• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年12月06日

【試乗】Lancia Delta HF Integrale 16v (E-L31D5)

【試乗】Lancia Delta HF Integrale 16v (E-L31D5) 今夜は積年の宿願がひとつ叶い、感無量。
「ここまで長かったなあ・・・・」「長いことクルマ好きやってて、みんカラやってて良かったなあ・・・・」と感慨に浸りまくっている。

今週前半はTMS2011~栃木~日立という出張なのだが、日立前泊に際し、長年のみん友であるおぬまさんにお会いし、mistbahnが長年憧れ続けたランチア・デルタ・インテグラーレ16vを運転させて頂いたのだ!!!!!

・・・ここんところ、出張にかこつけて遊んでばっかりだな、オレ。



■Lancia Delta HF Integrale 16v (E-L31D5)

Lancia Delta HF Integrale 16v Front

これまでしつこいほどにデルタ愛を本ブログで語ってきた私。
その系譜のリンクは以下。

・ブログカテゴリ「デルタに恋して」

「上がりのクルマ」 その15 Lancia Delta Integrale 前編

「上がりのクルマ」 その21 Lancia Delta Integrale 後編

・今年の1月にお邪魔した「新年デルタ中島オフ2011」


2006年に真剣にデルタ購入を検討し諦めたコンプレックスとデルタへの強い憧れは、B4(BL5A)購入後もしばらく持続したが、長年かけてB4を「自分好み」に徹底的にモディファイことで、時間をかけてデルタ・コンプレックスは収束した。
B4のモディファイには、スパルコのフルバケやステアリングホイール、OZのホイール・・・など、随所にデルタ・コンプレックスの跡が見られるのだ。


Lancia Delta HF Integrale 16v Side

デルタの何がそんなに魅力的か・・・・って、もう、とにかくスタイリングが好きなのだ。
WRCでの輝かしいレースヒストリーは確かにデルタの重要な「売り」なのだが、実のところ私は昔から、ストラダーレなデルタのルックスが大好きで、大学時代に学内に停まっていた赤い16vをマジマジと観察したり、ランチア本を次々買ったり・・・。

写真で見ると大きく見えるデルタなのだが、ストリートで実物を見ると本当に小さく、とにかく背が低い。いつもそのギャップに感動してきた。

結構車高が高くてもサマになるのはランチアのラリーカーのステキなところだ。

ドアの取っ手なんかのディテールも好き。

Lancia Delta HF Integrale 16v Rear

特にデルタに傾倒していたのは1996~1997年あたりと、2006年あたりかなあ?
当時はエヴォルツィオーネよりも、ちょっと控えめな16vの方が好みで、2006年にデルタ購入検討のため、門真のYAMASHOさんを訪問したときは、「16vが欲しいんです」と相談したものだ。

おぬまさんの愛車はその16v仕様のインテグラーレ。
今ではエボ1もエボ2も等しく好きだが、とても感慨深い。

ただし、おぬまさんの16vのバンパーは純粋な16vの形状ではない(・・・ですよね?)。(←※ノーマルとのこと。Google画像検索してみたところ、私の良く知る16vの姿は、バンパー中心の大きい穴を欧州仕様の横長ナンバープレートが覆い隠しているので、16vのバンパーには大穴がないと思っていた)



ちなみに、このデルタはガンメタなのだが、ガンメタ色のデルタって他では見たことが全くない。
デルタの中古車を検索していた期間は長かったが、黒はたくさん見かけるが、ガンメタが売りに出てるのは本当に見た覚えがない。
かなりの希少色。
おぬまさんのデルタのボンネットはカーボン!


Lancia Delta HF Integrale 16v インパネまわり

インパネまわり。

いわゆるスポーツカーのインパネではなく、ツーリングカーのインパネ。
なので「囲まれ感」「コックピット感」には欠けるが、このインパネの形は当時の欧州ラリーベース車に多かったレイアウトで、それはそれで雰囲気がある。

特にメータ部は個性あふれるクオリティの高いデザイン。
タコメータ(右端)は、3時が0rpmで、6時が3000rpm、9時が6000rpmで0時が9000rpm。
CW方向だが、6時位置や7時位置からのスタートではないのだ。
鬼カッコイイが、慣れるまではかなりわかりにくい(笑)


MOMOステ(Mod.07ですか?)は、「本日はコレを取り付けてきて頂いた」もので、おぬまさんのステアリングコレクションのほんの一つだ。


おぬまさんのDIYによるフットレストは良い感じ。
左足のフットレスト→左足ブレーキ移動はスムースに行える。(ただし、ブレーキペダル位置は少し右にオフセットされていて、モロに左足ブレーキ向けのレイアウトというワケではない)

