• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年05月18日

【PP1】【サーキット】鈴鹿南コース 2014.05.05 Part.9 走行分析 シケイン

【PP1】【サーキット】鈴鹿南コース 2014.05.05 Part.9 走行分析 シケイン 仕事がひとつの大詰めで、久々に深夜残業→会社宿泊した。(目下、会社)
ちょっと仕事できるテンションじゃないケド、お留守番的な感じで帰宅できないのでログ解析でも・・・・。

早く「反省会」を終えて、日光、TC1000の「予習」をせねば。。。


2014.05.05の鈴鹿南コース・デビューの反省会の続き。

1コーナー~2コーナーの反省会
3~4コーナー、S字進入 の反省会
S字2つ目、3つ目 の反省会
ファルケンコーナー の反省会
ヘアピン の反省会

の続き。

走行動画はこちら。


解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)

LAP+を有償版(spec.S)にアップグレードしてみたケド、使い方がまだ良くわかっていないので、有償版の良さがまだわかっていません。。。



■セッティング(mistbahn)

気温: 天気後報によると17℃
湿度: 天気後報によると
87%(高い!!)

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14
R:175/60R14

空気圧
 F: Lap9は温間2.36~2.38ぐらいじゃないかな(熱ダレ状態。空気圧高すぎ
 R: Lap9は温間2.36~2.38ぐらいじゃないかな(熱ダレ状態。空気圧高すぎ

 F: Lap18は温間2.28ぐらいじゃないかな(熱ダレは更にしてるケド、空気圧はOK
 R: Lap18は温間2.28ぐらいじゃないかな(熱ダレは更にしてるケド、空気圧はOK

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

車高調(BLITZ ZZ-R 近藤エンジニアリング ダンパー仕様変更)
 F:4k、減衰0段戻し
 R:6k、減衰7段戻し

リアスタビ: ハード位置

オープンデフ



■セッティング(のり☆たまさん)

気温: 暑かったとのこと
湿度: 不明

タイヤ:AD07
F:165/60R13
R:175/60R14
空気圧
 F: 温間2.2ぐらい
 R: 温間2.4ぐらい

車高調(Buddy club K-CAR SPEC DAMPER)
 F:6k、減衰MAXユルい
 R:8k、減衰MAXユルい

フロントスタビ: 強化品
リアスタビ: 無し

LSD: 1way




■シケイン

鈴鹿南のシケインは好き。楽しい。

5/5に走ってたときは、上手く走れてたつもりだが、好きで気持よく走れたからといって「速い」ワケではないことが事後解析でわかってしまった(T_T)



区間タイム

Lap9(紫): 8.415 ※Lap9はトータルではこの日の自己ベスト
Lap18(桃): 8.006
のり☆たまさん(緑): 7.512

5/5のベストタイムを記録したLap9(紫)はココで大きくタイムロスしており、ヘアピンでは「ダメな例」としたLap18(桃)がセクター自己ベスト

一枠目の前半は総じてココの区間タイムが悪く、後半、走り方はわかってきたので総じて区間タイムが良くなってる。


のり☆たまさん(緑)とは、この区間だけで、Lap9(紫)は0.9秒、Lap18(桃)でも0.5秒の差が付いてしまっている。




自分のラインは、↑のとおり、良い区間タイムのときも悪い区間タイムのときもアクセルワークの違いで、ラインとしては一貫している。


のり☆たまさん(緑)とは根本的にラインが異なり、ヘアピンでコース幅をいっぱいに使われているのり☆たまさん(緑)の方がアウトから進入されている。


私のラインはシケインひとつ目のアプローチが、シケイン2つ目に対してせっかく直線的なラインなのに、そのまま直線的にシケイン2つ目につなげることができていない。

走行前に「シケインの脱出でイン巻きしてスピン、コースアウトするケースが危ない」と教わっていたので、シケインからの脱出は極力ステアリング舵角を控えめに、なるべくアウト目一杯使うように心がけていたのだが、それはログからも読み取れる。


ひろあき!さんのラインものり☆たまさん(緑)と酷似しているので、私のラインのように直線的に進入するよりは、アウトから入って・・・・が正解なんだろう
アウトから進入する場合の、目線(シケイン2つ目と、更に立ち上がり先)が大事な気がする。




