• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年07月28日

【カート】舞洲インフィニティー 2013.07.26 VSD動画+走行ログ分析

【カート】舞洲インフィニティー 2013.07.26 VSD動画+走行ログ分析 先日の舞洲インフィニティーサーキットでのカート走行の、GPSロガー(747Pro)+dp3 LAP+Viewによるログを分析。

そして、

「ハジメテのVSD for GPS」

・・・つまり、GPSロガーと車載動画(・・・というかこの場合ヘルメットカメラ動画)の重ね合わせ。


【走行動画】



VSD for GPSを使うには、随分たくさんの環境作り用のソフトやコーデックをインストールする必要があるんですな(ffdshow、L-SMASH Worksとか)。
VSDのサイトの説明がとても親切なので、手順どうりにやっていったら、何もハマることなくできたケド。

レガシィB4のときは走行動画にECUからの計測パラメータを重ねあわせてたケド、Gとかコース図の重ね合わせはしていなかったので、ようやくコレができるようになったのはウレシイ。



【ログ解析】



黄色: 1本目、スタッフさんに先導して頂いてのベストタイム 34.90のログ

紺色: 3本目。一人で走って好タイムが出なかった中でも一番マシだったタイム35.53のログ






●1コーナーのブレーキング~進入



ほぼ一致。
カーソル位置がボトムスピード。(このあたりで良いのか、もちょい手前であるべきか・・・?)

LAP+Viewの舞洲のコース図はイマイチ精度が良くないので、オーバーランしているように見えるが、実際にはクリップにつけている(※動画参照)


●1コーナー立ち上がり



1コーナーのツッコミは同等なのだが、立上りが異なる。

黄色(34.90)はスムーズに加速Gを発生させているが、紺色(35.53)は加速Gがギザギザ。
アクセルワークなのか、リアがグリップしきれなかったのか・・・?


●2コーナー進入



スタッフさんに先導頂いた1本目となるべく同じラインをトレースしていたつもりだったが、3本目=紺色は2コーナーのターンインが早い。

2コーナー、コース外から速い人たちのアプローチを眺めてると、すごく手前でターンインしているように見えるんよね。。

紺色(35.53)は早めのターンインでノーズの向きを変えるのに一瞬アクセルオフしているのがG(X)グラフから読み取れる(カーソル位置手前の谷)。

黄色(34.90)はアクセルオフせずにイケてる。

ニュータイヤも1本目3本目の間に劣化したり?あるいは湿度?
タイヤコンディションの問題なのか、単に自分の走り方なのか(←露骨にライン違うので、自分の問題だろう)。


●2コーナー立ち上がり



2コーナーの旋回~立上りは黄色(34.90)紺色(35.53)もアクセルベタ踏み。

ベタ踏み状態で、このコーナーのアールと、マシンパワーが釣り合うのか、結果として車速グラフを見ると「欧州式」「バランススロットル」のように車速一定となっている(特に黄色)。

速い人たちを観察していると、ターンインでアクセルを一瞬抜く人もいれば、とりあえず全開でターンインして、タイヤと相談しながらクリップ付近で一瞬抜いている人もいる。
・・・というか、同じ方でもコンディションに合わせてアクセル戻すポイントを換えているのだろうか?

やっぱり紺色(35.53)は加減速Gが不安定だが何だろう?


●3コーナー~4コーナー



黄色(34.90)はアクセルオフせずに横Gだけで車速を殺して3コーナーに飛び込んでいる。

紺色(35.53)は3コーナー進入に際し、アクセルオフしている。

3コーナー~4コーナー区間の車速が黄色の方が速い分、黄色は4コーナーのターンインでガツンとブレーキングしている。


●4コーナー立ち上がり



4コーナーの立上りも黄色(34.90)の方があからさまに速くノーズを脱出方向に向けることができている。

荷重移動がうまくいったんだろう。


●7コーナー



以前とにかく苦手だった7コーナー。

黄色(34.90)
紺色(35.53)ともに6コーナーでアクセルオフしてノーズの向きを変えているが、紺色(35.53)では7コーナーのクリップ位置でも減速Gが発生している。
アクセル抜いたとも考えにくいので、縁石蹴りすぎたのか?



●8コーナー~9コーナー



8コーナー~9コーナー間はあまり膨らまない方が良いことを今回学んだんだケド、やっぱり

黄色(34.90): イン寄り
紺色(35.53): 膨らんでる

7コーナー脱出のアプローチとも密接に絡むのでなんとも言い難いが、紺色(35.53)が「わかっていながら膨らまざるを得なかった」のは、やっぱりタイヤなんだろうか?


●10コーナー



ストレートエンド・ヘアピンの10コーナー。

減速Gのカーブは似たような感じだが、黄色(34.90)は最大減速Gをちょっと間維持しているのと、立上り加速G勾配が大きい。

つまり、立上りでかなり紺色(35.53)に差をつけている。



【まとめ】

スタッフさんに先導頂いた走りをトレースしたつもりだったのだが、2コーナー、3コーナーとか、8~9コーナー間とかは露骨にラインも違うので、前走車を追ってるだけで自分のモノになっていないことを痛感。


ラインだけでなく、加減速Gにも差がある。

スタッフさんに先導して頂いたとき、スタッフさんとほとんどタイム差なく毎LAPこなせていたので、ラインをトレースしているだけでなく、ブレーイングポイントやアクセルワークも割とトレースできていたんだと思う。



↑左列がmistbahn、右列がスタッフさん。


ここからは地道な練習あるのみだなあ・・・。


先輩の速い方々、スタッフさん、もし本ブログをご覧頂けてましたら、舞洲でお会いしたときにいろいろダメ出しをお願い致しますm(u_u)m



●カート 関連目次はこちら
ブログ一覧 | カート | クルマ
Posted at 2013/07/28 19:04:19

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

ジムニーパブル❗️
3kさん

夏に負けるな! 爽やかなブルーが涼 ...
ウッドミッツさん

愛車と出会って2年!
☆哲也☆さん

サンバンを洗車しました。😉✌️
S4アンクルさん

結局終わらなかった!
ふじっこパパさん

【夏の投稿企画】『積載性に優れたク ...
みんカラスタッフチームさん

この記事へのコメント

2013/07/29 19:08:40
VIDEO編集楽しくてトリコになりますw

ロガーデータの解析も楽しそうですw
黄色は全体に繋がり重視ですね・・・
コメントへの返答
2013/07/29 20:45:47
VSD for GPS、スキンなんかもあるんですね。
今回はベーシックなものにしましたが、スキン作り(←なんかエロい)も楽しそうです。

スタッフさんに先導頂いたのは3回目ですが、同じように速い方々でも結構ラインやブレーキングポイントが異なります。
今回先導頂いた方は、コーナリングのアールが大きく(大外から入る)、F1の車載動画っぽい感じでした。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.