• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年10月23日

【試乗】繁原製作所 EVミラ (GBD-L275V改)

【試乗】繁原製作所 EVミラ (GBD-L275V改) 忙しい。午前様帰宅が多い。今週は休みナシ(T_T)
なかなかビートのDIYでのECUイジリが進まない今日この頃。


先日、仕事でおつきあいのある繁原製作所さんにお邪魔したところ、繁原さんところのEVレースカーを少し運転させて頂けた。

ダイハツ・ミラ(元々社用の営業車だったそうな)ベースの、EVコンバート車両。

オンロード車両(=要は公道走行可能なナンバー付車両)のEV体験自体がハジメテな上に、個人的に面白いと思える仕様の車両を運転させて頂けるとは、何たる幸運!貴重過ぎる体験!!(ありがとうございました!)


■繁原製作所 EVミラ

繁原製作所 EVミラ フロントビュー

EV系のレースに出場し、好成績を納めている車両だ。

・2011 Ene-1 GP SUZUKA: EVパフォーマンスチャレンジ部門 総合2位
・SHIKOKU EV RALLY 2011: クラス優勝
・ロングランテスト(琵琶湖1周編): 321km(電池残量7.3%)
・ロングランチャレンジ(テストコース): 520.7km(平均時速44km/h)

鈴鹿のレースでは、他の車両は航続距離重視、低燃費重視でラップタイムは控えめだったりするのが、このミラはEVとしては圧倒的なラップタイムで周回しながら、きっちり完走されたとのこと。
鈴鹿フルコースでのベストタイムは3'16.336、平均車速:106.48[km/h]、最高速:140[km/h]


今度EVテスラとバトルされるらしい。


繁原製作所 EVミラ 斜め後ろ


●諸元抜粋

車両重量: 970[kg](※ノーマルのミラは700[kg])
タイヤ: ネオバAD07 165/60R13
ホイール: パナスポーツ・フォーミュラ1
後続距離: 市街地320[km]、一定速巡航520[km]
搭載モータ: AZURE DYNAMICS AC24LS
最高出力: 47[kW](=63.9[ps])
最大トルク: 92[Nm]
搭載電池: リチウムポリマー 33.7[kW]
2速減速機
サスペンション: BILS製ネジ式車高調40段調整
ブレーキパッド: エンドレス MX72K


繁原製作所 EVミラ インテリア

ブリッドのフルバケ、そしてロールケージ。



■運転してみて

エンジン車なのかEVなのか・・・・という以前に、B4を失ってからフルバケに座ること自体が久々だったのでテンションが上がった。
ロールケージ入ってるし。
フルバケのタイトさは気持ち良いのだが、フルバケやのに、やたらとヒップポジションが高いのが不思議な感覚だった。


操作は独特。

●ドライブトレイン

ギアは、HiとLoの2速が存在するが、今回のストリートでの試乗ではHiに入れっぱなし。
耐久レースでは、状況に応じて切り替えるとのこと。


変速機構とは関係ないのだが、機械式LSDが入っているので、バキバキ言いまくってた(笑)


●ペダル、パワートレイン

ペダルはアクセルペダルとブレーキペダルの2ペダル。

ブレーキペダルを踏めば普通にディスクブレーキ(パッドはENDLESS MX72K)が効くが、回生ブレーキも存在するので、ブレーキペダルでの制動操作はほとんど不要・・・・とご説明を受けた・・・・・・が、短時間の試乗ではそれに慣れることができず、やっぱり左足ブレーキを多用してしまった。

アクセルが独特で、アクセル0%位置は回生ブレーキ、50%位置がフリー、100%位置が最大駆動力・・・という位置づけ。
つまり、アクセルを戻せば回生ブレーキが効く・・・という仕組み。



アクセルワークに対する、インバータの出力制限の切換スイッチがセンターコンソールに存在する。
乗り始めは25%に設定して頂き、ストレートで75%や100%に制限値を切り替えると「おおおお、トルクが~!!」。わかりやすい。

