• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年01月30日

【書籍】Motor Fan illustrated vol.71~ル・マン24時間~ Part.1 Audi R18 e-tron

【書籍】Motor Fan illustrated vol.71~ル・マン24時間~ Part.1 Audi R18 e-tron  ■Motor Fan illustrated vol.71~ル・マン24時間~

出版: 三栄書房(2012/09)


「いつの話やねん!」とツッコミが入りそうなタイミングでのレビュー。
購入したのは発売当初なので2012/9頃。
7割がたはその頃に読んで、残り2割ぐらいを正月に読んで、ようやく先週末に読み終えた。

時間の都合上、レビューしてないだけで、買って読んでるMFiもちょこちょこあるが、購入頻度は本当に下がった。
創刊から3年間ぐらいは欠かさず買っていたのだが・・・。

・内容が同じ特集の繰り返しだったり
・以前よりも内容が薄くなったり
・そもそも1680円がツラい

・・・のも一因だが、仕事があまりに忙しいと、貴重なプライベート時間はマンガやF1雑誌みたいな「頭を使わずに読めるもの」に走りがちだ。(←良くない傾向)

最近の過給エンジン特集も買わなくちゃイケナイ義務感に苛まれつつもまだ買ってまへん。。。。



●2012 LE MANS 24 HOURS(※本誌の感想ではない)

今さら感炸裂だが、2012年のルマンは日本人にとっては、トヨタや日産の参加で、すごく久々に盛り上がった年だ。
私も興味をもってCSで、ちょこちょこ実況を見た。(私のル・マンのTV観戦はGrp.Cで止まっていたので、新鮮だった。私は「耐久レース」というジャンルがあんまし好きじゃない)

最終2時間はシッカリ観戦したが、優勝したAudiの連中が、メインスポンサーがタグ・ホイヤーなのに、優勝景品のROLEXをもらって掲げているのがなんとも滑稽だった。



●Audi R18 e-tron quattro/ultra

1個前のブログエントリで述べたように、私は結構ハイブリッド車のテクノロジーネタは好きなので、興味深く読むことができた。

2012年ル・マン優勝車両 Audi R18 e-tron quattro。
史上初のハイブリッド車によるル・マン制覇。


リアは3.7L V6ディーゼルターボで駆動し、フロントはMGU(モータ・ジェネレータ・ユニット)で駆動する・・・という方式。



フロントとリアが、いわゆるAWDのように、ひとつのパワートレインを、センターデフで前後分配しているワケではなく、フロント用、リア用でパワートレインが完全に別・・・というのは、良く共調制御が成り立つもんだ・・・と感心したり、ちょっと怖かったり。
制御速度が遅かったり、共調制御のあり方がマズいと、スピンしたり、前・後輪のどちらかがブレーキになってしまったり・・・とややこしそうだ。


[ディーゼルターボエンジン]



後輪駆動用のV6ディーゼルエンジンについては特に思うところもないのだが、タービンを徹底的に遮熱してあるのを見て、そういえば、Audiのル・マン用のディーゼル・ターボ(R10 TDIだったと思う)のタービン用部品の関係者が、

排気温度は高いほど出力は捻出できるので、ターボエンジンの排気温度は上がる一方。
通常のタービンへの耐熱要求仕様は
 ガソリンターボ:800[℃]
 ディーゼルターボ:600[℃]
が上限だったが、ル・マンのアウディのR10 TDIは1000[℃]だった。


と言っていたのを思い出した。
ベアリングなんかにもかなり過酷なので、材料などの開発も大変だそうな。

ちなみに本誌によると、2012年ル・マンのAudiのディーゼル・ターボのタービンは1050℃耐熱。
ロ・マンだなあ・・・。

"低温時にクリアランスが生じないような設計も重要"

って記述されているが、熱膨張を考えると当たり前の話で・・・・。タービンにもシッカリとした暖機が必要なんだろうなあ・・・。



[MGU+フライホイール]

