• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年10月05日

【書籍】KURUMAG. No05

【書籍】KURUMAG. No05 F1鈴鹿、大変なレースでしたね。
ビアンキの回復を祈ってます。



【フリーペーパー】KURUMAG. No05

発行: 中日本高速道路
制作: リクルートマーケティングパートナーズ


本日(10/5 Sun)はまた、大阪→いわき市のクルマ移動。

たしか御在所SAだったと思うんだケド、こんなフリーペーパーが置いてあった。

モータースポーツファン向けのフリーペーパーじゃないので、どうせJAF Mateのモタスポ欄ぐらい内容の薄いもんだと思ったのだが・・・

・・・・やたらとディープなフリーペーパーだった。


インタビューして記事にされているのは、



●タナー・ファウスト



※ラリークロス、ドリフトなんかの選手で、トップギアUSAのホスト。ケン・ブロックあたりと近いポジションと言えるんかな?



●グレッグ・トレーシー

パイクスピークで史上初の2輪、4輪のウイナー。



●佐藤琢磨



※ご存知、元F1ドライバーで現在インディに参戦中。



●マイク・ライアン



※2400馬力のモンスタートラックでパイクスピークに出場。



●山本尚貴

※2013全日本スーパーフォーミュラ チャンピオン



ケイト・オズボーン

※モタスポを多く担当している女性レポーター



・・・・というマニアックぶり。


F1、WRC、WTCC、スーパーGTあたりのメジャー競技ではなく、パイクスピークに偏ってるのは取材した場所の都合なのだろうか?

いずれにしても、モータースポーツの魅力をモータースポーツファン以外に宣伝することを目的とするフリーペーパーとしては、なんだか強烈に偏っているし、マニアックだ。

そもそも、本誌を見て、パイクだとかモンスタートラックだとかに興味をもったところで、ほとんどTV、雑誌などのメディアからは情報を得ることができず、WEB頼みになる。



でも・・・・

そんな変態でニッチである意味役立たずなフリーペーパーを編集したNEXCO中日本に個人的には好感がもてる。




以前から書籍レビューで私が良く唱えてきた、

「紙媒体ではドーンと見開きの写真を使うべし!」
(※情報量と情報の新鮮さだけではWEBに勝てないので、紙媒体ならではの魅力を・・・)

を、本誌はきちんと体現できている!のも好印象。




●We Love RC BUGGY



新東名の静岡SAで田宮模型を扱ってるからだと思うが、RCバギー特集も組まれていた。

パッと見て、

「なぜ、ファイティングバギーが一番デカい写真????」

・・・・と。


私は小学校6年生のとき、このファイティングバギーを買ってもらった。

「カッコイイから」という理由でコレにしたのだが、でも、当時既にファイティングバギーは絶版で、ホーネット、グラヅホッパー、FOX、ホット・ショットあたりが主流だった。

主流の新型マシンたちは、ABS樹脂のシャシーで、ポリカーボネートのボディで(※グラスホッパーはプラスチックだったが)、サードパーティー製のチューニングパーツ(ダンパーとか、ベアリングとか、ウイングとか)がたくさんリリースされていた。

対して、私のファイティングバギーは、ボディはデカくて樹脂だし金属部品が多く重いし(他車の倍ぐらいあった)、ダブルウイッシュボーンじゃないし、モータのマウント部が完全にクローズドなので、テクニゴールドだとかに交換するには加工が必要だし、低扁平タイヤ履けないし・・・・

自分の操作テクがヘボいこともあるが、圧倒的に戦闘能力が低く、仲間内でレースしてもいつもビリだった。


タミヤのRC、ファイティングバギーについては過去のブログエントリ

「【書籍】タミヤRC30年間の全記録―タミヤRCカー30年の歩み(Part2)」



にも語っている
ので、良ければご覧くださいまし。


・・・で、そんな思い出から 「ファイティングバギー = 個人的には思い入れがあるが駄馬」の印象が強いので、なんでこんなにデカく取り上げられているのか疑問に思ったのだが、次のページに、今年=2014年 10月に復刻されたと書いてある。

復刻版は

・ファイティングバギー: 35000円(税抜)
・ホット・ショット: 24800円(税抜)
・ホーネット: 9800円(税抜)
・マイティ・フロッグ: 16800円(税抜)


・・・うーむ。

使われているコンポーネント、材料を考えると、ホット・ショットなんかよりもファイティングバギーの方が高価なのは理解できるのだが、性能差は圧倒的にホット・ショットが上だしなあ。
イケてるんか?

