• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年08月09日

【書籍】Motor Fan illustrated vol.94 ~ミッドシップの戦闘力~

【書籍】Motor Fan illustrated vol.94 ~ミッドシップの戦闘力~ ■Motor Fan illustrated vol.94 ~ミッドシップの戦闘力~

MFiも同じ特集のループになってきて「ミッドシップのテクノロジー」というサブタイトルを使えなくなったのだろうが、最近のMFiのサブタイトル(というかメイン特集のタイトルか)のキャッチコピーに全くセンスを感じない





●ランボルギーニ

また、2009年のミッドシップ特集 「Motor Fan illustrated vol.32~ミッドシップ MIDSHIP LAYOUT~」



も表紙がランボルギーニで、今回もランボルギーニなので、表紙だけを見ると、

 MFi編集部にとっては「ミッドシップ=ランボルギーニ」なのかな?
  ↓
 スーパーカー世代?頭悪い?編集長が乗ってるとか?

など、邪推してしまう。



特集の先頭が、ミッドシップのネガの解決方法としてのAWDについて、ランエボのAWDシステムの開発担当者だった澤瀬薫氏にアヴェンタドールに試乗してもらってのインタビュー記事なので・・・

・・・というのが理由なのだろうが、ミッドシップ×AWDなら、レースでやたら活躍しているAudi R8だとか他にも選択肢はあるワケで・・・。
比較的新しくリリースされた車種・・・というとアヴェンタドールになるのかな??


後述する「ミッドシップならではのスタイリング=ウェッジシェイプ」の代表がランボルギーニのデザインだから、ということもあるのかもしれないが・・・・。


今回の特集号ではAWDについてのウエイトが大きいワケではなく、ミッドシップのコーナリング性能・特性についてのウエイトが多かったので、本誌でも評価の高かったエリーゼ/エキシージや「新しい」として評価されているマクラーレンMP4/12Cあたりを表紙にしても良かったのではなかろうか?
あるいはもっと新しい「マクラーレンP1」とか。





↑AWDの話よりも、空力的造形が気になった。

先日の「MFi ル・マン」でもサイドステップについて書いたが、アヴェンタドールのフロントタイヤの後ろの処理は、フロントタイヤハウスからの空気排出を妨げず、更に排出した空気を再利用しようとしているような造形やね。

リアタイアハウスの前のくさび形の穴はなんだろう?
どこかから入った空気を排出して、リアタイヤハウスの側面に速い気流を作ることで、リアタイヤハウス内の空気を引っ張りだす思想なのかなあ?




●現代 Midship-Car POSITIONING MAP



現在生産されている主要なMR車の

・パワーウエイトレシオ
・車重
・サイズ
・ホイールベース

をグラフィカルに表現したステキな見開きページ。


ただし・・・・

上記画像でもパワーウエイトレシオの単位が[ps/kg]となっているし、文中でも[ps/kg]となっている。
PWRの正しい単位は[kg/ps]
なのだが・・・・。


[ps/kg]だったら、数字の小さいマクラーレンP1は「重い車両にプアなエンジンを載せている」ことになる。

技術ウンチク誌としてはイタイ間違いだが、「パワーウエイトレシオ」という名称から[ps/kg]としたくなる気持ちはわかる。(私も昔良く混乱した)

海外では power to weight ratio [ps/kg](=大きいほど立派)という評価があり、こちらの方がわかりやすいと思う。




●なぜミッドシップなのか



前後重量配分に対しての車両重心位置の重要性だけでなく、運転手のヒップポイントと車両重心位置が一致することがステアリング操作とクルマの進む向きの変化に密接に関係しており、後者においてMRが特に有利・・・という記事。

AZ-1とカプチーノとビートで比較をしており、「ここでは」MRのAZ-1とビートが、車両重心位置=ドライバーのヒップポイントで、FRのカプチーノより持ち上げられている。




