• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年07月16日

【書籍】GRIP(グリップ) '94 FORMULA1 MAGAZINE

【書籍】GRIP(グリップ) '94 FORMULA1 MAGAZINE ■GRIP(グリップ) '94 FORMULA1 MAGAZINE

出版社: 同朋舎(1994/05)
※2002年に倒産しているらしい


BOOK OFFで105円で購入した1994年のF1ムック本。
ワザワザ「創刊号」とは記載されていなかったが、きっと続編も出版したかったんだろうが・・・・


1994年シーズンの、開幕戦ブラジルGP、第二戦パシフィックGP(岡山のTIね)を終了した時点で編集された雑誌。
つまり、セナが死ぬ第三戦サンマリノGPを目前に編集された雑誌。(出版されたのは不幸にもサンマリノ直後)

この直後に起こる、近代F1最大の悲劇など編集者たちには知る由もなく、本誌は新シーズン到来、開幕のムードに浮かれまくっている。
希望に満ち満ちている。

だからこそ、最近出版される「セナ振り返り本」よりもずっと「痛い」。
「イタイ」のではなく「痛い」。
編集者には決して罪はなく、1994年のサンマリノ直前、リアルタイムでは本当にお祭り気分だったことがリアルに伝わってくるからだ。



待ち受ける悲劇を知らずに、それでも予感させるような記事。
シューマッハとベネトンを新時代のヒーローとして大きく称え、ウイリアムズに移籍したセナの不振に言及。

割と情報量が多い本誌だが、唯二箇所だけ、セナとラッツェンバーガーの死についてのコメントがある。
上のセナとミハエルの記事の右隅がその一つ。

「追悼。  F1GP第3戦サンマリノGPで、A・セナ選手、R・ラッツェンバーガー選手が亡くなりました。心より冥福をお祈りします。なお、本誌の記事はサンマリノGP直前までのデータにもとづき取材、執筆したものです。」

過去を偲ぶ本や、セナ映画以上の「演出のないリアリティ」が本当に痛い。

今の常識で考えれば、本誌はこんなコメントを載せるだけの余裕があったら、発売中止か、発売延期で再編集となったのだろう。
良くそのまま出版したよな・・・。



・・・暗く重たい話はここまでとし、他の記事。


●片山右京

まず、デビュー3年目の片山右京。
2年めを不調に終え、挽回にむけてのハードワークを取材。



●POWERFULL BOSSES F1を支える男たち

ドライバー特集ではなく「偉い人」特集。
ドライバーは旬が過ぎるといなくなってしまうが、この特集記事で紹介されている面々は未だに(あるいはつい最近まで)F1に現存する人々なので、かなり面白い。

業界の妖怪たちが、18年前の本誌ではとても若い。



マックス・モズレー。
ナチスの収容所を模したSMプレイがスキャンダルされて大問題になってたよな。
この写真ではまだ「若き実業家」。凛としてる。




バーニー・エクレストン。
守銭奴バーニー。この写真は若いが、既にダークサイドに片足踏み入れてる風?
バーニーがいかにヤリ手か・・・と解説されている。


ほかにも、ルカ・モンテツェモーロ、フランク・ウイリアムズ、ロン・デニス、フラビオ・ブリアトーレがピックアップされている。
ブリアトーレは随分変わったと思うが、モンテツェモーロ、ウイリアムズ、デニスはあんまし変わらんなあ・・・。




●ON THE WAY TO FORMULA1「F1への道」

レーシングスクールや、F1へのステップを歩んでいる若き日本人3名の特集。
立川祐路ほか2人(ググってもみつからないぐらい消えてしまった人たちなので、名前も伏せとく)の紹介。



中でも立川祐路はフォーミュラ・ルノー・エルフ・キャンパスで活躍している様子がレポートされている。

今もスーパーGTで「イケメンなので」女性ファンがたくさんいる立川だが、この幼い立川の写真は、立川の女性ファンにはお宝になるのかも。

本密着記事では「F1チャンピオン」を夢見る立川、キャンパス内でも実力があることが書かれているが、残念ながら立川、海外レースとはほとんど無縁だったネ。。。
F3マカオには複数回出ているのだが・・・・。

スーパーGTをたまに見ると、立川の走りは光ってると思うんだケドなあ・・・。




他の記事も良かった。

BOOK OFFには稀にこういった「お宝」が100円で放出されている。



●書籍レビュー関連目次はこちら
●F1関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2012/07/16 22:22:42

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

愛車と出会って4年!
ハリガヤさん

ぼ・ぼ・ぼん!の上半期‼️
☆ぼんちゃん☆さん

令和の食堂で『ひなたセット』を食す ...
影虎。さん

最近また売れてきています!シーケン ...
pika-Qさん

☆ 9回目の ありがとう*^^* ☆
カースさん

結局は、
1・2・3・○○!!さん

この記事へのコメント

2012/07/17 00:46:14
94年は開幕時、どんなシーズンになるのかとても期待した思いがあります。
懐かしいですね。アレジが残念でしたが、アンドレッティ、ウィリアムズのセナ、生意気なシューマッハ、アーバイン、変なフェラーリの新車…
なんであんなシーズンになってしまったのか…

雑誌のページを押さえてる小物が気になります?!(笑)
コメントへの返答
2012/07/17 07:48:46
確かに。

セナ→ウイリアムズは、長年マクラーレンでのセナを見てきたファンにとって、ある意味ショッキングであると同時に、ある意味興奮できる材料だったし。

シューマッハは確かに鼻息の粗い新時代の天才・・・という印象でした。


小物は・・・良く気づきましたね(笑)
「パンダだらけ」というゲームです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】運転席側エアインテークを塞ぐと弊害はあるのか? http://cvw.jp/b/242406/44125013/
何シテル?   06/25 23:43
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.