法
・フリクションロスの低減
・ディーゼルの排ガス後処理

・・・など、改めて知識の整理ができて良かった。


各種エンジンとしては、やっぱりミーハーなので1LR-GUE(レクサスLFA)、VR38DETT(GT-R)などはイラストを眺めたり、解説を読んでいて楽しかった。

スバヲタとしては、EJ20、EJ25(BM・BRの)、EZ36、EE20など各種水平対向の仕様・技術の違いなど興味深かったけど、この話は長くなるので、新型(FB)と合わせてまた後日のブログテーマとしよう。




今までに試乗してきた記憶と合わせて「ん?」と感じたのはマツダのL3-VDT(MZR 2.3 DISI TURBO)。
2005年に登場した直噴ターボで「日本初のダウンサイジングエンジンと呼ぶにふさわしい」とのこと。



MFiにはフィーリングのことは特に書いてないので、記事に違和感はないのだが、2006年に発売されたばかりのMPVに乗ったときに

 NAモデル: 非力過ぎて、車重に完全に負けて走らない。
 ターボ: 酷いドッカンターボ

というネガティブな印象を受けたので・・・・・。
ただ、マツダスピード・アテンザではそんなにネガティブな印象は受けなかったし、マツダは特に同じベースエンジンでも車種によって味付けを変えている感が強く、また、L3-VDTも年改を重ねて改良されているのかも。
特にパーシャル領域のリニアリティの部分とかって、ECUの適合で、かなり誤魔化しの効く部分なので。



●書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2010/11/03 05:52:38

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

ぢ〜ぢのオススメ♪ホテル・旅館その2
ぢ~ぢさん

そろそろ?来るかな~ タフト アル ...
シュピーゲルさん

会社の帰りジョイフル❗と荻野目
兄貴の昴さん

やっと本格運用〜😅
龍騎士さん

今日のメニューσ(*´∀`*)
お姫様♪さん

今朝は地元でモーニング♪
kuta55さん

この記事へのコメント

2010/11/03 11:59:58
休日出張お疲れ様ですm(__)m

今回のMotor Fanは面白そうですね。
久しぶりに買ってみようかなぁ。

コメントへの返答
2010/11/03 16:00:12
この次号として、「European ENGINE」も発刊されていますよ。
購入しましたが、まだ読めてません。。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「2020年8月30日の鈴鹿フルコース HONDA VTEC ONE MAKE RACEエントリーしています。
ビート、トゥデイ、S660・・・など軽の方、もっと参戦してください(T_T)
もっと参戦してください(T_T)
https://www.hondaonemake.com/
何シテル?   07/03 20:12
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.