• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年09月28日

【PP1】【軽量化】リチウムイオンバッテリー SHORAI LFX18A1-BS12 自然放電

【PP1】【軽量化】リチウムイオンバッテリー SHORAI LFX18A1-BS12 自然放電  先日のブログエントリ

【PP1】【軽量化】リチウムイオンバッテリーに交換 SHORAI LFX18A1-BS12

にはたくさんのコメントを頂き、誠にありがとうございました。
電池には詳しくないので、非常に勉強になりました。


皆さんにいろんなアドバイスやコメントを頂いて心配になり、みんカラでSHORAIについて検索してヒットした200ぐらいのブログやパーツレビューを全て読んでみて、

「あんな恐ろしいもの使えない」

と酷評されている方も何人か見つけたケド、実際に使ってみてのレビューではなく、机上の話で・・・

・・・実際に購入・使用されているユーザの間では、

「発火した」
とか
「寿命短かかった」
とか
「過充電でトラブった」

という話は全くなく、

「数ヶ月(~1年)使っているが問題ない」

という内容ばかりだったので、少しホッとした。


で、日曜の午前に交換・試走(=充電)したSHORAI LFX18A1-BS12ですが、キルスイッチを付けずにそのままビートに実装したまま、5日半置いた。

毎晩、電圧を測っているが、いつ計測しても

13.33V

微動だにしない。


確かにメーカの謳い文句どうり、「自然放電は少ない」らしい。



あとは過充電がどうか、やね。


専用のチャージャーは、過充電対策のためというよりは、4セルのバランスを整えるためにあった方が良いものだという情報も見た。
9/29に鈴鹿を全開で走ってみて、SHORAIを使い続けられそうだと判断したら、専用充電器も入手しようかと考え中。




●ビート(PP1)関連目次はこちら
ブログ一覧 | ビート | クルマ
Posted at 2013/09/28 00:39:52

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【PP1】【軽量化】バッテリー(SHO ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2013/09/28 20:37
リチウムイオンバッテリー SHORAI LFX18A1-BS12の固定方法だが、てぇかむさんに 「バイクではゴムバンドでの固定が定番」 ご教示頂き、「良いな」と思った。 シッカリ固定できるし、 ...
【PP1】SHORAI バッテリーチャ ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2013/10/06 21:07
物議を醸したSHORAIのリチウムフェライトバッテリー(LifePO4、通称リフェ)用の専用充電器を昨日注文、今日届いた。 SHORAIのリフェが、街乗りテスト、サーキット走行、1週間放置テスト ...
ブログ人気記事

7月のチンク再生計画
彼ら快さん

Apple Watch アクティビ ...
pikamatsuさん

【シェアスタイル】純正のようなメッ ...
株式会社シェアスタイルさん

【バイク部】今日、7月4日(土)は ...
シュアラスターさん

青森 ③♪
reicolin-navigatorさん

2009年の休暇、セドナからルート ...
パパンダさん

この記事へのコメント

2013/09/28 01:25:42
烈ビート、鈴鹿、楽しみですね。
コメントへの返答
2013/09/28 07:51:45
ええ、仕事が忙しく(今日も仕事)、調整が大変でしたが、無事行けそうです♪
2013/09/28 01:51:51
 >みんカラでSHORAIについて検索して
 >ヒットした200ぐらいのブログや
 >パーツレビューを全て読んでみて、
勉強熱心ですね~。

おかげで、これから使ってみようかと思っている
他の方々が、これを安心して購入することができるんじゃないかと思います。
(^^
コメントへの返答
2013/09/28 07:53:48
電圧計の常設はしていないので、全開時の過充電なんかはテストできていないのですが、テスターでのチェック習慣は付けました(笑)

まだロングランテストではないのです、「安心できる」かどうかはわかりませんが、200人目の人柱として情報提供していきます(笑)
2013/09/28 07:07:11
いやいや、サーキットの前に十分テストした方がいいって。
もちろん、サーキットでオルタネータをぶん回して使った時に問題なければ普段使いも問題ないですが、サーキットで何かあると恐いよ。
コメントへの返答
2013/09/28 08:02:36
ご忠告ありがとうございます。

