• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年05月17日

【PP1】【サーキット】鈴鹿南コース 2014.05.05 Part.8 走行分析 ヘアピン

【PP1】【サーキット】鈴鹿南コース 2014.05.05 Part.8 走行分析 ヘアピン 2014.05.05の鈴鹿南コース・デビューの反省会の続き。

1コーナー~2コーナーの反省会
3~4コーナー、S字進入 の反省会
S字2つ目、3つ目 の反省会
ファルケンコーナー の反省会

の続き。

走行動画はこちら。


解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)

LAP+を有償版(spec.S)にアップグレードしてみたケド、使い方がまだ良くわかっていないので、有償版の良さがまだわかっていません。。。



■セッティング(mistbahn)

気温: 天気後報によると17℃
湿度: 天気後報によると
87%(高い!!)

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14
R:175/60R14

空気圧
 F: Lap9は温間2.36~2.38ぐらいじゃないかな(熱ダレ状態。空気圧高すぎ
 R: Lap9は温間2.36~2.38ぐらいじゃないかな(熱ダレ状態。空気圧高すぎ

 F: Lap18は温間2.28ぐらいじゃないかな(熱ダレは更にしてるケド、空気圧はOK
 R: Lap18は温間2.28ぐらいじゃないかな(熱ダレは更にしてるケド、空気圧はOK

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

車高調(BLITZ ZZ-R 近藤エンジニアリング ダンパー仕様変更)
 F:4k、減衰0段戻し
 R:6k、減衰7段戻し

リアスタビ: ハード位置

オープンデフ



■セッティング(のり☆たまさん)

気温: 暑かったとのこと
湿度: 不明

タイヤ:AD07
F:165/60R13
R:175/60R14
空気圧
 F: 温間2.2ぐらい
 R: 温間2.4ぐらい

車高調(Buddy club K-CAR SPEC DAMPER)
 F:6k、減衰MAXユルい
 R:8k、減衰MAXユルい

フロントスタビ: 強化品
リアスタビ: 無し

LSD: 1way




■ヘアピン

ヘアピンは5/5当日は、あんまり考える余地がなく、可能なブレーキングで飛び込んで、立ち上がりはリアタイヤと相談しながら・・・という感じだった。

目線を大事にして走ったつもり。

なので、割とセクタータイムもラインも一貫性があったが、あえて、ダメな例(ピンク)を重ねあわせしてみた。



区間タイム

Lap9(紫): 8.394 ※Lap9はトータルではこの日の自己ベスト
Lap18(桃): 8.623
のり☆たまさん(緑): 8.133

セクタータイムとしては、8.370、8.377など、Lap9(紫)と近いLapが数周あり、ラインも加減速のポイントもLap9(紫)と酷似していたため、あえて、ココでは掲載しない。


ラインとしては、私のログではLap9(紫)と同じ走り方をしているものが区間タイムが良かった


のり☆たまさんがファルケン立ち上がりでコース幅を目一杯使っているのに対し、私はファルケンの立ち上がりをあまり膨らんでいないため、ヘアピンの進入は、ステアリングの切り始め・進入角度や、クリップにつけている・・・など、「ヘアピンだけを切り出すと」、のり☆たまさん(緑)より理想的に見える(震え声)



Lap9(紫)のブレーキングポイント(※ブレーキング開始と同時に3→2速にヒール・アンド・トゥしているのがわかる)


・・・ただし、ヘアピンを捨てコーナーとして解釈して、ファルケンからの下りストレートを重要視すれば、のり☆たまさんのラインとなるのかも、とも思う。





コース図のカーソル位置(△)、車速/Gグラフのカーソル位置(グレー線)がのり☆たまさん(緑)のボトムスピード位置。
私のボトムスピード位置は、これよりちょい後で、クリップ部となってしまっている。

他のコーナーも含め、全般に、のり☆たまさん(緑)は、クリップ手前がボトムスピードになっているようで、立ち上がり重視とも言えるし、クリップまでブレーキを残していないあたり、欧州式のバランススロットルにも近いのかも。

私はつい最近までブレーキを残すのが苦手だったのだが、今回の鈴鹿南ではクルマのフロントが仕事するようになったからか、コーナーが鈴鹿フルや岡国よりタイトだからか、クリップもしくはクリップちょい過ぎがボトムスピードとなる傾向が目立つ。

ブレーキを残す/残さないとか、荷重移動とかではなく、タイトな鈴鹿南のコーナーに対して、ステアリングを切り過ぎているため、加速に移れずにダラダラとクリップ過ぎまで減速を続けてしまっている・・・・と解釈すべきとも思える。

REV SPEEDなんかを読んでいると、クリップ部がボトムスピードとして解説されている場合が多いが、カート走行では、私に関しては、クリップ手前でボトムスピードを済ませている方が良いタイムが出ているのが過去の分析で確認されている



Lap9(紫)のクリップ付近。

目線は先を見ているように見えるが・・・・
サーキットでここまでステアリング切っちゃダメでしょ・・・というぐらい回してる(※270°)。
i!|i ○| ̄|_....


