• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年10月13日

【PP1】【サーキット】2013.09.29 鈴鹿フルコース Part.6 走行ログ分析 デグナー

【PP1】【サーキット】2013.09.29 鈴鹿フルコース Part.6 走行ログ分析 デグナー 烈ビートRD2 鈴鹿サーキット・フルコース 2013.09.29

走行ログ解析 第4段、デグナー編


GPSロガー: 747Pro
解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)

走行動画はこちら


引き続き、

赤:2nd Best(3'17.817)
紺:Best(3'15.810)

の比較+αで思ったことをメモっていく。


いろいろごツッコミくださいまし。



■セッティング

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14
R:175/60R14
空気圧
 F: 冷間2.05終了直後温間2.20
 R: 冷間2.00終了直後温間2.18
 ※路面温度は普通

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

スプリング
 F:4kg/mm(BLITZ DAMPER ZZ-Rの標準品)
 R:6kg/mm(BLITZ DAMPER ZZ-Rの標準品)

車高調減衰
 F:0段戻し
 R:12段戻し




デグナーは難所(=怖い)と言われているコーナーだケド、私はなんか好きなコーナー。
別に人より速いワケではないが、デグ1もデグ2も楽しい気持ちになる。



■デグナー1つ目(デグ1)



デグナーへの進入の話の前に、ダンロップからの脱出はコレでいいのだろうか?
かなりインベタで回ってる。




↑ダンロップからの脱出はこんな感じ。
私はダンロップのコーナリングスピードが遅いので、「あえて膨らまなくてもタイヤがフツーに横Gに耐えているから、最短距離を走っていてOK」なのかな?



・・・で、改めてデグ1進入について。





ダンロップ脱出から4速のまま行くことも多かったが、この2つのLapでは、ダンロップ脱出してからの短い直線で、ほんの短い区間だケド5速に入れて、すぐにヒール・アンド・トゥでまた4速に落としてデグ1通過している。
これが正解なのか、4速のままで行くべきなのかは不明。


2nd Best Lapも、Best Lapも、ブレーキング開始ポイントは全く同じ。上のコース図の矢印が重なったポイント。
ブレーキングのGも、ボトムスピードもキレイに重なっているので、イケてるブレーキングが否かはともかく、「同じ操作ができている」ことは良しとしよう。



動画で見ると↑ココで125km/hからブレーキング(98km/hまで減速)。
50m看板のちょい手前ぐらい。
自分より速い人のログと見較べても、ブレーキングポイントはだいたい重なるのだが、ブレーキング開始前の車速が全然違う(もちろん私の車速が低い)。



ちなみに減速→加速ポイント(=ボトムスピード)はLaplaceVIEWで見ると↓



・・・で、デグ1のクリップに全く付けることができていないように見えるのだが、記憶の中ではちゃんと鋭角的にデグ1に進入してクリップには付けれた(縁石の角をなめるぐらい)ので、なんかおかしい
車載動画でもクリップには付けれている↓



動画の映像は動かぬ証拠として、この場合、

・747ProのGPS精度
・LaplaceVIEWのコースマップ

のどちらを疑うべきなんだろう?
私より速い人のログも、LaplaceVIEWでは同じようなライン取りで、クリップに寄せることができていなかったので、LaplaceVIEWのコースマップを疑うべきなのかな。


私はデグ1は、後続車に進路を譲るために攻めきれなかったケースが多いのだが、ちゃんと走れたこの2回のLapでは「とても気持ちよく走れた」が、十分に攻めきれているとは言えず、結構ラクラクとデグ1をクリアできていたので、ボトムスピードはもちょっと上げれるのかも。
ブレーキングを遅らせるべきなのか、ブレーキリリースを早めるべきなのか、あるいは安全を見てこんなもんなのか?




■デグナー2つ目(デグ2)





2nd Best Lapも、Best Lapも、ブレーキング開始ポイントはほぼおなじ。
減速Gもほぼ同じ(ヒール・アンド・トゥで4速→3速に落としてる)。
ボトムスピードはほんの少しBest Lapが勝っている。

デグ2のブレーキング開始ポイントやボトムスピードは、速い人と較べても特に遜色ないみたい。(でもまだ攻めれると思う。立ち上がりで縁石いっぱい使うほど膨らんでもいないし)




デグ2のクリップは↑こんな感じ。


デグ2をクリアしてから、アウトに膨らんで、その後、車速とGのログを見るとちょうど立体交差のあたりで、2nd Best Lapも、Best Lapも、車速と、加減速Gに激しい乱れがある
ログだけ見てると、「縁石?」「他車に道を譲ったり、オーバーテイク?」と思ったりするのだが、車載動画で確認してみると、ちょうどその位置で3→4速にシフトアップしている
それにしても・・・という車速とGの乱れは・・・?
ちょうど立体交差の下あたりで縁石エリアからコースに戻るので、シフトアップ操作とそれが重なっていることが原因だろうか?





