• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年11月24日

【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.11.19 CCMC走行会 part.3 走行ログ分析 1~2コーナー

【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.11.19 CCMC走行会 part.3 走行ログ分析 1~2コーナー 2014.11.19の「【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.11.19 CCMC走行会」の自己ベスト 2:59.830 の反省会。

走行動画はこちら。


前回(2014.10.12)は9秒もの自己ベスト更新を果たせたが、全く向上できなかったのがこの1~2コーナー。
今回は、のり☆たまさん、ひろあき!さんにアドバイスを頂き、1コーナーのボトムスピードはかなり向上できたが、2コーナーはまだ課題が残った。


解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)

※グラフの横軸を時間軸ではなく、距離とした。



■セッティング、環境

気温15℃程度、湿度25%程度

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14
R:175/60R14
(使用1年3ヶ月、サーキット走行8回目←ただし4回雨

空気圧
 F: Lap7終了後 温間2.55(※思いのほか上昇してた)
 R: Lap7終了後 温間2.55(※思いのほか上昇してた)

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

車高調減衰
 F:0段戻し
 R:7段戻し

L.S.D.: クスコRS 1.5way
ギア: アクティファイナル6.230、ライフ5速0.885



■1コーナー~2コーナー



桃: のり☆たまさん、2014.01.12、タイム:2:58.713
紫: mistbahn 2014.11.19、タイム:2:59.830
緑: mistbahn 2014.10.12、タイム:3:06.916


※横軸を「時間」ではなく「距離」としているのだが、のり☆たまさんとの光電管でのLap分解の位置に違いがあるのが問題かもしれない。ロングランのデータを頂いているワケではなく、1Lapのデータを頂いての比較で、光電管データはでコントロールラインに合わせてそれぞれ自分で引いているので。

前回(緑)は2コーナーでかなり手前からインに寄ってしまったのが、運転していても、動画を見ていても反省点だったが、今回(紫)の2コーナーのラインはかなり改善できている。

2コーナー脱出でのり☆たまさん(桃)ほどアウトを目一杯使っていないのは、2コーナーのボトムスピードがのり☆たまさんより圧倒的に遅いから。





●ストレートスピード問題

まず、ストレートスピード問題が改善されたのが今回の自己ベスト7秒短縮に大きく貢献。

前回(緑)は、のり☆たまさん(桃)やひろあき!さんに大きく差を付けられていたメインストレート、バックストレートの車速が同等となった。

メインストレートに関しては4~5速の車速の上昇勾配が、のり☆たまさん(桃)よりも大きい。
のり☆たまさんのログは2014年1月で、吸気温度も11/19より低いと思うので、この1ヶ月間のアップデートで、動力・駆動系のアドバンテージを得たと言えるのかも。


10/12から11/19までのアップデート内容は最近のブログエントリからの繰返しとなるが、

4速→5速でパワーバンドを外してしまう問題の対策として、トゥデイ5速0.861→ライフ5速0.885に交換
パワー不足解消の一環としての、オートマック製ステンレスのタコ足への換装
レーシングプラグ交換
誤って切断してしまったので、プラグコード交換
カーボンミラーに換装
ROMのUPDATE
・幌を閉めて走行(ストレートスピード問題対策)

と多いのだが、コレらが見事に決まった模様。(結構借金してまでUPDATEした甲斐があった。良かった)



鈴鹿出走4日前のブログエントリのコメント欄に、

"mistさんの場合、
まだまだラインとか走り方とか確立していないから
道具よりも、沢山走る機会にお金を使った方がいいような、
なんて
最近破産覚悟で走り込んで得た経験から、思っちゃいます"


というアドバイス(?)を頂いたが・・・・、ここまで派手なストレートスピード差は沢山走って解決する問題でもナイので。。。
(あと、どちらにしても、私の場合、仕事と家庭の事情で、週に2~3回もサーキットに通うことはできず、良いときで月1回のサーキット走行が精一杯。忙しいときは4ヶ月とか半年間とかどうしても空いてしまうのだ。。。)



「ストレートスピードは沢山走って解決する問題でもナイ」と書いたものの、2013.09の鈴鹿フル初走行のヘアピンの分析で、

"ヘアピンのボトムスピードと立ち上がりポイントに全く遜色がないのに、加速区間でグバッと差が開いている"

と書いたところ、C.A.Mさんに

"まさにそこがモータースポーツがスポーツたるところなんじゃないですか?
その点においてのクルマの向きや姿勢、エンジン、タイヤの状態がどうなっているのかが肝じゃないかなぁ。
そこからスッと前に出れるか、ちっとも進まないのか。。。。"