目線の先が立ち上がりの縁石ではなく、もうシケインのことを考えてしまっているかのようだ。



立ち上がりは見ての通り、のり☆たまさん(緑)がコース幅を大きく使っているのに対して、私はLap9(紫)Lap18(桃)も、コース幅を使えておらず、致命的。

コース幅を使う前提なら、ヘアピンのボトムスピードも抑えれると思うし。



Lap9(紫)の立ち上がり。

コース幅使えてないなあ・・・・。





●サーキット走行 関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2014/05/17 13:23:00

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【PP1】【サーキット】鈴鹿南コース ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/05/18 09:51
仕事がひとつの大詰めで、久々に深夜残業→会社宿泊した。(目下、会社) ちょっと仕事できるテンションじゃないケド、お留守番的な感じで帰宅できないのでログ解析でも・・・・。 早く「反省会」を終えて、日 ...
【PP1】【サーキット】鈴鹿南コース ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/05/18 11:41
2014.05.05の鈴鹿南コース・デビューの反省会の続き。 ようやく完結編。長かった。。。 1コーナー~2コーナーの反省会 <a href="
ブログ人気記事

マツダ ロードスター用ドライカーボ ...
axispartsさん

【シェアスタイル】新しいものはいい ...
株式会社シェアスタイルさん

スマホを機種変更
happy37さん

トリミングスクール合間のランチへ
ユーレヴォさん

【みんカラプレゼント企画】大切なキ ...
VS-ONEさん

簡単にナックル補強でハンドルレスポ ...
ラッシュモータースポーツさん

この記事へのコメント

2014/05/17 19:38:41
分析凄くタメになります!ありがとうございますm(__)m

ワタシの場合・・・気持ちはアウトいっぱいまで使ってるつもりで走ってるんですが、こうやって見ると全然使えてませんね~(汗
アウトに付く前にコーナーが来ちゃったよ!って感じでもありますが、以前ヘアピン進入のアウト側が滑り易いことがあったので、無意識のうちにそのトラウマに縛られているのかも(>_<)

あと、ボトムスピードがクリップ手前な自己分析ですが・・・「せっかちなので少しでも早くアクセルを踏みたい一心で走ってる」だけのような(爆
ただこういった雑な操作でもなんとかクルマが言うことを聞いてくれるのは、多分LSDの効果な気がしますョ♪
コメントへの返答
2014/05/18 00:47:02
そういえばヘアピン進入のアウト側が滑りやすいとおっしゃってましたね。

5/5の走行では特に気になりませんでした。

結局、スロットル開度で速さは決まりそうですが、臆病な私は少しずつしか補正できません。
(何回か痛い目に遭って、だんだんチキンになりました。。。)

LSDはギア変更とともに、今ショップに預けてお願いしてます。
スケジュール的に6月の日光とTC1000に問題が出ないかハラハラしてます。。
2014/05/17 19:58:35
こんばんは。

十分に理解しておられると思いますが。

ヘアピンへのブレーキングで減速Gが不足して、フロント荷重が不足しています。
そのため、ステアリングの蛇角が大きくなっているのでしょうか。

言うは易く行うは難しです。私の場合ですが。
コメントへの返答
2014/05/18 00:51:02
アドバイスありがとうございます。

いや・・・・

十分に理解してませんでした。。。

でも、のり☆たまさんの減速Gの美しさには見とれてました。

レガシィ時代にフロントブレーキがすぐにフェードしてしまう問題や、ビートに乗り換えてからフロントがロックする問題で、ブレーキを踏むのがとても苦手になった私ですが・・・

・・・それでも、今回の鈴鹿南では自分的には5年ぶりぐらいにシッカリとブレーキを踏めた感じです。
クルマのフロントが仕事をするようになったのと、鈴鹿南では鈴鹿フルや岡国と違って、ちょうど良い感じにブレーキに熱が入れられたので。

でも、まだまだ。
精進します!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.