ペダルタッチはアクセルもブレーキも気持ち柔らかく、もうちょっとカチッとしている方が好みだが、今回は私もTMS2011対策としてドライビングシューズではなくfaas 300を履いてきているので、faasのソールの柔らかさの影響も無視できない。


操作系にはE30 BMW M3との共通点がたくさん。
天井に埋められたデジタルメータとか、パワーウインドウのスイッチ位置とか。
当時の欧州スポーツ系ツーリングカーの流行りがよくわかる。


Lancia Delta HF Integrale 16v シート

シートは運転席がスパルコのフルバケREV、助手席がスパルコのセミバケ。
最近ビートに投入したのもスパルコREVなのだが、何故だかビートのREVの方がかなり腰回りが窮屈な気がする。着座位置の違いによる体感の違いか、ここ3日間ぐらいで私が激ヤセしたのか・・・?
着座位置はおそらく低いんだと思うが、激ローダウンしたビートに乗っている私には高く感じた。


ドアの内張りもおぬまさんのDIYなのだが、クオリティが高すぎてビックリした。
このまま売り物にできそうだ。カッコ良すぎ。
ビートのドアトリムもぼちぼちやっていかないとなあ・・・・。



●高速道路での試乗

まずは高速道路での試乗。

先日のE30 BMW M3での峠走行で、久々の左ハンドルのMT車にオロオロした上にスピンしかけた後なので、あんまし自信なかったが、デルタはイメージと違って拍子抜けするぐらい運転しやすかった。

M3はちょっとクセのあるシフトと、レーシング時の超絶レスポンスの針の動きに、かなりトリッキーで素早いシフトワークを要求されるが、デルタは落ち着いて普通に操作すれば普通にシフトワークが可能だった。(ホッとした)

おぬまさんのデルタは社外クイックシフト、軽量フラホが投入された仕様とのこと。

シフトワークが楽チンなのは、パワートレイン・ドライブトレインがトルクフルで扱い易く、ズボラ運転ができるから、というのもある。

加速Gはかなりのものだ。速い!
グオーッ!!という強烈なGなので、エンジンパワーだけでなく、かなりローギヤードなのかな?と思った。
今調べてみたところ、ファイナルは3.111と、全くローギヤードではないのだが、各ギアの変速比は

1速: 3.50:1
2速: 2.176:1
3速: 1.523:1
4速: 1.156:1
5速: 0.916:1

・・・と、こちらの特に2~3速がローギヤードなのか。


Lancia Delta HF Integrale 16v エンジン

古いターボ車なので、てっきりドッカンターボを想像していたのだが、ターボラグはほとんど感じなかった。かなりのレスポンス。
低中速のトルクが太く、ただし上に伸びるタイプではなさそうなのは、84×90というボア×ストローク比も絡んでそうだが、タービンの特性にも依存するのかな?(ギャレットのT3というタービンがどういう諸元か知らないのだが)


高速道路のストレートでは、フロントエンジンにも関わらず、リアのトラクションを強く感じ、対してフロントのトラクションはやや希薄に思えた。
もっとも重量バランスよりも、センターデフによるリア寄りのトルク配分やリアデフ(純正)の特性か、或いはおぬまさんの車高調のセッティングの特性か。


風切り音がかなり大きいのは、Cd値0.415というスペックと照合すると納得が行く。


4速ホールドや5速ホールドで、ダル運転をしてみると、風切り音以外は非常に静かで、きちんとクルージングができるツーリングカーだった。



●峠での試乗

日立近郊の、アップダウンが多く、Rのかなり大きい高速ヘアピンなどで構成される、バンク傾斜などを含めて、とてもモダンな設計を感じる、とてもステキなワインディングでの試乗をさせて頂いた。

デルタの中低速のぶっといトルクがかなりマッチしており、上りでも余裕でグイグイと登っていく。
非力なビートでは上り坂はレブまで回し続けても遅いので、この試乗路はまさにビートではなく「ハイパワー4WD」向けなステージ。


デルタに関して偏見だらけだった私は「昔の4WDだし、曲がらないクルマ」を想像していたのだが、ここでも良い意味で先入観を裏切られた。
グイグイ曲がる!!!!!

ノーマルのデルタがどんなんかわからないが、おぬまさんの車高調のセッティングは柔らかめの足でしなやかにシッカリとストロークさせてトラクションを稼ぐ方向っぽい。

ブレーキはペダルインフォメーションがイマイチで(要マスターシリンダーストッパー?)、リニアに効いているのか効いていないのかがわかりづらかったが、ブレーキング時にフロントへの荷重移動が非常にゆっくりなのはわかった。
これも、高速道路でのフロントのトラクションがやや希薄に感じた一因だろう。
車高調の減衰設定はフロント柔らかめ、リアが硬めとのことなので、リアの伸び側が影響しているのか。
もっとタイトなコーナーが連続するようなステージだと減衰設定はマッチしないのかな??