・・・というか、フォックスなんかを差し置いて、ファイティングバギーを復刻ってどーなんだ??


疑問は残るし、ツッコミどころ満載なのだが、なんだかんだ言って、内心とてもウレシイ私であった。


サンクス、タミヤ!
サンクス、NEXCO中日本!




●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2014/10/06 00:40:08

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【書籍】KURUMAG. No04」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/10/09 21:38
新東名の静岡SA(下り)に、先日ブログアップしたNEXCO中日本のフリーペーパー「KURUMAG.」のバックナンバー04号が残ってた。 【フリーペーパー】KURUMAG. No04</span
【グッズ】NEXCO中日本オリジナルキ ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/10/09 22:20
NEXCO中日本のフリーペーパー「KURUMAG.」がとても面白かった・・・ ・ブログエントリ:「【書籍】KURUMAG. No05」 ・ブログエントリ:「【
ブログ人気記事

みんカラ:ユーザーインプレッション ...
hero-heroさん

どんどん孤高の存在になっていく
エイジングさん

718スパイダー撮影
amggtsさん

広島グルメ、B 究極の立ち食いうど ...
hiko333さん

【車種300超!!】ピカキュウ 車 ...
pika-Qさん

2020年6月の燃費記録_下降中
ビッグリバーさん

この記事へのコメント

2014/10/06 01:20:48
ファイティングバギーは懐かしいですね。

あのアルミダイキャストアームが結構あっさり折れた
記憶があります。

現在ガキンチョの遊び道具として検討中です。
コメントへの返答
2014/10/06 07:50:50
そうなんです!

ダイキャスト部品がいちいち折れてしまうし、交換部品がとても高くて、小学生の私にはかなりツラかったです(笑)


ウチは女の子ばっかりなので、こういうの付き合ってもらえないので、うらやましい限りです(^_^;)
2014/10/06 07:46:24
自分はフォックスを兄貴に買ってもらって遊んでました。

速かった気がしますね~
造りを思い出してもしっかりしてたと思います(^^)
はたらいてからは京商のGP-10で京商カップに出たりしてました。楽しかったな~(遠い目)
コメントへの返答
2014/10/06 07:53:18
フォックス、速かったですねえ。

普通に戦うと4WDのホット・ショットやスーパーショットが安定していて速いケド、フォックスの方が軽いのもあり、ウデのあるヒトが操るとフォックスが一番速かった。

・・・サーキットでの四輪と同じですかね(笑)


京商は、中学生のときゴミ捨場でジャベリンを拾って遊んでました~
2014/10/06 10:50:39
初めまして!何だか懐かしい話ですね。
私も当時アタックバギーとブーメランを所有してまた。
レース等する訳でもなく、ただ広場で友人たちと走らせていただけですけど^^;
友人とプロポのバンド?が被らないようにとか、単三電池がすぐ無くなったりとか、うーん、懐かしいです。
私もその当時小学6年位でしたのでmistbahnさんとは歳が近いのかも。

ファイティングバギーは金属部品が多くて当時萌えたもんです(笑
重くてあまり速くなかったのは知りませんでした。。
コメントへの返答
2014/10/06 21:40:15
コメントありがとうございます。Myファン登録してブログ拝見させて頂いております。

アタックバギー!ワイルドワンになる前のミリタリーなバギー!
ブーメランもありましたね(ブーメランが登場した頃は私はオンロード=F1に移行してました)。

プロポ、私は#1=茶を使ってました♪

最近ではWifiなんかでコントロールするみたいですね。もう「ラジオコントロール」ちゃうやんけ!的な(笑)


ファイティングバギーは、FRP使ったり、リアダンパーがルブショックだったり・・・と、マニアックな機構が多かったんですが、なんせ遅いもんは遅い。。。
2kg以上ありました。。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「2020年8月30日の鈴鹿フルコース HONDA VTEC ONE MAKE RACEエントリーしています。
ビート、トゥデイ、S660・・・など軽の方、もっと参戦してください(T_T)
もっと参戦してください(T_T)
https://www.hondaonemake.com/
何シテル?   07/03 20:12
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.