• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年05月06日

【試乗】Subaru Vivio M300 Type-S (E-KK3)

【試乗】Subaru Vivio M300 Type-S (E-KK3) サーキットでのB4の事故以来、代車としてお借りしていたヴィヴィオ。(誠にありがとうございました)


昔(1994年頃)、K-CARスペシャルという軽自動車専門の雑誌を何回か買ったことがある。
その巻頭だか巻末に、毎号、各軽自動車の最高速だとかゼロヨンだとか筑波のラップタイムだとかのランキングが掲載されてた(と記憶している)。
当時はABC(AZ-1、ビート、カプチーノ)の全盛期で、他にもアルトワークスだとかイケイケな軽が多かった中、多くのランキングでヴィヴィオがトップとなっていて、

「ヴィヴィオってなんなんだ?スゲーな」

と思ったものだ。


ヴィヴィオ、WRCにも出たよね。
マクレーの運転で。サファリラリーに。
そんなレースヒストリーもステキだ。


で、そんなヴィヴィオのレポート。


■Subaru Vivio M300 Type-S (E-KK3)

Subaru Vivio M300 Type-S (E-KK3)

●エクステリア

ヴィヴィオのルックスが好き。

ヴィヴィオ リアビュー

デザインの良し悪しはわかんないけど、心に響くルックス。
私はGC・GFインプレッサのデザインが大好きなのだが、ヴィヴィオはGC・GFに通ずるデザインだよね。


●インテリア

ヴィヴィオ 内装

内装のデザインもとても良いと思う。
無駄のないデザインで、好感がもてる。

着座位置はやや高めだが、そんなに目線が高い感じや、腰高感はない。

ペダルレイアウト、フットレストも適切で、ブレーキングは自然に左足をデフォルトとすることができた。


●諸元

エンジン諸元
 最高出力: 48[ps](35[kW])/6400[rpm]
 最大トルク: 5.6[kg・m](54.9[N・m])/4000[rpm]
 種類: 水冷直列4気筒SOHC
 総排気量: 658cc
 内径X行程: 56.0mm×66.8mm
 圧縮比: 10.0
駆動方式: FF
トランスミッション: CVT
車両重量: 670[kg]

この車両は4WDではなくFF、スーパーチャージャーではなくNA、MTでなくCVT。
ベーシックなモデル。

たぶんノーマル・・・だと思う。



●運転してみて

<ボディ~足回り>

まず感じるのが、剛性感があるということ。
同年代の他社製の軽自動車はどうにもペラペラ感が強いのだが、ヴィヴィオにはしっかりとした剛性感がある。

(少なくともかつての私は)鈍重なクルマには剛性感があるように錯覚しがちで、逆に軽快なクルマには剛性感がないように錯覚しがちだったが、ヴィヴィオは別に無駄に重いワケでもなく、ブッシュやなんやの味付けでの「剛性感」ではなく、実際にフレーム剛性が的確に確保しているように思える。


パワステの味付けも軽すぎず、重すぎず、好み。
ダイレクト感があって良いと思う。


足回りについては、ロールやピッチングの大きさよりも、応答の遅さが目立つ。
これはこれなのだろうが、個人的にはもっと減衰を落としたり、バネレートを上げて固有振動数を上げてやったり・・・の方が好み。
でもちょっとした変更でグッと良くなりそうな雰囲気がある。



<エンジン>



エンジンはスバルなので、軽にしては珍しい4気筒。
極上の4気筒というワケではなく、直4なりの最低限の雑味などはあるが、安っぽい感じやイヤな感じの雑味ではない。直4エンジンの平均点以上は十分に達成していると思う。
少なくとも一般的な軽の3気筒よりははるかに大人なテイスト。

ただし、NAなので走らない。
ベタ踏みしても車速は上がらない。
特にフル乗員のときなど、全く走らない。
踏んでも加速せず、燃費だけが悪くなりそうなので、そもそも踏むこと自体をしなくなる。


<CVT>



ドライブトレインはスバルお得意のCVT。
「Dモード」と「Dsモード(たぶんスポーツモード)」がある。

Dモードでゆっくり街乗りあるいは巡航しているときはそんなにCVTのネガティブさは感じないが、急加速時と急ブレーキ時は、前後のプーリーの回転差を吸収しきれていないのが良くわかり、ベルトが滑ってるどころかたわんで波打つ姿がイメージできる(本当にそんなことになっているかは不明)。