●ミッドシップならではのカタチ、ミッドシップに見せるカタチ

後述する他の記事でも、"MRの優位性は運動性能よりもデザインの自由度"的な話が出てくるのだが、この記事もそういう内容。



↑フェラーリ458(=MR)が、F12ベルリネッタ(=FR)よりも、フロントを低く、Aピラーを前に・・・という比較写真。

この記事が面白いのは、フェラーリ同士の比較だけでなく、フェラーリとランボルギーニの比較をしており、



"フェラーリはブランド全体として統一感のあrスタイリングとなるよう細心の注意を払ってデザイン" → "458ではロングノーズ・ショートデッキという古典的FRスポーツの美学に少しでも近づけようと、Aピラーとフェンダーがそれぞれ別の要素として明確に分けられている。ボンネットの後方にキャビンがあることを強く意識させつつ、フェンダーのうねりで・・・"

"ランボルギーニはMRらしさこそブランドの個性と捉え" "ウラカンはカウンタック時代から続くスーパーカーの美学を踏襲。モノフォルムのシルエットを持ち、ノーズ先端からドライバーの頭上まで、ボンネットとウインドシールドが連続しているように見えるウエッジシェイプだ"

と書かれている。

なるほど、面白いな。
MRのデザインの自由度が高いのは理解できるが、FRの古典的なロングノーズのスタイリングもカッコイイし、自由度をどう用いるのか・・・はメーカポリシーというワケか。

ちなみに私のビート(MR)はこんな感じ↓。



私はフロントオーバーハングのとにかく短いクルマが好きで、ビートのデザインは昔から大好きなのだが、ランボルギーニと較べるとウエッジシェイプからはかけ離れているな。

フェンダーの代わりにボンネットがフロントタイヤの上にきているあたりはいかにもMRなのだが、以外とボンネット高いよね。

・・・本件については、本誌の別記事でも取り上げられているので後述。



横置きMRの理由として

a) マスの中心化を図りつつホイールベースを可能な限り短縮し、旋回性能を高めるための採用。過激なコーナリング性能。(ストラトス、エリーゼ、ビート、AZ-1)

b) FF用コンポーネントの流用。ファッションとしてのMR。(X1/9、フィエロ、MR2、MGF)


とされている。

ビートは光栄なことにaに分類されている
が、ホンダが足回り等を意図してアンダーステアに味付けしているため、ビートは決して過激なコーナリングマシンなんかじゃないのだが・・・・。




●ミッドシップ・レイアウトの利害得失

福野礼一郎氏が、自動車メーカの開発担当、シャシ設計担当、エンジン設計担当の方々とMR談義をする企画。

自動車メーカの中の人が匿名なので、技術寄りの書籍としてはイマイチだとも思うが、匿名な分、本音トークできている・・・とも考えられるのか。

実際、本誌で個人的に一番面白いのはこの記事だった。


ここでも、エンジニアの方々はぶっちゃけたところ、MRの優位性は、運動性能がどうだ・・・とかよりも「スタイリングの自由度」だと言っている。

 ボンネットを低く作れる
  ↓
 ボンネットが低いのでアイポイントを低くできる
 (視界確保については欧州には規格があるらしい)
  ↓
 座面が下がる
  ↓
 ルーフを低く作れる
  ↓
 カッコイイ