出力100%制限・・・・(別に繁原さんが100%「制限」といってたワケではない)
一見、「無制限」と表現したくなるが、もしこのミラに車載のインバータで過負荷が出せるなら、150%とか200%という設定もありうるので、「100%制限」は「100%制限」だと思うんだ。繁原さんに聞いたワケではないのだが・・・


エンジンの場合、「トルク制限」ってあんまし意味がないというか、ダイレクトにトルク制限するパラメータがなく、何らかの副作用を伴うが、モータだと単純に省燃費だよなあ。
逆に電流を多く流せばトルクは出るが、バッテリーの減りが早くなるのと、あとは熱的な問題か。


定トルクモータは、0rpmに近い低回転数から最大トルクを発揮するのがエンジンとの違いなのだが、そういうのは良くわからなかった。なぜなら、発進時、25%制限をかけてしまっていたから。
100%でも発進してみれば良かった。シマッタ。

そういえば、以前にフリーペーパ「Automotive Electronics Vol.9 2010 Spring」に「ドラッグレースを席巻する電気自動車」って特集記事があった。
そりゃEVはドラッグレースには強かろう。



●ボディ・足回り?



2座の後ろは巨大なバッテリースペース。
重心高いデメリットはあるが、交換等のメンテナンス性重視とのこと。
車重はバッテリーが重いので、通常のミラより200kg程度重く、これに耐えるよう、スプリングレートを上げた車高調と、MX72Kが投入されている。

重さよりも、シートポジションを含め重心が高いのが、レースカーとしては少し気になったが、バッテリー位置を下げていないのは交換等スピーディーなメンテナンス性を重視されたとのこと。

ロールケージが入ってるから・・・なのか、やたらと剛性感があり、それにより良い意味で、ダイレクト、インフォメーションが多かった。

ストリートを、ほとんど直線路を走っただけなので、ピッチングやロールがどうだとか、アンダーだとかオーバーだとか、そういうのは全然わからなかった。



●総合

EVスポーツなんかを取り上げると、まあ、それが良いか悪いか、面白いか面白くないか、だいたい議論になるよね。

いろいろ思うところはあるが、個人的な見解。

・音もなく、シュイーーンッと走るEVレーシングカーがあるとテクノでカッコイイと思う。クルマというより、ちょっとSF的なスタイリングだったらイイなと思う。

・最近の一般的なコンパクトカーの直4NAエンジンが好きじゃない。静かさを追求してるが、雑味が残っていて、それが血の通った振動・騒音ではなく単にチープな雑味だから。
ホンダの直4ですら最近は燃費重視=ダウンスピーディング思想に基づいた仕様で、高回転に向かって全く吹け上がらなく、とても残念。
スバルのEJ20→FB20もロングストローク化で同様の傾向なので、きっとFB16も退屈なエンジンになるんだろう。
ダウンスピーディングと低騒音・低振動を追求して、出来損なっているコンパクトカーの直4なら、いっそモータに置き換えてしまった方が良いと思う。
インフラとかそういうのを無視して、トルクと、フィーリングだけで話をした場合だが。

・でも、一部のエンジンはやっぱり特別だ。私はビートに乗ると、E07A+RSマッハN1マフラーの排気音にスゴく「救われる」気持ちになる。トルク細いし燃費悪いケド。


エンジンは吸気→燃焼→排気。人間と一緒。CO2を吐き出し続けることを含めて。
だからこそ、私を含め、クルマ好きはエンジンに心奪われるんじゃないかと昔から思ってる。
そういう観点から、吸気→燃焼(爆発)→排気・・・・をモロに感じることのできるエンジンじゃなければ、私個人としてはエンジンである意味がなく、そういうクルマならモータ駆動でも全然OKなのだ。




繁原さん、貴重過ぎる体験、誠にありがとうございましたm(u_u)m




試乗記関連目次はこちら
ブログ一覧 | 試乗記 | クルマ
Posted at 2011/10/23 18:46:58

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【試乗】Daihatsu Mira e ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/02/08 12:16
出張先で軽のレンタカーを予約したら、ダイハツ ミラ・イースだった。 アルト・エコと切磋琢磨競ってたエコ軽自動車なのだが、ジャンル的に全く興味をもてず、乗る機会がなかったので、じっくり乗ってみる良い ...
ブログ人気記事