Dsモードの制御はかなり不自然だ。
エンジン回転数が5000rpm付近にホールドされ、エンジンを一定回転に保ったまま、CVTのみで加減速するような制御。

ずっと回転数が5000rpm付近なので、まず、燃費が極悪となりそうでゾッとする。

また、タコメーターのレッドゾーンは7500rpmからなのに、ベタ踏みしても5500rpmぐらいまでしかいかないのも不自然だ。

更に、アクセルを放しても、エンブレが効かず、5000rpm付近を維持しようとする(かなり緩慢に4000rpmに向かって下がるが)ので、これもスポーツモードとしては謎だ。


CVTとしての制御がまだ熟成されていなかった時期はこういうもんだったのかなあ。
ベルト駆動CVT自体には全く魅力がないし、スバルR1とかのようにせっかくのCVTなのに多段変速モードがあったりするのも不自然だと思うんだケド、TCUがイジれて多段変速の変速比を好きに設定できたりしたら面白いかも。
特にサーキットなんかでは、コースに合わせて変速比をソフトウェアのみで変えることができたら、それはそれでさぞ楽しかろう。




●総評

見た目が好きなのに加え、クルマとしての骨格としてはとても良いと思った。

最近の軽自動車は各社クオリティを上げてきてるが、同時にかなり重くなってきている(衝突安全のため)。
そのあたり、ヴィヴィオは軽量と剛性とのバランスがとても良いと思う。

ベースグレードとしてのパワー不足、CVTの残念さはあるが、ベースがしっかりしているだけに、スーパーチャージャー、5MT、4WDのRX系モデルは面白いんだろうなあ・・・と思う。
RX系モデルで、車高調、フルバケ+ローポジレールを投入すればかなり楽しそう。





●試乗記関連目次はこちら
ブログ一覧 | 試乗記 | クルマ
Posted at 2011/05/06 22:36:33

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

茨城 ♪
reicolin-navigatorさん

ニックネーム改名📝🆕
SURF808@styleworksさん

トリミングスクール合間のランチへ
ユーレヴォさん

美味い味 552
ライト パープルさん

今日のモエレ・ソロ ~ さとらんど ...
里美さん

【シェアスタイル】新しいものはいい ...
株式会社シェアスタイルさん

この記事へのコメント

2011/05/06 22:57:08
サーキットの件大変でしたね
昔オーバーレブでエンジンブローさせたのを思い出しました
こうしてブログをUPして頂けると嬉しく思うのは
私だけじゃないはずです(^O^)
またいろいろ教えて下さいm(_ _)m
vivioと言えばCMが好きでしたね(笑)
最近の軽は、剛性が上がった分ヒラリ感がなくなってますね
660のNAは昔も今も走りませんね(笑)
ターボでようやくって感じです
コメントへの返答
2011/05/06 23:09:18
サーキットでの事故よりも、結局B4を修理できなかったことにまだ凹んでる毎日です。。。

vivio、CMはあんまし記憶になかったんですが、コメントを見て、いろいろYouTubeで見ました。
懐かしいですね~。

最近の軽、車重が重くなってるのがフレーム剛性ばかりなら走りは向上する方向ですが、側面衝突用にドアが分厚くなったり・・・と走りの向上はあまり見込めないところの重量増ですよね。

軽量化のテクノロジーは日々進化してますが、ほとんどが材料系の進歩なので、コストをかけられない軽には導入されるハズもなく・・・
2011/05/06 23:40:34
vivio、昔のカノジョが乗ってた。
白色かつベースグレードで一見すると商用車。
ただ、MTで、小気味よい運転をする人だった。

長期間お付き合いしたのはその人と現妻のみ。
どうやら私はMTを颯爽と操る女性がスキなようです。

と、この記事を読んで昔のことを思い出し自分語りしてしまった。失礼。
コメントへの返答
2011/05/06 23:47:13
昔のカノジョのことをこんな場で書いていて良いのかな?(笑)

私もMTを颯爽と操る女子は好きだケド、残念ながら出会いがないです。(出会いがあったとしても、失恋記録を更新しただけだと思うケド(笑)

ウチの妻も、haji.家のようにスパルタンなMT車がOKな妻だったら、いろいろと助かるんだケドなあ・・・。
いろいろと悩ましい毎日です。
2011/05/07 00:21:42
なにげにRX-Rの値段は中古のくせにえらい高いです。
大体60万~ぐらいでしたね。
(;´Д`)