という理屈だそうだ。


その理屈に当てはまっているからか否かは知らないが、確かに私のビートでは、シートに座った状態で、ドアを開くと「前屈みしなくても地面が触れる」


エンジニア諸氏はMRのメリットがスタイリングだと言っているが、本誌ではなんとかして「操縦性」に話をもっていこうとして、エンジニア諸氏が応えている。


で、いろいろと「定量化」した面白いデータが掲載されていた。



↑Y軸に「ヨー慣性モーメント」、X軸に「乗員を含む車両重量」や「ホイールベース」をアサインした、分布図。

「ヨー慣性モーメント」は、要はクルマを真上から見て、コマのように回したときの回り安さ(イナーシャ)。


本誌では「ヨー慣性」を「操縦性」の定量化の材料としているが・・・・


個人的には、どちらかというと「スピンのしやすさ」「スピンから復帰のしやすさ」でもあるよなあ・・・・と思う。

「ヨー慣性モーメント」が低いと、車両重心を中心に、クルクルとスピンしやすい(かつ、スピンモードから復帰しやすいか。

「ヨー慣性モーメント」が大きいと、スピンしにくいが、一旦スピンするとスピンし続ける。

・・・という具合に。


確かにノーズの向きの換え易さと同義ではあるのだが・・・・。


ただ、まあ、この手の「意味があるんだかナイんだかワカラナイ定量化」は好きな方なので、この記事は面白い。


「ヨー慣性モーメント」は、イナーシャなので当たり前だが、

"クルマに搭載されている無数の構成部品がそれぞれ重心からどのくらい離れた場所にあるかで決まってくるので、計算ではなかなか求めるのが難しい。ですから(自動車メーカーでは)実際に台上でヨー慣性モーメントを計測しています"

とのこと。
計算は「難しい」というより「メンドクサイ」んだろうなあ・・・・。特に他社の車両を評価する場合は。

台上での試験は、ターンテーブルの角加速度とトルクから求めるのだろうが、面白いことやってるなあ・・・・。


これも当たり前なのだが、グラフを見ていると、「ヨー慣性モーメント」は「車両総重量」にほぼ比例し、「ホイールベース」にもほぼ比例している。




で、「正規化ヨー慣性モーメント」という面白い概念、データも公開されている。



「ヨー慣性モーメント」の実測値を元に、車両の構成重量物が、いかにセンターマス寄りなのかどうか・・・という評価式。

フロントミッドシップ+フロントアクスルのBMW M3 CSLがもっとも良い値を示し、カレラGT、マツダ・ロードスター(いつの?)・・・と続く。


面白いのだが、自分のクルマの「ヨー慣性モーメント」を計測する術がないので、たぶんすぐに忘れてしまうんだろうなあ・・・。



さんざん定量化しておきながら、記事の最終ページでは

・「ヨー慣性が低いから操縦性がいい」は一種の都市伝説

・「トレッドとホイールベースの数値に黄金比が存在する」は都市伝説


などと、ここまでのデータ、評価をあまり意味のナイものとして、白紙に戻している。

世の中「無意味」な検討も存在するから面白い。





●ミッドシップはどこにいくのか?

MFi編集部による座談会。

MP4/12Cやテスラの新しさへの評価、ロータス(エリーゼ/エキシージ)への賞賛、新型NSXへの期待・・・・・に続けて、ビート乗りには結構、辛口で辛辣な記事となっている。



鈴木: "あとはS660だろうね。ミッドシップになるのは決まりかな?"
三浦: "でもね、軽の規格で作ろうとすると、たぶんすごくリアヘビーになる。そうするとヒリヒリ感、軽快感のあるクルマにはならないような気がします。"
萬澤: "僕もね、軽自動車でやる意味があるのかなぁと疑問に思うんです。1.2Lぐらいでやればもっと面白いものになるだろうに。660ccで、制約のあるディメンションでやるのは惜しい。"
三浦: "まったくその通り。"
萬澤: "ミッドシップって、平べったいのが魅力じゃありませんか。でも、モーターショーで見たコンセプトは寸詰まりで、ミッドシップに意味が感じられませんでした。もともと昔のビートにも共感できなかったんですが、今度のS660も、なんか昔のビート人気にあやかって、みたいな気がしました。"
小泉: "僕も「乗ってみたら楽しそう!」みたいな期待はありません。 (※中略) まぁでも、たぶん買うのはほとんどがおじいちゃんだと思いますけれど。"
萬澤: "ホント、そうなんですよ。"
鈴木: "・・・みんな厳しいね。"
三浦: "NSXには何か「世に問いかける」という志を感じるんですけれど、ビートにはお手軽感しか伝わってこない。コペンの方がまだピュアな気がする。"
萬澤: "だったらコペンの方がいい。ホンダにはもっと本気で作ってもらって、ロータスみたいになってほしいんですよ。"



・・・・。


これまで、Motor Fan illustratedには膨大なお金を払ってきたし、本ブログでもかなり取り上げてきたケド、火をつけて、今後はネガキャンすべきかな?・・・という批評っぷりだな 笑。

実のところ、私もS660にはあまり興味がナイのだが(なんか重そうだし、顔カッコ悪いし・・・)、なんかこの座談会を読んでいたら、S660を応援したくなってきた。
ホンダさん、こんなこと言われてますよ?


