• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2010年11月17日

【ECU】MAF Sensor Scaling 調整

私のROMはOpen Loopばっかりで、ロクにA/F Correctionのロギングができないため、一旦、ノーマルROMに戻した。

で、RomRaider LoggerのMAF測定を行った。





RomRaiderによる、MAF Sensor Scaling自動マッピングをそのまま適用するのはリスキーに思えたので、この自動マッピングによる値の増分を見て、この増分より少し控えめな増分値となるよう、MAF Sensor Scalingをマッピング。





↓これが増分(低MAF電圧周辺)。



エアフロセンサのコンディションやインジェクタなんかにも左右されるので、一概には言えないけど、少なくとも私のB4では、HKSのリローデッド(キノコ)をエアクリに採用した状態ではこんな感じでMAF Sensor Scalingを増やしてやるのが良いみたい。


↓これも増分(中MAF電圧周辺)。



高MAF電圧エリアは、良くわからない。
Scalingの増分を、MAF増大に比例して大きくとるべきかもしれないが、あんまし冒険もしたくないので、「+0.24」を一律オフセットとして増分してやった。



十分に試運転した後のLearning View。
(※ちなみにROMは、ノーマルではなく、私のチューンドROMに対し、MAF Sensor Scalingを適用したもの)



0 - <5.60のA/F Learningは今まで、+7~9ぐらいだったが、0.70に収まっている。

大成功。




ただし、A/F Learning = 0.70で安定しているワケではなく、実際には -2.34 ~ +2.34 をウロついている。



まあ、でも0を中心にウロつくので、かなりMAF Scaling補正はイケてるんだろう。





Open Loopでしか評価できない、高MAF領域のSensor Scalingをどう評価すべきか・・・・・という問題だが、最近、RomRaider Loggerを眺めていて、

「Primary Open Loop Map Enrichment (4-byte)* (estimated AFR)」

「Primary Enrichment Final (4-byte)* (estimated AFR)」

というロギング項目を使えば評価しやすいことに気づいた。
これらは「目標A/F」で、「A/F Sensor #1 (AFR)」と比較すれば、エアフロを評価できる。

ログ処理マクロを改善し、
「Primary Open Loop Map Enrichment (4-byte)* (estimated AFR)」
「Primary Enrichment Final (4-byte)* (estimated AFR)」
のロギングに加え、

「A/F Error (AFR)」

という算出項目( A/F Sensor #1 (AFR) - Primary Enrichment Final (4-byte)* (estimated AFR) )を設けた。



「A/F Error (AFR)」 > 0 : リーン。実際の吸気量に対して燃料供給が少ない。つまり、エアフロセンサが実際の吸気量より少なく検知。

「A/F Error (AFR)」 < 0 : リッチ。実際の吸気量に対して燃料供給が過剰。つまり、エアフロセンサが実際の吸気量より多く検知。




●レガシィB4(BL5A)のECUチューン関連目次はこちら
●レガシィB4(BL5A) 関連目次はこちら
ブログ一覧 | レガシィB4 OpenECU | 日記
Posted at 2010/11/18 00:00:10

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

今さらですが、初Zoom会議 の為 ...
ウッドミッツさん

クルマ界隈の広告表現 80年代から ...
kitakazeさん

第26回エランde走行会、ご参加有 ...
ELANさん

祝・みんカラ歴3年!
別手蘭太郎さん

スマホを機種変更
happy37さん

会社で食べようアリランラーメン
2TG怪さん

この記事へのコメント

2010/11/18 00:30:18
ふむふむ…大変参考になります!

実際レスポンスはどうでしょうか?
コメントへの返答
2010/11/18 12:13:43
レスポンスとして体感できるような何かはないですね。

ただ、発進時のClosed Loop→Open Loop以降のアクセルワーク・クラッチワークのシビアさは若干解消されたと思います。
2010/11/18 12:21:53
OLのMAFは「OL MAF Tool」がいいと思います(一部AirBoy氏のワークシートも使います)。

http://www.romraider.com/forum/viewtopic.php?f=32&t=4863

コメントへの返答
2010/11/18 15:02:47
ありがとうございます!

相変わらず、良く研究されてますよねえ・・・・・。つくづく感心・感服です!

自作のマクロでも、ただ「A/F Error」を差分として表示するだけではなく、CL/OLの仕分け、スロットル開度変化の少ない箇所の抽出・・・などブラッシュアップをしていこうと考えてます。
2010/11/18 13:16:02
解析、お疲れ様です。
この手のエアフロは、サクションも含めて、
対応馬力はどのくらいなんですか?

また、それを超えたときのエアフロ流用など、
定番メニューは、あるのですかね?

P.S.
解析データのグラフなど見せてもらえると、うれしいです。。
コメントへの返答
2010/11/18 15:06:37
そういえば、純正エアフロセンサの上限的な話って、私も気にしたことなかったですし、話題にされているのを見たこともないです。

BL・BPレガシィはノッキングマージンが少なくタービンも小さいので、インプレッサやランエボみたいに大きいブーストアップができないので、エアフロが問題になることはないですが、確かに興味深いテーマです。
DENSOのエアフロセンサ、調べてみます。


解析データ・グラフはどんなものをご覧になりたいですか?
今回のMAF校正の実走ログ(ノーマルROM)と、校正後の実走ログ(チュードンドROM)なら、xlsデータでお渡しできますよ。
2011/04/11 12:10:50
初めまして,Martenと申します.
古い記事の掘り起こし申し訳ありません.私もOPEN ECUにてROMチューンを行っています.
まとめられている記事をいくつか拝見していくつか気がついたことがありますので,コメントさせていただきます.