代車で借りた事がありますが、
かな~りよく走るクルマですヽ(´ー`)ノ
コメントへの返答
2011/05/07 07:39:17
一回乗ってみたいなあ・・・。

中古車は劣化が早いだけに、人気車で程度の良い車両は、普通車以上に値崩れしませんね。
ビートも、程度の悪い30万円台か、程度の良い90~100万円・・・・という二極化状態が何年も続いてます。
2011/05/07 00:53:08
最近の軽は装備が充実しててビックリです。 その分高価になって更にビックリですが。。。

でも軽って交通の流れに乗って走ると、vivioの謎のDs制御に限らず結構燃費悪いですよね。

余談ですが、、、  ウチの嫁はMTが好きです。 インプ購入の際もMTにしたらと言ってましたが、軟弱ATを選んだのは僕でした(^_^;)
エヴォ嬢が来てからは、嫁は喜んで乗りまわしています(苦笑)
コメントへの返答
2011/05/07 07:45:37
デカい、重い・・・ですよね。
最近の軽の重量増は660ccではもうムリがあると思います。

yuriapapa家の奥様もMT好きですか。
結構いらっしゃるんですね。
アバルトは大人の女性が乗ってるとより絵になりますよね!!!
2011/05/07 01:12:48
この頃の軽は熱いのが多いですよね~♪

やはり軽さは武器ですね。

私のソニカより100㎏以上も軽い!!
これはデカいですね。

ソニカは無理なので、155で軽量化に向かおうかな・・・
コメントへの返答
2011/05/07 07:49:03
もう最近の軽自動車は「軽」自動車じゃないですから(笑)

衝突安全の重要さも良くわかるんですケドね。
かといって、カーボンや高張力鋼板を多用して軽量・高剛性にしたらコストメリットがなくなり、なんのための軽規格がわからなくなる。
難しいですよね。

155は内装全部剥がしましょう!!
2011/05/07 06:16:53
実は僕の昔の彼女も…(笑)

スーパーチャージャー付きでしたが
レガシィに夢中だったので無関心でした^^;

言われる通り、よく見るとお尻がちっこい
GCみたいですね♪
コメントへの返答
2011/05/07 07:51:02
嗚呼・・・どいつもこいつも!!!(笑)

スーパーチャージャーには不思議と縁がないんですよね。
(トヨタとスズキが好きじゃないから「不思議」でもないのか・・・)

一度、軽1BOXを探してるときに、スーチャのEVERYに乗ったときは、ジャジャ馬っぷりにビックリしました。
2011/05/07 06:44:18
数年前迄専門職でしたので、一時期ヴィヴィオだけて三台も所有してました。
NACVTにスーチャー純正の足回りを移植したり、FFスーチャーでブーストアップしてジャジャ馬で楽しかったですが、理想のAWDスーチャーは遅くてガックリでした。
R2のスーチャーではコンパクトカー的にキビキビ走りますけど、
ヴィヴィオはニューミニに非常に似てたスポーツカーですね。

再度ヴィヴィオとビートはサードカーに欲しいですね。

華子
コメントへの返答
2011/05/07 07:54:06
ヴィヴィオ3台ですか・・・・。
職業柄とはいえ、変態ですね(笑)

AWD仕様は意外とダメなんですかね??
昨夜、ヴィヴィオ返却時に、チューンド・プレオで家まで送って頂いたんですが、それもFFでした。

「サードカー」・・・・。
「セカンドカー」の妻への申請に難儀している私には遠い存在の言葉です(笑)
2011/05/07 07:51:26
元VIVIOオーナーの僕としては嬉しい記事でした。
本当にちっちゃくてがんばる奴です。
なつかしいなあ。
コメントへの返答
2011/05/07 07:56:10
おお、元オーナー様。

CVTが残念な以外は、本当に良いクルマでした。
代車期間中、かなり気に入って乗ってました。
2011/05/07 07:56:19
こっちではスバル最速はVivioっていわれてますもん。
ある町のお山では 上りも下りも最速だとか(爆)

RX-Rがほしいんですよね~!!
コメントへの返答
2011/05/07 08:00:14
「酷道」とか、タイトコーナーが連続するような狭いステージでは最速でしょうね!

昔、激狭の峠で、ビートに置いてかれたことがあります。
しばらく進んだらビートが溝にハマっていたので、助けましたが(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.