• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年07月28日

【PP1】【サーキット】岡山国際サーキット 2014.07.23 WP part.7 走行ログ分析 ヘアピン~リボルバー~パイパー

【PP1】【サーキット】岡山国際サーキット 2014.07.23 WP part.7 走行ログ分析 ヘアピン~リボルバー~パイパー 2014.07.23の「【PP1】【サーキット】岡山国際サーキット 2014.07.23 WP」のフリー走行2、LAP8の自己ベスト 2:13.616 の反省会。


ブログエントリ:「【PP1】【サーキット】岡山国際サーキット 2014.07.23 WP part.4 走行ログ分析 1コーナー
ブログエントリ:「【PP1】【サーキット】岡山国際サーキット 2014.07.23 WP part.5 走行ログ分析 2コーナー~モスS
ブログエントリ:「【PP1】【サーキット】岡山国際サーキット 2014.07.23 WP part.6 走行ログ分析 アトウッド

の続き。



自己ベスト 2:13.616の走行動画はこちら。


解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)

※グラフの横軸を時間軸ではなく、距離とした。





■セッティング

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14
R:175/60R14
(使用約1年、サーキット走行6回目←ただし4回雨)

空気圧
 F助手席側: 冷間2.08 → FP1終了直後温間2.30
 F運転席側: 冷間2.09 → FP1終了直後温間2.30
 R助手席側: 冷間2.05 → FP1終了直後温間2.30
 R運転席側: 冷間2.06 → FP1終了直後温間2.32
※1枠目終了後、1時間半ぐらい経ってたのに、まだあんまし冷えてなかった(2.2ぐらい)ので、そこから空気圧を落とした。結果、路面温度はフリー走行1より更に高かったが、空気圧上昇はフリー走行1よりマシだった。

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

車高調減衰
 F:0段戻し
 R:5段戻し

L.S.D.: クスコRS 1.5way
ギア: アクティファイナル6.230、トゥデイ5速0.860



■裏ストレート~ヘアピン



桃(昨春): 2013.04.13、タイム:2'20"756
緑(今夏): 2014.07.23、タイム:2'13"616


カーソル位置(△印と、灰色線)が5速へのシフトアップのタイミング。
※「LaplaceView.net spec.S」で「横軸を距離に」設定しているが、このあたりからかなりズレてる。横軸が距離なら、コース図の方のカーソルは一致しないとイケナイのだが・・・・


ここも、モスS同様、この日のコンディションだと5速にシフトアップしてもすぐに、ヘアピンへの減速が始まるので、4速9500rpmのまま引っ張る・・・・という選択肢もあり、2回ほど試してみたが、やっぱりリズムが狂うので、あまりメリットがないのだが5速にシフトアップ。

ここまでの岡国走行分析のコメント欄返信では書いたのだが、岡国では130~140km/hぐらいまでしか引っ張れないので、アクティファイナルにビート純正5速を組み合わせても、トップスピード不足に陥ることはないので、4速との繋がりが悪いトゥデイ5速がアダとなっている(※ただし、サーキットまでの道中はトゥデイ5速の方がラクだが・・・)。







桃(昨春): 2013.04.13、タイム:2'20"756
緑(今夏): 2014.07.23、タイム:2'13"616


カーソル位置(△印と、灰色線)が今回夏(緑)のヘアピンの減速開始位置。
※「LaplaceView.net spec.S」で「横軸を距離に」設定しているが、このあたりからかなりズレてる。横軸が距離なら、コース図の方のカーソルは一致しないとイケナイのだが・・・・




1コーナーや、アトウッドと同様に、65~60mぐらいでアクセルOFFし、50m看板でフルブレーキング。(自身の感覚的には50m看板でブレーキングしている感覚)

これよりも手前で減速を開始すると、ヘアピン手前で減速が完了してしまい、ヘアピンで前荷重を稼げなかったので・・・・結果として。

ヘアピンも、1コーナーやアトウッドと同様に、進入時の姿勢を作りたいのだが、短い制動距離での5→4→3速のヒール・アンド・トゥに必死で、ステアリング操作・ライン取りに気を配れていない。
・・・にも関わらず、ログを見るとラインは昨年春(桃)より改善している


もうホンのちょい、手前から制動して、ブレーキのリリースの仕方、残し方を変える工夫・・・・も必要かもしれないが、そもそも、アトウッドと同じで、減速G(車速落ちの速度)不足で、5→4→3のシフトダウンが遅いことにも問題があるんだろう。

赤い~のん?さんの各サーキットでの車載動画など拝見していると、ギア2つシフトダウンするの、高橋涼介や藤原拓海ばりに速いもんなあ・・・。

ここは「要基本練習」なのだが、ストリートだとタイヤやブレーキが冷えているため、サーキットと同じようなヒール・アンド・トゥを行うとフロントタイヤがロックするので、練習方法は要検討だなあ・・・。