走行テストとしては、取付時にワインディングではテストしているのですが、現状走りながら電圧を見れるようにしていないのがツライところです。

今晩テストできたらしてみますが、純正バッテリーも持っていっておいて、鈴鹿までの道中でシッカリ全開テストかなあ・・・。

調べてみたらエリーゼ・エキシージなんかではサーキットでの使用実績があるので大丈夫だろうとは思っているのですが・・・。
2013/09/28 10:53:57
結構、有名ショップとかでもSHORAIバッテリーは薦めているので、サーキットでの全開走行も問題ないような気はしますが。
やはり自分も充電制御も入ってない古い車両での過充電が怖くて未だ導入には至りません。
バッテリー側で何かしらの制御機構が入っていれば良いのですが・・・。
mistbahnさんの評価に期待してます(笑)。
コメントへの返答
2013/09/28 15:03:19
私もたぶん問題ないんだろうなあ・・・・と思います。

オルタネータの能力(最大出力電圧)が高いとマズいみたいですね。
コレは調べかけましたが、良くわかりませんでした。。。

人柱頑張ります(笑)
2013/09/28 15:47:07
 >オルタネータの能力
 >(最大出力電圧)が高いとマズいみたいですね。

オルタネータの発電電圧は、オルタの
回転数に依存している訳ではなく、
オルタネータ(発電制御の回路部分)の
温度に依存しています。

 (厳密には、発電電圧を
  鉛バッテリーの 「電池温度 対 充電電圧」 特性のグラフに合わせるべきですが、
 クルマの場合、鉛バッテリーの充電電圧制御の為に
 オルタからバッテリーへ温度センサーを引っ張り出す訳わけにはいかないので、

 一般的なクルマでは、オルタとバッテリーが近い場所
  (同じような雰囲気温度)にあるという前提で、
 オルタ内部温度によって電圧制御されています。
  ・・・もちろん、これは最善な方法ではなくて、妥協案です。)

--------

、という事情から、オルタネータの
発電電圧が最も高くなるのは、
オルタネータ内部温度が
最も冷え切っている時のはずです。
 (例えば、真冬のエンジン始動直後など)

逆に言うと、レース場で
エンジンをブン回している時は、
既にエンジン雰囲気温度と共に
オルタネータ内部温度が上昇しているはずですので、
発電電圧は低めになっていると思います。
コメントへの返答
2013/09/28 16:00:25
詳細なアドバイスありがとうございます。

なるほど、勉強になります。

リフェ、冬の寒いときのセル始動性が悪いらしいのですが(だからといって始動しないワケではないらしい)、そのあたりもオルタの内部温度と関係するんでしょうかね??


> 逆に言うと、レース場で
> エンジンをブン回している時は、
> 既にエンジン雰囲気温度と共に
> オルタネータ内部温度が上昇して> いるはずですので、
> 発電電圧は低めになっていると思います。

ああ、これはありがたいコメントです(^_^)


電圧計、取付が面倒で、スタティックな状態で、テスターでバッテリー端子をあたって測定してますが、走りながらの電圧確認用として、シガーソケットに挿す電圧計ってありなんでしょうか?
2013/09/28 15:51:51
長くなってしまいましたが、、

上記は、知識(本などから得た情報)ですので、
私が実測した訳では有りません。。(^_^;;)

実際は、アイドリング中は回転数が低い為
電流不足で理想値よりも
電圧が低めになることもありますし、

 ヘッドライトON
  &制動灯ON
  &ハザード点滅中
  &エアコン風量最大
  &パワーウィンドウ上昇(窓閉め)中
  &セル始動直後(バッテリー充電量が多い)

、というような電力負荷過大時は、
電圧が 12V を下回る可能性は
大いにありますね。(^^;
コメントへの返答
2013/09/28 17:08:53
謙虚なコメントありがとうございます(笑)

確かに、何事も「始動時」は高負荷ですからね。
(電動機の回転とかポンプ駆動とか他のデバイスでも)
2013/09/28 16:17:14
 >走りながらの電圧確認用として、
 >シガーソケットに挿す電圧計ってありなんでしょうか?
ありです、ありです。(^^

初めて使う
 「シガーソケット用の電圧計」
は、誤差が大きな物もあると思うので、
アイドリング状態で

 ・テスターで、バッテリー電圧を直接測定
 ・シガーソケット用の電圧計

、の 2つの相関性(誤差)を確認しておくと
更に良いと思います。
コメントへの返答
2013/09/28 17:09:51
帰り道にホームセンターかオートバックスに寄ってみます♪

確かにトレーサビリティーの確認は必要ですね(笑)

トレーサビリティーに使うテスターはHIOKIです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「2020年8月30日の鈴鹿フルコース HONDA VTEC ONE MAKE RACEエントリーしています。
ビート、トゥデイ、S660・・・など軽の方、もっと参戦してください(T_T)
もっと参戦してください(T_T)
https://www.hondaonemake.com/
何シテル?   07/03 20:12
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.