• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年07月06日

【書籍】Tipo #301 2014 JULY ~オープンエアの快楽~

【書籍】Tipo #301 2014 JULY ~オープンエアの快楽~ 何年かぶり(おそらく8年ぶりぐらい)に、Tipo誌を購入した。
「Tipo 自動車エンスー1000のQ&A」というまとめ本は2008年に購入。それでも6年前。


どなたかのブログに、ビートがクローズアップされていると書かれていたのと、楽天の「期間限定ポイント」数百円を使わないのももったいないが、送料のなるべくかからない安いモノ・・・として雑誌ぐらいしかそのときはパッと思い当たらなかったので。




■Tipo #301 2014 JULY ~オープンエアの快楽~

出版: ネコ・パブリッシング(2014/07)

Tipoって300号を節目にムック本っぽくなったんだな。


●メイン特集 ~オープンエアの快楽~



特集冒頭は確かに、ケータハム160(※スズキのエンジンの新しいヤツ)と、カプチーノとビートをクローズアップしたワインディングのレビュー。

まあ、当たり前のことしか書いてない。

ビートはとにかく「遅い」ことを強調されており、その後で音とかフィーリングが良い・・・とフォローされている。
確かにそうなんだケド、なんかイラッとした。


3台まとめて

"この開放感とひらひら感は軽じゃなければ味わえない"

と書かれているが・・・・

私はビートに「ひらひら感」があるとは一度も思ったことがナイ。

今はロールケージとかいろいろ補強関係で、全くヒラヒラしていないが、じゃあノーマルのとき「ひらひら感」があったか?というと、まったりしていて、良い意味で気持よくロールして走る足ではあったが、「ひらひら感」はなかったと思う。
(スゴく感覚的な言葉だが・・・)

ヒラヒラしてるのは、イマドキのクルマならNCロードスター、もっと前のクルマだとEFシビック/CR-Xなんかだと思うのだが。





古今東西のオープンカーを紹介されている。

スポーツカーだけではなく、スズキ・カルタス・コンバーチブルだとか、ダイハツ・リーザ・スパイダーだとか、そういうところも押さえてあり、ティーポ誌のこういう部分はステキだと思う。


「MINI スーパーレジェーラ・ヴィジョン」というMINIのカッコイイ、コンセプトモデルが紹介されていたり・・・

プジョー307SWオーナーの私が言うのもなんだが、プジョー307CCという歴代プジョーの中でもかなりの不人気車と思われる車種のぺージが割かれていたり・・・・

・・・・と、良くできた特集記事だと思う。




●Tipo誌について

マクラーレン650Sの紹介記事も楽しく読めたし、Tipoという雑誌自体が、コンセプチュアルなので、個人的には良い雑誌だと思うのだが・・・・


・・・なんだろう。この退屈感。
短時間で斜め読みしておしまい。


昔(1994~1997年頃とか)はランチア特集とか結構買ってたんだケドな。


先日、フロンティアコバヤシさんでブレーキパッド/ロータ交換している間、お店にたくさん置いてあったTipoにAriel Atom Tiについての記事があったのでガン読みして、「Tipoやっぱり面白いかも」と思ったので、今号を買ってみたのだが・・・


良い雑誌だと思うが、自分の方がベクトルが違ってしまったのだろう。

・ラテン車とか英国車とか、特に興味ナイし。(ジャンル的には興味ナイが、もちろん車種によってはかなり興味ある)

・旧車とか全く興味ナイし。私のビートは1991年製、307SWは2000年製と古いが、私には懐古趣味はナイ。むしろ最新テクノロジーとか好きな方。


当面、買うことはナイと思う。

でもTipo誌が好きな方々の気持ちはわからなくないし、それはそれでステキなクルマ文化だと思う。



●LAMBORGHII HURACAN LP610-4



「世界一乗りやすいスーパーカー」としてランボルギーニ・ウラカン LP610-4が紹介されていた。

ガヤルドの後継という位置付けだが、私はガヤルドのデザインがとてもとても好きなので、無駄な装飾が増えた感じのウラカンのデザインは全く好きになれないが、DQN市場のマーケティングリサーチの結果なのだろう。


昨日、某所でたまたまアヴェンタドール LP700-4を見かけた↓。



↑やはりデフォルト、長時間路駐。

ガヤルド本当に好きなデザインだし、レヴェントンなんかも好きなんだケド、今までに遭遇したランボルギーニにDQN以外のオーナーがいないのが残念。

※参考ブログエントリ: 「Lamborghini Aventador LP700-4



●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2014/07/06 20:11:49

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

DIY失敗をDIY! ボルボ V7 ...
ウッドミッツさん

富士登山練習会 #04[@鎧堰堤経 ...
SKY Jsonさん

レヴォーグ降りることになりました。 ...
た か み ねさん

ハイスパークイグニッションコイル  ...
ラッシュモータースポーツさん

想ひで…そにょ8😅
S4アンクルさん

【リベンジ】ふたたびの花菖蒲 Vo ...
nanamaiさん

この記事へのコメント

2014/07/06 21:55:42
呼んだ? www
コメントへの返答
2014/07/06 21:58:52
ええ(笑)

