• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年01月29日

【書籍】Motor Fan illustrated 特別編集 「サスペンション・バイブル」

【書籍】Motor Fan illustrated 特別編集 「サスペンション・バイブル」 ■Motor Fan illustrated 特別編集 「サスペンション・バイブル」

出版: 三栄書房(2009.12)


wildspeedさんに頂きました♪(ありがとうございますm(u_u)m)

MFiのバックナンバーで連載されていた「サスペンション・バイブル」(毎号、一車種をクローズアップし、そのサスの構造を解説する企画)を一冊にまとめたもの。
その他、MFi vol.12 「ダンパーのテクノロジー」からも主要な箇所を取り上げて、うまく一冊にまとめてある。


私は創刊号から毎号MFiを買っていたので(B4を失った昨春からはほとんど買っていないが)、あまり「まとめ本」としてのMFi特別編集は買っていないのだが、特定のコンポーネントについて読むには「まとめ本」の方が間違いなくわかりやすい。
MFiの購入についてはいろいろとジレンマがあるので、今後解決していかないとなあ・・・



●CITROEN C4 / PEUGEOT 307

「サスペンション・ウォッチング」で取り上げられている車種のひとつが「CITROEN C4 / PEUGEOT 307」。
確か、かつてのこの連載で最初に取り上げられたサスペンションだったと思う。
当時は307SWのオーナーではなかったので、そんなに興味もなく、読み流す程度だったのだが、今回改めて、307SWのオーナーとして興味深く読んでみた。

ここではC4/307のサスが大絶賛されているのだが、ポイントとしてはΦ36mmという大径ピストン。このダンパーの容量と、フロント、リアともにかなりのロングストロークとしていることが「底付き感がない」「ストローク感たっぷり」の乗り味となっている・・・・とのこと。
なんか機構の紹介と、乗り味の紹介の表現があまりに「そのまんま」でライターとして芸がないと思ってしまった。


私は307SWのオーナーだが、5年前に、同じプラットフォームのC4にも乗ったことがある。
C4の試乗では、おそろしいフラットライド感に非常に感銘を受けた。
インフォメーションがなさすぎて、自分好みでは全くないのだが、まるでホバークラフトのように地面に接地せず浮いているものが、「スーッ」とフラットに走る感覚。

私の好みではないのだが、「トヨタがクラウンあたりで目指しながら実現できていないもの」を体感できた・・・という感動があった。(トヨタは柔らかい足と、インフォメーションのないクルマを作っているが、ピッチングが大きく収まりも悪いため、フラットライドとは程遠い)

しかし、307SWオーナーになってみて、「同じプラットフォームなのに随分とC4と乗り味が違うな・・・」と感じた。307の方が、やや剛性感のあるドイツ足風で、それはそれで方向性としては私の好みなのだが、いかんせん中途半端な感じで、出来損ない感が強い。
本誌にも

"C4と307ではセットアップが差別化されており、全体的にC4はストロークの中で車体姿勢を積極的にコントロールするフラットライド指向、307はやや路面形状に即した動きを見せる。ハンドリングキャラクターも、307のほうがややシュアな印象。ただし、装着するタイヤ(C4がミシュラン、307がピレリ)の差も加味しておく必要がある。"

と評されている。
自分の感想と全く同じなので、少しウレシイ。



"ピストンが大径で油量が多いことで、微細なチューニングが可能"
・・・ということだが、この微細なチューニングがユーザレベルでもできればイイのになあ・・・・。(個人的には307SWのフロントサスの伸び側の減衰は速すぎる)



全体的に割とステキなデザインだと思える307SWの、個人的に残念過ぎる点として、ボンネット位置が高すぎること、フロントの車高が高すぎること、がある。



ボンネット高さはエンジンのマウント方法とも密接に関係するが、この2点のデザイン上のネガには、フロントサスのロングストローク確保も大きく関係してそうだ。
ロングストロークを確保しながら、アッパーマウント方法だけ工夫するとか、なんか工夫できなかったんだろうか?・・・と思う。
サスペンションの設計担当側と、エクステリアデザイン担当側とがうまく連携できていなかった臭いがする。




●対談 国政久郎×牧野茂雄

国政氏のコメントで

"個人的な結論として、剛性が高ければ高いほど、クルマの動質は向上するということ。(中略)「ボディは硬すぎてもいけない」という見解にはまったく賛成できない"

というのが印象に残った。
私は国政氏の信者ではないが、私個人の経験としても、これには同感。





●書籍レビュー関連目次はこちら

プジョー307SW関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2012/01/29 19:16:04

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

田丸城跡登城記念登城印 田丸城跡内 ...
伊勢さん

07月01日~07月07日のみんカ ...
赤雲母さん

スーパーオートバックスTODA(埼 ...
VALENTIさん

令和の食堂で『ひなたセット』を食す ...
影虎。さん

こんばんは。
タワー43さん

結局終わらなかった!
ふじっこパパさん

この記事へのコメント

2012/01/29 20:38:02
私は毎号MFiを買うと大変なので、たまに特別編集版を買って読む程度がいいかなぁと思っています。

それにしてもCTROEN C4/PEUGEOT 307の記事が多少なりとも参考になったようでうれしいです。
コメントへの返答
2012/01/30 12:17:47
私は仕事柄、この手の最新技術の「時事ネタ」収集も必要なので・・・・
なんですが、とても財布が苦しいので、なんとか会社で購読してもらえないかなあ・・・・・と打診を検討中です。。。

ちゃんと「バイブル」として保存しときます♪
ありがとうございました!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.