MGUはボッシュ製。75kW。

ボッシュのサプライヤとしての守備範囲が広い(・・・というか、ハネウェル同様、OEMの多い総合商社的なイメージ?)のは周知だが、個人的には「パワートレイン向けの電動機を作ってるイメージは全くなかった。

ディーゼル用のコモンレールとかECUなんかをゴリ押ししていたボッシュだが、排ガス規制との絡みでディーゼルの雲行きが怪しいことも見据えてのことだろうが、守備範囲の広さと対応の速さは怖いなあ・・・。

エネルギー貯蔵はバッテリーやキャパシタではなくフライホイール式。例によってWHP(ウイリアムズ・ハイブリッド・パワー)製。
「WHP」って略すと、出力・馬力の単位(kW、W、HP、BHP・・・)みたいだなあ・・・。


↑ちょっとスター・ウォーズ的なデザインでカッコイイ♪

フライホイールによる機械式なエネルギー貯蔵って、それはそれでロマンがあるケド、高速(Max45000[rpm])に回るフラホにエネルギーが貯まっているって怖い状況だよね。
クリリンの必殺技「気円斬」がドライバーのすぐ側にあるワケで。



構成図を見ていると、R18 e-tronの場合、フライホイールのラジアル方向直近にドライバーが位置しているようなので、自殺志願のようなレイアウトに見えるのだが、そのあたりは流石に、なんか徹底した安全対策が施されているのかな?


また、MGUと電動フライホイールを結ぶ配線ケーブルは最高90℃まで昇温するそうだ。
いろいろ勉強になる。


・・・・やっぱり、MFi、読まないとダメだなあ。




Audi R18 e-tron quattroだけで、結構な長文となってしまったので、とりあえずココまで。
他の記事の感想は余力があればまた別途続きを。。。。



●書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2013/01/30 23:54:00

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【書籍】LeMans 24 Hours ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2013/08/13 15:11
■LeMans 24 Hours 2013 (auto sport特別編集) ~激闘の舞台裏と最新テクノロジーのすべて~ 出版: 三栄書房(2013.08) 今年のル・マンは可夢偉が出走している ...
【書籍】Motor Fan illus ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/08/05 23:11
■Motor Fan illustrated vol.71~ル・マン24時間~ 出版: 三栄書房(2014/07) 昨年の 「<a
ブログ人気記事

会社の帰りジョイフル❗と荻野目
兄貴の昴さん

熊谷かき氷🍧からの
koni045さん

やっと本格運用〜😅
龍騎士さん

なまら、ジンギスカン風(笑)焼そば ...
atrai 1さん

今朝は地元でモーニング♪
kuta55さん

ぢ〜ぢのオススメ♪ホテル・旅館その2
ぢ~ぢさん

この記事へのコメント

2013/01/31 00:14:14
僕の友達は、フラホのネジを締め忘れて気円斬しますたよ。(^○^)
釜を突き破った程度で済みますたけど・・
海外では、このような事故を'explosion' と表現するようで、直訳ですと、'(爆 ' です。
f^_^;)
コメントへの返答
2013/01/31 12:09:18
気円斬怖い。。。。

「explosion」は個人的にはなんかイメージが違うなあ・・・・
爆発ってもっと、四方八方に拡散するイメージですが、ネイティブが「explosion」というなら「explosion」なんでしょう(笑)
2013/01/31 00:16:25
あっ、忘れますた。こちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=jBONiZ6Hv1c
コメントへの返答
2013/01/31 12:10:09
JDMですな♪

FWが実際に突き破る様子が見られる映像かと思いましたが、残念(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「2020年8月30日の鈴鹿フルコース HONDA VTEC ONE MAKE RACEエントリーしています。
ビート、トゥデイ、S660・・・など軽の方、もっと参戦してください(T_T)
もっと参戦してください(T_T)
https://www.hondaonemake.com/
何シテル?   07/03 20:12
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.