デグ1もデグ2も好きなコーナーなのは、コーナーの形状もなのだが、私の純正ミッション+純正ファイナルでは、デグ1もデグ2もブレーキングだけでなく、ヒール・アンド・トゥでのシフトダウン=エンブレも効かせての進入だから・・・というのもあるのかな?とも思ったりしている。


続く。



●サーキット走行 関連目次はこちら
●ビート(PP1)関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2013/10/13 07:27:49

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【PP1】【サーキット】2013.09 ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2013/10/14 12:37
一昨日のF1日本GP予選、昨日の日本GP決勝は、自分も鈴鹿フルコースを走った後なので、これまでと違った視点で見ることができて面白かった。 もっとも、F1はラップタイムは1/2未満なのだが(笑) ...
ブログ人気記事

古いスキー雑誌から。
kitakazeさん

今日はお得な日曜日♪お買い忘れは無 ...
VS-ONEさん

【日常のMalaysia】クアラル ...
LEN吉さん

アルミテープの効果って何?( ̄▽ ̄)
まおうアニキさん

レクサスGSの発売終了…私にとって ...
28mikanさん

マツダの気になる未来(3)
タッチ_さん

この記事へのコメント

2013/10/13 20:40:50
>激しい乱れ
トンネルの中ってGPS効かないからとか。。。
コメントへの返答
2013/10/13 23:02:07
今日、F1をTV観戦してたら、ちょうど立体交差下の縁石からの脱出で失敗して砂埃上げてるクルマがいっぱいでした(笑)

でも、私はそこまで攻めれていないので、たぶんそういう事情じゃないと思います。

GPS事情、冗談のようですが、おっしゃるとおりかもしれません。
2013/10/13 22:50:59
こんばんは。

デグナーがお好きとは頼もしいですね。
デグナーは、特に1個目がリスクが大きいので気をつけてください。

ダンロップ立ち上がりはインベタで行けるならそれで最短距離を稼ぐといいと思います。
シフトはアップとダウンを繰り返すロスと、4速のままでレブに当たったり、アクセルを少し抜くロスのどちらがいいか、人それぞれでしょう。
シフトの腕を磨くには前者でしょうが、案外、後者の方がタイムがいい場合もあります。

デグナー1個目は、動画を拝見しても、ほんの少しクリップにつけていないような気もしますが、GPSの誤差かもしれません。

1個目、2個目ともに、少しステアを切り遅れているような気がします。
ボトムはまだまだあげられるでしょうが、少しずつ慎重に。
ブレーキを遅らせるのとブレーキリリースを早める(アクセルオンを早める)のは両方ともですが、高速コーナーの1個目は後者の比重が大きいと思います。

デグナー2個目は、クリップの縁石をまたぐラインや立ち上がりの縁石を超えて人工芝まで行くラインもあります。
縁石またぎは何となく足回りを痛めそうです。

以上は私の走行への改善点などでもあります。

コメントへの返答
2013/10/13 23:10:59
詳細なコメント・アドバイス、いつもありがとうございますm(u_u)m
勉強になります。

先程までF1をTV観戦してましたが、ビートと違って、コース幅いっぱいいっぱいですよね(笑)

ダンロップ脱出~デグ1手前は、現状は最高速が伸びていないので、「ほんの短時間の5速」なんですが、S字~逆バンク~ダンロップを改善して、ダンロップでもっと車速を伸ばせたら、自ずと5速がフツーになるのかなあ?・・・とも思ったりしてます。

> 1個目、2個目ともに、少しステアを切り遅れているような気がします。

デグ1、デグ2とも、より「鋭角に」なんですね。
F1はまるでコーナーなんか存在しないかのような走り方でした(笑)

サーキット走り始めた頃は、早くインに付きすぎる癖があったんですが、それを補正して、今度はインにつくのが遅くなってしまってる感があります。
カートで、アクセルオフやブレーキングで早めにノーズをインに向けて・・・というのは覚えたので、もっとビートにフィードバックしていきたいです。


デグ2はF1見てたら人工芝まくりですね~(GPSの加減速の荒れてる箇所)。
ボディ剛性がシッカリしてたら、それもアリな気がしますが、ちょっとずつ・・・ですね。
私は縁石自体も十分につかえていません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】エアコン関連ハーネス撤去 http://cvw.jp/b/242406/44172691/
何シテル?   07/11 21:43
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.