• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年06月19日

【書籍】F1 HUMAN GRAND PRIX

【書籍】F1 HUMAN GRAND PRIX ■F1 HUMAN GRAND PRIX

出版: 白泉社
写真・テキスト: 大和国男
初版発行: 1989.10.21


これも図書館で借りてきた。
マジメに探せば、当面は図書館の書籍で我慢できそうだ。


1989年に絞ったF1写真集。

そう、あの時代。
mistbahnは中学3年生。
もっともF1に熱狂していた時代。
フェラーリやマクラーレン、ウイリアムズなんかは見ないでも描けてしまうぐらいハマってた時代(もっとも、現代よりもマシン自体シンプルだったんだケド)。


セナ、プロスト、ベルガー、マンセル、中嶋、ブーツェン、カペリ、グージェルミン、ピケ、パーマー、ナニーニ、ハーバード、亜久里・・・・

マクラーレン、ベネトン、フェラーリ、レイトンハウス、アロウズ、ローラ、リジェ、ウイリアムズ、ロータス・・・・


写真集を眺めている私にとっては「あの時代」は懐かしい過去だが、本の作り手にとっては「現在進行形」なワケで、熱さが伝わってきて良い。


どうもこの写真家の大和氏はベルガー贔屓なようで、ベルガーの写真が多いのもベルガーファンだった私には嬉しかった。
「ベルガーって、カッコイイと思う」
という一文も掲載されていた。

今思うと、濃紺に赤のアクセント・・・という私のB4のカラーリングはベルガーのヘルメットへのオマージュだったのかも。


写真集としてはステキ過ぎて、我が家にも一冊置いておきたいぐらいなんだケド、写真に添えられているテキスト(フレーズ)がなんかマヌケだ。

「まるで養鶏舎のようだ、なんていったら悪いかなァ?」
「マンセルはイギリス人。」(←だから何やねん!別に英国だからどうって写真じゃない)
「マネトロンのオーナーは億万長者。」
「ロマンチック快走。」
「く・う・ね・る・坂道。」
「マンセルは昔、お巡りさんだった。」(←だから何やねん!)
「ブーツェンはベルギー人。」(←だから何やねん!)
「アイ・アム・ナニーニ。」
「カペリは普段、めがねをかけている。」(←だから何やねん!)
「雨が降る日は天気が悪い。」(←どうツッコんで良いのか・・・)

などなど。

狙ってるのか、天然なのか・・・

写真だけで十分ステキな写真集なのだが、このマヌケなキャッチの数々がこの本を台無しにも特別にもしている。



●書籍レビュー関連目次はこちら
●F1関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2011/06/19 23:59:10

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

公開交通取締情報データ更新のお知ら ...
セルスター工業さん

最近また売れてきています!シーケン ...
pika-Qさん

結局は、
1・2・3・○○!!さん

そろそろ遊びの準備です③
槌屋ヤックさん

ぼ・ぼ・ぼん!の上半期‼️
☆ぼんちゃん☆さん

お客様が型取りにいらっしゃいました ...
FJ CRAFTさん

この記事へのコメント

2011/06/20 00:15:00
あの時代、コピーライターという職業が社会に認知され脚光を浴び、今から見ると間抜けな素人作成コピーが横行してた。
当時の雑誌を見ると、本来は硬派なはずのホイール屋さんの広告とかにも必ず、訳の分からないコピー(およびちょっとした小咄とか)が載ってる。
そういうのを見ると、自分の小・中学生の頃の恥ずかしい言動を思い出すような感じがして、こそばゆくなる。
コメントへの返答
2011/06/20 23:03:58
ああ、糸井重里を代表選手として、スゴく脚光を浴びてたね。確かに。

同様に、1997~2000年ぐらいは、Macの急速な普及で、イケてないグラフィクス作品(フライヤーなど)が蔓延してたのをなんか連想しちゃった。
私も思い出したくないグラフィクス作品がたくさん。。。
2011/06/21 04:49:43
この頃はF1にWGP、仲間ウチで見てるのが普通の時代でしたね。

個人的にこの頃はデザインに興味があったので、F1もGPマシンもそういう観点でも見てましたねぇ。

ギリで昭和ぽいフレーズが逆に味わい深い気も・・・(笑)
コメントへの返答
2011/06/21 07:48:40
毎回ビデオに録画して、ビデオテープをズラリと並べてました。

私は運動神経が悪かったので、中坊ながら自分はドライバーよりもデザイナーやメカ向きだと思い、ニューウェイ、ローリー・バーン、バーナード、マーレイなどに思いを馳せたものです。

昭和最後の年の写真集ですが、一枚だけ写ってた日本の女子の写真がバブル色全開で笑えました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】運転席側エアインテークを塞ぐと弊害はあるのか? http://cvw.jp/b/242406/44125013/
何シテル?   06/25 23:43
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.