• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年05月25日

【JSAE2013】人とくるまのテクノロジー展2013 Lexus LFA bare chassis

【JSAE2013】人とくるまのテクノロジー展2013 Lexus LFA bare chassis 人とくるまのテクノロジー展2013のレポート続き。

(※人とくるまのテクノロジー展の他のレポートはmistbahn.comの目次をご覧ください)





■Lexus LFA bare chassis



※LFAのご購入希望申込受付につきましては、2010年1月13日 (水) をもちまして、終了させていただきました。


LFAも発売されてから2年半が経過。
発売前のモーターショーなども含めると、枯れたネタなのだが、やっぱりカッコイイので。

以前にも東京モーターショーか何かでこのベア・シャシー展示を見たことがある(ブログアップもしたかも)のだが、改めて。




ヤマハ発動機製 1LR-GUE型 4.8L V10エンジン
最高出力: 412[kW](560[ps])@8700[rpm]
最大出力: 480[Nm](48.9[kgfm])@6800[rpm]










エンジンから遠い位置のラジエター。
ウチのビートのラジエターもエンジンから遠いんだが、重量配分のメリットもあるが、重量増のデメリットもあるよね。

LFAのラジエターの吸込・吐出を観察していると後方に積むことのデメリットはあまり感じず、むしろ空力的にメリットがある設計に思える。
(※対してビートはフロント配置のラジエターに当てる風を空力として活かせていない。もっとも、空力の恩恵を多大に受けるほどそもそも車速が出ないのだが・・・)




やっぱりバッテリーはエンジンから遠くに配置されているのがステキ。




一番ゴテゴテしたインパネを作りそうなレクサス(そしてトヨタ)の高級スーパーカーとは思えない、簡素でセンスの良いインテリアデザインがとても好ましい。

最近のフェラーリやランボの内装よりもイケてると思う。





この素材感!

綾織り・平織りのCFRPにも美しさを感じるが、綾織りや平織りではない、こういうラフな素材感にリアルさを感じてトキメクのは私だけだろうか?



●自動車技術関連関連目次はこちら
●クルマ写真 関連目次はこちら
ブログ一覧 | イベント・展示会・オフ会 | クルマ
Posted at 2013/05/25 19:25:02

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

こんばんは。
タワー43さん

7月7日 七夕です☆
ねこ島さん

祝・みんカラ歴5年!
ND5RC noriさん

田丸城跡登城記念登城印 田丸城跡内 ...
伊勢さん

あったなぁ、あの装備(しみじみ~)
P.N.「32乗り」さん

ビキニトップ(白)とウインドディフ ...
TG craftさん

この記事へのコメント

2013/05/25 19:38:11
LFAのラジエーターは5LのV10と考えると小さくて高効率っぷりが流石ですよね。
左右あるうち左は砂漠方面など暑い国向けのみの装備で基本右一つだそうです。すごいなあ。

以前別の展示会で置いてあったカットモデルをもう一度見てみたいです
コメントへの返答
2013/05/25 20:49:10
2009年の東京モーターショーはサプライヤーゾーンもLFA祭りだったので、ラジエターもカットモデルなど展示されていたかもしれませんね。
http://minkara.carview.co.jp/userid/242406/blog/15566553/

左のラジエターは暑い国向けなんだ・・・(・_・;)
中東の大金持ちに配慮しているのかなあ??
2013/05/25 20:10:05
確かに、ラジエター小さいですよね。

それを見て思ったのですが、
車のラジエターって面積大きいのが普通ですが
バイク(スーパースポーツとか)のラジエターって
馬力の割りに小さいですよね。

やっぱり、
空気の流れがスムーズで効率が良いとか?

--------
でも、もしかすると車のラジエターは
大抵、前側にエアコンのコンデンサーが
ラップして置かれてますよね。

なので、その廃熱に晒されつつ
真夏の渋滞時でもエンジンをしっかり
冷やすことが出来るように
面積が大きいのかな・・・とも思いました。
コメントへの返答
2013/05/25 20:54:10
ラジエターって、ラム圧で空気を当てることも大事ですが、ラジエターを通過した空気がどう抜けるか・・・も大事なんですよね。

エアコンのコンデンサとか、インタークーラとかが重なって配置された上に、ラジエター通過後の熱気がスムースに抜けずにエンジンに直撃するようなレイアウトだと面積大きくするしかないんだろうなあ・・・・。

前置きラジエターだと、斜め下向けにして、ボンネットダクトから上抜きするのが空力的なメリットを考えて、レーシングカーでは定番みたいですが、市販車では車体サイズやクラッシャブルゾーン確保などの要件でなかなか大変ですよね。

BMWなど外車では、「抜き」が優れているとは思いませんが、ラジエターに徹底的に空気を当ててやるためのシュラウドの設計はスゴいですね。

あとはコンパクトなラジエターで多層にするより、単層で面積を広くする方が製造コストが安価なんでしょうね。おそらく。。。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.