コメント頂けなかったらビックリです(笑)
2014/07/06 22:14:09
これだけネットで情報が取れる時代なので、雑誌作りは難しいよね。
どれだけマニアックでディープなネタを載せるか?
いやいや、広く浅く普通のクルマ好きをターゲットにするか。

20年前の僕みたいな人間に楽しんでもらえればいいと思う。
僕は中ば義務で買ってるようなもんです。笑
コメントへの返答
2014/07/06 23:55:12
まあ、でも、調べ物にも予備知識が必要なので、書籍とかTVという受動的なメディアもそれはそれで重要だと思います。

Tipoはチラリ、チラリとマニアックなクルマを取り上げているんですが、他誌と較べて極めて読みやすく、おっしゃるように、「クルマ好き予備群」に対して門戸を大きく暗いているのがステキだと思います。

ラテン+英国はTipoがあるのでOKとして、他のジャンルにもこういう雰囲気の雑誌があると良いですよね(まあ、「ジャーマン・ティーポ」とか「J's Tipo」はコケたんですが・・・)。
2014/07/07 19:42:43
Tipoは、「ブレ」のなさではオートメカニックと並んで車雑誌界の二大巨塔ですから(爆

2年ぐらい読んでみて、10年ぐらい放置して、久しぶりに読んでみると再販かと思うぐらいのデジャビュが味わえますよね。
ブレないなー


あ、いつの間にか平綴になってたんですね!
コメントへの返答
2014/07/08 07:58:43
「ブレ」ないですよね、確かに(笑)

10年経って見ると、「コレツィオーネ」の広告に載ってる車種が、微妙に変わっているあたりで時代変化を少しだけ読み取ることができます(笑)
デルタなんかは20年前も今も載ってるんですが(笑)


そう、前号か今号から平綴になったことで、デジャビュ感は少し薄れましたよ(笑)
2014/07/12 23:00:27
ビートが発売された当時、私はちょうどロードスター(NA)に乗ってました。
NAロドスタが過剰なぐらいヒラヒラを演出するハンドリングなのに対して、ビートはひたすらスタビリティ志向だったのでガッカリした覚えがあります。
それからいろんなスポーツカー(FR/FF/MR)に乗り、20年以上経って再びビートに乗ったら・・・このハンドリングの意味が分かった気がしました。
Tipoの記事は随分乱暴ですよね、同じ軽自動車だからと言って、FRの車とMRの車を一絡げにして語るのはナンセンスだと思います。
だってMRの車がFR並みにヒラヒラしたら怖くて乗れませんから(苦笑
MRはあくまでスタビリティ志向が正解、ただサーキットでこれだけ自在に降り回せる懐の深いMRはなかなかないと思います。
(もちろんノーマルと弄ってある車との違いはありますが、ジオメトリーを大きく変えなければ基本的な素性は変わらないはずですので)
(エリーゼと比べても私はビートの方が楽しいです)

Tipoも、遅い・けど・フィーリングが楽しい、なんて使い古されたインプレなんて止めてもう少しマシな記事書いて欲しいもんですね。
最近は私もずっと立ち読みですが(笑
コメントへの返答
2014/07/13 00:53:12
ロードスターは歴代ヒラヒラだと思います。
NCですらヒラヒラしてた(^_^)

ビートは全然ヒラヒラしていないですよね。
ノーマルは良い意味でまったり。


「速い」「遅い」もステージとか乗り方によるんですよね。

レガシィ(2Lターボ)時代に、タイトでツイスティ過ぎる峠で、ビートに置いてかれたことがあります(笑)

追走を諦めて、しばらく走ってたら、そのビートの右2輪が溝にハマってましたが・・(笑)
脱出できるよう手伝いました。

http://minkara.carview.co.jp/userid/242406/blog/5733623/


Tipo、嫌いじゃないんですケドね。
ロータス2 ELEVENとか、アリエル・アトムとか、他誌ではなかなか取り扱ってくれないので(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「2020年8月30日の鈴鹿フルコース HONDA VTEC ONE MAKE RACEエントリーしています。
ビート、トゥデイ、S660・・・など軽の方、もっと参戦してください(T_T)
もっと参戦してください(T_T)
https://www.hondaonemake.com/
何シテル?   07/03 20:12
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.