サスの特徴もあり、下りは吸い付くようにグイグイ曲がるが、上りでは私的にはアンダー気味というか、扱いが難しかった。
・・・・というか、ビートでも307SWでも上りでのフロントへのトラクションのかけ方に難儀しているので、私は駆動方式に因らず、上りの運転の仕方が全くわかってないらしい。(B4のとき問題にならなかったのは何故だろう???)
どなたか、レクチャーしてくださいm(u_u)m


峠では「トラクションは常時感じるが、グリップは感じない」という一見矛盾したようなフィーリングだった。
タイヤはネオバAD07だが、溝はかなり少なめで年季を感じる見た目なので、感じ方はたぶん間違ってないんだろう。


ボディに関しては先入観どうり、剛性が低い印象。
特にリア。
ハーシュネスがボディをイジメてる感じが常時するし、コーナリング時もボディがたわんでる感じがする。
ロールケージ入れたデルタ像もまた体験したいもんだ。




●まとめ

デルタは速かった。文句無しに。
そしてデルタは扱い易かった。

「きっと見た目のステキさとは裏腹に、乗りにくく、今となっては遅いクルマだろう」
という私の勝手なイメージは見事に良い意味で崩れ去った。

デルタ、今でも全然現役で、きっちり整備してシッカリ乗りこなせば、インプレッサやランエボなんかと普通に勝負できそうだ。



今はビートというコンパクトMRに心酔・没頭中なので、当面、911やNSXも含めて他のクルマを所有したいとは思わない(維持費の問題もあるし)。

ハイパワーターボ×4WDというジャンルはB4で十分に楽しんだので、もういいかな、とも思ったりしている。
でも、また、そのジャンルで走ることになるなら、やっぱりデルタ欲しいな。
見た目のカッコ良さと引き換えに、「壊れやすさ」「部品の手に入りにくさ」などと付き合うハメになる上に、「速さ」も引き換えにする必要があるかと思っていたが、「速さ」はきちんと付属してくるのだ!



おぬまさん、積年の夢を叶えて頂き、本当にありがとうございましたm(u_u)m
しばらく余韻にふけっておきます!



試乗記関連目次はこちら
ブログ一覧 | 試乗記 | クルマ
Posted at 2011/12/06 00:19:29

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

今度は、塩らーめんです・・(笑)
トヨタ大好きAさん

2020年6月の関西舞子サンデー
*yuki*さん

ホンチョ君避難
楽農家さん

おはようございます。
タワー43さん

茨城 ♪
reicolin-navigatorさん

愛車のX2くんと 出会って2周年! ...
pikamatsuさん

この記事へのコメント

2011/12/06 00:27:38
おぉぉ、おいらの20年前のデルタと全く
同じガンメタ(涙)

クイックシフトも、軽量フラホも入れた
かったがお金がなかったことを今でも、
思い出します(笑)

デルタ、今でもFSWを2分切りで走る方
が多々います。往年の名車は今でもその
魅力は薄れません!!
コメントへの返答
2011/12/06 01:04:20
激レア色だと思うんですが、狭いところでここにも元ガンメタ乗りがいらっしゃいましたか(笑)

Teruzoさんの今のクルマへの投資っぷりは、デルタ時代の悔しさのリベンジですかね(笑)

今度はマジで、Teruzoさんの愛車シリーズに乗せてください!!!
2011/12/06 00:35:39
おぉぉぉ!

とうとう、念願のデルタ試乗ですね。

感慨深いものがあったんでしょうね♪
何だかこちらにも興奮が伝わってくる感じです。

デルタ、やっぱりカッコいいです♪
コメントへの返答
2011/12/06 01:08:42
ええ、意外と良く走ってるクルマなのに、ここまでの道のりが本当に長かったです(笑)

入手したワケでもないのに、私の人生でどうしても必要な通過儀礼をクリアした感じです(笑)。

次は155に乗せてくださいm(u_u)m
今年の3月は京大に何回か行ったんですが、ここ最近京都方面の出張がないんですよね。。。
2011/12/06 03:02:46
我々世代はやっぱりデルタに思い入れがありますな。自分は同じデルタでもインテグラーレよりS4ラブですが。

黒密メッシュのホイールとインパネの黄文字がステキです。そしてドアトリムのクオリティが高い!