ハーフサイズ。
vfr800ccさん

南ぬ島石垣空港
ズ・ロースさん

トリミングスクール合間のランチへ
ユーレヴォさん

雑誌掲載情報『月刊 GoodsPr ...
セルスター工業さん

【みんカラプレゼント企画】大切なキ ...
VS-ONEさん

簡単にナックル補強でハンドルレスポ ...
ラッシュモータースポーツさん

この記事へのコメント

2011/10/23 21:20:32
昔、ちょっとだけEV(ジラソーレ と EV-PLUS)に乗ったことがあります。
それぞれ、数分くらいしか試乗出来ませんでしたが。。

・ジラソーレ
 >電気自動車 『ジラソーレ』 試乗記 今を切に生きる (広島県福山市の海辺から)/ウェブリブログ
 > http://imawosetuniikiru.at.webry.info/200805/article_14.html

 この試乗記は私のものではないですが、
アクセルの感覚にかなり違和感がありましたね。

アクセル半分くらい踏み込まないと発進しない。
そう、mistbahnさんが書かれているみたいに、50%未満の領域は
回生量の制御にのみ使われていたのかもしれません。

ブレーキは、ステップバンみたいな・・・、倍力装置が無いので
踏み込みが柔らかい部分がありませんでした。
コメントへの返答
2011/10/23 21:45:00
ジラソーレ!!オシャレ過ぎ!!!
どこかのカロッツェリアのデザインかなあ?
サイドビューがステキですが、後ろから見るとちょっとフォークリフトっぽい(笑)

繁原さんとこのEVミラは、ボンネット内に「ブレーキアシスト用エアタンク」があったので、エアでフットブレーキをアシストしてるようです。

アクセルペダルの感覚は独特で、少しつかみ所がないですが・・・
ほとんどのニッサン車のアクセルペダルもつかみどころがなさすぎで、昔からニッサンが苦手です。
2011/10/23 21:29:37
・ホンダ EV PLUS
 >ホンダ・EV Plus - Wikipedia
 > http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BBEV_Plus

もう14年も前のEVですが、これは明らかに
ホンダの普通車(穏やかなやつ)と同様の操作感覚でした。
アクセルも、ブレーキも、パワステも。

ガソリン車から乗り換えても、全然違和感が無いと思います。
ただし、エンジン音は無しですが(w

当時、トヨタもRAV4ベースEVを作ってたと思いますが、
今の三菱や日産みたいに売る気は無かった(カリフォルニア用?)ので、
どちらもFCVに移行してしまいましたが。(^_^;)
コメントへの返答
2011/10/23 21:47:59
EVプラス、知りませんでした。
クルマに興味がなくなっていた時期(といってもランチア本なんかは買ってましたが)のクルマです。

リーフはあちこちのディーラーで試乗できるらしいので、試乗に行こうと思いつつ時間が捻出できていない・・・・

・・・・というのはたぶん言い訳で、無理やりにでも時間を捻出しようというほど興味をもてるクルマじゃないんでしょう。
だってリーフ、形がカッコ悪い。
2011/10/23 22:26:43
これは貴重な経験でしたね!
ミニ四駆のハイパーダッシュモーターみたいに、社外モーターで競ったり、そのモーターのブランドを見せつけながら(エンジンフード丸出しとか??)とか、いろんな楽しみ方がありそうですよね♪
少なくとも騒音問題がクリアになるんで、意外と市街地コースとかが実現したりするかもしれませんよね。
コメントへの返答
2011/10/24 12:31:17
ミニ四駆はちょろっとしかやりませんでした(ワイルドワンとかホーネットとか)が、ラジコンではテクニゴールドとかマブチのチューンドモータでは盛り上がってました(^_^)

ビートにはアフターパーツで、シースルーのアクリル製のエンジン蓋があるんですが、そういえばクルマのボンネットって、カーボンやFRPはあるケド、シースルー仕様ってないですね。
技術的に難しいのかな??