桃(昨春): 2013.04.13、タイム:2'20"756
緑(今夏): 2014.07.23、タイム:2'13"616


カーソル位置(△印と、灰色線)が今回夏(緑)のヘアピンのボトムスピード位置。
※「LaplaceView.net spec.S」で「横軸を距離に」設定しているが、かなりズレてる。横軸が距離なら、コース図の方のカーソルは一致しないとイケナイのだが・・・・



今回夏(緑)のヘアピン、ボトムスピード位置。

減速Gも、横Gも、最大値は昨年春(桃)と較べてあまり進歩がないが、安定はしている・・・といえるのかな。




今回夏(緑)のヘアピン、最大横G位置。
1.26G。



脱出時にもう少しアウトまで膨らむ代わりにボトムスピードを上げるべきか、次のリボルバーに備えて、立ち上がりはコレぐらいが良いのか、いくつか試してみたが結論が出ていない。




■リボルバー

下り坂で、アンダーステアなビートでもイン巻きすることがあるため昨年春(桃)は「怖い」としていたリボルバー。

今回は「リボルバーが、」というワケではなく、このテのコーナー全般の進入のアプローチ自体が改善できているので、楽しく攻めることができた。



カーソル位置(△印と、灰色線)が今回夏(緑)のリボルバーの減速開始位置。
※「LaplaceView.net spec.S」で「横軸を距離に」設定しているが、かなりズレてる。横軸が距離なら、コース図の方のカーソルは一致しないとイケナイのだが・・・・


ひょっとしたら、リボルバーはアクセルオフだけでターンインすべきなのかもしれないが、それはちょっと怖いので、今回夏(緑)シッカリとアウトから、短いチョンブレで姿勢を作ってターンインした。



今回夏(緑)のリボルバーの減速開始位置。





カーソル位置(△印と、灰色線)が今回夏(緑)のリボルバーのボトムスピード位置。
※「LaplaceView.net spec.S」で「横軸を距離に」設定しているが、ズレまくりだな、おい。



今回夏(緑)のリボルバーのボトムスピード位置。


昨年春(桃)と較べて(横軸ズレてるケド)、ボトムスピードはかなり高く、リボルバー立ち上がりは自信をもって走れた。





■パイパー

パイパーコーナーでのクラッシュでレガシィB4を失ったのトラウマから、一昨年秋、昨年春(桃)は、かなりマージンを設けて慎重に走ったパイパーだが、ここも、リボルバー同様、進入のあり方を改善できているので、楽しく思い切ったアプローチを取ることができた。



カーソル位置(△印と、灰色線)が今回夏(緑)のパイパーコーナーのアクセルOFF位置。
※「LaplaceView.net spec.S」で「横軸を距離に」設定しているが、ズレまくりだな、おい。



今回夏(緑)のパイパーのアクセルOFF位置。

パイパーは、ブレーキングせずに、アクセルOFFのみで進入した。

パイパー手前で、3速9500rpmに達するので、フリー走行1の最初の方のLAPでは4速に入れてみたが、4速でパイパー進入すると、出口からの上り坂で、全く加速しないことがわかったので、パイパーまでは3速9500rpmのまま我慢。




カーソル位置(△印と、灰色線)が今回夏(緑)のパイパーコーナーのボトムスピード位置。
※「LaplaceView.net spec.S」で「横軸を距離に」設定しているが、ズレまくりだな、おい。



リボルバー攻略が改善されているので、パイパー進入前には速度が乗っているが、運転の仕方と、クルマが良くなっているのとで、昨年より安心感をもって、高い速度でコーナリングできた。


横Gは約1G。




↑パイパーからの立ち上がり。





■ヘアピン~リボルバー~パイパー総論

ヘアピンは昨年春(桃)からあまり改善できていないように思うが・・・

リボルバー~パイパーは、他のサーキット走行やカートでの皆様のアドバイスを元に覚えた走り方と、クルマの改善とで、2~3コーナー同様、

昨年春(桃)「良くわからん不安で怖いコーナー」

今回夏(緑) 「楽しく攻めることのできる好きなコーナー」

となった。


リボルバー手前からダブルヘアピン終わりまでの区間で、昨年春(桃)と較べて、今回夏(緑)3.5秒程度のタイム短縮に成功しているのだが、パイパー後の上り坂では昨年春(桃)に対してパワー的に不利、ダブルヘアピンではあまりタイムを稼げていないので、3.5秒のゲインのうち、大きな割合がリボルバー~パイパーだと思われる。

そんなこんなで、リボルバー~パイパーは、昨年春(桃)からの改善が大きすぎて、今の私には改善すべきポイントが正直良くわからない。。

是非、アドバイス宜しくお願い致しますm(u_u)m



続く。。。




●サーキット走行 関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2014/07/28 20:26:17