CL MAFのスケーリングには,ROM Raiderは使用されない方がよいですよ.
ROM RaiderのMAF Tabでは,目標空燃費が14.7で固定となっていますが,実際はECUはCL領域でも目標空燃費をいろいろと変化させています.

また,吸気圧によってEngine Loadの補正も入っていますので,こちらを殺してからMAFのスケーリングを行い,その後こちらの補正を行うのが王道です.CL→OL遷移のあたりのアクセルワーク等がシビアとおっしゃっておりますが,これはこの辺の補正を行うとかなり改善します.特にキノコへのエアクリを交換されているようなので,同時にレゾネーターの撤去もされていますよね?レゾネーターを外すと,吸気圧によるEngine Loadの補正が大きく狂いますので,効果があると思います.

http://www.romraider.com/forum/topic4911-60.html

OL領域のMAFスケーリングの補正はWideband O2センサーの導入なしに行うのは結構危ないかもしれません.すべての値を0.24g/s足されていますが,ほぼ効果なしでしょう.どうせなら,一律5%ぐらい増加させた方がよいかと思います.交換後のインテーク直径/純正のインテーク直径の値がわかれば,それをかけてしまうのもよいかもしれません.

長々と書きましたが,参考になればと思います.今後とも情報交換お願いします.

コメントへの返答
2011/04/11 12:40:26
はじめまして。コメントありがとうございます!

> 実際はECUはCL領域でも目標空燃費をいろいろと変化させています.

そうなんですか!?全く知りませんでした。
CL用にClosed Loop Fuelingみたいな目標AFRのマップもあるんでしょうか???

私のROMは極端にCL領域が狭いので(ちょっと走りだすとOL)、CLの目標空燃比が問題になることはあまりないですが、MAF校正時はノーマルROMに戻してCLで計測しているので、確かに問題です。


> また,吸気圧によってEngine Loadの補正も入っていますので,こちらを殺してからMAFのスケーリング

私の今までの認識(誤解?)だと、CL時は14.7の一律目標だと思っていたので、CLではEngine LoadをX軸とするマップを参照しないのかと思ってました。(つまり、MAF校正時は吸気圧補正は関係ないと思ってました)


レゾネータは外してます。

http://minkara.carview.co.jp/userid/242406/blog/6854461/
http://minkara.carview.co.jp/userid/242406/blog/9506403/

(↑以前は随分といろいろ考えて検証してたんだなあ・・・・)

吸気管内のレゾネータの位置、エアフロの位置関係で吸気圧がシビアに絡むのかもしれないですね。

ちなみにMAFの吸気圧補正は、BL5の前期型と後期型、GRBなんかで「煮詰め方が違う」のではなく、全く思想が異なる真逆のようなマップなので、何を信じていいのかわからなくなりますね。。
たぶんBL5Aのノーマルマップの思想が間違ってるんだと思ってますが(・・・ただ、ここを弄ると、全てのマップに影響するので、今更触らないようにしてます)


A/F Learningは、一旦MAF校正したりして、一旦ゼロに近づいても、2~3ヶ月放置してみると、正逆が変わっていたり、大きく値が変わっていたり・・・と、なかなか難しいですね。


また今後もいろいろ教えてください!
2011/04/11 15:17:07
CL時の目標空燃費については,CL Fueling Targetだか,Final Fueling Baseだかをロギングすればよかったと思います.なにぶん記憶が曖昧なので,どの項目だったかはっきりしません.スミマセン.
また,Engine Loadの吸気圧補正については,もしログが残っていたら,AF LeraningとAF Correctionの和をRPMに対してプロットしてみてください.どこかに谷や山ができていれば補正が必要になります.結構きれいなグラフになるので,一目瞭然ですよ.

後,最後のA/Fエラーに関しては,測定値からターゲットを引いて,さらにターゲットで割って,パーセンテージに直した値でMAFスケーリングすることになります.が,上でも述べたように,wideband O2センサーなしでやるのは危ないと思います.ちなみに,GRBでは純正センサーのリッチ側は,11.2ぐらいまではあっていたと記憶しています.それ以上に濃い場合はずっと11.2を指しっぱなしだったかと.

私のフォトギャラリーにこのあたりをチューニングした際のデータを参考資料としてアップしました.時間があるときにでもご覧ください.
コメントへの返答
2011/04/11 19:20:10
> CL Fueling Targetだか,Final Fueling Baseだか

BL5Aでもロギングできたかなあ・・・・。
今週、時間のあるときに見てみます!

> AF LeraningとAF Correctionの和をRPMに対してプロット

MAF校正に使用したデータ(ノーマルROMに戻した仕様)では、アイドリングに変な山がある以外は、山や谷はないです・・・・が、今のROMで確認してみたいと思います。
(CL領域がほとんどないROMなので、あまりロクなデータが取れない可能性がありますが)


> それ以上に濃い場合はずっと11.2を指しっぱなし

BL5でも11.15までしか測れないのですが、これはECU側での制限もかかっているので、下限値「Front Oxygen Sensor Rich Limit」を変更するともっと下まで表示することもできます。

http://minkara.carview.co.jp/userid/242406/blog/14307539/

ただ、実際にはワイドバンドO2センサの精度が信用できないので、表示できることに意味があるかどうかは微妙なところですね。

フォトギャラリー、スゴく参考になります!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.