確かにEVのレースは市街地コース、ノープロブレムですね(笑)
最近はサーキットですら騒音規制の厳しいところもありますからね。
2011/10/24 15:31:39
ポリカーボネートだったら、耐衝撃性とか、耐熱・難燃性とかあるらしいので、シースルー・ボンネットが出来そうな気がしますね。

でも、安いクルマにはそもそも無理だろうし、高い車だとボンネットに防音材が貼り付くし、シースルーにしても綺麗に見せられない??

実は、ボンネットじゃないですが、ビートのメンテリッド透明化も含め、
ビートのドアを一部透明化とか、ステップバン・エディックスのサンルーフ化とか、
ちょっとやってみたいなぁ、と昔から考えているんですけどね。(w
コメントへの返答
2011/10/24 18:38:01
F40なんかはエンジンルーム、シースルーですよね。
中坊のときにご近所さんのF40を見せてもらってから20年間以上、未だにそのカッコ良さに悶絶してます(笑)。

確かにおっしゃるとおり、静粛性を求めるクルマだと防音材が張り付いてしまうので、排気音だけじゃなくメカノイズまで含めて楽しむような思想じゃないとNGですね。
気が付きませんでした(笑)

EVなら、シースルー可能ですね。
インバータの「ヒーン」って音や、回生の「キュルーン」って音なんかは対策が必要ですが。

ビートのメンテナンスリッドのアクリル化はスゴく憧れてますが、他にも金と手間をかけるべきところが山積みなので先送りです。。
2011/10/24 16:22:57
んー、乗ってみたい(゜∀゜)

あ、シースルー系のポリカボンネットって、根本的に強度とかの問題よりも
ほんの数ヶ月で醜くなる というのが本音かもしれませんw
技術的には真空成型使っていくらでも作れると思います。
ただ、やはり一発屋的なモノにしかならないので、コストとの兼ね合いだと思います。
一枚20万とかのクリアーボンネットを数ヶ月で醜く汚れ、熱による焼けが発生するのは
一般人にはキツイですね^^

展示会とかで使うネタ的なモノ でしかないですね^^


まぁ、ラジコンのエンジンカーをクリアボディで数回走らせただけで、悲惨な事になるw
という実体験から、クリア化は永遠のテーマですw
コメントへの返答
2011/10/24 18:42:52
なんか、いつの間にかEVネタよりもシースルーネタで盛り上がっちゃってるコメント欄(笑)

そうですよね~
白濁するんですよね。。。

・・・とすると、やっぱポリカじゃなくガラス。
で重量の問題。

昔聞いたことがあるんですが、透明で強い素材(たぶん「強い」は「硬い」じゃなく「粘りのある」だと思うんですが)って、「半透明」じゃなく「透明」だと難しいらしいですね。



ラジコンのポリカボディ、懐かしいなあ・・・。
一台のシャシーでもボディだけは何体も作ったなあ・・・・。
ロードウイザードF1をフェラーリにしてみたりベネトンにしてみたり。
ファイティングバギーに無理矢理スーパードラゴンを被せてみたり。
2011/10/25 07:07:31
引き続き、シースルーネタで。(w
 (大きく逸れますが、昔、透明な電卓とかあったみたいですね)

そういえば、ヘッドライトの素材って アクリル?だと思いますが、
ハロゲン バルブの熱にそれなりに耐え、年単位で透明度を保っていますね。

あれは、表面のコーティングの効果なんですかね??
コメントへの返答
2011/10/25 07:35:33
EVネタなのに・・・(T_T)

シースルーの代表格ちゅうか、世にアピールしたのはiMacだと思います。
iMac以降しばらく、随分とたくさんの飴色のシースルー家電が登場しました。

ヘッドライトの素材ってどうなんですかね??

熊本に出張したとき、なんかスゴい割合で多くのクルマのヘッドライトが黄ばんでて、「なんか火山とか関係あるのかないのか??」と疑問に思いました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.