まあ、しかし、実際のところ、旧ビートはリアヘビーだし、ヒリヒリ感、軽快感のあるクルマではナイので、もっともなことを言ってるな、とも思う。
「オレのビートに乗ってみろよ」とも思うが、このヒトたちは、メーカからリリースされるノーマル車両について語ってるワケだし。


なので、次号(これまた「オープントップのテクノロジー」なんだわ)も結局、買ってしまうのだろう。
ただし・・・・・・編集者の名前は覚えておこう。




●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2014/08/09 21:31:32

イイね!0件



タグ

ブログ人気記事

みんカラ:ユーザーインプレッション ...
BALSA50さん

こんばんは。
タワー43さん

愛車と出会って2年!
hiroMさん

ハイスパークイグニッションコイル  ...
ラッシュモータースポーツさん

賢明な判断だと思うけど、やっぱり寂 ...
赤雲母さん

そろそろ?来るかな~ タフト アル ...
シュピーゲルさん

この記事へのコメント

2014/08/09 22:49:42
座談会の件について…、なるほどですね~。
もっともなことを仰ってますね、とは思いますが…。

人の記憶に残る車≒名車っていうのは決して理屈だけではないと僕は思ってます。軽でMRということとその可愛らしいキャラクターってのはビート特有のものであって、S660にも引き継がれることを期待したいです。(おそらく重量増となるところにNAだとちょっと心配)

ただ、技術ウンチク誌らしい意見で面白いとは思いましたw
コメントへの返答
2014/08/09 23:44:21
そーなんです。
言ってることはもっともなんです。

でも・・・・

軽自動車としてはちょい高だったとは言え、世界でももっとも安い部類の価格でMRを買うことができて、それもノーマルで8700rpm回るエンジンで、軽自動車で初の4輪ディスクブレーキで、あれこれ専用設計で・・・・

あいつら本当にビート、乗ったり所有したりしてみたんかな?・・・と。

MRの文法に完全にハマらなくても、デザインは世界最高峰のカーデザインのひとつだと思ってます。

S660は、もちょっとなんとかして欲しいですね。

ホンダの中のヒトが「CVTのみ」と広報してたので、そりゃたしかに「おじいちゃんしか乗らない」と批評されてもおかしくないんですよね。。
2014/08/09 23:41:49
ボンネットがどんどん高くなっている近年のカーデザイン、ホンマどうにかならないものでしょうか・・・。

ちなみにSVXは鼻が長いせいで低く見えます。ジウ爺マジックでしょうか?w
コメントへの返答
2014/08/09 23:47:48
衝突安全、歩行者保護の関係で、どーしよーもナイんですよね。
そうなると、確かにMRのデザインには「自由度」がありますよね。

最近、何故かSVX(とユーノス・コスモ)を良く見かけるんですが、本当に低くて長いですよね。

あの時期のスバルは素アルシオーネも含めて、ボンネットの低さに命かけてましたよね~

ホンダもエンジン、L4のクセに、当時のプレリュードとか、ボンネットの低さに命かけてたなあ・・・。
2014/08/10 14:29:55
昨日本屋で立ち読みしました、コペンがビートよりいいなんて美的感覚がマヒしています、

編集部の皆さんは多分ビートなんてまともに乗った事が無いんじゃないでしょうか?