と頂いたアドバイスにはかなり考えさせられ、その後の鈴鹿フル問わず、各サーキット走行で走り方の改善に繋がっています。




●1コーナー

1コーナー進入で、5速→4速にヒール・アンド・トゥでシフトダウンするのをやめて、5速のまま短いブレーキングのみで攻略するよう変更した。

1コーナー手前のトップスピードが1ヶ月前と較べて、20km/hも上がっているので、1コーナー、怖いです。。。

1コーナーのボトムスピードは大きく改善されたが、タイヤの性能は使いきれておらず、瞬間的には横Gで約1G出ているが、維持できていない。
まだグリップレベルにマージンがあったことは運転していてもわかったが、でも、怖い。。。




●2コーナー

2コーナーは今回、デグナー2つ目と並んでもっともアカンかったコーナー
のり☆たまさんと較べて圧倒的にボトムスピードが低い。。。

高いボトムスピードでクリアした1コーナーの後、クルマの挙動を安定させるためにもアクセルをもっと足した方が良かったと思うのだが、ダラダラとアクセル開度パーシャルで旋回している間に、あっという間に2コーナーが迫ってきて、ボトムスピード下がり過ぎて、ヒール・アンド・トゥで4速に落とすも、5000rpm台かな?回転数が下がり過ぎて、完全にパワーバンドを外してしまっているのが運転していても良くわかった。
ボトムスピードが低すぎるので、2コーナーには自由度がありすぎた。。。



↑ここでシフトダウンしている。

なんなら、1コーナーを5速で攻略した後、2コーナーへはブレーキング無しで4速にシフトダウンするぐらいでちょうど良いのではないか?とも思えた。(が、1時間の枠内で試すことはできなかった。怖いし)



パワーバンドを外しているので、2コーナー立ち上がり~S字に向けての登坂も力強さがなかった。(ログを見ると車速上昇勾配は悪くナイが・・・)





↑2コーナーの横Gはシッカリと1G以上で旋回できているが、コレは旋回速度が速いからではなく、「旋回速度が遅いケド旋回半径が小さいから」なんだろう。


2コーナーは次回の課題。

続く。。。



●サーキット走行 関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2014/11/24 19:55:58

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【サーキット】鈴鹿フルコース 2014 ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/11/25 21:17
2014.11.19の「【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.11.19 CCMC走行会」の自己ベスト 2:59.830 の反省会。 ブログエントリ:「【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.1 ...
【サーキット】鈴鹿フルコース 2014 ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/11/26 19:22
2014.11.19の「【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.11.19 CCMC走行会」の自己ベスト 2:59.830 の反省会。 ブログエントリ:「【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.1 ...
【サーキット】鈴鹿フルコース 2014 ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/11/27 23:41
2014.11.19の「【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.11.19 CCMC走行会」の自己ベスト 2:59.830 の反省会。 ブログエントリ:「【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.1 ...
【サーキット】鈴鹿フルコース 2014 ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/11/30 01:20
2014.11.19の「【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.11.19 CCMC走行会」の自己ベスト 2:59.830 の反省会。 ブログエントリ:「【サーキット】鈴鹿フルコース 2014.1 ...
ブログ人気記事

会社で食べようアリランラーメン
2TG怪さん

復活ー①
.ξさん

妻と柚子ソフトクリームツーリング🍦
ちゅん×2さん

6日振りの更新
志津川かきつばた本舗さん

【ピカキュウの日】9%OFFのお勧 ...
pika-Qさん

愛車5000いいね👍❤️他にも ...
アンジェリケまゆちゃんさん

この記事へのコメント

2014/11/24 20:08:20
今回の車速の伸びを示す比較グラフを見ると、5速をローギアード化した効果が明確に出ていますね。

それを見て思ったのは、
『それでも4速ギアに比べて5速ギアは
加速が鈍っているので、更にクロスした6速ミッションだったら更にイイんだろうなぁ~・・・』
と。(^^;
コメントへの返答
2014/11/24 22:07:57
でしょ!

