• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年10月16日

【PP1】【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.10.12 part.6 走行ログ分析 デグナー

【PP1】【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.10.12 part.6 走行ログ分析 デグナー 2014.10.13の「【PP1】【サーキット】ないじぇる走行会 鈴鹿サーキット・フルコース 2014.10.12」の自己ベスト 3:06.916 の反省会。


デグナーは鈴鹿フル初体験のときから好きなコーナーなのだが、じゃあ上手く攻略できているかというと、上手く攻略できていない(笑)
でも、好きなコーナーであることには変わりナイです。

今回、自己ベスト9秒短縮できたが、デグナーに関しては1コーナー同様、一年前と進歩がナイ。


走行動画はこちら。


解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)

※グラフの横軸を時間軸ではなく、距離とした。



■セッティング

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14
R:175/60R14
(使用約1年1ヶ月、サーキット走行7回目←ただし4回雨

空気圧
 F助手席側: 冷間2.23 → 20分間走行後温間2.50 → 温間2.30にして走行再開後2Lap目
 F運転席側: 冷間2.23 → 20分間走行後温間2.50 → 温間2.30にして走行再開後2Lap目
 R助手席側: 冷間2.20 → 20分間走行後温間2.50 → 温間2.30にして走行再開後2Lap目
 R運転席側: 冷間2.20 → 20分間走行後温間2.50 → 温間2.30にして走行再開後2Lap目

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

車高調減衰
 F:0段戻し
 R:7段戻し

L.S.D.: クスコRS 1.5way
ギア: アクティファイナル6.230、トゥデイ5速0.861



■デグナー



桃: のり☆たまさん、2014.01.12、タイム:2:58.713
緑: mistbahn 2014.10.12、タイム:3:06.916
茶: mistbahn 2014.10.12、タイム:3:07.359
灰: mistbahn 2013.09.26、タイム:3:15.810



※横軸を「時間」ではなく「距離」としているので、カーソル位置は、コース図上では速い/遅いに関係なく一致しないといけないハズなのだが、バラバラ。
LAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)のバグなのかな?

※デグナーは、自己ベスト=緑(3:06.916)ではデグナー2つ目で3速まで落としたのだが、他のLapではデグ2は4速で回っているので、比較対象用に今回はデグ2を4速で攻略した自己2ndベスト=茶(3:07.359)も掲載。



まず、デグナー1つ目。

ブレーキングGの立ち下がりなどはOKとして、ボトムスピードが低すぎる。



↑緑の△がデグナー1つ目のブレーキング開始位置。



↑デグナー1つ目のブレーキング開始位置。

やっぱりここでも「50m看板で」のつもりで走っていたが、後から動画を見ると、その少し手前からになっている。
1コーナーでもそうだし、岡国でもそうだったので、自分のビビリミッターなのか、50m看板を操作開始目標とする際の応答遅れを考慮した人間がそもそももっているフィードフォワード機能なのか?




↑デグナー1つ目の最大横G位置かつボトムスピード位置。

デグ1で「おっとっと」となったLapもあるにはあったが、それは前走車や、真後ろにクルマが居るときの話で、私一人での走行時に、デグ1の脱出で「おっと」はなかった(良い意味でも悪い意味でも)。

ボトムスピードが低すぎて、デグ1~デグ2間に自由度がありすぎる。



デグ2は今回はミスが多かった。

自己ベストLap以外は4速で回っているのだが、ボトムスピード高すぎて、立ち上がりで、コース幅いっぱいどころか、紅白の縁石をまたいで、緑のところ(※岡国のリボルバー~パイパー間みたいに硬質な緑だったらイイけど、人口芝っぽいグリップの低いところ)までオーバーランして冷や冷やすることが2回あった。

自己ベストLap(緑)は、デグ2の進入は慎重にしつつ、真後ろにいるインプレッサを警戒しつつ、かつ、ハジメテ3速まで落としてみた。



↑デグナー2つ目の減速開始位置。




↑デグナー2つ目の最大横G位置かつボトムスピード位置。

ボトムスピードが低すぎる。
かと言って、もちょい高いボトムスピードだと、立ち上がりで縁石を越えて緑地帯にオーバーランしてしまっているので、どうしたものか・・・・。


3速まで落とした自己ベストLapと、4速のままで回った自己2ndベストLapでは、ログに全く違いがナイ。
ので、ここは4速だな、やっぱり。



ボトムスピードの問題はどうしたら良いのかなあ・・・?




↑デグ2脱出後に、車速/加減速G/横Gログに乱れがあるが、縁石乗ってバタバタしているため。




続く。。。




●サーキット走行 関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2014/10/16 22:54:56

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【PP1】【サーキット】鈴鹿フルコース ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/10/18 00:02
2014.10.13の「【PP1】【サーキット】ないじぇる走行会 鈴鹿サーキット・フルコース 2014.10.12」の自己ベスト 3:06.916 の反省会。 ヘアピンは1年前から大
ブログ人気記事

美味い味 552
ライト パープルさん

マツダの気になる未来(1)
タッチ_さん

備忘録57…リアガーニッシュの取り ...
いざいこさん

神代あじさい園より
nanamaiさん

トリミングスクール合間のランチへ
ユーレヴォさん

梅雨の狭間に淡路をドライブ♪
FROGMAN_Gさん

この記事へのコメント

2014/10/17 07:37:26
私の場合、1コーナー手前のブレーキングは制動と言うよりどっちかというとヒール・アンド・トゥのリズム作り的な感じで踏んでいます。
ただ、デグ1は進入スピードの見極めが難しいコーナー(うっかり限界を超えてしまうと簡単にコースアウト)なので、徐々にスピードを上げてくのが良いと思います。

デグ2はブレーキングがキモ(スピードコントロールではなく荷重移動制御で)だと思っています。
ここは結構すり鉢状になっているので、ガツンと踏んでもそんなに姿勢は乱れません。
進入は前荷重を意識して向きを変える感じです。
そうすることで、クリップを通過する前からアクセルを開けられるので、ボトムスピードが高くてもクリア出来ているような気がしますね。
ただ私のはLSDが1WAYなので、1.5WAYに比べてターンインがし易い、というのはあると思います。
(エリーゼは1.5WAYですが、車の向きを変えるには1WAYに比べてより積極的な操作が必要だと感じますので)
コメントへの返答
2014/10/17 07:57:40
デグ1手前は純正ファイナルのときは4速のまま引っ張って進入するか、ほんの短時間だけど5速にシフトアップするかを迷うコーナーでしたが、アクティファイナルになって、迷う余地なく5速になりました。(もっとだいぶ手前で4速頭打ちするので)

確かにデグ1は慎重に徐々に・・・ですよね。
今回は「おっと」「ヒヤリ」もなかったですし、実際ボトムスピードがかなり低いので、次回はもう少し高い旋回速度で攻略したいです。


デグ2のアドバイスは納得です。

ボトムスピードを上げるとオーバーランしてしまうのは(というか、ブログ本文の低いボトムスピードですらコース幅目一杯使って縁石乗ってるのは)、前荷重の作り方と、それをきっかけにしたターンインの姿勢制御・・・というのは理解できます。

アドバイスありがとうございます!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.