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【PP1】【サーキット】岡山国際サーキ ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/07/29 21:40
2014.07.23の「【PP1】【サーキット】岡山国際サーキット 2014.07.23 WP」のフリー走行2、LAP8の自己ベスト 2:13.616 の反省会。 ブログエントリ:「<a hre ...
ブログ人気記事

ヤフオクでポッチと・・・
derinsanさん

気になる車・・・(^^)663
よっさん63さん

南ぬ島石垣空港
ズ・ロースさん

7月5日の塩分補給 水産庁漁業取締 ...
gogo28@永遠の25歳さん

カーカバーがボロボロに
パパンダさん

犬山のRVパークにて車中泊デビュー ...
アライグマのアライさん

この記事へのコメント

2014/07/28 20:36:36
相変わらず研究熱心で感心します。
ビートでサーキットということで、考えると、絶対的にパワー不足なのは明白だと思うんです。
ライン取りも速度を落とさないライン、それと大回りにならず、小さく最短コースを走るようなラインを考えるってのはどう?
51号車をTC2000で走らせたときはセオリー通りのラインだと走る距離が長くなってタイムが伸びなかったことがあります。
コメントへの返答
2014/07/28 22:06:28
アドバイスありがとうございます。

そーなんですよ。
昨年の初の鈴鹿フルで、澤圭太選手のDVDで予習して行ったのに、走行後、ビート達人の皆さんから

「いや、そこはビートだとインベタだから」
「いや、そこはビートだとベタ踏みだから」

・・・といろいろ「ビートならでは」を教えて頂いて、今回の岡国7秒短縮にはそれも大きく効いてます。

1コーナー、アトウッドはインベタと今回は決めていて正解でした。

REV SPEED読んだり、教則DVD観たり・・・よりも、サーキットで近いクルマに乗ってる方のアドバイスや、ブログのコメント欄がずっと役に立っていて、ありがたい限りです。
2014/07/28 21:36:11
こんばんは。

ヘアピン進入から立ち上がりのラインは、今回の方がよいです。
ヘアピン立ち上がりは、次のコーナーに備えて、アウトではなく、ミドルないしインがよいです。

ヘアピンの曲がり方は、おそらくもう少しだけボトムを落としてもよいので前荷重をされに強め、ステアももう少し多めに切り込んでいくと、くるっと回れると思います。

リボルバーは下りのブラインドコーナーで、進入が切り遅れになりがちで、クリップ辺りで切り足しをして、リアを出してしまいがちなのですが、進入では上手く切り込めていると思います。少しだけ遅れているでしょうか。
おそらくアクセルオフだけでよいと思います。

リボルバーからパイパーへのつなぎのラインは、アウトの縁石をまたいでもまだコースがありますので、その方が大きく回っていけます。

パイパーは、進入で少しリアを出して、クリップからゼロカウンターで立ち上がっていければ、きれいに早く行けますが、これができればかなりの上級者です。
私はできません。

前回と比べると、かなり上達されているのがわかるセクションですね。

コメントへの返答
2014/07/28 22:15:11
いつもアドバイスありがとうございます。

ヘアピンの立ち上がりの件、ありがとうございます。

前回と違って、LSDもある分、進入はともかく、脱出には自由度が多く、少し悩みましたが、正解で良かったです。


ヘアピンのターンインは、カートで散々練習したヘアピンでの前荷重+ターンインや、トレイル・ブレーキングを適用できると良いのですが、サーキットではヒール・アンド・トゥに必死ですっかり忘れていました 笑
レンタルカートにはシフトダウンないですから 笑

おっしゃるように、確かにもちょっとシャープに切り込みたいところです。


リボルバー、アクセルオフでいけそうですか。
試してみようか少し迷ったんですが、安全を取りました(もっともブレーキングはブレーキングで、前荷重によりイン巻きの怖いコーナーなのですが、ブレーキングポイントを早めにして早めに向きを変えることで)。

「アクセルオフだけ」、次回走る機会があれば試してみます!


リボルバー~バイパーの間は、縁石あまり使わない私にしては、結構、縁石使った方なんですが、ココは、結局速度次第なんでしょうね。
リボルバーの進入がアクセルオフだけになると、自然と緑のエリアまで使うことになるのかな、と思います。
2014/07/28 21:47:12
おぬまさんがおっしゃるように、ローパワーのビートでは、ライン取りを最短距離にすることでタイムを縮められることがあります。
鈴鹿フルのまっちゃんなどですね。

岡山国際では、アトウッドくらいかなと思います。
コメントへの返答
2014/07/28 22:16:52
正に鈴鹿フルの、ヘアピン脱出してからまっちゃんまでのずっと右ベタ・・・・をアドバイス頂いたのが岡国でも役立っています!

アトウッドと、それから1コーナーも、進入はともかく、進入してからはインベタを心がけました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.