4速を9500rpmまで使い切らずに、パワーのある9200rpmぐらいまでで留めて、5速6900rpmに・・・って感じでかなりうまくいってます。

4速に対して5速の加速が鈍っているのは、5速がビート純正ではなく、ライフ5速だからです。
トゥデイ5速より、少しだけローギアードになっているとは言え、やっぱりビート5速と較べてかなりハイギアードなので。

でも、アクティファイナルを使っているとビート5速だと鈴鹿フルコースのメインストレートは車速頭打ちの可能性が高いんですよね。。。

> 更にクロスした6速ミッション

スバル時代、GC8インプレッサや、レガシィに、GDBインプの6速を換装されてる方が何人かいらっしゃいましたが、換装後初のサーキット走行では

「みんな(GDB)、こんなんで走ってたんだ。ズルい!」

でした(笑)


でも、ビートの場合、5速→6速化の重量増が大きなデメリットになりそうです。
インプレッサですら、重量増を嫌って5速のままの方々もいらっしゃいましたから。
2014/11/24 21:38:02
1,2コーナーですが、シフトダウンを1コーナークリップ後にするのであれば、アクセルオンは少しでよく、ストレートの最高速の頂上から2コーナーのボトムへ、まっすぐ降りてくるような速度グラフになるように目指してください。
これができれば、相当な上級者です。

2コーナーからS字1個目のラインは、早くS字のアウト側に寄りすぎでは。
もう少しなだらかにいけば、より抵抗が少なくなり、加速がよくなると思います。

自分ができていないことばかりですが、参考にしてください。
コメントへの返答
2014/11/24 22:16:33
1コーナー、2コーナーを「ひとつのコーナー」と捉えて、2コーナーに向けての仮想エイペックスをボトムスピード位置になるよう、ブレーキング・・・

・・・がきっと理想なんだというのは、前回の走行後も頭ではイメージしていたんですが、1コーナーでのブレーキング位置、減速量が相当難しかったです。

タイヤの横Gを使い切ってる感じはナイのに、1コーナー~2コーナー間の接地感がかなり希薄で。。。
ここは前にも後ろにも荷重がかかっていないこともひとつの原因かもしれませんし、足回りの煮詰め方とかにも関係するのかもしれません(・・・じゃあ、どうしたらベターか、というところまで分析できていません)。


2コーナー→S字1、了解です。

今回はS字1つ目でアクセルを抜かないこともテーマでした(←成功!)が、S字1つ目を有利に運ぶために、S字前でアウトから進入するラインを取っていました。

出走前から、速い皆さんの動画を見ていて、みんな案外、アウトから入らずに直線的に進入しているのはわかっていたのですが、最初はS字1を大外から入るようにし、ジワジワと進入角を減らしていきました。

いつもアドバイスありがとうございます!
2014/11/25 08:14:42
モータースポーツのモーターの部分も決まってきたようで、よかったですね!
セッティングが出てくるとスポーツ性も高まってどんどん面白くなりますね。
コメントへの返答
2014/11/25 10:23:22
ありがとうございます。
レガシィでは岡山国際で、より非力なハズのS2000とかインテグラとかシビックとかに負けていたので、ビートではあまり「モーター」の部分を重要視していなかったのですが、やっぱり重要でした(笑)

C.A.Mさんからの昨年のアドバイスでいろいろ考えさせられ、以降、アプローチを変えて試行錯誤してから、サーキットを問わず、より速くて、かつ安全なコーナリングができるようになりました。
ありがとうございます。
2014/11/25 11:11:06
ブレーキングを「短く強く」を意識するあまりオン・オフになってませんか?
入れる・離す・入れる・離す。
横Gが立ち上がる随分前に減速Gが0近辺になっているのもあり、ピッチングを起こしてるような雰囲気にも見えます。
横Gが安定しないのはそのへんもあるのではないかな?と思ったり。
コメントへの返答
2014/11/25 12:37:14
オン、オフになってます。。。

昔から「ブレーキを残す」というのが苦手で、ストレート区間でブレーキングを終えて完全にリリースしてしまうのが癖だったんですが、最近は「ブレーキを残す」こともできるようになってきています。

でも、今回の1~2コーナー、デグナーは、それぞれ1つ目のボトムスピード向上には成功してますが、「複合コーナー」として上手く処理できていないので、1コーナー手前でのブレーキリリース(ON→OFF)後、おぼつかない運転になってしまってます。

「ON/OFF」であるにも関わらず、1~2コーナー間はかなりメリハリのないドライビングです。。。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

プロフィール

「【ビート】【軽量化】ブロア、ヒータ 計量 http://cvw.jp/b/242406/44161676/
何シテル?   07/07 17:45
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 ほぼサーキット専用車 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 ゆっくり運転してもK20Aのフィーリング、ASLAN× ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.