タコ、針位置は独特ながらCCWではなくてCWでは? メジャーなところではCCWなのはアストンだけかな。
コメントへの返答
2011/12/06 07:31:55
S4はもうデルタなのか何なのかわかんないですが(笑)
それこそ乗ってみたい。怖いので助手席で結構だケド(笑)

SSRの黒メッシュ、シブいよね。
今となっては、履いてサマになるクルマと人を選ぶよなあ。
BMW635とかそっち系なイメージ。

ドアトリムは「近くで見ても」クオリティ高いのがスゲェです。


CW・CCWの指摘サンクス。ホントだ(笑)
修正しました。いつも細かいチェックが皮肉でなく非常に助かりますm(u_u)m
2011/12/06 07:19:49
読み応えのあるインプレ、ありがとうございます。
よくも悪くも長年思い描いたデルタの印象が分かったようで良かったです。
僕もはじめて乗った時は普通過ぎてつまらなかったんですが、軽量化でクルマの性格が変わった気がします。

ちなみにバンパーはノーマルです。フォグ部分にメッシュを張っているだけです。

デルタの乗り味はおそらく、1台1台違う気がします。それぞれのオーナーがそれぞれに味付けしていて。ノーマルはノーマルで素敵なGTカー的だろうし、ガチガチに作ってあれば乗りにくいだろうし。
旧車の域に達していながら、それなりの速度域も楽しめるのがデルタだと思います。

なお、インプ、ランエボには逆立ちしたって敵いませんよ。(笑)
コメントへの返答
2011/12/06 07:47:13
例によって人様のクルマを好き勝手に運転して、好き勝手なレビューでスミマセン(^^ゞ

おかげさまで、長年の胸のつかえとかモヤモヤみたいなものが取れました(^_^)
本当にありがとうございます。


私の良く知る16vの姿は、バンパー中心の大きい穴を欧州仕様の横長ナンバープレートが覆い隠しているので、16vのバンパーには大穴がないと思っていました。
ナンバープレート移設でこうなるワケですね!


私のビートも素朴なクルマなので、マフラー、ROM、車高調、タワーバー、タイヤといったひとつひとつで、いわゆるノーマルビートとは全く別物になりました。
このあたりは、最近のクルマよりも20年ぐらい前のクルマの方がシンプルな分、ちょっとしたことでテイストやパフォーマンスが変わりやすいみたいですね。

ベージュっぽいアルカンターラ内装仕様のノーマル車両なんかも体験してリッチな気分を味わってみたいです(笑)


いやー、でも、本当に速かったですよ。デルタ。
ただ、インプ、ランエボの方が、たぶんオーナーも他人(=私)も「無茶できる」ことは確かです(笑)
2011/12/06 08:44:14
デルタはラリー好きの僕には堪らない車です!
実は最後のコレッツォーネを買おうとDラーに行くも諦めた経緯があります。
諦めた理由は幾つかありますが、新車でもエアコンが余りに利かず当時の使用状況ではキツイと判断した事が一番でした。ご存知のように名古屋の暑さでは確実に死ねます(笑)

今でも、、と言うより、今でこそ、このデザインが車らしくて素晴らしいと思えてしまいます。
いつか縁があれば所有してみたいです(^^ゞ
コメントへの返答
2011/12/06 13:22:14
コレッツォーネは取引先の方が所有していたので(残念ながら私はあんまし接点ナイんですが)、何回か生で見たことあります。
あの気品もデルタのひとつの側面ですよね~


名古屋の暑さは・・・・異常ですよね。
数字がどうのというより、不快指数が半端ない。
ハッキリ言って夏の帰省はイヤですもん(笑)

デザインは普遍的ですよね。
直線基調のこの手のデザインは今後も出てくるんでしょうが、このシャープさ・凝縮感は不世出なんじゃないでしょうか。
2011/12/06 18:39:10
おぬまサン経由でペタペタと・・・

初コメです!

デルタをベタ褒めですねw

チャンスがあれば所有してみてくださいな
楽しくも苦しい日常が味わえますよ♪

って言うほど壊れませんがね
コメントへの返答
2011/12/06 20:42:03
コメントありがとうございます!

赤デルタ、精悍ですね!
白のホイールとのコントラストがサイコーです!

出世への大きなブレイクスルーが無いとなかなかチャンスは訪れなさそうですが(ミニバン+趣味車=小遣いで維持なのでGC8なんかもあきらめました)、デルタのある生活は楽しそうですね!

> って言うほど壊れませんがね

皆さんそう言われるんですが・・・果たして・・・・(笑)
2011/12/08 01:07:10
子供の頃(たぶん小学生)、赤いデルタを見たことを
20年以上経った今でも覚えています。

もちろん、当時は車名なんて全然分かりませんでしたが、
独特なスタイル(特に、ルーフスポイラーとか・・・)で
カッコ良かったからだと思います。
コメントへの返答
2011/12/08 07:07:23
5ドアの「実用車」レイアウトでありながら「スーパーカー」というオーラも共存してるクルマ、他にはちょっと思いつきません。

ガンバレ、スバル。
ガンバレ、ホンダ。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.