乗ったとしてもちょこっとでしょうね、

かの土屋○○も最近?になって、ビートってこんなに良かったか?なんてね~

当時のバブル時代に、軽自動車なんて、と心の中で思っていた、おバカな評論家が沢山でしたから。
コメントへの返答
2014/08/10 15:44:32
私はコペンは、フルチューンのショップデモカーの助手席にしか乗ったことがナイので、なんとも・・・。

そもそもFFが苦手なのと、あんまし試乗車がナイのでコペンを運転する機会がナイんですよね。
新旧コペンと較べて、デザインに関しては、個人的には較べる余地もなくビートだと思います。
まあ、「好み」と言われればそれまでなんですが・・・。


ただ、スポーツカーを2台所有されているみん友さんの多くが、結局ビートの方を面白がってサーキットユースにしてたりするので、たぶん面白いんでしょう。
2014/08/10 20:09:52
私はS660のデザインはどストライクなのでこのまま行って欲しいところです。
ビートがMRの文法として一番達成できているのは前方視界です。
私が乗った限りのスポーツカーでは最も足元まで見える。他の車で何をやっても補正できないポイントです。

誰もが視界にコースを捕捉しながらドライビングします。MRのボンネットの低さがもたらすこの機能をデザインとしてしか評価できない彼らは残念ながら力不足と言えます。

モーターファン誌はパーツ単体についての解説はまだいいのですが、総合的なパッケージ論になるとメタメタですね(^^)

ヨーモーメントでM3CSLがトップですが別にフロントミドだからそうなっているわけではありません。あの車体寸法のまま前輪を引き寄せ普通のFRにし、後輪を手前にしてもモーメント値は変わらんのです。
ヨーモーメントの算出にはホイールベースはパラメーターに入りませんからね。
同じ全長同じ重量分布で同じヨーモーメントを持つならタイヤができるだけ離れていた方が効果的にコントロールできる、というだけです。
この点の扱いを見るだけで彼らが勘違いしているのがよくわかります。
コメントへの返答
2014/08/10 20:34:47
お、こさとうさんはS660買われるのかな?

前方視界はおっしゃるように、確かに無敵ですね。
車庫入れとかでは、前方視界とか気にしなくても良いサイズですが 笑

これは軽自動車ゆえに空力を無視し、オーバーハングが極端に短くした結果ですが、「短いオーバーハング・フェチ」の私にはそれがツボです。


あんましMFiの「総合的なパッケージ論」系の特集号って買ってないんです。
エンジンとかトランスミッションとか、EVとかが中心ですね。

そういわれてみると、MFiの試乗記的な記事はいつもすっ飛ばしてます 笑


確かに、「モーメント」である以上、フロントであろうがリアであろうが、フロントとリアに分散してようが、重心から遠い位置に同じだけの重量物があれば、モーメントは同じですよね。

車体を上から見た場合の「動バランス」は変わってきますが・・・。
2014/08/10 20:15:52
こんにちは。何時も楽しませて頂いてます。

座談会の内容、転載部分も読ませて頂きました。
車好きの中でも、派閥が違うだけだと思いますね。
“ミッドシップはスーパー・カーであってこそ”
みたいな感じなんじゃないでしょうか?
多分、ビートに乗った事も無い様な気がしますねぇ。

“入門や若い世代に”等と、代替え案があるならともかく
偏見とも受け取れかねない座談はプロ(?)として、どうかと感じてしまいますね。
各々の特性からの楽しみ方を発信して欲しいものですね!
コメントへの返答
2014/08/10 20:39:28
コメントありがとうございます。


いや・・・・

私の中ではビートも常にスーパーカーなんですが・・・・・ 笑


確かに、「たかが編集者」が代替案を提示しているワケでもなく、かと言って「問題提起」にすらなっていないのは、ダサいですよね。

提灯記事満載の、新車批評誌ならわかるんですが、一応技術誌の体裁を取っているワケですし。。。


MRの運動性能、楽しさを定量化しようと頑張ってみたものの、結局、うまく行かなかった末路・・・・的な座談会でした。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「2020年8月30日の鈴鹿フルコース HONDA VTEC ONE MAKE RACEエントリーしています。
ビート、トゥデイ、S660・・・など軽の方、もっと参戦してください(T_T)
もっと参戦してください(T_T)
https://www.hondaonemake.com/
何シテル?   07/03 20:12
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.