コース図のカーソル(△)位置と、車速/Gグラフのカーソル(グレー線)位置は、のり☆たまさん(緑)Lap18(桃)のアクセルオフのポイント。


車速のグラフを見ると、Lap18(桃)のり☆たまさん(緑)と、「スピードレンジは大きな差があるが」加減速のリズムは同じで好ましい。

加減速のG(X)で見ると、ヘアピン分析でひろあき!さんからコメント頂いた内容と同様に、ここでものり☆たまさん(緑)は減速Gが大きく、メリハリのあるドライビングとなっている(※車速グラフだけでは読み取りにくいのだが)。


Lap9(紫)はもっと手前の2速→3速のシフトアップ(ちょうど、コース図と車速/Gグラフのセクター分けの赤線の部分)後、アクセルを踏むのを躊躇して、加速せずにダラダラと進入してしまっており、コレが大きなタイムロスにつながっている。



Lap9(紫)の3速シフトアップのポイント。ここからシケインまで惰性で走ってしまっている。


5/5走行前の予習で、上級者の動画を見ていると、シケインはノンブレーキで進入し、シケイン1つ目と2つ目の間でアクセルオフなりブレーキングなりされていた

で、後半=Lap18(桃)では比較的実践できていたつもりだが、それでもまだ、減速位置が手前過ぎるように見えるが、どうなんだろうか?

ラインが外側からの進入に変わると、この減速処理にも余裕が生まれるのかも。





カーソル(△)位置は、のり☆たまさん(緑)のボトムスピード位置。
Lap18(桃)はほんのちょい奥だが、ほぼ酷似。



↑シケイン進入でマズったLap9(紫)は、シケインからの立ち上がりもダメで、ボトムスピード位置は、のり☆たまさん(緑)Lap18(桃)よりかなり奥。

写真位置がボトムスピード位置。

写真からは、あまりコース幅を使えていないように見えるが、車載動画ではこの手前で縁石まで使っており最終コーナーに向かって右に寄せたあたりがボトムスピードになっているあたり、Lap9(紫)のシケインがいかにダメダメだったか・・・が良くわかる。




●サーキット走行 関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2014/05/18 09:50:55

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【PP1】【サーキット】鈴鹿南コース ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/05/18 11:41
2014.05.05の鈴鹿南コース・デビューの反省会の続き。 ようやく完結編。長かった。。。 1コーナー~2コーナーの反省会 <a href="
【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2015/01/11 19:19
南大阪では一瞬、ポツポツきたケド、本日の鈴鹿南 走行の方々、鈴鹿フルコース 走行の方々はドライで走れたんでしょうか? 2014.12.29の「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2014.12 ...
ブログ人気記事

愛車5000いいね👍❤️他にも ...
アンジェリケまゆちゃんさん

茨城 ♪
reicolin-navigatorさん

TWICE 『Fanfare』
SKY Jsonさん

あめばかり
ma_miさん

久しぶりにRX-7のオイル交換をし ...
すーさんぼいるさん

猫を連れて軽井沢に行ってみた。
minnjiさん

この記事へのコメント

2014/05/18 21:25:43
詳細分析ありがとうございます!

ワタシのシケイン攻略イメージは、
”1つ目縁石を左タイヤで踏むタイミングでブレーキングして前荷重状態を作り、右側縁石を踏む辺りでステア、リアが左に流して向きを変えつつアクセルオンし、カウンターで修正しつつ立ち上がりはコース左いっぱいまで使って加速”
なんですが、この周は少々外から入り過ぎてしまって立ち上がりでなかなかアクセルオン出来てませんね・・・(汗
(動画を見ると、この周の前周の方がまだ上のイメージに近いですね)

ただこれは結構リスキーなんであまりおススメしません・・・と言いますのも、修正舵が多過ぎるとタイムロスするか間に合わなければイン巻きスピン、勢いが有り過ぎるとそのままコースアウト、になってしまいますので(苦笑

ここも3~4コーナーと一緒で、何回か走らないとポイントがつかみ難い場所なので、初走行で攻略し切れないのはムリもないですよ~!
でも次回は絶対に今回の分析が役に立つと思います(^^)/
もちろんワタシにも(*^^)v
コメントへの返答
2014/05/19 18:38:39
遅レス、スミマセン。

おお、詳細なご解説ありがとうございます!

なるほど、このラップがイレギュラーなラインなんですね。
コメント頂けて良かったです。

ただ、ご解説のアプローチは本当にトリッキーなので、私には怖くてできそうにありません。。
のり☆たまさんの車載動画、本当に滑ってますもんね~。スゴい。。


ブログ本文で書いてるように、ここのヘアピンはとても好き(個人的には全く異なるコーナーだケド、鈴鹿フルコースのデグナー1つ目と「好き」感が近いです)なので、詰めて行きたいです♪
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.